中国市場を攻略する最短ルート!越境ECスタートガイド!

最新マーケティング情報

中国市場を攻略する最短ルート!越境ECスタートガイド!

越境ECとは?国境を超えて商売をする方法

中国市場への進出が注目される理由

大きな市場規模とその拡大ポテンシャル

消費者の購買意識の変化とその影響

越境ECで成功した事例とその特徴

関西のドラッグストア・キリン堂の中国成功事例

どのような商品や企業が中国市場に向いているか

中国市場での販売方法:モール出店と自社ECサイト

中国の大手ECモール「天猫」と「京東」の特徴と利点

自社のECサイトを作るメリットと注意点

初めて中国市場に挑戦するなら「モール出店」がおすすめ

この記事を読めば、中国市場の攻略方法や越境ECのコツ、成功事例などが分かります。

越境ECとは?国境を超えて商売をする方法

越境ECとは、「国境を越えた電子商取引(EC)」のことです。具体的には、日本の企業がインターネットを通じて中国などの国外で商品を販売することを指します。この方法では、物理的な店舗を持つ必要がなく、オンライン上で商品の販売や配送が行われます。

越境ECが注目されている理由として、まず大きな市場規模とその拡大ポテンシャルがあります。中国は人口が多く、経済成長が著しい国であり、消費市場の規模が非常に大きいです。また、近年では中国の中間所得層の拡大や消費者の購買意識の変化により、オンラインショッピングが急速に普及しています。

越境ECで成功した事例を見てみると、関西のドラッグストア・キリン堂が挙げられます。キリン堂は、製品の品質や安全性にこだわり、中国の消費者の需要に合わせた商品を提供しています。さらに、中国での認知度向上や顧客の信頼を築くために、中国のSNSやインフルエンサーとの連携を積極的に行っています。

中国市場での販売方法としては、主にモール出店と自社ECサイトがあります。モール出店では、中国の大手ECモール「天猫」や「京東」に出店することで、既に集客力やブランド力を持つモールのメリットを活かすことができます。一方、自社ECサイトを作る場合は、ブランドイメージの醸成や商品の特徴を伝えることができますが、集客や配送などの面で課題もあります。

初めて中国市場に進出する際には、モール出店がおすすめです。モール出店では、既に中国での認知度や集客力を持つモールに商品を出品することで、効果的な販売が期待できます。

中国市場への進出が注目される理由

中国市場への進出が注目される理由は、大きな市場規模とその拡大ポテンシャル、消費者の購買意識の変化とその影響が挙げられます。

大きな市場規模とその拡大ポテンシャル

中国市場は非常に大きな市場であり、その規模はますます拡大しています。現在、中国の人口は約14億人であり、経済成長も著しいため、消費市場も急速に成長しています。さらに、デジタル化の進展により、ネットショッピングの普及率が増えており、オンライン販売も大いに伸びています。中国の消費者は、独自の商品やブランドに対する関心が高く、購買意欲も非常に高い傾向にあります。また、中国人観光客の増加により、中国市場への販売チャンスも広がっています。これらの要素からも、中国市場の拡大ポテンシャルは非常に高く、越境ECを通じて参入することは非常に有望なビジネスチャンスと言えるでしょう。

消費者の購買意識の変化とその影響

中国の消費者の購買意識は、近年大きく変化しています。昔は価格や機能性に重点を置く傾向が強かった中国消費者ですが、現在はブランド価値や品質に対する要求が高まっています。例えば、高級ブランドへの関心が高まり、ラグジュアリーグッズの需要が急増しています。また、健康志向の消費者も増えており、有機食品や自然由来の化粧品などの需要も拡大しています。

このような消費者の変化は、越境ECビジネスにとって重要な影響を与えています。日本企業が中国市場に参入する際には、これらの変化に対応した商品やサービスを提供する必要があります。ブランドの品質や信頼性をアピールすることが求められるため、日本の製品は中国市場において競争力を持っています。

越境ECで成功した事例とその特徴

越境ECで成功した事例の一つに、関西のドラッグストア・キリン堂があります。キリン堂は、日本のドラッグストアチェーンであり、健康食品や化粧品など口に入れるものや肌に塗るものを取り扱っています。これらの商品は中国でも人気であり、品質と安全性に対する信頼も高いため、越境ECでの販売に適しています。また、キリン堂は中国市場に対して十分な費用や人的リソースを投入することができる大企業であり、中国の消費者ニーズに合わせた戦略を展開することができました。

関西のドラッグストア・キリン堂の中国成功事例

関西を中心とするドラッグストアチェーンの「キリン堂」は、中国市場で越境ECでの成功を収めた事例です。キリン堂は、口に入れるものや肌に塗るもの、それらの関連商品を取り扱っており、中国市場では食品や化粧品への需要が高まっています。また、キリン堂は中国市場に進出するための費用や人材を十分に投資することができる企業であり、中国の消費者に合わせたマーケティング戦略を展開することができました。キリン堂の成功は、中国市場において適切な商品カテゴリーを選び、十分なリソースを投資することの重要性を示しています。

どのような商品や企業が中国市場に向いているか

中国市場で成功するためには、特定の商品や企業が求められます。まず第一に、口に入れるものや肌に塗るもの、それらの関連商品を取り扱う企業は中国市場に向いています。このような商品は日本の高品質なイメージがあり、中国の消費者に人気です。次に、中国市場への進出には相応の費用や人的リソースが必要です。中国の市場は大きく成長していますが、競争も激しいため、事業展開には十分な資源を割く必要があります。そのため、充実した財務体制や人材を持つ企業が有利です。これらの要素を考慮しながら、中国市場に進出するための商品や企業を選ぶことが重要です。

中国市場での販売方法:モール出店と自社ECサイト

中国市場に進出するためには、モール出店と自社ECサイトの2つの方法があります。モール出店とは、中国の大手ECモールである「天猫」と「京東」に出店することです。この方法のメリットは、すでに大勢のユーザーがいるプラットフォームに出店できることです。また、ユーザーの信頼もあり、集客力が非常に高いです。一方で、競争が激しくなりますし、利益率が低下する可能性もあります。

一方、自社ECサイトを作る方法もあります。自社ECサイトのメリットは、自社のブランド価値を高めることができることです。また、独自の顧客データを収集できるため、マーケティングに活用することも可能です。ただし、中国市場におけるブランド認知度の低さや、物流や顧客対応の課題もあります。

初めて中国市場に進出する場合、モール出店がおすすめです。大手ECモールの集客力や信頼性を活かすことができますし、初期の投資を抑えることもできます。しかし、将来的には自社ECサイトを検討し、ブランド価値の向上と顧客データの活用を図るための準備も必要です。

中国の大手ECモール「天猫」と「京東」の特徴と利点

中国の大手ECモールとして知られる「天猫」と「京東」は、越境ECビジネスにおいて重要な役割を果たしています。まず、「天猫」は、アリババグループが運営するECプラットフォームであり、中国最大級のECモールとして知られています。一方、「京東」は、自社倉庫を持ち、独自の物流ネットワークも構築していることが特徴です。どちらのモールも中国国内で非常に人気があり、多くの消費者が利用しています。これらのモールを利用することで、日本の企業は効果的に中国市場にアプローチすることができます。

自社のECサイトを作るメリットと注意点

自社のECサイトを作るメリットとしては、まず、ブランドの独自性を出しやすいという点が挙げられます。他のECモールとは異なるデザインや機能を取り入れることで、自社の特徴や強みを際立たせることができます。また、売上の一部をECモールに支払う必要がないため、利益率を上げることもできます。さらに、自社ECサイトでは顧客データを自社で管理できるため、顧客の購買履歴や嗜好を把握し、マーケティング施策を展開することも可能です。

一方、自社のECサイトを作る際には注意点もあります。まず、サイトの運営・更新を自社で行う必要があるため、十分な人的・技術的リソースを確保する必要があります。また、集客や広告などのマーケティング活動も自社で行わなければならないため、それにかかる費用や労力も考慮する必要があります。さらに、中国市場ではモバイル環境が重視されているため、モバイルフレンドリーなサイト作りが求められます。ユーザビリティやスピードにも配慮しながら、使いやすいECサイトを構築することが重要です。

初めて中国市場に挑戦するなら「モール出店」がおすすめ

初めて中国市場に進出する際には、モール出店がおすすめです。なぜなら、中国の大手ECモールである「天猫」と「京東」は、多くの消費者が利用しているため、これらのモールに出店することで同時に多くの消費者にアプローチすることができます。また、モール出店には、モールの集客力やブランドイメージの向上効果があります。中国の消費者は、知名度の高いブランドや大手ECモールでの購入に安心感を持っているため、モール出店をすることで、信頼性の高いイメージを築くことができます。さらに、モール出店では、モールが提供する広告やプロモーションのサポートを受けることもできます。これにより、自社の商品やブランドをより多くの人に知ってもらうことができます。そのため、初めて中国市場に挑戦するなら、「モール出店」を検討してみてください。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、越境ECとは国境を超えて商売をする方法や、中国市場への進出が注目される理由について解説しました。また、大きな市場規模とその拡大ポテンシャル、消費者の購買意識の変化とその影響についても触れました。さらに、関西のドラッグストア・キリン堂の中国成功事例や、どのような商品や企業が中国市場に向いているかについても紹介しました。さらに、中国の大手ECモール「天猫」と「京東」の特徴と利点、自社のECサイトを作るメリットと注意点、初めて中国市場に挑戦するなら「モール出店」がおすすめという販売方法についても説明しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました