動画マニュアルを作るなら絶対知っておきたい!参考になる事例と注意点を徹底解説!

最新マーケティング情報

動画マニュアルを作る際には、手順やポイントを押さえる必要がありますが、何から始めていいか迷ってしまうこともあるでしょう。

しかし、この記事では手軽に動画マニュアルを作成するための具体的な手順や参考事例、注目すべきポイントを徹底解説しています。

例えば、動画マニュアル作成の手順や構成の考え方、必要な情報の集め方、台本作成や撮影、編集、ナレーションのポイントなど、すべてをステップごとに解説しているので、初心者でも迷わずに取り組むことができます。

さらに、業務プロセスや接客、研修などの各種マニュアル動画についても、わかりやすく具体的な作り方を紹介します。

さらに、動画マニュアルの作成を効率化する方法や、プロの制作会社に依頼するメリット、作成と活用で気をつけるべきポイントについても、詳しく解説しています。

この記事を読めば、初めての方でも分かりやすい動画マニュアルの作成方法や事例、効率化のテクニックが分かります。

  1. 手軽に動画マニュアルを作成するための手順
    1. Step2.便利な構成案を作り上げる
    2. Step3.必要な情報と資料を集める
    3. Step4.視聴者が理解しやすい台本を作成する
    4. Step5.動画の撮影を行う
    5. Step6.わかりやすいナレーションを吹き込む
    6. Step7.撮影した動画をきちんと編集する
  2. 動画マニュアルを作る際の注目すべきポイント
    1. チュートリアル動画を作成する秘訣
    2. どうすれば業務プロセスの動画マニュアルがわかりやすくなるか
    3. セールスや接客のマニュアル動画の作り方
    4. 研修マニュアル動画の制作方法
    5. 操作画面とテロップを使ったチュートリアル動画の例
    6. テロップと操作画面を活用したチュートリアル動画の例
    7. 具体的な事例を用いて業務プロセス動画を作る方法の例
    8. 生の声を活かした接客マニュアル動画の例
    9. 図解を使ってわかりやすくした研修マニュアル動画の例
    10. 動画マニュアルの作成をさらに効率化する2つの方法
    11. 動画マニュアル作成専用ソフトを使う利点
    12. プロの制作会社に依頼するメリット
  3. 動画マニュアルの作成と活用で気をつけるべき4つのポイント
    1. 1つの動画に複数のテーマを詰め込まない理由
    2. 必要な情報はテキストで残すべき
    3. 内容によっては視聴者の理解度にずれが出る可能性がある
    4. 保存場所によっては動画が見れない可能性もある
    5. 1つの動画に複数のテーマを詰め込まない理由
    6. 必要な情報はテキストで残すべき
    7. 内容によっては視聴者の理解度にずれが出る可能性がある
    8. 保存場所によっては動画が見れない可能性もある
  4. この記事のまとめ

手軽に動画マニュアルを作成するための手順

動画マニュアルを作成する際には、以下の手順を順番に実行することが重要です。

Step1.まず誰に見せるかを明確にする

動画マニュアルを作成する目的やターゲットユーザーを明確にすることは非常に重要です。マニュアルを見る人が誰なのかを認識することで、どのような情報を伝えるべきかが明確になります。

Step2.便利な構成案を作り上げる

マニュアルの内容を適切に伝えるために、実際の構成案を事前に考えておくことが重要です。章立てや順序を決めることで、効果的な伝達が可能になります。

Step3.必要な情報と資料を集める

マニュアル作成に必要な情報や資料を集めましょう。企業内の手順書や関連するデータなど、信頼性のある情報源を選ぶことが重要です。

Step4.視聴者が理解しやすい台本を作成する

マニュアルの台本を作成することで、内容を整理しやすくなります。分かりやすい文言や図解などを活用し、視聴者が迷うことなく内容を理解できるように心掛けましょう。

Step5.動画の撮影を行う

実際に動画を撮影しましょう。明るさや音声のクオリティ、映像の安定性などを確認し、視聴者にストレスを与えないように工夫しましょう。

Step6.わかりやすいナレーションを吹き込む

動画にナレーションを入れることで、内容の理解度を向上させることができます。分かりやすい声と適切な速度で説明するように心掛けましょう。

Step7.撮影した動画をきちんと編集する

最後に、撮影した動画を編集しましょう。不要な部分をカットし、必要な情報を的確に伝えるように編集することが大切です。

動画マニュアルを作成する際には、まず誰に見せるかを明確にすることが重要です。

誰に見せるかを明確にすることによって、どのような情報や表現方法が必要なのかが明確になります。例えば、コンピュータの初心者向けのマニュアルか、専門的な知識を持つ人向けのマニュアルかによって、使用する言葉や解説のレベルが異なるでしょう。

また、ターゲットユーザーに適切な情報を提供することで、動画マニュアルの効率性や効果を高めることができます。ターゲットが明確でない場合、必要のない情報を盛り込んだり、逆に重要な情報の欠落があったりする可能性があります。

したがって、まずは誰に見せるかを明確にし、そのターゲットユーザーにとって必要な情報や表現方法を考えることが重要です。

Step2.便利な構成案を作り上げる

動画マニュアルを作成する際には、まず便利な構成案を作り上げることが重要です。構成案は、視聴者が内容をスムーズに理解できるようにするためのガイドラインとなります。例えば、最初に全体の流れを説明し、次に各ステップの詳細を解説するというような順番で構成することで、視聴者が手順を追いやすくなります。さらに、重要なポイントを強調するために、表示するテキストや図解、アニメーションなどの情報を適切に組み込むことも大切です。構成案を作り上げる際には、視聴者の視点や理解度を考慮し、わかりやすさを重視することを忘れないでください。

Step3.必要な情報と資料を集める

動画マニュアルを作成するにあたって、まずは必要な情報と資料を集めることが大切です。具体的に何を説明するのか、どのような手順や操作を伝えるのかを明確にするために、関連する資料や情報を収集しておきましょう。例えば、製品の仕様書や取扱説明書、関連する業務のフローチャートなど、使われる言葉や手順を確認するための資料を用意しておくことが重要です。また、必要な情報をまとめたテキストドキュメントやスクリーンショットも集めておくと、スムーズな制作作業に役立ちます。情報収集の段階で、欠落している情報や資料がないか、確認することも忘れずに行いましょう。

Step4.視聴者が理解しやすい台本を作成する

動画マニュアルを作成する際には、視聴者が内容を理解しやすい台本を作成することが重要です。台本は動画の流れを整理するためのガイドラインであり、視聴者が迷わずに内容を理解できるようにするためのツールです。
具体的には、以下のポイントに注意しながら台本を作成しましょう。
1.言葉の選び方:できるだけ簡潔で分かりやすい言葉を使いましょう。専門用語や難しい表現は避け、一般的な言葉を使うことが大切です。
2.順序:動画の流れや手順を明確に示し、視聴者が迷わないようにしましょう。例えば、「まずAを行い、次にBを行います」というように、順序を明確に示すことが効果的です。
3.図やイラスト:言葉だけでなく、図やイラストを活用することで視覚的に理解しやすくなります。重要なポイントや手順を図やイラストで補完することで、より分かりやすい台本を作成できます。
4.冗長な表現の削除:不要な情報や細かな説明は削除し、必要な情報のみを記載しましょう。冗長な表現は視聴者の理解を妨げる原因となるため、シンプルにまとめることが大切です。
これらのポイントを意識して台本を作成することで、視聴者が内容をスムーズに理解できる動画マニュアルを作成することができます。

Step5.動画の撮影を行う

動画マニュアル作成の5つ目のステップは、「動画の撮影を行う」です。ここでは、実際に動画を撮影するための準備を整えましょう。
まずは、動画の撮影に使用する機材や道具を準備します。必要なものは、カメラやマイク、三脚などです。撮影環境も重要な要素ですので、静かな場所や適切な照明を確保しましょう。
次に、撮影の計画を立てます。撮影する内容やシチュエーションに合わせて、ショットリストや撮影スケジュールを作成しましょう。これによって、撮影時の手順や順番を明確化することができます。
撮影時には、カメラの設定や角度、フレーミングなども考慮しましょう。視聴者に分かりやすく伝えるためには、構図やカメラの移動などを工夫する必要があります。
撮影時には、失敗やミスも起こり得ますが、何度かリハーサルを行い、慣れておくことも重要です。最終的には、撮影した映像を確認し、必要な場合は修正を行いましょう。

Step6.わかりやすいナレーションを吹き込む

動画マニュアルを作る際には、わかりやすいナレーションが非常に重要です。視聴者が内容を理解しやすくするため、言葉遣いやスピードに気を付ける必要があります。まずは言葉遣いですが、専門用語や難しい言葉は避け、分かりやすい言葉を使うようにしましょう。また、スピードも重要な要素です。話すスピードが速すぎると視聴者がついていけず、遅すぎると退屈になってしまいます。ですので、自分のペースを把握し、適切なスピードで話すことが大切です。ナレーションは視聴者が動画を見る上で重要な要素なので、時間をかけて練習し、分かりやすいナレーションを吹き込むようにしましょう。

Step7.撮影した動画をきちんと編集する

撮影した動画を編集することで、より分かりやすく、効果的な動画マニュアルを作成することができます。編集には、動画編集ソフトウェアを使用することが一般的です。編集のポイントは、以下の通りです。

まずは、必要なシーンをカットして必要以上の長さを削ることが重要です。視聴者の注意力が散漫にならないように、シーンを切り替えるタイミングを考慮しましょう。また、不要なノイズやバックグラウンドの雑音を取り除くことも大切です。クリアな音声環境で視聴者が声を聞き取りやすくなるように、音声の調整もお忘れなく。

また、わかりやすさを重視して、テキストやグラフィックスを追加することも有効です。重要なポイントや手順を強調するために、テキストを挿入することで視覚的な支援を行いましょう。また、グラフィックスやアイコンを使って、操作手順やプロセスの流れをわかりやすく示すこともおすすめです。

編集が終わったら、全体の流れや内容が一貫しているかを確認しましょう。視聴者が理解しやすい論理的なストーリーを作り上げることで、情報の伝達効果が高まります。

動画マニュアルを作る際の注目すべきポイント

動画マニュアルを作成する際には、以下のポイントに注目することが重要です。

まず、チュートリアル動画を作成する際には、分かりやすい手順や操作方法を示すことが大切です。具体的な例やテロップ、操作画面の活用によって、視聴者が迷わずに理解できるように工夫しましょう。

そして、業務プロセスの動画マニュアルを作成する際には、流れや手順を明確に説明することが必要です。具体的な実例を挙げて解説することで、視聴者が実際の業務に活かせるようになります。

さらに、セールスや接客のマニュアル動画を作成する場合には、視聴者に共感を与えるような生の声を活かした演出やアプローチを取り入れることが有効です。

また、研修マニュアル動画を制作する際には、図解を使うことでわかりやすさを追求しましょう。図やグラフを活用することで、視覚的な理解を促すことができます。

以上が、動画マニュアルを作成する際に注目すべきポイントです。これらのポイントを意識してマニュアルを作成することで、視聴者の理解度や効果を高めることができるでしょう。

チュートリアル動画を作成する秘訣

チュートリアル動画を作成する際には、視聴者がわかりやすく内容を理解できるように工夫することが重要です。まず、わかりやすい言葉を使い、専門用語や難しい言葉は避けるようにしましょう。また、具体的な例や図解を使用することで、視覚的に理解しやすくなります。さらに、画面の操作手順に合わせて、テロップやマウスのカーソルの動きを示すことも有効です。また、一つの動画で一つのテーマに絞ることで、視聴者の混乱を避けます。視聴者の視点を忘れずに、何を知りたいのか、どのようにして欲しいのかを常に意識しましょう。

どうすれば業務プロセスの動画マニュアルがわかりやすくなるか

業務プロセスの動画マニュアルをわかりやすくするためには、以下の点に注意する必要があります。

まずは、ターゲットのレベルや知識を明確にしましょう。業務プロセスの動画マニュアルでは、初心者や経験者を対象にしているかによって、説明のレベルや専門用語の使い方が異なってきます。

次に、説明の構成案を作成しましょう。動画は視覚的な情報が主となるため、分かりやすい流れで内容を整理することが重要です。

さらに、必要な情報や資料を集めておきましょう。業務プロセスに関するデータや図表など、視覚的な補助資料を準備することで、理解しやすさが向上します。

最後に、わかりやすい台本を作成しましょう。簡潔で具体的な言葉を使い、視聴者がスムーズに内容を理解できるよう工夫しましょう。

これらのポイントを踏まえて、業務プロセスの動画マニュアルを作成することで、従業員やチームメンバーが効率的に業務を進めることができるでしょう。

セールスや接客のマニュアル動画の作り方

セールスや接客のマニュアル動画を作成する際には、以下の点に注意してください。

  • 具体的なシーンや操作方法をわかりやすく示すことが重要です。視聴者が実際のシチュエーションに想像を巡らせながら学べるように心掛けましょう。
  • 言葉遣いやトーンにも気を配りましょう。セールスや接客には人とのコミュニケーションが欠かせませんので、動画内でも親しみやすさや信頼性を伝えるような表現を心掛けましょう。
  • また、商品やサービスの特徴をしっかりと伝えることも大切です。視聴者がどのようなメリットや解決策が提供されているのかを理解できるように工夫しましょう。
  • さらに、質問や反応を促すようなコールトゥアクション(Call to Action)を最後に設けることで、視聴者の関心を引きつけてアクションを起こしやすくすることも有効です。

以上のポイントに留意しながら、セールスや接客のマニュアル動画を作成してみてください。

研修マニュアル動画の制作方法

研修マニュアル動画の制作方法について解説します。研修マニュアル動画は、従業員や新入社員の研修に活用されることがあります。そのため、内容が正確でわかりやすいことが求められます。研修マニュアル動画を作成する際のポイントは、以下の通りです。

まず、研修内容に合わせた構成を考えます。研修の目的や流れに合わせて、章立てや項目を作成しましょう。次に、必要な情報や資料を集めます。研修の内容を正確に伝えるためには、情報の収集が欠かせません。また、収集した情報を元に、簡潔でわかりやすい台本を作成します。台本は、逐次やり方を説明し、具体的な手順を示すことが重要です。

そして、実際に動画の撮影を行います。研修内容に応じて、実際の作業場や環境を再現した映像を撮影しましょう。撮影時には、ナレーションや音声のクオリティにも注意を払いましょう。撮影が終わったら、動画を編集します。不要な部分をカットし、映像や音声の調整を行いましょう。

研修マニュアル動画を作成する際は、研修内容に合わせた構成案の作成や台本の作成、動画の撮影と編集が重要です。これらのポイントを押さえることで、わかりやすく効果的な研修マニュアル動画を作成することができます。

操作画面とテロップを使ったチュートリアル動画の例

チュートリアル動画は、画面上の操作方法を説明する際に非常に有効な手段です。特に、操作画面を映しながらテキストや図を用いたテロップを表示することで、視聴者がより簡単に理解できるようになります。例えば、画面共有ソフトを使用する際の操作手順や、特定のアプリケーションの使い方を解説する場合には、このような手法が効果的です。

テロップと操作画面を活用したチュートリアル動画の例

テロップや操作画面を利用したチュートリアル動画は、視聴者にとって非常に分かりやすいものです。例えば、スクリーン上に表示される文字やアイコンを使って、手順をわかりやすく説明することができます。また、マウスカーソルの動きやクリックしたときの反応も画面上で確かめることができるため、視覚的な説明が得意な方には非常に有効な手段となります。さらに、テロップを使って重要なポイントを強調することも可能です。テキストでの説明だけでは伝わりにくい部分を、視覚的な要素で補完することで、視聴者の理解を深めることができます。

具体的な事例を用いて業務プロセス動画を作る方法の例

ここでは、具体的な事例を用いて、業務プロセス動画を作成する方法を紹介します。例えば、商品の製造工程や商品の梱包作業を動画で解説する場合、以下の工程を経て動画を作成することが効果的です。

  1. まず、タイトルなどでどの工程を撮影するのかを明確にします。
  2. 次に、撮影する工程の順番や流れを決定します。例えば、商品の製造工程を「原料の準備」「製造工程」「検品」という順番で撮影するといった具体的な構成案を作成します。
  3. 必要な情報や資料を集めます。例えば、作業者へのインタビュー、製品の仕様書、作業工程のマニュアルなどを集めます。
  4. 視聴者が理解しやすい台本を作成します。具体的な工程ごとに手順をまとめ、わかりやすい言葉を使って台本を作成します。
  5. 撮影を行います。各工程ごとに撮影し、動画として記録します。
  6. わかりやすいナレーションを吹き込みます。撮影した動画に、工程の説明やポイントをわかりやすく説明するナレーションを吹き込みます。
  7. 最後に、撮影した動画を編集します。不要なパートをカットし、クオリティを高めるためにエフェクトやテキストを追加します。

以上の手順を踏んで、業務プロセス動画を作成することで、効果的に作業手順をマニュアル化し、従業員の作業効率を向上させることができます。是非、参考にしてみてください。

生の声を活かした接客マニュアル動画の例

接客業においては、顧客とのコミュニケーションが非常に重要です。そのため、接客マニュアル動画では、生の声を活かすことが効果的です。例えば、実際の接客現場でのやり取りを取り入れることで、視聴者はリアルな状況をイメージしやすくなります。

具体的な例としては、顧客からの問い合わせに対する応対の一連の流れを動画で再現するという手法があります。その際に、実際の顧客の声を使い、スタッフの対応や問題解決の様子を伝えることで、視聴者はイメージしやすくなるでしょう。

また、顧客の声を活かした動画マニュアルでは、実際の購入者や利用者のインタビューを取り入れることも効果的です。製品やサービスの良さを実際のユーザーの声で伝えることで、視聴者は信頼感を得やすくなります。

生の声を活かした接客マニュアル動画は、視聴者にリアリティを与えるだけでなく、情報の定着度も高めることができます。このような手法を取り入れることで、効果的な接客マニュアル動画を作成することができます。

図解を使ってわかりやすくした研修マニュアル動画の例

研修マニュアル動画を作成する際には、図解を使うことで内容をわかりやすくすることができます。例えば、商品の組み立て手順を説明する研修マニュアル動画では、図やイラストを使って各パーツの位置や取り付け方を分かりやすく示すことができます。また、操作の流れや手順を図解で説明することで、視聴者が動画を見ながら迷わずに作業を進めることができます。さらに、図解を使って分かりやすくした研修マニュアル動画では、言葉だけで説明するよりも効果的に情報を伝えることができます。図解を使ってわかりやすさを追求することで、研修マニュアル動画の効果が高まります。

動画マニュアルの作成をさらに効率化する2つの方法

動画マニュアルの作成を効率化するために、2つの方法を紹介します。まず1つ目の方法は、動画マニュアル作成専用のソフトウェアを利用することです。これらのソフトウェアには、テンプレートやライブラリが用意されており、手軽に動画マニュアルを作成することができます。また、ソフトウェアならではの機能を活用することで、編集やナレーションの追加なども簡単に行えます。

2つ目の方法は、プロの制作会社に動画マニュアルの作成を依頼することです。制作会社は豊富な経験と専門知識を持っており、高品質な動画マニュアルを作成することができます。自社で作成する手間や時間を節約することができるだけでなく、プロの制作ならではのクオリティや効果を期待することができます。

動画マニュアル作成専用ソフトを使う利点

動画マニュアルを作成する際、専用のソフトウェアを使用することにはいくつかの利点があります。

まず、ソフトウェアを使用することで、簡単にプロフェッショナルな動画を作成することができます。ソフトウェアには豊富なテンプレートやエフェクトが備わっており、ユーザーはそれらを使用して高品質な動画を作成することができます。

また、ソフトウェアは編集作業を支援してくれます。例えば、テキストや画像の挿入、動画のトリミングや結合、効果音の追加など、多彩な機能が備わっています。これにより、素早く編集作業を行い、完成度の高い動画を作成することができます。

さらに、専用のソフトウェアでは、動画のエクスポートや共有が容易に行えます。作成した動画を複数のフォーマットで保存したり、オンラインで共有したりすることができます。これにより、動画を効果的に活用することができます。

これらの利点からも分かるように、動画マニュアル作成専用のソフトウェアを使用することは、効率的かつ高品質な動画の制作に役立ちます。

プロの制作会社に依頼するメリット

動画マニュアルの制作において、プロの制作会社に依頼することにはいくつかのメリットがあります。

まずは、専門知識と経験のあるプロのスタッフが手がけるため、高品質な動画が作成されます。動画の撮影技術や編集技術に優れたスタッフがいるため、視聴者が分かりやすく理解しやすい動画マニュアルが完成します。

また、時間と手間を省くこともできます。自社内で動画の制作を行う場合、スタッフの教育や機材の準備などに時間がかかることがありますが、プロの制作会社に依頼することで、効率的に動画マニュアルを作成することができます。

さらに、クオリティの面だけでなく、コスト面でもメリットがあります。初めから専門の制作会社に依頼することで、機材や人材のコストを抑えることができます。制作会社は複数の案件を受け持っているため、経済的な効果を最大限に引き出すことができるのです。

動画マニュアルの作成と活用で気をつけるべき4つのポイント

動画マニュアルを作成する際には、以下の4つのポイントに気をつけることが重要です。

1つの動画に複数のテーマを詰め込まない理由

動画マニュアルは、視聴者にとってわかりやすくなければなりません。複数のテーマを一つの動画に詰め込んでしまうと、視聴者が情報を受け取りづらくなる可能性があります。一つのテーマに絞って、分かりやすく説明することを心掛けましょう。

必要な情報はテキストで残すべき

動画マニュアルは、一度視聴するだけで理解できるとは限りません。必要な情報を後から確認する際には、テキストで残すことが重要です。視聴者が必要な情報を見逃さないよう、動画と併せてテキストで補完することを意識しましょう。

内容によっては視聴者の理解度にずれが出る可能性がある

動画マニュアルの中には、内容が専門的であったり難解なものもあります。そのため、視聴者の理解度にずれが出る可能性があります。理解度に配慮し、必要な情報や解説を適切に提供することが重要です。

保存場所によっては動画が見れない可能性もある

動画マニュアルは、保存場所によっては視聴できない可能性があります。特に企業内で利用する場合は、ファイアウォールやセキュリティの制約により、動画が閲覧できない場合があります。保存先によっては、動画だけでなくテキストなどの別の形式でも提供することが必要です。

1つの動画に複数のテーマを詰め込まない理由

動画マニュアルを作る際、1つの動画に複数のテーマを詰め込むのは避けるべきです。なぜなら、視聴者は複数のテーマを処理することが難しく、情報の消化や理解が困難になるからです。

例えば、料理のマニュアル動画で料理のレシピと調理器具の使い方を一緒に説明すると、視聴者はどちらに集中すれば良いのか迷ってしまいます。結果として、料理の手順を理解できず、調理器具の使用方法もうまく活用できなくなってしまいます。

そのため、1つの動画には1つのテーマに絞り込み、わかりやすく説明することが重要です。テーマごとに動画を分けることで、各テーマに集中して理解することができ、視聴者が情報を簡単に取得できるようになります。

必要な情報はテキストで残すべき

動画マニュアルを作成する際には、視聴者が理解しやすいようにテキスト情報も併せて提供することが重要です。動画には時間の制約があり、詳細な情報を全て伝えきることは難しいです。そのため、テキストで補完することで、視聴者が必要な情報を見逃すリスクを減らすことができます。

例えば、手順や操作方法などを説明する際には、動画の中で具体的な手順を表示する場合でも、テキストとしてその手順を併記することで、視聴者が確実に理解することができます。また、解説や説明文もテキストで提供することで、視覚的な情報だけでなく、文字情報との組み合わせでより理解を深めることができるでしょう。

さらに、テキスト情報は検索エンジンでの検索性も高める効果があります。動画自体はその中身がテキストとして抽出されにくく、検索結果に表示される情報も限られてしまいます。しかし、テキスト情報を併記することで、使用キーワードの検索結果に上位表示される可能性が高まります。

つまり、動画マニュアルを作成する際には、必要な情報はテキストとして残しておくことが重要です。視聴者がより理解しやすく、必要な情報を見逃すリスクを減らすために、テキストと動画を上手に組み合わせて活用しましょう。

内容によっては視聴者の理解度にずれが出る可能性がある

動画マニュアルを作成する際には、内容によっては視聴者の理解度にずれが出る可能性があります。特に専門的な知識や高度な操作方法を説明する場合には、初心者や非専門家向けの説明が不足してしまう可能性があります。そのため、視聴者のレベルや知識レベルに応じて、適切な言葉や説明を使用することが重要です。具体的な例や解説を交えることで、より理解しやすくなるでしょう。また、動画の速度や再生方法の説明もしっかりと行うことで、視聴者が迷うことなく動画を視聴できるようになります。視聴者の理解度にずれが出ないように注意し、必要な情報を正確かつわかりやすく伝えることを心掛けましょう。

保存場所によっては動画が見れない可能性もある

動画マニュアルを作成する際に注意しなければならないポイントの一つは、保存場所によっては動画が見れない可能性があることです。動画ファイルは容量が大きいため、一部のウェブサイトやメールの添付ファイルなどでは制限があり、動画が再生できないことがあります。そのため、動画マニュアルを作成する際には、使用するプラットフォームや共有方法などを慎重に選ぶ必要があります。できるだけ普及率が高く、多くのユーザーが利用しているサービスを選ぶことで、より多くの人に動画マニュアルを届けることができます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、動画マニュアルを作る際の手順や注目すべきポイント、参考になる事例、さらに効率化する方法、そして作成と活用で気をつけるべきポイントについて徹底解説しました。動画マニュアルは誰でもわかりやすく作成することが重要であり、手軽に作成するためにはまず誰に見せるかを明確にし、便利な構成案を作り上げることが必要です。また、視聴者が理解しやすい台本やわかりやすいナレーションの作成、動画の撮影と編集、さらには特定のマニュアルに合わせた制作方法も重要です。具体的な事例を参考にすることで、よりわかりやすい動画マニュアルを作成することができます。さらに、動画マニュアルの作成を効率化するためには専用ソフトの利用や制作会社への依頼も検討してみてください。最後に、内容の詰め込みすぎには注意し、必要な情報はテキストで残すこと、そして保存場所によっては動画が見れない可能性もあることに気をつけましょう。是非、動画マニュアルを作成する際の参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました