コンバージョン率が増加した衝撃の4つの成功事例!いざ実践しよう!

プロモーションと広告

コンバージョン率が増加した衝撃の4つの成功事例!いざ実践しよう!この記事では、驚きのコンバージョン率改善事例を紹介します。通販企業がアカウント運用を変えて成功した話や、教育サービス会社のキーワード削減での成果、さらには買取企業がキーワードのマッチタイプ追加で改善した事例など、実際のビジネスで活かせる成功事例をご紹介します。さらには、不動産業者がページ作成でユーザーニーズを満たした結果についても解説します。コンバージョン率アップに役立つポイントもお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。この記事を読めば、コンバージョン率の改善方法や見落としがちなポイントが分かります。

驚きのコンバージョン率改善!4つの事例紹介

コンバージョン率を上げることは、オンラインビジネスにおいて非常に重要です。しかし、どのようにすれば効果的にコンバージョン率を改善することができるのでしょうか?今回は、具体的な事例を紹介しながら、その方法を探ってみましょう。

事例1:通販企業がアカウント運用を変えて成功した話

ある通販企業は、コンバージョン率を向上させるためにアカウント運用を見直すことにしました。まず、広告グループとキーワードの構成を見直し、ターゲットに合わせたセグメンテーションを行いました。そして、レコメンド機能を活用して、ユーザーに関連商品を提案することにより、商品購入への誘導を強化しました。さらに、特定のキーワードに焦点を当てることで、効果的なキーワードマッチングを実現しました。これにより、ユーザーが求める商品とよりマッチした広告を表示することができ、コンバージョン率が150%改善しました。

事例2:教育サービス会社のキーワード削減での成果

ある教育サービス会社では、コンバージョン率の向上を図るためにキーワード削減の手法を取り入れました。具体的には、不要なキーワードを削除し、より効果的なキーワードに絞り込んだのです。この結果、なんとコンバージョン率は276%も改善されました!

この会社は、予備校向けのオンライン授業サービスを提供しています。以前は、幅広いキーワードを使用していましたが、徹底的なキーワードの分析の結果、一部のキーワードが効果を発揮していないことが判明しました。

そこで、不要なキーワードを見直し、効果のないものや競合他社に比べて掲載頻度の低かったものを削除しました。さらに、正確なターゲットを絞り込むために、より関連性の高いキーワードに絞り込みました。

その結果、広告のクリックから申し込みまでのコンバージョン率が大幅に向上しました。無駄な広告費を削減しながらも、より的確なユーザーにリーチすることができるようになったのです。

この事例からわかるように、キーワードの削減はコンバージョン率の向上に大きく貢献することができます。無駄な広告費を使わずに、より効果的なキーワードを使用することによって、コンバージョン率を改善しましょう。

事例3:買取企業がキーワードのマッチタイプ追加で改善

買取企業が行った販促施策の一つとして、キーワードのマッチタイプ追加が成功の鍵となりました。これまではブロードマッチやフレーズマッチでキーワード広告を出稿していたのですが、マッチタイプを修正することで精度が上がり、コンバージョン率が116%も向上しました。

具体的には、買取の対象となる商品やブランド名に関連するキーワードをエグザクトマッチで出稿することで、ユーザーが求める商品にピンポイントでアプローチできるようになりました。以前はマッチタイプの幅が広すぎたため、関連性の低いクリックが発生していましたが、改善後は関心のあるユーザーのみをターゲットにすることができました。

キーワードのマッチタイプは、出稿する広告の精度を高める重要な要素です。正確なマッチタイプの設定によって、ユーザーの検索意図にマッチした広告を表示することができます。今回の事例では、マッチタイプ追加によって買取企業のコンバージョン率向上に成功したことが明示されています。

事例4:不動産業者がページ作成でユーザーニーズを満たした結果

某不動産企業では、ユーザーニーズを満たすためにページ作成に取り組みました。具体的な例として、物件情報ページの改善が挙げられます。以前は、物件ごとに単純なスペック情報や外観写真のみを掲載していましたが、ユーザーからの要望やフィードバックを元にページの内容を見直しました。

改善後は、部屋の間取り図や周辺施設の情報を掲載し、より具体的なイメージを提供するようになりました。また、物件の特徴や利点をわかりやすく説明するテキストも追加しました。これにより、ユーザーはより詳細な情報を得ることができ、興味を持ちやすくなりました。

さらに、ページ下部にはお問い合わせフォームを配置し、ユーザーが簡単に問い合わせできるようにしました。これにより、物件に関心を持ったユーザーがスムーズにアクションを起こせる環境を整備した結果、問い合わせ件数が大幅に増加しました。

このように、不動産業者がページ作成に注力することによって、ユーザーニーズを満たせる情報提供や問い合わせ手続きの改善が可能となり、コンバージョン率の向上につながりました。

コンバージョン率アップに効果的!見落としがちなポイント

コンバージョン率をアップさせるためには、いくつかのポイントがあります。まず、商品やサービスへの誘導がスムーズかどうかを確認することが重要です。例えば、ユーザーが商品ページにアクセスした後、追加情報や関連商品のリンクがわかりやすく配置されているかを確認しましょう。ユーザーが興味を持った商品に関連する情報や他の選択肢が提供されることで、購買意欲を高めることができます。

次に、ユーザーがアクションを起こしやすい環境をつくることも重要です。例えば、購入ボタンがわかりやすく配置され、ワンクリックで商品を購入することができるようになっているかを確認しましょう。また、フォームの入力項目を最低限に抑えることで、ユーザーが手間なく申し込みを完了できる環境を整えることも大切です。

さらに、競合他社から一歩リードするためには、指名ワードの他社掲載を見直すことも有効です。例えば、競合他社が広告に使用しているキーワードを調査し、自社にも効果的なキーワードを導入することで、ユーザーの検索意図に合致した広告を表示することができます。

ポイント1:商品・サービスへの誘導がスムーズか確認しましょう

ユーザーがウェブサイトを訪れた際、商品やサービスへの誘導がスムーズに行われているかを確認することが重要です。ユーザーは自分が求めている情報や商品をすぐに見つけることができるかどうかに大きな関心を持っています。ですので、ウェブサイトのナビゲーションが分かりやすく整理されているか、重要な情報や商品が目立つように配置されているか、ユーザーが求める情報へのアクセスが簡単にできるかなどを確認しましょう。

ポイント2:ユーザーがアクションを起こしやすい環境をつくろう

ユーザーがコンバージョンを達成するためには、アクションを起こしやすい環境を作ることが重要です。まず、目的のアクションへの誘導を明確にすることが必要です。ウェブサイトやランディングページ上で、ボタンの色や位置、テキストなどを工夫して、ユーザーに必要な行動を促すようにしましょう。また、ユーザーが適切な情報を入力するためのフォームには、不要な項目を省略したり、入力しやすいフォーマットを提供するなど、ユーザーの使いやすさにこだわりましょう。さらに、ユーザーがアクションを起こしやすい環境を作るためには、ページの読み込み速度を高めることも重要です。ユーザーは待たされることが嫌いなため、ページの読み込み時間が短くなるように最適化することがポイントです。これらの工夫をすることで、ユーザーがスムーズにアクションを起こせる環境を作り出すことができます。

ポイント3:競合から一歩リード!指名ワードの他社掲載を見直す

競合他社の広告を調査し、自社の広告文案の改善のために参考にしましょう。他社がどのようなキーワードを使用しているか、それに対して自社がどのようなキーワードを使っているかを比較することで、より優れた広告文案を作り出すことができます。指名ワードの他社掲載の見直しにより、ユーザーの興味を引くような効果的な広告を作成することが可能です。また、他社掲載のキーワードを停止することによって、競争相手から一歩リードすることができます。

この記事のまとめ

この記事では、コンバージョン率が増加した4つの成功事例について紹介しました。事例1では通販企業がアカウント運用を変えて成功した話を取り上げました。事例2では教育サービス会社がキーワード削減で成果を上げた事例を紹介しました。また、事例3では買取企業がキーワードのマッチタイプ追加で改善を実現しました。そして、事例4では不動産業者がユーザーニーズを満たすページ作成で成功を収めました。さらに、コンバージョン率を上げるための効果的なポイントも紹介しました。ポイント1では商品・サービスへの誘導がスムーズか確認することが重要です。ポイント2ではユーザーがアクションを起こしやすい環境を作りましょう。そして、ポイント3では競合から一歩リードするために指名ワードの他社掲載を見直すことをおすすめしました。コンバージョン率を上げるためには、これらの事例やポイントを参考に実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました