ステマとは?ステマの本当の意味と法律規制、注目の事例7選を大公開!

マーケティング担当者のためのコラム

ステマとは、近年よく耳にする言葉ですが、その実態はどうなのでしょうか?本記事では、ステマの定義から最新の法律規制まで、詳しく解説しています。さらに、注目のステマ事例7選もお届けします。ウォルマートやマイクロソフトなど有名企業のステマが明るみに出た裏側を知ることで、一般的なステマの手口も把握できます。さあ、ステマの世界に一歩踏み入れ、その実態を知りましょう。この記事を読めば、あなたもステマについて詳しく理解できます。

ステマって何だろう?

ステマ(ステルスマーケティング)とは、企業や個人が隠れて宣伝や広告を行う手法のことです。具体的には、商品やサービスを宣伝するために、自分が関係者や利用者であるかのように振る舞い、記事や口コミ、SNSなどで情報を発信することがあります。ステマは、一見すると普通の情報や意見のように見えますが、実は裏で企業が関与しており、その意図的な広告効果を狙っています。

ステマの定義とは

ステマとは、「ステルスマーケティング」の略称であり、製品やサービスを宣伝する際に、広告や宣伝とは分かりづらい形で行われるマーケティング手法のことを指します。ステマでは、広告主が自社の製品やサービスを絶賛したり、評価を高めたりするために、匿名や偽名を用いて投稿したり、他人が書いたように装ったりすることが一般的です。

新しい法律の条文でステマが「誤った表示」に

2023年10月に施行された新しい法律により、ステマに関する表現が「誤った表示」として規制されました。これにより、企業や個人は商品やサービスに関する誤解を招くような情報を意図的に提供することが禁止されています。例えば、実際の利用者の声を装った偽の口コミや、客観性を欠いた商品の評価などが該当します。

企業のステマ発覚、それは「炎上」の始まり

ステマとは「ステルスマーケティング」の略で、消費者に対して広告や宣伝とは分からないような形で商品やサービスを推し進める手法です。企業によるステマが発覚すると、炎上の始まりとなることがあります。消費者は自分たちがだまされたと感じ、信頼感が損なわれるため、批判や不買運動が広がることもあります。企業は信頼を築くことが重要ですが、ステマ行為は逆効果を招くことがあるため、注意が必要です。

一般的なステマの手口って?

ステマ(ステルスマーケティング)は、一般的には広告や宣伝として認識されずに、商品やサービスを宣伝する手法のことを指します。ステマの手口はさまざまであり、具体的な例を挙げてみましょう。

まず、インターネット上で匿名で商品やサービスを紹介する「偽ブログ」や「偽口コミ」があります。実際には広告主が作成し、商品やサービスを絶賛するコメントを投稿していますが、その本来の意図を隠しているため、消費者を誤解させる可能性があります。

次に、「有名人や専門家による宣伝」も一般的な手口です。有名人や専門家が商品やサービスを絶賛することで、信頼性を高めようとする作戦です。しかし、実際には報酬を受け取っていたり、自らが関与していない場合もあります。

また、「ソーシャルメディアやブログでの投稿」もよく見かける手法です。個人が自らの経験や意見として投稿しているように見せかけ、実は広告主が関与していることがあります。

これらの手口は消費者を欺く行為であり、信頼関係を損なう恐れがあるため、法的に問題があります。したがって、ステマの手口を使った広告や宣伝は避けるべきです。

ステマの具体的な事例を見てみよう

ステマ(ステルスマーケティング)とは、製品やサービスを宣伝するために行われる不正なマーケティング手法の一つです。多くの場合、ステマは消費者に対して広告や宣伝であるとは明示せず、製品やサービスを絶賛しているかのような形で情報を伝えます。ステマは一般的に企業が行うことが多いですが、個人やPR代理店も関与することがあります。

以下は注目のステマ事例7選です。

【ウォルマート】偽ブログ実施、それは炎上の始まり

ウォルマートのPR会社が実施した偽ブログが炎上し、大きな問題となりました。ブログは一般の人間によるものと偽っていましたが、実際にはウォルマートの関係者が記事を書いていたのです。消費者からは信頼を失ったという声が相次ぎ、ウォルマートは謝罪することになりました。

【Zipatoni社事件】PSP広告のファンサイト、その結果は…

PSP(PlayStation Portable)の宣伝のために作られた架空の個人ファンサイトが炎上した事件です。このファンサイトは、一般のPSPファンが運営しているように見せかけていましたが、実際にはZipatoni社によって運営されていました。この事実が明るみに出ると、PSPに対する信頼度は大きく損なわれました。

【デビッド・マニング事件】映画評論の偽造、訴訟にまで発展

デビッド・マニングは映画評論家として知られていましたが、実際には映画評論を偽造していたことが発覚しました。彼は映画のプロモーションに関与しており、自身が好意的な評価を書くことで、映画の人気を高めようとしていたのです。この事件は訴訟案件となり、多くの被害者が出ました。

【Dr. Pepper/7up】有名ブロガーへのマルチプロモーション、その結果は…

有名ブロガーたちに対して、Dr. Pepper/7upからマルチプロモーションの依頼が行われたことが発覚しました。これにより、一部のブロガーは依頼に応じて製品を絶賛する記事を公開しましたが、逆に批判を浴びることとなりました。この結果、多くの消費者がDr. Pepper/7upの製品に対する信頼を失い、不買運動が起こりました。

【マイクロソフト】ゲームプロモーションでステマが発覚

マイクロソフトが行ったゲームのプロモーションにおいて、ステマが発覚しました。マイクロソフトは宣伝の一環として、ゲームの批評家や一般の人々に対してポジティブなコメントやレビューを書かせるためのマネーを提供していたのです。この事件により、マイクロソフトは信頼を損なったとして批判を受けました。

【サムスン】アカデミー賞での意図的なステマ、その裏側は…

サムスンがアカデミー賞の授賞式で意図的

【ウォルマート】偽ブログ実施、それは炎上の始まり

ステマの代表的な事例の一つとして、ウォルマートの偽ブログが挙げられます。ウォルマートはPR会社を通じて、商品の広告として見せかけた偽ブログを実施しました。この偽ブログでは実際の消費者が商品を購入して満足しているかのように書かれており、商品についての評価や感想を投稿することができました。しかし、実際にはウォルマート自身が書いた偽の投稿であり、広告性が隠されていました。この偽ブログが発覚すると、ネット上で非難の声が広がり、炎上状態となりました。商品広告としての欺瞞性が問題視され、ウォルマートは炎上の結果を受けて謝罪文を発表しました。この事例は、企業によるステマが発覚すると広範な反発を生むことを示すものとなりました。

【Zipatoni社事件】PSP広告のファンサイト、その結果は…

Zipatoni社という広告代理店が、PSPの宣伝を目的とした架空の個人ファンサイトを作成し、偽の口コミを投稿して炎上させました。この事件は、広告代理店が企業のために宣伝活動を行う中で、悪質な手法に出る例として注目されました。企業は批判を受け、信頼を損なう結果となりました。この事件は、ステマの典型的な事例として取り上げられており、企業がステマを行うことがいかにリスクがあるかを示しています。

【デビッド・マニング事件】映画評論の偽造、訴訟にまで発展

「デビッド・マニング事件」とは映画評論の偽造に関する事件です。デビッド・マニングは映画評論家として活動していましたが、実は映画の評論を書く際には宣伝会社から依頼された内容を書いていたのです。この行為は一部の映画館や配給会社によって行われ、特定の映画に高評価を与えることで観客を増やす狙いがありました。

しかし、デビッド・マニングが偽造された映画評論を書いていたことが明るみに出ると、映画ファンや映画関係者から批判が集まりました。さらに、被害者の一部は損害賠償を求めて訴訟を起こす事態にまで発展しました。

この事件は、ステルスマーケティング(ステマ)の一つの形態として注目されました。ステマは企業や個人が商品やサービスの宣伝手法として、自らが関与していることを伏せ、第三者の立場から宣伝を行う行為のことを指します。映画評論の偽造もその一環であり、消費者の意見や評価を操作するために行われます。

この事件をきっかけに、ステマに対する法的規制が強化されるなど、ステマ問題が一般的に注目されるようになりました。

【Dr. Pepper/7up】有名ブロガーへのマルチプロモ-その結果は…

有名ブロガーへのマルチプロモーションが発覚し、大きな波紋を呼んだ事例が存在します。Dr. Pepper/7upという飲料メーカーは、評判の良いブロガーたちに商品の宣伝を依頼しました。しかし、その際にブロガーたちには「広告」という明示がされず、商品への好意的なレビューや記事を依頼されていたのです。これは一種のステルスマーケティングであり、読者は宣伝であると認識せず、本物の意見や評価として受け取る可能性があります。

【マイクロソフト】ゲームプロモ-ステマが発覚

ゲーム業界でもステマが発覚した事例があります。マイクロソフトはXboxの新作ゲームのプロモーションのために、一部のブロガーやYouTuberに報酬を提供してレビューや宣伝を行わせました。この報酬が開示されずに行われたため、視聴者やファンから疑念の声が上がり、炎上騒ぎとなりました。この事件が発覚したことでマイクロソフトの信頼性が損なわれ、一部のユーザーからの不買運動も起こりました。

【サムスン】アカデミー賞での意図的なステマ、その裏側は…

サムスンは、2014年のアカデミー賞授賞式において、意図的なステルスマーケティング(ステマ)を行ったことで悪名高くなりました。このステマは、授賞式の撮影時にセレブリティにサムスン製品を使うように強制することで行われました。セレブリティたちは、普段使用している他の製品を隠し、サムスンのスマートフォンやタブレットを使うよう指示されました。撮影シーンでは、セレブリティたちが自然な気持ちでサムスン製品を使っているように見せかけられました。

【ウォルト・ディズニー・ジャパン】PR無しのマーケティング、その後の謝罪文とは

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、PR表記をせずにマーケティングの施策を実施し、一部の消費者から非難を浴びました。この施策は大きな波紋を広げ、多くの批判を受けました。その後、ウォルト・ディズニー・ジャパンは公式ウェブサイト上で謝罪文を発表しました。謝罪文では、消費者の皆様に対して深くお詫びし、今後このようなことが起こらないよう、再発防止策を徹底すると約束しています。この謝罪文は多くの関心を集め、一部の人々からは受け入れられましたが、一部からはまだ不信感が残っているようです。ウォルト・ディズニー・ジャパンに対しては、今後も世間の注目が集まることとなりそうです。

今回のステマ事例について振り返ろう

さて、ここでは注目のステマ事例について振り返ってみましょう。まず、ウォルマートによる偽ブログ実施の事例です。このステマは炎上を引き起こし、広まるにつれてウォルマートの評判が大きく傷つきました。続いての事例は、PSP広告のためのファンサイトとして偽装されたZipatoni社事件です。この事件では、ファンサイトの炎上が起こり、PSPの評価にも悪影響を及ぼしました。

また、映画評論の偽造を行ったデビッド・マニング事件では、訴訟にまで発展し、その影響は甚大でした。さらに、有名ブロガーへのマルチプロモーションが発覚したDr. Pepper/7up社の事例や、マイクロソフトのゲームプロモーションでのステマ、アカデミー賞授賞式での意図的なステマを行ったサムスンの事例などもありました。

最後に、ウォルト・ディズニー・ジャパンがマーケティング施策の中でPR表記を行わずに謝罪文を発表した事例も注目されました。これらのステマ事例を振り返ると、ステマが企業にとって大きなリスクをはらんでいることが分かります。法的にも問題とされているステマは、企業の信頼性やブランドイメージに大きなダメージを与える可能性があります。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、ステマについて詳しく解説しました。ステマとは、広告宣伝目的で行われる不正な宣伝手法のことです。新しい法律では、ステマが「誤った表示」として禁止されています。また、一般的なステマの手口や実際の事例も紹介しました。ウォルマートの偽ブログやZipatoni社のPSP広告など、企業のステマ発覚は炎上の始まりとなります。さらに、Dr. Pepper/7upやマイクロソフト、サムスンなどの有名ブランドもステマが発覚しています。最後に、今回のステマ事例について振り返りました。ステマは消費者に対して不正な広告宣伝を行う行為であり、法律で厳しく制限されています。皆さんもステマには注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました