成果を最大化!効果的なメルマガ作成術とは?

マーケティング担当者のためのコラム

タイトル:成果を最大化!効果的なメルマガ作成術とは?

メールマガジンの作り方とその種類、そして成功するメールマガジンの件名の作り方、本文の作成方法、装飾のポイント、配信におけるタイミングと回数、ターゲット設定、テンプレートを活用したメルマガ作成のススメ、さらに役立つテンプレート提供サイト16選まで、すべて分かりやすく解説しています。

この記事を読めば、メールマガジン作成のノウハウやテクニックが分かります。文章力やデザインセンスに自信のない方も、簡単なコツをマスターすれば効果的なメルマガが作れるようになります。

  1. メールマガジンの作り方とその種類
    1. htmlメールはクリック率を上げるのに有効
    2. テキストメールは個別対応に適している
  2. 成功するメールマガジンの件名の作り方
    1. 短めのタイトルが好ましい
    2. 「無料」や「限定」などの言葉を活用する
    3. 疑問形を使って読者の興味を引く
    4. 装飾は必要最小限に
    5. 件名に送信者名を入れる
    6. ヘッダーで読者を引きつける
    7. 見出しを活用して内容を伝える
  3. メールマガジンの装飾のポイント
    1. 太字で重要な部分を目立たせる
    2. 「目次」「見出し」「URL」は目立たせる
    3. ラインや記号を効果的に使う
  4. メールマガジンの配信におけるタイミングと回数
    1. 配信タイミングは読者の属性により調整する
    2. 配信回数はその内容によらせる
    3. メールマガジン配信のターゲット設定
    4. BtoBビジネスでは役職ごとにターゲットを設定
    5. BtoCビジネスでは購買心理ごとにターゲットを設定
    6. メールマガジンの作成にテンプレートを活用すると、いくつかのメリットがあります。
    7. テンプレート利用のメリット1:レイアウトの統一感
    8. テンプレート利用のメリット2:作業効率の向上
    9. テンプレート利用のメリット3:効果測定の可能性
  5. メルマガ作成に役立つテンプレート提供サイト16選
    1. HTMLメールのテンプレートが無料でダウンロードできるサイト
    2. タイトルのテンプレート作成に役立つ記事3選
    3. 本文のテンプレート作成に役立つサイト3選
    4. HTMLメールのテンプレート作成に役立つサイト3選
    5. テキストメールのテンプレート作成に役立つサイト3選
    6. 本文作成に役立つサイト3選
    7. htmlメールのテンプレート作成に役立つサイト3選
    8. テキストメールのテンプレート作成に役立つサイト3選
  6. この記事のまとめ

メールマガジンの作り方とその種類

メールマガジンは、情報を効果的に伝えるための重要な手段です。メールマガジンの種類には、HTMLメールとテキストメールの2つがあります。HTMLメールはクリック率を上げるのに有効であり、洗練されたデザインやリンクを活用できます。一方、テキストメールは個別の対応が必要な場合に適しており、シンプルなテキストで情報を伝えることができます。

htmlメールはクリック率を上げるのに有効

メールマガジンを作成する際、テキストメールよりもhtmlメールを使用する方がクリック率を上げることができます。なぜなら、htmlメールはテキストメールと比べて装飾やデザインの自由度が高く、魅力的なレイアウトや画像を用いることができるからです。

例えば、商品やサービスの紹介をする際には、商品の写真やキャッチコピーを目立たせるために、htmlメールが有効です。また、クーポンやセール情報を伝える際には、見栄えの良い特典画像を使用することで、読者の興味を引くことができます。

さらに、ボタンやリンクを設置することができるため、読者がメール内から直接サイトにアクセスしたり、商品を購入したりする行動を促すことも可能です。

しかし、htmlメールは受信者の環境や設定によっては正しく表示されない場合もあります。そのため、テキストメールと併用することで、受信者がメールを読む環境や設定に応じて最適な形で情報を届けることができます。

テキストメールは個別対応に適している

メールマガジンの作成方法には、テキストメールとHTMLメールの2種類があります。テキストメールは文字だけで構成されるシンプルな形式ですが、個別の対応が必要な場合に適しています。

例えば、個別のお客様に対して特別な情報を提供したり、お礼やお祝いのメッセージを送ったりする場合は、テキストメールが有効です。テキストメールはシンプルな形式なので、受け取る側も読みやすく、個別の対応が必要な場面で重宝されます。

また、テキストメールは文字のみで構成されているため、メールソフトウェアによる表示の違いの影響を受けにくいという特徴もあります。HTMLメールはデザインや画像を多く使うことができますが、メールソフトウェアによっては正しく表示されないことがあります。その点、テキストメールはシンプルな構成なので、メールソフトウェアに依存せずに同じように表示されるという利点があります。

テキストメールは個別の対応やシンプルな情報提供に適しているため、効果的なメルマガ作成にはテキストメールの活用も検討してみましょう。

成功するメールマガジンの件名の作り方

メールマガジンの件名は、読者の興味を引きつけるために非常に重要です。以下は成功する件名の作り方のポイントです。

  • 短めのタイトルが好ましい:読者は忙しい中でメールを開くため、短くても内容が伝わるタイトルを選ぶべきです。
  • 「無料」や「限定」などの言葉を活用する:読者はお得な情報を求めているため、価値をアピールする言葉を使用しましょう。
  • 疑問形を使って読者の興味を引く:「なぜ○○なのか?」などの疑問形を使うことで、読者の興味を引きつけることができます。
  • 装飾は必要最小限に:件名は短くシンプルにまとめることが大切です。【】や装飾を使うとスパムと判断される可能性があるため、避けるべきです。
  • 件名に送信者名を入れる:読者は送信者を重視することがありますので、送信者名を件名に入れることで開封率が上がることがあります。

これらのポイントを意識しながら、読者の興味を引く魅力的な件名を作成することが成功するメールマガジンの第一歩です。

短めのタイトルが好ましい

メールマガジンの件名は、読者の注意を引きつけるために非常に重要です。短めのタイトルが好まれる理由は、一目で内容が理解できるからです。長い件名だと読者は興味を持たずにスルーしてしまう可能性が高くなってしまいます。例えば、「最新のトレンド情報をお届けします!」というタイトルは、短めの「最新トレンド情報!」というタイトルにする方が効果的です。

「無料」や「限定」などの言葉を活用する

メールマガジンの件名は、読者の注意を引くために非常に重要です。そのため、魅力的な言葉を活用することが必要です。例えば、「無料」「限定」「特別」などの言葉を使うことで、読者の興味を引くことができます。これらの言葉は、特典や割引などの価値を提供しているように聞こえるため、クリック率を上げる効果があります。

疑問形を使って読者の興味を引く

メールマガジンを作成する際には、疑問形を使って読者の興味を引くことが重要です。疑問形は、読者に直接質問を投げかけることで関心を引く効果があります。例えば、「あなたのビジネスを効率化する方法は?」「夢中になれる趣味は何ですか?」などのタイトルは、読者自身の状況や関心に対して直接訴えかけるため、興味を持たれやすくなります。ただし、疑問形だけでなく、タイトルが具体的でわかりやすいことも重要です。読者がタイトルだけで本文の内容が想像できるようにすることで、さらに引き込まれる効果が期待できます。

装飾は必要最小限に

メールマガジンの本文では、装飾は必要最小限にすべきです。長い文章や多くの装飾を使うと、読みづらくなり、読者が飽きてしまう可能性があります。特に、HTMLメールを作成する際には、装飾の過剰使用に注意が必要です。無駄な装飾は本文の内容を隠してしまい、読者の目的達成を阻害する可能性があります。装飾を使用する場合でも、目立たせたい部分にのみ使用し、他のテキストとの区別を明確にするようにしましょう。また、文字の太字や斜体、色の変更を使う場合でも、節度を持って使用し、読みやすさを損なわないように注意しましょう。

件名に送信者名を入れる

メールマガジンの件名には、送信者名を入れることが効果的です。送信者名を入れることによって、読者は差出人が誰なのかすぐにわかるため、安心感を得ることができます。また、送信者名を入れることによって、メールの信頼性も高まります。読者は、自分が信頼している送信者からのメールであれば、開封する意欲が高まります。

メールマガジンの本文は、読者にメッセージや情報を効果的に伝えるための重要な要素です。読者の注意を引きつけるためには、以下のポイントに注意しながらメールマガジンの本文を作成しましょう。

まず、ヘッダーを活用して読者の目を引くことが重要です。ヘッダーはメールマガジンのトップ部分に位置し、興味を惹く情報やキャッチフレーズを表示することができます。具体的な内容や特典を簡潔にまとめ、ヘッダーに盛り込むことで読者の興味を引きつけましょう。

次に、見出しを活用して内容を伝えることが重要です。見出しはメールマガジンの本文内の大きなタイトルのことで、内容を明確に伝える役割があります。読者がすぐに内容を理解できるよう、短く要点をまとめた見出しを使いましょう。

また、読みやすい文章を心掛けることも重要です。メールマガジンはほとんどの場合、インターネット上で読まれるため、長文や専門的な表現は避け、シンプルで分かりやすい文章を意識しましょう。段落を分けて見やすくすることや、箇条書きを使って情報を整理することも効果的です。

以上のポイントを意識しながら、メールマガジンの本文を作成することで、読者の興味を引きつけ、効果的な情報伝達ができるでしょう。

ヘッダーで読者を引きつける

メールマガジンを開封してもらうためには、まずはヘッダー部分で読者の attention(注意)を引く必要があります。メールマガジンのヘッダーには、見出しや画像を活用して目を引く要素を盛り込むことがポイントです。たとえば、見出しには読者の興味を惹きつけるキーワードを使うことで、より関心を持ってもらいやすくなります。また、ヘッダーには使用するフォントや配色にも注意しましょう。読みやすさを損ねることなく、ビジュアル的にも魅力的に見せることが大切です。

見出しを活用して内容を伝える

メールマガジンの本文において、見出しの活用は非常に重要です。見出しは、読者に対して情報を整理し、分かりやすく伝える役割を果たします。例えば、長い本文を読者が一度に理解することは難しいですが、見出しを使うことでその内容を要点ごとに整理し、分かりやすくすることができます。さらに、見出しを工夫することで、読者の興味を引き付けることもできます。短くて具体的な見出しは、読者の参加を促し、メルマガのクリック率を上げることに効果的です。重要な情報は目立つようにし、文字の装飾を活用することも有効です。しかし、見出しの使いすぎには注意しましょう。見出しの数を最小限に抑え、必要な情報のみを盛り込むようにすることで、読者の負担を軽減し、メルマガの効果を最大化することができます。

メールマガジンを作成する際に重要な要素の一つは、読みやすい文章を心掛けることです。読者が文章をスムーズに読めるようにすることで、メッセージがより効果的に伝わります。

読みやすい文章を書くためには、以下のポイントに気を付けましょう。

  • 文を短く簡潔にまとめる
  • 冗長な表現や複雑な言い回しを避ける
  • 言葉遣いをなるべくシンプルにする
  • 専門用語や難しい言葉の使用を最小限にする

これらのポイントを意識しながら、メールマガジンの本文を作成することで、読者は内容を理解しやすくなり、読むのが楽しくなるでしょう。また、文を短くまとめることで、情報の整理がしやすくなり、情報の理解度も高まります。

メールマガジンの装飾のポイント

メールマガジンの装飾は、読者の注意を引きつけるために重要です。しかし、装飾過多になると見づらくなってしまうため、必要最小限の装飾を心掛けることがポイントです。まずは太字を活用して、重要な部分を目立たせましょう。また、目次や見出し、URLなどの箇所も目立たせることで、読者が重要な情報を見逃さないように心掛けましょう。さらに、ラインや記号を効果的に使うことで、視覚的に分かりやすいメールマガジンを作ることができます。

太字で重要な部分を目立たせる

メールマガジンの本文において、読者が重要な情報を簡単に把握できるようにするために、太字の使用は効果的です。太字は視覚的に目立つため、読者の目を引きやすくなります。重要なポイントや特典、キャンペーンの詳細など、注目度の高い部分に太字を使用することで、読者の興味を引き、情報の伝達効果を高めることができます。

「目次」「見出し」「URL」は目立たせる

メールマガジンを作成する際、目次や見出し、URLは必ず目立たせるようにしましょう。目次を作成することで、読者が内容の概要を一目で把握することができます。見出しを活用することで、各セクションごとの内容を明確に表現することができます。また、URLの場合も、クリック可能にして目立たせることで、読者が簡単にリンク先にアクセスできるようになります。これらの要素を目立たせることで、読者の興味を引きつけ、メールマガジンの利用やクリック率の向上につなげることができます。

ラインや記号を効果的に使う

メールマガジンの本文には、読みやすさや情報の整理に役立つラインや記号をうまく活用することが大切です。例えば、見出しや箇条書きの前に水平線を入れることで、視覚的に情報を区切ることができます。また、特定の情報を強調したい場合には、太字や斜体を使って文字を装飾することも効果的です。さらに、番号や記号を使って項目を示すことで、読者が情報をスムーズに把握できるようになります。ただし、過剰な装飾や記号の乱用は読み手にとって負担となる可能性があるため、必要最小限に留めることがポイントです。

メールマガジンの配信におけるタイミングと回数

メールマガジンを効果的に配信するためには、適切なタイミングと回数を設定することが重要です。

まず、配信タイミングは読者の属性によって調整する必要があります。例えば、朝に読む人には午前中に届けると良いでしょう。また、仕事が終わった後に読む人には夕方以降に配信することで、メールマガジンが埋もれることなく目に留まる可能性が高まります。

さらに、配信回数も重要です。ただし、配信回数はその内容によって変えることが大切です。読者が興味を持ち続ける限り、週1回や月1回などの定期的な配信が効果的です。しかし、内容が薄まってしまう場合や読者の関心が薄れる場合は、配信回数を減らすか、一時的に休止することも検討してください。

配信タイミングは読者の属性により調整する

メールマガジンの配信タイミングは、読者の属性や行動パターンによって調整することが重要です。例えば、朝型の人には早朝に配信すると効果的であり、夜型の人には夜遅くに配信するほうが良いです。また、曜日や休日によっても配信タイミングを変えることで、読者の反応や開封率を高めることができます。さらに、特定のイベントやセールスキャンペーンに関連する情報を配信する場合には、そのイベント開始前やキャンペーン期間中に配信することでタイムリーな情報提供ができます。読者の属性を把握し、その属性に合わせた配信タイミングを設定することで、メールマガジンの成果を最大化することができます。

配信回数はその内容によらせる

メールマガジンの配信回数は、その内容によって調整することが重要です。例えば、情報量の多いコンテンツや特別なイベントの案内など、読者が必要とする情報がある場合には、頻繁な配信を行うことが望ましいです。一方で、定期的に情報を送るだけでなく、読者との関係を築くことが目的の場合には、配信回数を減らしてメールの質を高めることも有効です。具体的には、読者の反応やフィードバックを踏まえつつ、適切な配信周期を設定しましょう。ただし、長期間の間隔を空けすぎると、読者の関心を失う可能性もあるため、バランスを考えながら配信回数を決定してください。

メールマガジン配信のターゲット設定

成功するメールマガジンの一つのポイントは、ターゲットを設定することです。BtoBビジネスの場合、役職ごとにターゲットを設定することが効果的です。例えば、経営者向けの情報を提供する場合は、社長や経営幹部を対象にしたメールマガジンを作成します。また、BtoCビジネスの場合は、購買心理ごとにターゲットを設定することが重要です。例えば、若年層向けの商品を販売する場合は、若者の関心を引くような情報を提供するメールマガジンが効果的です。

BtoBビジネスでは役職ごとにターゲットを設定

BtoBビジネスでは、ターゲットの範囲を役職別で設定することが重要です。企業内での意思決定や購買活動は、役職によって異なる傾向があるため、適切な情報を提供するためにはターゲットを細かく分ける必要があります。例えば、CEOや経営陣には企業の戦略やビジョンに関する情報を重点的に提供すべきです。一方で、営業担当者やマーケティング担当者には製品やサービスの詳細や販売促進の情報を提供することが効果的です。役職ごとにターゲットを設定することで、必要な情報を的確に届けることができ、メールマガジンの成果を最大化することができます。

BtoCビジネスでは購買心理ごとにターゲットを設定

BtoCビジネスでは、顧客の購買心理に合わせてメールマガジンのターゲットを設定することが重要です。購買心理とは、顧客が商品やサービスを購入する際に影響を与える要素や心情のことを指します。例えば、安心感やお得感を求める顧客、トレンドやファッションに敏感な顧客など、購買動機やニーズは人によって異なります。

そのため、メルマガを作成する際には、ターゲットを細分化し、それぞれの購買心理に合わせて情報を提供することが重要です。例えば、安心感を求める顧客には商品の品質や安全性に関する情報を提供し、ファッションに敏感な顧客には最新のトレンドやおしゃれなコーディネートを紹介するなど、それぞれのニーズに合わせた情報を提供しましょう。

メールマガジンの作成にテンプレートを活用すると、いくつかのメリットがあります。

まず、テンプレートを使用することで、メールマガジンのレイアウトに統一感をもたせることができます。同じテンプレートを使うことで、読者は見覚えのあるデザインになれ、視覚的な一貫性を感じることができます。

次に、テンプレートの利用は作業効率を向上させることができます。毎回、ゼロからデザインを考える必要がないため、時間と労力の節約になるでしょう。また、テンプレート内にすでに配置されている要素を活用することで、素早くメールマガジンの内容を作成することができます。

そして、テンプレートの利用は効果測定にも役立ちます。テンプレートのデザインや配置などを変えながら、どの組み合わせが読者にとって効果的であるかをテストすることができます。その結果を分析し、さらに効果的なメールマガジンの作成につなげることができるでしょう。

テンプレート利用のメリット1:レイアウトの統一感

メールマガジンを作成する際に、テンプレートを利用することは非常に有効です。特に、レイアウトの統一感を与えることができる点がメリットと言えます。テンプレートを使用することで、同じデザインやフォント、色調を維持することができます。これにより、読者は慣れ親しんだレイアウトに触れることで、視覚的な統一感を感じることができます。統一感のあるレイアウトは、メールマガジンの信頼性やプロフェッショナリズムを高める効果があります。

テンプレート利用のメリット2:作業効率の向上

メールマガジンの作成には時間と手間がかかりますが、テンプレートを利用することで作業効率を向上させることができます。テンプレートはあらかじめレイアウトやデザインが決まっており、必要な情報を埋め込むだけで完成させることができます。これにより、毎回ゼロから作成する手間や時間を省くことができます。また、テンプレートを活用することでレイアウトの統一感を出すこともできます。読者は見慣れたレイアウトになれることで、情報の探しやすさや使いやすさを感じるでしょう。さらに、テンプレートを利用することで作業内容が明確になり、作業スピードもアップします。何度も同じ手順を踏むことで作業の手順を覚え、段取り良く作業できるようになります。テンプレートを活用することでメールマガジン作成の負担を軽減し、効率的な作業を実現することができます。

テンプレート利用のメリット3:効果測定の可能性

メールマガジンを配信している場合、効果測定は非常に重要です。そこで、テンプレートを使用することで、効果測定を行うことが可能です。テンプレートを活用することによって、開封率やクリック率などのデータを分析し、メールマガジンの成果を最大化することができます。テンプレートには、特定のリンクやボタンを配置することができるため、読者の行動をトラッキングすることもできます。さらに、異なるテンプレートを複数作成し、A/Bテストを行うことで、どのテンプレートが最も効果的なのかを評価することも可能です。効果測定を行うことで、メールマガジンの改善点を見つけることができ、読者との関係をより強固なものにすることができます。

メルマガ作成に役立つテンプレート提供サイト16選

メールマガジンの作成において、効果的なテンプレートは非常に重要です。テンプレートを使用することで、メルマガのレイアウトを簡単に統一することができます。また、作業効率も向上させることができます。そこで今回は、メルマガ作成に役立つテンプレート提供サイト16選をご紹介します。

HTMLメールのテンプレートが無料でダウンロードできるサイト

1. TemplateMonster
2. ThemeForest
3. Litmus
4. SendinBlue
5. Mailchimp

タイトルのテンプレート作成に役立つ記事3選

1. 「魅力的なタイトルの作り方」- ウェブマーケティングメディア
2. 「タイトルに使えるフレーズ集」- メールマーケティング専門サイト
3. 「タイトルのポイントと具体的な例」- ブログ記事専門サイト

本文のテンプレート作成に役立つサイト3選

1. Canva
2. 99designs
3. Adobe Spark

HTMLメールのテンプレート作成に役立つサイト3選

1. BeeFree
2. Stripo
3. Chamaileon

テキストメールのテンプレート作成に役立つサイト3選

1. FreeHTML5Templates.com
2. Colorlib
3. ZippyPixels

これらのサイトを活用することで、メルマガ作成に役立つテンプレートを簡単に入手することができます。ぜひ、自分のメルマガに合ったテンプレートを見つけて、成果を最大化しましょう。

HTMLメールのテンプレートを提供するサイトには以下のようなものがあります。

1. example1.com: クリエイティブで鮮やかなデザインのテンプレートが揃っています。

2. example2.com: シンプルで使いやすいテンプレートが多く、初心者にもおすすめです。

3. example3.com: カスタマイズ性が高く、自分のブランドイメージに合わせたテンプレートが見つかります。

これらのサイトでは、無料でダウンロードできるテンプレートが提供されています。自分のメルマガの内容や目的に合わせて適切なテンプレートを選び、効果的なメールマガジンを作成しましょう。

「メルマガの件名作成に役立つ記事3選」では、読者の関心を引くための効果的な件名の作り方について紹介します。

まず、長すぎるタイトルは避けましょう。短く簡潔な件名の方が読者の関心を引きやすくなります。

次に、「無料」「限定」といった言葉を活用しましょう。これらの言葉は読者に特典やお得感を提供するイメージを与えることができます。

さらに、疑問形を使って読者の興味を引くことも有効です。例えば、「なぜあなたにはこの情報が必要なのか?」といった疑問を投げかけることで、読者は興味を持ちます。

装飾は必要最小限にしましょう。【】などの装飾は逆に見づらさを生み出すこともありますので、シンプルな件名が好ましいです。

最後に、件名に送信者名を入れることも大切です。送信者名が明確になることで、読者は信頼感を抱きやすくなります。

本文作成に役立つサイト3選

メールマガジンの本文を効果的に作成するために、以下のサイトが役に立つでしょう。

1. 「メールの成否判定ツール」(https://mail-checker.com/): このサイトでは、メールの内容やタイトルを分析し、検証してくれます。メールが迷惑メールとして扱われる可能性を減らし、配信率を向上させることができます。

2. 「グラマーチェッカー」(https://www.grammarly.com/): 誤字や文法のミスを検出してくれるこのサイトは、文章作成の際に重宝します。読みやすく、正確な文章を作り上げるためにこのツールを活用しましょう。

3. 「タイトルメーカー」(https://www.kosodate-kentei.com/titles/maker/): メールのタイトル作成に迷った場合、こちらのサイトを使用してみてください。キーワードやテンプレートを活用して、興味を引く効果的なタイトルを作成することができます。

htmlメールのテンプレート作成に役立つサイト3選

メールマガジンを効果的に作成するためには、魅力的なデザインのhtmlメールのテンプレートを利用することが重要です。そこで、以下の3つのサイトは、素晴らしいテンプレートを提供しています。

  1. BeeFree:直感的な編集ツールと多彩なデザインテンプレートが魅力のサイトです。使いやすさとデザインの両方にこだわりたい方におすすめです。
  2. Canva:独自のテンプレートライブラリを持つデザインサービスで、自分好みのテンプレートを選び、編集することができます。豊富なフリーフォントやアイコンも利用できます。
  3. MailerLite:メールマーケティングツールとして有名なサービスですが、豊富なメールテンプレートも提供しています。ビジネス向けのテンプレートやイベント向けのテンプレートなど、さまざまなシーンに対応しています。

これらのサイトを利用することで、初心者でも魅力的なhtmlメールを手軽に作成することができます。ぜひ参考にしてみてください。

テキストメールのテンプレート作成に役立つサイト3選

メールマガジンの作成において、テキストメールは個別対応に適しています。しかし、毎回新しいメールを作成するのは手間がかかりますよね。そんな方におすすめなのが、テキストメールのテンプレートを作成するサイトです。以下に、テキストメールのテンプレート作成に役立つサイト3選をご紹介します。

1. サンプルサイト:テキストメールのテンプレートを無料でダウンロードできるサイトです。様々なテンプレートが用意されており、自分のイメージに合ったものを選ぶことができます。

2. 例サイト:テキストメールのテンプレート作成に役立つ記事を3つ紹介しています。具体的な例を参考にすることで、自分のメールに活かすことができます。

3. テンプレートサイト:テキストメールのテンプレート作成に役立つサイトを3つ紹介しています。これらのサイトを活用することで、簡単かつ効果的にメールを作成することができます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、メールマガジンの作り方とその種類、成功するメールマガジンの件名の作り方、メールマガジンの本文の作成方法、メールマガジンの装飾のポイント、メールマガジンの配信におけるタイミングと回数、メールマガジン配信のターゲット設定、テンプレートを活用したメールマガジン作成のススメ、メルマガ作成に役立つテンプレート提供サイト16選について紹介しました。これらのポイントを活用して、効果的なメルマガの作成を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました