Googleマップを駆使した店舗集客・情報管理のDXで成功した12の事例(ライクルの事例から)

プロモーションと広告

Googleマップを駆使した店舗集客・情報管理のDXで成功した12の事例について解説します。これらの事例は、様々な業種の企業がGoogleマップを利用して様々な成果を上げた実例です。例えば、ポータルサイトの活用や無人店舗の登録、情報の更新と管理の一括化など、Googleマップを使った施策が検索数や反応数を増加させることに成功したケースが含まれています。また、Googleビジネスプロフィールを活用したアピールや、ダイレクトメールからのWebへの転換によるマーケティング手法の事例もあります。この記事を読めば、Googleマップを活用した店舗集客・情報管理の重要性や効果について理解することができます。

  1. 1. ポータルサイトを活用し検索数と反応数を増加させた事例:株式会社ビー・ワイ・オー
  2. 2. 無人店舗の登録でGoogleの検索・マップ表示回数を4倍にした事例:エリアリンク株式会社
  3. 3. 情報の更新と管理の一括化により、検索数と反応数を大幅に伸ばした事例:モノ・ループ株式会社
  4. 4. 「住宅展示場」の検索流入を218%に向上させた事例:住宅メーカS社
  5. 5. Googleビジネスプロフィールで検索数を増加させて店舗をアピールした事例:株式会社ボストンハウス
  6. 6. Googleマップの閲覧数を129%に伸ばした事例:有限会社ムサシノクリーニング商会
  7. 7. 20店舗以上の一括管理で反応数を前年比125.4%にした事例:埼玉ダイハツ販売株式会社
  8. 8. 複数店舗の一括登録・投稿でGoogleマップを通した反応率を1.35倍にした事例:株式会社チュチュアンナ
  9. 9. 提案した新規顧客への受注率約80%を達成した事例:株式会社LIFULL Marketing Partners
  10. 10. ダイレクトメールからWebへ。新しい「地域に密着したマーケティング」の事例:株式会社ゼニス
  11. 11. Googleビジネスプロフィールの影響力を体験した事例:株式会社レクスト
  12. 12. 店舗を巻き込んだ「デジタル接客」で検索キーワードの流入数を増加させた事例:株式会社マックハウス
    1. 複数の店舗でGoogleビジネスプロフィールを運用する際の推奨ツール:ライクルGMB
  13. この記事のまとめ

1. ポータルサイトを活用し検索数と反応数を増加させた事例:株式会社ビー・ワイ・オー

株式会社ビー・ワイ・オーは、ポータルサイトを活用することで検索数と反応数を増加させることに成功しました。具体的には、ポータルサイトに掲載する情報を充実させ、ユーザーの関心を引くことに注力しました。「地域のおすすめディナースポット」や「週末のお出かけスポット」など、ユーザーが興味を持ちそうなテーマの記事を投稿しました。これにより、検索数が153%増加し、反応数も175%増加しました。ポータルサイトを通じて、ビー・ワイ・オーの情報が多くのユーザーに届き、彼らの興味や関心を引くことに成功しています。

2. 無人店舗の登録でGoogleの検索・マップ表示回数を4倍にした事例:エリアリンク株式会社

エリアリンク株式会社は、無人店舗の登録を通じてGoogleの検索・マップ表示回数を4倍に増やしました。これは、顧客がエリアリンクの無人店舗を見つけやすくするためにGoogleマップを活用した結果です。無人店舗は、24時間営業や自動販売機などのサービスを提供していますが、その存在を知らない人が多くいました。そこで、エリアリンクはGoogleマップを使用して無人店舗を登録し、位置情報を正確に表示することで、顧客の検索や地図上での表示を可能にしました。これにより、多くの人々が無人店舗の存在を知り、利用するようになりました。また、エリアリンクはGoogleの検索エンジン最適化(SEO)の戦略も活用しました。具体的には、タイトルタグやメタディスクリプションの最適化を行い、検索結果の上位表示を目指しました。これにより、検索結果ページでのエリアリンクの表示順位が上昇し、さらに多くの顧客にアクセスしてもらえるようになりました。結果的に、エリアリンクの無人店舗の検索数とマップ表示回数は4倍に増加しました。

3. 情報の更新と管理の一括化により、検索数と反応数を大幅に伸ばした事例:モノ・ループ株式会社

モノ・ループ株式会社は、情報の更新と管理を一括化することで、検索数と反応数を大幅に伸ばしました。以前は各店舗ごとに情報の更新を行っていたため、非常に手間がかかっていましたが、ライクルの提供するツール「ライクルGMB」を導入したことで、情報の一元管理が可能になりました。これにより、新メニューやキャンペーン情報などを迅速に反映させることができるようになり、顧客の関心を引くことができました。また、更新された情報がGoogleマップ上にも反映されるため、検索数も増加し、より多くの人々に情報が伝わりました。モノ・ループ株式会社は、情報の一括管理による効率化とGoogleマップを活用した集客により、大きな成果を上げました。

4. 「住宅展示場」の検索流入を218%に向上させた事例:住宅メーカS社

住宅メーカーS社は、Googleマップを駆使した店舗集客と情報管理のDXで驚くべき成果を達成しました。特に、「住宅展示場」の検索流入を218%も向上させたという事例は注目に値します。彼らは、Googleビジネスプロフィールを最大限に活用し、魅力的な情報を提供することで潜在顧客の関心を引きつけました。地図上での正確な位置情報や営業時間、評価などの情報を提供することで、検索流入を増やすことに成功しました。これにより、多くの人々が彼らの住宅展示場を訪れることとなり、売り上げの増加につながりました。

5. Googleビジネスプロフィールで検索数を増加させて店舗をアピールした事例:株式会社ボストンハウス

株式会社ボストンハウスは、Googleビジネスプロフィールを活用することで、店舗の検索数を増加させ、集客に成功しました。

Googleビジネスプロフィールでは、店舗の基本情報を登録するだけでなく、写真や口コミの投稿もすることができます。ボストンハウスはこれらの機能を駆使し、魅力的な情報を提供することで、多くのユーザーの関心を引きました。

具体的には、美しい写真を掲載することで、店舗の雰囲気や商品の魅力を伝えました。さらに、顧客からの口コミを積極的に投稿し、良い評価を獲得することで信頼性を高めました。

これらの取り組みにより、ボストンハウスのGoogleビジネスプロフィールへのアクセス数が増加し、検索結果での表示順位も上昇しました。その結果、より多くのユーザーがボストンハウスを知り、実店舗へ足を運ぶようになりました。

株式会社ボストンハウスの成功事例からわかるように、Googleビジネスプロフィールは集客に効果的なツールです。他の企業もこのツールを活用することで、より多くのユーザーにアピールすることができるでしょう。

6. Googleマップの閲覧数を129%に伸ばした事例:有限会社ムサシノクリーニング商会

有限会社ムサシノクリーニング商会は、Googleマップを駆使して店舗集客と情報管理のDXを実現しました。ムサシノクリーニング商会はクリーニング店舗を展開しており、Googleマップ上での情報が顧客にとって重要な要素となっていました。しかし、以前は正確な店舗情報が表示されず、閲覧数も低かったため、集客に課題を抱えていました。そこで、ムサシノクリーニング商会はGoogleマイビジネスを活用し、正確な店舗情報の登録と更新を徹底しました。さらに、口コミや評価の管理も行い、顧客の信頼を高める取り組みを行いました。その結果、Googleマップでの閲覧数を129%に伸ばし、集客に大きな成果を上げることに成功しました。

7. 20店舗以上の一括管理で反応数を前年比125.4%にした事例:埼玉ダイハツ販売株式会社

埼玉ダイハツ販売株式会社は、20店舗以上の一括管理により、反応数を前年比125.4%増加させました。具体的には、Googleマップ上での店舗情報の一元管理や更新を行い、デジタル広告やレビューの投稿などの情報発信を強化しました。これにより、検索結果や情報が多くのユーザーに表示され、興味を持ったユーザーからのアクションが増えました。また、複数店舗の情報を一括して管理することで効率的な運用が可能となり、反応数の増加につながりました。

8. 複数店舗の一括登録・投稿でGoogleマップを通した反応率を1.35倍にした事例:株式会社チュチュアンナ

株式会社チュチュアンナは、複数店舗の一括登録・投稿を通じてGoogleマップを活用し、反応率を1.35倍に増加させました。彼らは、従来の個別の店舗情報管理から一括管理への切り替えに成功しました。これにより、店舗情報の更新や対応時間の設定など、効率的な情報管理が可能となりました。また、複数店舗での一括投稿により、より多くのユーザーに対して情報を発信することができました。その結果、Googleマップを通じての反応率が1.35倍に向上し、より多くの集客効果を生み出すことができました。

9. 提案した新規顧客への受注率約80%を達成した事例:株式会社LIFULL Marketing Partners

株式会社LIFULL Marketing Partnersは、Googleマップを駆使した店舗集客・情報管理のDXにより、新規顧客への受注率を約80%も改善しました。具体的には、同社はGoogleビジネスプロフィールを最大限活用し、施工事例やクライアントの声などの情報を充実させることで、ユーザーに対して信頼性を高めました。また、リーチ効果を上げるために、口コミの募集やクーポン配布などのキャンペーンも積極的に行いました。その結果、新規顧客への提案機会が増加し、受注率を大幅に向上させることに成功しました。

10. ダイレクトメールからWebへ。新しい「地域に密着したマーケティング」の事例:株式会社ゼニス

ダイレクトメールからWebへのマーケティングを通じて、株式会社ゼニスは地域に密着した効果的な集客を実現しました。ゼニスは、地域住民に対してダイレクトメールで店舗の情報を発信していましたが、効果が限定的でした。そこで、Googleマップを活用し、地域住民に向けた広告を掲載することで、検索数と反応数を増加させました。具体的には、地域の特産品やイベント情報などのキーワードを活用し、地域住民が興味を持つコンテンツを提供しました。このアプローチにより、ダイレクトメールよりもWeb広告の効果が高まり、地域の顧客とのつながりを深めることができました。

11. Googleビジネスプロフィールの影響力を体験した事例:株式会社レクスト

株式会社レクストは、Googleビジネスプロフィールを運用することで、驚くべき成果を上げました。具体的には、ビジネスプロフィールの登録と更新を行ったことで、店舗へのアクセス数が飛躍的に増加し、新規の顧客が増えることに成功しました。

ビジネスプロフィールを活用することで、レクストは地元の顧客に対して情報を提供し、自社の特徴や魅力をアピールすることができました。これにより、地域の顧客からの支持を受け、新規の受注率も大幅に向上しました。

また、Googleビジネスプロフィールには口コミ機能もあります。レクストは、顧客からの口コミを積極的に取り入れ、自社の信頼性と評判を高めることに成功しました。口コミは、ビジネスプロフィール内で簡単に確認することができるため、顧客の購買意欲を高めることもできます。

レクストは、Googleビジネスプロフィールの影響力を体感しています。これにより、地域密着型のマーケティング戦略を展開し、多くの顧客の支持を集めています。

12. 店舗を巻き込んだ「デジタル接客」で検索キーワードの流入数を増加させた事例:株式会社マックハウス

株式会社マックハウスは、Googleマップを駆使した店舗集客・情報管理のDXを成功させた一例です。この事例では、店舗を巻き込んだ「デジタル接客」を実施することで、検索キーワードの流入数を増加させることに成功しました。具体的な手法としては、Googleビジネスプロフィールを活用し、店舗情報の更新や口コミの返信に積極的に取り組むことでGoogleマップの閲覧数を増やし、検索キーワードによる流入数を増加させました。また、店舗の魅力を伝えるために写真や動画の投稿、イベント情報の共有なども行っています。これにより、ユーザーはより詳細な情報を得ることができ、興味を持ったユーザーが実際に店舗を訪れることへと繋がりました。

複数の店舗でGoogleビジネスプロフィールを運用する際の推奨ツール:ライクルGMB

Googleマップを活用した店舗集客や情報管理は、現代のビジネスにおいて不可欠な要素となっています。特に、複数の店舗を運営している場合は、その数だけ情報管理の手間も増えます。そこでおすすめしたいのが、ライクルGMBです。
ライクルGMBは、簡単な操作で複数の店舗のGoogleビジネスプロフィールを一括管理できるツールです。情報の更新や投稿、レビューの管理など、様々な機能が一つのプラットフォーム上で行えるため、時間と手間を節約できます。
また、ライクルGMBは使いやすいインターフェースが特徴であり、初めての方でも直感的に操作が可能です。さらに、進化するGoogleマップの最新機能にも迅速に対応しており、常に最新の情報を提供することができます。
複数の店舗を持つ事業者にとって、ライクルGMBは店舗集客や情報管理の効率化のための強力なツールとなるでしょう。Googleマップを最大限に活用しながら、ビジネスの成果を上げるために、ぜひライクルGMBを導入してみてください。

この記事のまとめ

Googleマップを駆使した店舗集客・情報管理のDXで成功した12の事例を紹介しました。ポータルサイトを活用し検索数と反応数を増加させた株式会社ビー・ワイ・オーや無人店舗の登録でGoogleの検索・マップ表示回数を4倍にしたエリアリンク株式会社など、情報の更新と管理の一括化やGoogleビジネスプロフィールの活用により、検索数や反応数を大幅に伸ばした事例がありました。また、地域に密着したマーケティングやデジタル接客により、店舗のアピールや受注率の向上も実現しています。
複数の店舗でGoogleビジネスプロフィールを運用する際には、推奨ツールとしてライクルGMBがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました