Googleの悪評を消すやり方がわからない場合、たったひとつの方法

プロモーションと広告

Googleの検索結果や口コミで悪評がついてしまうと、企業や個人にとって大きな問題となります。

しかし、そんな悪評を一掃する方法があることをご存知でしょうか。

この記事では具体的な手順を紹介します。まずは、Google検索結果からの削除申請の方法から始めましょう。

さらに、Googleマップからの削除申請の流れについても詳しくご説明します。

また、削除できる口コミとできない口コミの違いについても解説します。

削除可能な口コミの例や削除困難なパターンも紹介するので、参考にしてください。

さらに、良い評判を作るためには口コミへの返信が必須です。

返信時には、5つのポイントに留意してください。

この記事を読めば、Googleの悪評を消すための具体的な方法や良い評判を作るための返信のポイントが分かります。

Googleで悪評を消すための具体的な方法

Google上での悪評は、企業や店舗にとって大きな影響を与えることがあります。しかし、幸いなことに、Googleでは悪評を消すための具体的な方法が用意されています。まず、悪評が表示されているGoogle検索結果を削除するためには、削除申請が必要です。削除申請はオンラインで簡単に行うことができます。また、悪評がGoogleマップに表示されている場合は、同様に削除申請が必要です。これらの削除申請を行うことで、悪評の表示を抑えることができます。

Google検索結果からの削除申請の方法

Googleでの悪評を消すためには、まずはGoogleの検索結果からの削除申請を行う必要があります。具体的な方法は以下の通りです。

  • まず、Googleの検索結果画面から削除したい情報を見つけます。
  • 情報の隣にある「フィードバックを送信」ボタンをクリックします。
  • 表示されるフォームに、削除の理由や関連情報を入力します。
  • 送信ボタンをクリックして、削除申請を完了させます。

以上の手順を踏むことで、Googleの検索結果から情報を削除する申請が可能です。ただし、すべての申請が承認されるわけではありませんので、削除できるかどうかは個別のケースによります。

Googleマップからの削除申請の流れ

Googleマップに掲載された口コミを削除するためには、まずGoogleマップの公式サイトにアクセスします。その後、自身の店舗情報を検索し、問題となる口コミをクリックします。口コミの詳細ページに移動したら、「通報」または「レビューの報告」などのボタンを探し、クリックします。その後は、Googleの指示に従って申請を進めていきます。具体的な理由や根拠を示すことが重要であり、内容が明確で具体的であるほど削除申請の成功率が高くなります。しっかりと根拠を示し、申請を行いましょう。

削除できる口コミとできない口コミの違い

Google上の口コミは、申請することで削除依頼が可能ですが、削除できる口コミとできない口コミは明確に区別されます。削除できる口コミは、Googleのポリシーに違反している口コミに限られています。具体的には、違法な内容や誹謗中傷、プライバシーの侵害などが該当します。一方、削除できない口コミは、一般的な意見や感想、批評などです。例えば、商品やサービスに対する不満や意見は削除できません。ただし、その口コミに対して店舗側が適切に対応し、問題解決に努めることで、ユーザーの印象を改善することは可能です。

削除可能な口コミの例

削除申請を通じて削除することが可能な口コミには、以下のようなケースがあります。

  • 不正確な情報や事実ではない内容
  • 明らかに中傷や誹謗中傷といった悪意のある書き込み
  • 個人情報やプライバシーに関する情報が含まれている口コミ

これらの場合、Googleのポリシーに違反するものとして、削除申請を行うことで削除することができます。

削除困難な口コミのパターン

Google上では、すべての口コミが削除可能ではありません。一部の口コミは、特定の条件を満たさない限り削除することができません。以下に、削除困難な口コミのパターンをいくつかご紹介します。

まず、真実である場合や違法な内容でない場合には、削除申請が難しいとされています。例えば、個人の意見や感想ではなく、具体的な事実を伝える口コミは真実であるとみなされ、削除が困難となります。また、違法な内容や著作権侵害が含まれていない場合も、削除が難しくなります。

さらに、批判的な口コミやネガティブな評価も削除が困難です。Googleは、ユーザーにとっての参考情報を提供することを重視しており、批判的な意見やネガティブな評価もその一環として認識されます。そのため、批判的な口コミやネガティブな評価に対しても、削除申請が通りにくい傾向があります。

以上が、削除困難な口コミのパターンです。削除が難しい口コミに対しては、他の方法を検討する必要があります。後述する口コミへの返信や良い評判の作り方を活用することで、ユーザーの印象を改善することが可能です。

良い評判を作るため口コミへの返信は必須

ユーザーの評判は、オンライン上でのビジネスにおいて非常に重要です。特に、口コミは潜在的なお客様に対して直接的な影響を与えることがあります。そのため、悪い評判を放置してしまうと、お店やサービスの信頼性に大きな影響を与える可能性があります。

悪い評判に対する対応として一番重要なのは、口コミへの返信です。返信をすることで、ユーザーに対して真摯な姿勢を示すことができます。さらに、他のユーザーにもお店やサービスへの信頼を持たせることができます。ですので、悪い評判への返信は絶対に忘れてはいけません。

その際に意識すべき点は以下の5つです。

  1. コメントをくれた人に対する感謝の意示
  2. フォーマットを使わずに個別に返信をする
  3. 評価度だけの口コミにも丁寧に返信をする
  4. ネガティブな口コミに対しては店舗の立場をはっきりと伝える
  5. 過去の口コミにも時間をかけて返信をする

これらのポイントを念頭に置きながら、悪い評判への返信をすることでユーザーの印象を改善することができます。

返信時に決して忘れてはいけない5つの点

Google上の口コミに返信する際には、以下の5つの点を意識することが重要です。

1.来店してくれたこと(口コミを投稿してくれたこと)にお礼を伝える:口コミを投稿してくれた人には感謝の意を示しましょう。

2.返信を定型文にしない:個別の口コミに対して、あらかじめ用意された定型文ではなく、個別の返信を心掛けましょう。

3.評価だけの口コミにも返信をする:評価だけの口コミにも、丁寧に返信をすることで、ユーザーに対する真摯な姿勢を示しましょう。

4.悪い口コミに対しては、お店の姿勢をしっかりと伝える:悪い口コミに対しても、お店の立場をはっきりと伝えることで、改善に向けた取り組みを示しましょう。

5.過去の口コミにもさかのぼって返信する:過去の口コミにも時間をかけて返信することで、過去の問題に対しても真摯に向き合っていることをアピールしましょう。

1. コメントをくれた人に対する感謝の意示

コメントをくれた人に対して、感謝の気持ちを忘れずに伝えることは非常に重要です。コメントをくれた人は、自分たちのビジネスや商品に関心を持ってくれている証拠です。そのため、その人の意見やフィードバックを真摯に受け止め、改善に役立てることができます。
感謝の意示は、コメントに対して返信をする際に行いましょう。例えば、「ご意見ありがとうございます!」「貴重なご意見をいただき、感謝しております!」など、具体的に感謝の気持ちを伝えるコメントを返信に盛り込むことができます。
また、感謝の気持ちを伝えるだけでなく、コメントをくれた人の名前を使ったり、特定のポイントに対して追加の情報やアドバイスを提供することも有効です。これにより、コメントをくれた人とのコミュニケーションを深めることができ、信頼関係を築くことができます。

2. フォーマットを使わずに個別に返信をする

口コミへの返信は、フォーマットを使わずに個別に行うことが重要です。顧客の声に対して個別の対応をすることで、真摯な姿勢を伝えることができます。同じ返信を繰り返すようなフォーマットでは、クリエーティブ性や人間味が感じられないため、好感度が下がる可能性があります。口コミに対しては、相手のコメントに対して具体的に触れたり、問題解決に向けたアクションを示したりする返信が求められます。自分の言葉で、個別の返信をすることで、良い印象を与えることができます。

評価度だけの口コミにも丁寧に返信をする

口コミへの返信は、店舗の印象を良くするために非常に重要です。特に、評価だけが書かれた口コミにも丁寧に返信をすることで、読者や未来の顧客に対して真摯な姿勢を示すことができます。たとえ評価が低かったとしても、その口コミにも感謝の気持ちを込めた返信をすることで、改善に向けた取り組みや対応策をアピールすることができます。口コミは他のユーザーに対しても影響力があるため、丁寧な対応は非常に重要です。評価度だけの口コミにもきちんと返信し、お店の信頼性を高めましょう。

4. ネガティブな口コミに対しては店舗の立場をはっきりと伝える

ネガティブな口コミに対しては、ただただ謝罪するだけではなく、店舗の立場をはっきりと伝えることが重要です。お客様に対して、お店が真摯に問題を受け止めていることや、改善策を取っていることを伝えることで、信頼を築くことができます。ただし、感情的にならずに客観的な情報を提供することが大切です。お客様が不満を抱いた理由や不快な思いをした背景について、できる限り詳しく説明することで、お客様の意見を尊重し、問題解決に取り組んでいる姿勢をアピールすることができます。

5. 過去の口コミにも時間をかけて返信をする

過去の口コミにもきちんと返信することは、お店や企業の信頼性を高めるために非常に重要です。過去の口コミに対しても迅速に返信することで、ユーザーはお店や企業が顧客の意見に真摯に向き合っていることを実感することができます。また、過去の口コミに対する丁寧な返信は、他のユーザーにも良い印象を与え、新たな顧客の獲得にもつながるでしょう。口コミの返信には時間をかけ、内容を十分に考えて行うことが大切です。適当な返信や無反応は、ユーザーにとって不信感を抱かせることになりかねませんので、そういったことを避けるためにも、過去の口コミにも時間をかけて丁寧に返信しましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、Googleで悪評を消すための具体的な方法や削除申請の流れ、削除可能な口コミの例や削除困難な口コミのパターン、良い評判を作るための口コミへの返信について紹介しました。Googleの悪評を消す方法がわからない場合でも、削除申請や適切な口コミへの返信をすることで、悪評を改善することができます。特に返信時には、感謝の意示や個別に返信をすること、評価度だけの口コミにも丁寧に返信をすること、ネガティブな口コミに対しては店舗の立場をはっきりと伝えること、過去の口コミにも時間をかけて返信をすることに注意しましょう。読みやすい文章を心掛けて、Googleの悪評を消すための正しい方法を実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました