電話計測の秘密!5分でわかる驚きの仕組みと始め方のポイント

プロモーションと広告

電話計測の秘密!5分でわかる驚きの仕組みと始め方のポイントについてご紹介します。電話計測って一体何でしょうか?どのような利益がもたらされるのでしょうか?お店や会社にとって、電話による問い合わせが重要な場合、電話計測は強力なツールとなります。さらに、電話計測には二つの鍵となる仕組みがあります。具体的な導入方法やステップバイステップのガイドもご紹介します。この記事を読むことで、電話計測の仕組みや始め方について詳しく理解できるでしょう。

電話計測って一体何?-コンバージョンの測定方法とその可視化

電話計測とは、電話からのコンバージョンを正確に測定し、可視化することです。多くのビジネスでは、ウェブサイトやオンライン広告を通じて得られるクリックによるコンバージョンが重視されますが、実際には電話を通じての問い合わせや購買が多い場合もあります。電話計測では、電話でのコンバージョンを明確に把握し、その結果を可視化することが可能です。

電話計測がもたらす二つの利益

電話計測には二つの主な利益があります。まず、利益1として、電話を通じた問い合わせ状況の理解とプロモーションの最適化があります。例えば、ユーザーが電話で問い合わせる場合、そのユーザーの意識の高さや意図を把握し、それに合わせた効果的なプロモーションを行うことができます。また、利益2として、不在着信や通話中によるチャンスの損失の減少が挙げられます。例えば、電話で問い合わせる際に応答できなかった場合でも、後から折り返しの連絡をすることができ、ユーザーとの良好な関係を築くことができます。このように、電話計測は企業にとって非常に有益なツールとなります。

利益1: 電話を通じた問い合わせ状況の理解とプロモーションの最適化

電話計測は、ビジネスにおいて電話からの問い合わせ状況を把握し、それに基づいて効果的なプロモーションを行うための重要なツールです。例えば、電話で商品やサービスに関する問い合わせが増えている場合、それはその時点のプロモーションが成功していると言えます。逆に、電話の問い合わせが少ない場合、プロモーションの効果が低い可能性があります。電話計測を行うことで、問い合わせの状況を可視化し、プロモーション戦略を最適化することができます。

利益2: 不在着信や通話中によるチャンスの損失の減少

電話計測のもう一つの利益は、不在着信や通話中におけるチャンスの損失を減らすことができる点です。通常、営業担当者は忙しく、全ての電話にすぐに応答することができません。そのため、不在着信や通話中の場合、お客様が切りたくないと思っても電話を切ってしまうかもしれません。

しかし、電話計測を導入することで、営業担当者が応答できなかった電話や通話中の電話についても、後から把握することができます。これにより、お客様の声を逃さずにキャッチすることができるため、貴重なチャンスの損失を減らすことができるのです。

電話による問い合わせが全体の40%以上を占める場合、電話計測は強力なツール

ビジネスにおいて、顧客とのコミュニケーションは非常に重要です。その中でも、電話による問い合わせは大きな割合を占めることがあります。もし、あなたのビジネスの問い合わせの40%以上が電話で発生しているのであれば、電話計測は非常に強力なツールとなるでしょう。

電話計測の二つの鍵となる仕組み-流入源に基づく電話番号の表示の変化

電話計測の効果を最大限に引き出すためには、流入源に基づく電話番号の表示の変化が重要です。

まず、方法1として、Googleアナリティクスを用いたonclickタグの設置があります。スマホサイト内のタップのみを計測したい場合に効果的です。onclickタグを設置することで、特定のボタンやリンクがクリックされた際に、それに応じた電話番号が表示されるようになります。

もうひとつの方法2としては、電話計測ツールの導入です。これは、より広範なデバイスや流入元からの計測を可能にします。電話計測ツールを導入することで、訪問者の端末やキャンペーン流入元によって、表示される電話番号を自動的に変えることができます。

仕組み1: Googleアナリティクスを用いたonclickタグの設置(スマホサイト内のタップのみ)

スマートフォンサイトでの電話計測には、Googleアナリティクスのonclickタグを活用する方法があります。この方法を使えば、ユーザーがスマホサイト内で電話番号をタップした際に、コンバージョンが計測されるようになります。

具体的な手順は以下の通りです。まず、計測したい電話番号にonclickタグを設置します。これにより、ユーザーが電話番号をタップした時に、「イベント」がトラッキングされるようになります。

また、計測をより詳細に分析するために、Googleアナリティクスを使用します。Googleアナリティクスは、計測データをリアルタイムで確認することができるだけでなく、ユーザーの行動やコンバージョンに関する情報を把握することができます。

以下は計測設定の例です。

  • 設定したonclickタグにより、ユーザーが電話番号をタップした時に「電話」イベントがトラッキングされます。
  • 電話イベントの詳細データはGoogleアナリティクスのダッシュボードで確認できます。

このようにして、Googleアナリティクスを用いたonclickタグの設置により、スマホサイト内での電話計測が可能になります。

仕組み2:電話計測ツールの導入

電話計測ツールの導入は、非常に簡単です。まず、電話計測ツールを提供している会社に連絡し、専用の電話番号を発行してもらいます。次に、計測したいページにその発行された電話番号を設置します。最後に、実際にページを確認し、電話番号が正しく切り替わっているかを確認します。

電話計測ツール導入のステップバイステップガイド

電話計測ツールの導入手順を紹介します。まず、電話計測ツールを提供している会社に電話番号を発行してもらいます。発行された電話番号を計測したいページに設置し、計測したいページの電話番号が正しく切り替わっていることを確認します。これで、電話計測ツールの導入は完了です。電話計測ツールを導入することで、電話からの問い合わせ状況を把握し、プロモーションの最適化や不在着信や通話中によるチャンスの損失を減らすことができます。全体の問い合わせの40%以上が電話によるものである場合は、電話計測は非常に強力なツールとなります。電話計測は、流入元に基づいて表示される電話番号を変える仕組みで構成されています。具体的な方法として、Googleアナリティクスを用いたonclickタグの設置があります。これらの手順を踏んで、効果的な電話計測を実施しましょう。

ステップ1: 電話計測ツールを提供している会社に電話番号を発行してもらう

電話計測を行うには、まず電話計測ツールを提供している会社に電話番号を発行してもらう必要があります。この電話番号は、計測したいページに設置することで、電話の成果を計測しやすくします。 電話計測ツールを提供している会社は、多くの場合、専門の電話広告会社やマーケティング会社などです。電話計測ツールの種類や機能によって料金やサービス内容が異なる場合もあるので、自社のニーズに合った会社を選ぶことが重要です。数多くの会社が電話計測ツールを提供しているので、比較検討を行って最適な会社を選びましょう。

ステップ2: 発行された電話番号を計測したいページに設置

発行された電話番号を計測したいページに設置するためには、計測ツールが提供するタグをページのソースコードに埋め込む必要があります。このタグは、ユーザーが電話番号をクリックした際に計測データを送信し、正しい電話番号が表示されるようにする役割を果たします。具体的な手順は、以下の通りです。

ステップ3:計測したいページの電話番号が正しく切り替わっているかの確認

電話計測を行うためには、計測したいページに正しく電話番号が表示されるかどうかを確認する必要があります。まずは、計測したいページを開き、目視で表示される電話番号が正しいかどうかを確かめましょう。電話番号は表示が変わる可能性があるため、実際にクリックして発信してみることもおすすめです。電話が接続された場合、正しく電話番号が切り替わっていることを確認できます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、電話計測についての秘密を解説しました。電話計測はコンバージョンの測定方法とその可視化を可能にし、さまざまな利益をもたらします。電話による問い合わせが全体の40%以上を占める場合、電話計測は強力なツールとなります。電話計測の二つの鍵となる仕組みとして、Googleアナリティクスを用いたonclickタグの設置と電話計測ツールの導入をご紹介しました。電話計測ツールの導入は、ステップバイステップで行うことができます。ぜひ、この記事を参考にして、効果的な電話計測を始めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました