会計士が教える!資金繰りで絶対に見逃せない6つのポイント!

最新マーケティング情報

会計士が教える!資金繰りで絶対に見逃せない6つのポイント!

黒字でも倒産?理解する資金繰りのリスク

資金繰りが悪くなるのはなぜ?原因を探る

チェックすべき6つの資金繰りのキーポイント

売掛金の管理:あなたのお金はちゃんと回収できている?

仕入れているものの費用:支払いを延期することは可能?

在庫の適正化:無駄に蓄えていませんか?

貸し出し・前払い金の管理:あなたのお金の流れは適正?

借り入れを再スケジューリング:リスクを減らす可能性がある新たな取り組み

公共機関の援助:無料相談や融資の可能性を活用しよう

黒字でも倒産?理解する資金繰りのリスク

創業経営者にとって、会社の黒字化は大きな目標のひとつですが、意外にも黒字であっても倒産するケースがあります。資金繰りのリスクとは一体何なのでしょうか?考えられる要因や事例を見ていきましょう。

資金繰りが悪くなるのはなぜ?原因を探る

資金繰りが悪化する原因は、様々な要素が絡み合っています。顧客からの売掛金の回収遅延や仕入れ費用の支払い遅延、在庫の過剰化などが主な要因として挙げられます。具体的な事例を見ていくことで、資金繰りのリスクをより明確に理解していきましょう。

チェックすべき6つの資金繰りのキーポイント

資金繰りのリスクを最小限に抑えるためには、以下の6つのポイントをしっかりとチェックする必要があります。

売掛金の管理:あなたのお金はちゃんと回収できている?

売掛金の回収が滞ることで資金繰りが悪化することがあります。長期間経過した売掛金や滞納が発生している場合は、早急な対応が求められます。

仕入れているものの費用:支払いを延期することは可能?

仕入れた商品やサービスの費用の支払いを延期することで、一時的な資金繰りの改善が可能です。ただし、延期できる条件やリスクをよく理解しておくことが重要です。

在庫の適正化:無駄に蓄えていませんか?

在庫を適正化することで、不必要な資金の拘束を解放することができます。必要な在庫量の見極めや在庫の回転率の向上に取り組むことが重要です。

貸し出し・前払い金の管理:あなたのお金の流れは適正?

貸し出しや前払い金の管理をきちんと行うことで、資金の流れを適正にすることができます。借り入れとのバランスを考えながら、適切な対策を取りましょう。

借り入れを再スケジューリング:リスクを減らす可能性がある新たな取り組み

借り入れの再スケジューリングを検討することで、返済の負担を軽減することができます。金利や返済条件の見直しを行う際には、早めに相談しておくと良いでしょう。

公共機関の援助:無料相談や融資の可能性を活用しよう

資金繰りに悩んでいる場合は、公共機関の無料相談や融資制度を活用することも検討してください。専門家のアドバイスや追加の資金調達によって、資金繰りのリスクを軽減することができるかもしれません。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、会計士が教える資金繰りで絶対に見逃せない6つのポイントについて紹介しました。黒字でも倒産するリスクや資金繰りが悪くなる原因について解説し、売掛金の管理や仕入れの費用、在庫の適正化、貸し出し・前払い金の管理、借り入れの再スケジューリング、公共機関の援助など、チェックすべきポイントを具体的に説明しました。資金繰りのリスクを理解し、適切に対策を取ることが重要です。ぜひ実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました