知らないとヤバい!シャドーITのリスクと対策法

最新マーケティング情報

知らないとヤバい!シャドーITのリスクと対策法。何がシャドーITなの?会社が見落としがちなツールやデバイスについて、シャドーITがもたらす可能性のある脅威、シャドーITと自社持ち込み端末(BYOD)のちがいについて。あなたの会社は大丈夫?シャドーIT可能性を秘めた5つの予兆、予兆1:無料のオンラインストレージを使いまくる人がいる、予兆2:社員がバラバラのチャットツールを使って業務を進めている、予兆3:社員が自宅のPCやスマホを業務で使っている、予兆4:公衆Wi-Fi(無料のホットスポット)を使う社員がいる、予兆5:社員が業務用データを持ち帰って仕事をしている。これで安心!シャドーIT対策に効果的な方法、対策1:安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入する、対策2:クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にする、対策3:会社の端末は全て管理対象に!MDMツールを使用する、対策4:社員に対するセキュリティ意識を向上させるために定期的な研修を実施する、対策5:業務中に使用できるツールやデバイスについて明確にルールを設ける。

  1. 何がシャドーITなの?会社が見落としがちなツールやデバイスについて
    1. シャドーITがもたらす可能性のある脅威
    2. シャドーITと自社持ち込み端末(BYOD)のちがいについて
    3. あなたの会社は大丈夫?シャドーIT可能性を秘めた5つの予兆
    4. 予兆1:無料のオンラインストレージを使いまくる人がいる
    5. 予兆2:社員がバラバラのチャットツールを使って業務を進めている
    6. 予兆3:社員が自宅のPCやスマホを業務で使っている
    7. 予兆4:公衆Wi-Fi(無料のホットスポット)を使う社員がいる
    8. 予兆5:社員が業務用データを持ち帰って仕事をしている
  2. これで安心!シャドーIT対策に効果的な方法
    1. 対策1:安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入する
    2. 対策2:クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にする
    3. 対策3:会社の端末は全て管理対象に!MDMツールを使用する
    4. 対策4:社員に対するセキュリティ意識を向上させるために定期的な研修を実施する
    5. 対策5:業務中に使用できるツールやデバイスについて明確にルールを設ける
    6. 対策1:安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入する
    7. 対策2:クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にする
    8. 対策3:会社の端末は全て管理対象に!MDMツールを使用する
    9. 対策5:業務中に使用できるツールやデバイスについて明確にルールを設ける
  3. この記事のまとめ

何がシャドーITなの?会社が見落としがちなツールやデバイスについて

シャドーITとは、企業が認知していない機器やサービスのことを指します。従業員が自分の業務に必要だと判断して導入し、会社の許可なく使用されることが多いため、「シャドー(影)」の名がついています。シャドーITがもたらす脅威やリスクは非常に大きく、企業の情報漏洩やセキュリティの脆弱性を引き起こす可能性があります。具体的な例としては、無料のオンラインストレージや個人のスマートフォン、公衆Wi-Fiなどがあります。これらのツールやデバイスは一見便利で使いやすいですが、セキュリティ対策が不十分であり、企業の重要な情報が漏洩しやすいというリスクが潜んでいます。したがって、企業はシャドーITの存在を認識し、適切な対策を講じる必要があります。

シャドーITがもたらす可能性のある脅威

シャドーITは、企業が認知していないツールやデバイスの使用を指します。このシャドーITがもたらす可能性のある脅威は非常に大きく、重要な情報やデータの漏洩、セキュリティ上の脆弱性、法的な問題などが考えられます。

まず、シャドーITにはセキュリティ上のリスクが存在します。企業が管理・監視していないツールやデバイスは、セキュリティ対策が不十分な場合があります。これにより、重要なデータが盗まれたり、ウイルス感染が広がる可能性があります。

さらに、シャドーITによって、企業のIT環境が乱れる可能性もあります。例えば、社員が個別のチャットツールを使用して業務を進めることで、コミュニケーションの一元化が困難になったり、業務データが散在してしまったりすることがあります。

さらに、シャドーITがもたらす可能性のある脅威としては、法的な問題も挙げられます。例えば、シャドーITで使用されたツールやデバイスが法律に違反している場合、企業側が法的な責任を問われる可能性があります。また、シャドーITの使用によって、個人情報の保護などの法的な要件が満たされない場合もあります。

シャドーITと自社持ち込み端末(BYOD)のちがいについて

シャドーITとは、企業が認知していないツールやデバイスのことを指します。一方、自社持ち込み端末(BYOD)は、社員が個人のデバイス(スマートフォンやタブレットなど)を業務に使用することを指します。シャドーITは、企業が公式に承認していないため、セキュリティリスクが高くなります。そのため、企業はシャドーITの使用を防止するための対策を講じる必要があります。一方、BYODは企業が公式に承認しているため、セキュリティリスクを管理するための策を講じることができます。ただし、社員の個人デバイスを業務に使用することは、情報漏洩のリスクを増加させる可能性があります。したがって、企業はBYODを導入する際には、適切なセキュリティ対策を講じる必要があります。

あなたの会社は大丈夫?シャドーIT可能性を秘めた5つの予兆

シャドーITは、企業が認識していないツールやデバイスのことを指します。これにより、会社のセキュリティやデータ保護が脅かされる可能性があります。

まず、無料のオンラインストレージを使いまくる人がいるという予兆が現れることがあります。社員が個人用のクラウドストレージを使って業務データを扱っている場合、データの盗難や漏洩のリスクが高まります。

次に、社員がバラバラのチャットツールを使って業務を進めているという予兆が現れることがあります。社員間のコミュニケーションが分散してしまい、情報漏洩やタスク管理の混乱の原因となります。

また、社員が自宅のPCやスマホを業務で使っているという予兆が現れることがあります。社外でのセキュリティ対策が不十分なため、個人情報や機密情報が漏洩する可能性が高まります。

さらに、公衆Wi-Fi(無料のホットスポット)を使う社員がいるという予兆が現れることがあります。公衆Wi-Fiはセキュリティが脆弱であり、データが第三者に盗まれるリスクが高まります。

最後に、社員が業務用データを持ち帰って仕事をしているという予兆が現れることがあります。個人のPCやUSBメモリーに業務データが保存されている場合、データの紛失や盗難のリスクが高まります。

これらの予兆が現れた場合、会社のセキュリティにおけるシャドーITの可能性が高まっていることを意味します。しっかりした対策を講じることが重要です。

予兆1:無料のオンラインストレージを使いまくる人がいる

シャドーITが会社にもたらすポテンシャルな脅威の一つは、無料のオンラインストレージの利用です。一般的なクラウドストレージサービスとして知られるDropboxやGoogle Driveは、多くの人にとって便利なツールですが、ビジネスにおいてはセキュリティリスクをはらんでいます。

例えば、社員が業務で使用するファイルを個人のアカウントにアップロードし、外部の人々と共有することで、機密情報の漏洩のリスクが発生します。また、個人のアカウントを使用しているため、会社の管理下にないので、社内データの管理やバックアップが十分に行われていない可能性もあります。

これにより、社員が重要なファイルを紛失する可能性が増え、業務の停止や再作成の手間が生じることも考えられます。その上、クラウドストレージ自体がサーバー障害などの問題にも晒されているため、データの損失やアクセスの遮断も予測されるでしょう。

このような予兆が見られる場合は、会社はシャドーITのリスクに対して注意が必要です。最も重要なのは、適切な法人向けクラウドサービスの導入です。これにより、セキュリティ保護やデータ管理がより確実に行われ、社員の業務効率も高まるでしょう。

予兆2:社員がバラバラのチャットツールを使って業務を進めている

社内でのコミュニケーションは業務の円滑な進行には欠かせません。しかし、社員がバラバラのチャットツールを使って業務を進めている場合、情報の共有が困難になり、情報漏洩のリスクも高まります。例えば、社内でチームごとに異なるチャットツールを使用していると、他のチームとの連携が取れず、情報が隔絶される可能性があります。さらに、セキュリティの脆弱性があるチャットツールを使用している場合は、データ漏洩や不正アクセスのリスクも懸念されます。このような状況では、社内の情報共有やセキュリティを確保することが困難になります。

予兆3:社員が自宅のPCやスマホを業務で使っている

シャドーITの一つの予兆として、社員が自宅のPCやスマホを業務で使用していることがあります。例えば、出社前や帰宅後に自宅のパソコンで業務のメールを送受信したり、スマートフォンで社内システムにアクセスしたりすることがあります。しかし、これはセキュリティの面で大きなリスクをはらんでいます。自宅のPCやスマホは、会社のセキュリティ対策が施されていないため、ウイルスやマルウェアに感染する可能性が高くなります。また、個人の端末を利用することで、業務データが個人の手元に残り、情報漏洩の危険性もあります。したがって、会社は従業員が自宅のPCやスマホを業務に使用しないように、明確なルールやガイドラインを設ける必要があります。

予兆4:公衆Wi-Fi(無料のホットスポット)を使う社員がいる

公衆Wi-Fi(無料のホットスポット)を使うことは、便利な反面、シャドーITのリスクとなります。公衆Wi-Fiは一般的にセキュリティ対策が不十分であり、個人情報の漏洩やマルウェア感染の危険性が高まります。また、社員が公衆Wi-Fiを使用することによって、会社の業務データが第三者に盗まれる可能性もあるため、セキュリティ上非常に危険です。

公衆Wi-Fiを使用する社員の存在は、シャドーITが進行している可能性を示す重要な予兆と言えます。したがって、会社が公衆Wi-Fiの利用を制限することや、代わりにVPN(仮想専用ネットワーク)を利用することで、セキュリティ上のリスクを軽減することができます。

予兆5:社員が業務用データを持ち帰って仕事をしている

社員が業務用データを自宅や外出先に持ち帰って仕事をしている場合、それはシャドーITの一例と言えます。例えば、社員が自宅のPCやスマホで業務に必要なファイルを閲覧したり、編集したりしているケースがあります。一見便利で効率的なように思えますが、これには潜在的なリスクがあります。社外にデータが持ち出されると、情報漏えいやセキュリティ侵害のリスクが高まります。また、社内のデータ管理やバックアップの問題も生じる可能性があります。このような事態を避けるためには、社員に正式な方法で業務を行うことを促す必要があります。例えば、セキュリティが確保された社内ネットワークやクラウドサービスを使用して、外出先でも安全に業務を行うことができます。

これで安心!シャドーIT対策に効果的な方法

シャドーITのリスクを軽減するためには、以下の対策を実施することが重要です。

対策1:安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入する

無料のオンラインストレージなどの利用はセキュリティ上のリスクが高く、情報漏洩の可能性もあります。会社専用のクラウドサービスを利用することで、セキュリティが確保された環境でデータを共有できます。

対策2:クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にする

クラウドサービスを利用する場合、データの暗号化や二要素認証の導入など、セキュリティ対策を徹底することが重要です。また、定期的なデータのバックアップも忘れずに行いましょう。

対策3:会社の端末は全て管理対象に!MDMツールを使用する

社員の持ち込み端末(BYOD)を含む、会社の全ての端末を管理対象にすることが必要です。MDMツールを導入することで、端末の管理やセキュリティポリシーの適用を効率的に行えます。

対策4:社員に対するセキュリティ意識を向上させるために定期的な研修を実施する

社員に対して、シャドーITのリスクやセキュリティに関する教育と意識向上を行いましょう。定期的なセキュリティ研修やワークショップを実施することで、社員のセキュリティ意識を高めることができます。

対策5:業務中に使用できるツールやデバイスについて明確にルールを設ける

社内におけるシャドーITの利用を防ぐために、ツールやデバイスの利用に関する明確なルールを設けましょう。社員に対して許可されたツールやデバイスのみを使用するようにし、違反した場合の対応策も明確にしておきましょう。

対策1:安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入する

シャドーIT対策の一つとして、安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入することが重要です。法人向けクラウドサービスは、セキュリティ対策が十分に施されており、データの保護やセキュアな通信が行えます。また、セキュリティに問題があった場合でも、迅速に対応してくれるサポート体制が整っています。さらに、法人向けクラウドサービスは大容量のデータを安全に保管できるため、業務効率の向上にも繋がります。社員がシャドーITを利用しづらくするためにも、安全性が高い法人向けクラウドサービスの導入は必須です。

対策2:クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にする

シャドーITのリスクを防ぐためには、クラウドデータの保護が重要です。クラウドサービスは情報を外部のサーバーに保存するため、データのセキュリティを確保する必要があります。まず、信頼性の高い法人向けクラウドサービスを導入することが重要です。セキュリティ対策が万全なプロバイダーを選ぶことで、データ漏洩や不正アクセスのリスクを軽減することができます。

さらに、クラウドデータを保護するためには、暗号化やアクセス制御といったセキュリティ対策を万全にすることも必要です。データの暗号化は、不正なアクセスやデータの改ざんからデータを保護する効果があります。また、アクセス制御の設定をしっかりと行うことで、不正なアクセスや情報漏洩を防止することができます。

さらに、社内でクラウドデータを利用する際には、社員に対してセキュリティ意識を向上させるための研修を定期的に行うことも重要です。セキュリティ対策に関する知識を共有し、社員が安全にクラウドを利用できるようサポートすることが必要です。

以上の対策を実施することで、クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にすることができます。シャドーITのリスクを軽減し、企業のデータを守るためには、これらの対策をしっかりと実施することが重要です。

対策3:会社の端末は全て管理対象に!MDMツールを使用する

シャドーITのリスクを軽減するためには、会社の端末に関しては全て管理対象にすることが重要です。具体的には、MDM(モバイル端末管理)ツールを導入することが効果的です。このツールを使用することで、社員が使用するスマートフォンやタブレットなどの端末を一元管理することができます。

具体的には、MDMツールを使用することで、端末のセキュリティ設定やアプリのインストール制限などをリモートで行うことができます。また、端末の紛失や盗難時には、遠隔でデータの削除や端末のロックを行うことも可能です。さらに、社員が業務用の端末を持ち出す際には、端末の利用目的や持ち出し許可などを管理することもできます。

MDMツールの導入により、会社の端末をしっかりと管理することで、シャドーITのリスクを最小限に抑えることができます。社員の使用する端末に関しては、しっかりと管理対象にし、セキュリティ対策を徹底することが重要です。

シャドーIT対策の一つとして、社員に対するセキュリティ意識を向上させるために定期的な研修を実施することが重要です。

社員には、シャドーITによるリスクやセキュリティ対策の重要性について正しく理解してもらう必要があります。そのためには、定期的な研修を通じて、関連する情報や事例を提供し、具体的な対策方法について教育することが有効です。

研修では、シャドーITの影響やリスク、業務上の注意点などについて詳しく説明し、実際のケースを取り上げながら具体的な対策方法を紹介します。また、最新のセキュリティ情報や攻撃手法についても定期的に更新し、社員のセキュリティ意識を高めます。

さらに、研修の際には社員からの質問や意見も積極的に受け付けることで、彼らの関心や課題に対応し、より具体的な対策を考えることができます。

定期的な研修を通じて、社員のセキュリティ意識を向上させることで、シャドーITによるリスクを最小限に抑えることができます。組織全体でのセキュリティ意識を高めるために、継続的な努力が必要です。

対策5:業務中に使用できるツールやデバイスについて明確にルールを設ける

シャドーITの問題を解決するためには、会社内で使用できるツールやデバイスについて明確なルールを設けることが重要です。社員が自由に使っていいもの、使ってはいけないものをしっかりと定めることで、シャドーITのリスクを減らすことができます。
具体的なルールの例としては、社内で公認されたクラウドサービスやチャットツールの利用、公式な業務用端末のみの使用、業務データの持ち出し禁止などがあります。さらに、これらのルールを従業員に周知し、定期的に復習するような研修や教育プログラムを実施することも効果的です。
明確なルールがあることで、社員はシャドーITのリスクを認識し、適切な行動ができるようになります。また、ルールを徹底することで、シャドーITの発生を防ぎ、情報漏洩やセキュリティの脆弱性を最小限に抑えることができるのです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、誰でも読みやすい形でシャドーITのリスクと対策法について紹介しました。シャドーITとは、会社が見落としがちなツールやデバイスのことであり、その使用がもたらす可能性のある脅威についても触れました。さらに、シャドーITと自社持ち込み端末(BYOD)との違いについても解説しました。次に、シャドーITが発生する可能性を秘めた5つの予兆について詳しく説明しました。それは、無料のオンラインストレージを使いまくる人、社員がバラバラのチャットツールを使って業務を進めている、社員が自宅のPCやスマホを業務で使っている、公衆Wi-Fi(無料のホットスポット)を使う社員がいる、社員が業務用データを持ち帰って仕事をしているという5つの予兆です。最後に、シャドーIT対策に効果的な方法を5つ紹介しました。それは、安全性が高い法人向けクラウドサービスを導入する、クラウドデータを保護するセキュリティ対策を万全にする、会社の端末は全て管理対象に!MDMツールを使用する、社員に対するセキュリティ意識を向上させるために定期的な研修を実施する、業務中に使用できるツールやデバイスについて明確にルールを設けるという対策方法です。これらの対策を実施することで、シャドーITからのリスクを軽減し、安心して業務を行うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました