「トークスクリプトを作る4つのステップと成果を最大化する秘訣|効果的な会話を構築する方法」

成果の出る営業手法

トークスクリプトの作成は、会話の効果を最大化するために欠かせないスキルです。しかし、実際に手を動かしてスクリプトを作るとなると、何から始めればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、トークスクリプトの基礎から効果的な作成方法、便利なツールの活用法、さらに成果を上げるためのポイントまで、4つのステップで詳しく解説しています。

例えば、ターゲットと目的の明確な定義や、対話の内容の設定方法など、スクリプト作成のポイントを具体的にお伝えします。さらに、WordやExcelといったツールの使い方や、CTIツールの活用法も紹介しています。

この記事を読めば、トークスクリプト作成の基礎から応用まで、効果的な会話の構築方法が分かります。ビジネスやプレゼンテーションなど、様々な場面で役立つスキルを身につけることができます。

トークスクリプトの基礎を理解する

トークスクリプトは、効果的な会話を構築する上で重要なツールです。会話の流れをスムーズに進めるためには、その構成や内容をしっかりと考える必要があります。まずは、トークスクリプトの基本型を理解しましょう。

1.挨拶(名乗る): まずは相手に対して丁寧な挨拶をすることで、会話のスタートを切ります。

2.フロントトーク(キーマンを特定する): 相手の役職や立場を把握し、適切なアプローチを行うために重要な情報を収集します。

3.本題(相手のメリット・課題感訴求): 相手の利益や課題に焦点を当てた話題を提供し、興味を引くような内容を盛り込みます。

4.クロージング(日時を指定する): 最後に次回のアクションを具体的に決め、次のステップを確定させることで、会話を締めくくります。

この基本型を踏まえながら、トークスクリプトを作成することで、会話の効果を最大化することができます。

さわやかな挨拶の仕方

トークスクリプトを作成する際に重要なのは、最初の挨拶です。挨拶は相手とのコミュニケーションを円滑にするために非常に重要な要素です。

さわやかな挨拶をするためには、相手に好印象を与えるような言葉遣いやトーンを心掛けましょう。例えば、「おはようございます」と明るく挨拶することで、相手の気持ちをほっこりさせることができます。また、「こんにちは」と気軽な挨拶をすることで、リラックスした雰囲気を作り出すこともできます。

さらに、挨拶に自分の名前を名乗ることもおすすめです。例えば、「こんにちは、私は〇〇です」と自己紹介することで、相手に自分の存在をアピールすることができます。このような挨拶の仕方を取り入れることで、相手とのコミュニケーションがスムーズに進むことでしょう。

フロントトークは、トークスクリプトの中でも非常に重要な部分です。なぜなら、この段階で相手の興味を引くことができなければ、後のステップに進むことができなくなってしまうからです。では、フロントトークで重要なキーパーソンを特定する方法を見ていきましょう。
フロントトークでは、まず相手の名前で呼びかけて、さわやかな挨拶を行います。これによって相手との距離感を縮め、親近感を持ってもらうことができます。さらに、相手に興味を持ってもらうために、共通の話題や興味関心を探ります。例えば、相手の業界や趣味について尋ねることで、相手の関心事を知ることができます。
そして、キーパーソンを特定するためには、相手の利害関心や悩みについてヒアリングする必要があります。具体的な例を挙げると、相手の会社が抱えている問題やニーズについて聞いてみることで、どのようなソリューションを提案すれば相手の関心を引くことができるのかを把握することができます。
また、フロントトークでは相手の話に対して注意深くリスニングすることも重要です。相手が話す内容を逐一メモすることで、後で話題を引き出す際に役立ちます。相手の話に同意や共感を示すことも大事ですが、相手を一方的に褒めることは避けましょう。相手が話したことに関心を持ち、共感しながらも自分の意見や提案を加えることが大切です。
以上がフロントトークで重要なキーパーソンを特定するためのポイントです。フロントトークは、相手とのつながりを築くための大切なステップです。自分のステップの目的やゴールを明確にし、相手の興味や関心にアプローチすることで、効果的なトークスクリプトを作ることができます。

本題への導入、相手の利益・課題を訴える手口

トークスクリプトを作成する際に重要なポイントは、本題への導入です。相手が興味を持ち、関心を引くことができる導入部分を構築することが必要です。まずは相手の利益や課題に焦点を当てて、それに対する解決策や提案を提示しましょう。

例えば、商品やサービスを紹介する際には、相手のニーズや問題点を共有し、自社の製品がそれにどのように対応しているかを具体的に説明することが重要です。具体例やデータ、顧客の声などを活用し、相手にリアルな課題や利益をイメージさせることが効果的です。

さらに、相手の関心や興味を引くためには、具体的な例や事例を交えることも有効です。例えば、「顧客Aさんは、弊社のサービスを利用することで月間の利益が10%増加しました」といった具体的な成果を伝えることで、相手に自社の価値や効果を具体的に伝えることができます。

本題への導入では、相手の関心を引きつけ、利益や課題を訴える手法を用いることが重要です。相手に共感を抱かせるような具体的な内容や事例を盛り込むことで、会話の成果を最大化することができます。

スマートなクロージングのテクニック

トークスクリプトを作る4つのステップの最後には、スマートなクロージングのテクニックを使うことが重要です。クロージングは、会話をしっかりと終わらせるために必要なステップですが、あまりにも強引なクロージングは相手に嫌悪感を与えてしまうこともあります。そのため、スマートなクロージングを行うためには、相手の意見や状況に敏感になることが大切です。
例えば、相手がまだ返答に迷っている場合は、「じっくり考えていただいても構いません」といった言葉を使うことで、相手に余裕を与えることができます。また、次回の約束を取り付ける際にも、「具体的な日時を教えていただければ、都合を合わせます」といった積極的な表現を使うことで、相手にも次回の会話に前向きな気持ちを持ってもらうことができます。
こうしたスマートなクロージングのテクニックを使うことで、トークスクリプトの成果を最大化することができます。ぜひ、クロージングの際には相手の状況を把握し、適切な表現を選ぶように心掛けてください。

効果的なトークスクリプトの作り方、4つのステップ

トークスクリプトを作成する際には、以下の4つのステップを順番に進めていくことが重要です。

まず、1つ目のステップとして、ターゲットと目的を明確に設定することが必要です。トークスクリプトの対象となる相手を特定し、その相手に対して何を伝えたいのかを明確にすることが重要です。

2つ目のステップでは、ヒアリング内容の設定を行います。相手からのフィードバックや意見を引き出すために、どのような質問やフレーズを使って対話を進めるかを考えます。

3つ目のステップでは、トークフローの骨子を作ります。具体的な話の流れを考えて、相手の興味や関心を引きつけるような構成を作成することがポイントです。

最後のステップとして、具体的なトーク内容を入れ込んでいきます。これまでのステップで作成した骨子に沿って、具体的な話の内容や表現を緻密に考え、スクリプトに盛り込んでいきます。

以上の4つのステップを踏むことで、効果的なトークスクリプトを作成することができます。

ターゲットと目的、その明確な定義

トークスクリプトを作成する際、まずはターゲットと目的を明確にすることが重要です。ターゲットとは、コミュニケーションをとる相手のことであり、目的とはその相手に対して伝えたいメッセージやアクションを指します。

ターゲットを明確にするためには、相手の属性や関心事、ニーズなどを把握する必要があります。例えば、お客様向けのトークスクリプトを作る場合は、そのお客様が何を求めているのか、どのような課題や問題を抱えているのかを把握しましょう。

一方、目的を明確にするためには、何を伝えたいのか、どのようなアクションを促したいのかを考える必要があります。例えば、商品やサービスの説明をする場合は、その魅力や利点を伝えることが目的となるでしょう。

ターゲットと目的を明確にすることで、トークスクリプトの内容やアプローチが具体的になります。相手に合わせたメッセージやアクションを考え、成果を最大化するために努力しましょう。

対話の内容のヒアリング、その設定方法

トークスクリプトを作成する際、対話の内容を正確に把握することは非常に重要です。相手のニーズや課題を理解し、それに対する適切な提案を行うためには、十分なヒアリングが必要です。

まずは、相手の意図や要望についての情報を集めましょう。具体的な質問を用意し、相手に自由に話してもらうよう促しましょう。また、聞き手としては、相手の話に耳を傾け、理解しようとする姿勢が重要です。

さらに、相手の感情や考え方を読み取ることも大切です。表情や声のトーン、言葉遣いなどから、相手の本音や感じていることを推測しましょう。これにより、より深いコミュニケーションが可能になります。

ヒアリング中は、相手の話を遮らないように心がけましょう。相手が話している際には、自分の主張やアイデアを押し付けるのではなく、相手の意見に耳を傾けることが重要です。相手が話し終わった後に、自分の意見や提案を述べるようにしましょう。

話の流れ、トークフローの組み立て方

トークスクリプトを作成する際に重要なポイントの一つは、話の流れやトークフローをしっかりと組み立てることです。相手との会話は、スムーズなコミュニケーションのためには一定の順序や構造が必要となります。
トークフローを組み立てる際には、以下のようなポイントに気をつけると良いでしょう。

  1. 目的を明確にする
  2. まず、会話の目的を明確にしましょう。自分の意図や目標を明確に持つことで、会話の進行方向が明確になります。

  3. 相手の興味や関心を引く
  4. トークの冒頭で相手の興味や関心を引くことは重要です。さまざまな方法がありますが、興味深い事実や具体的な例を用いることで相手の関心を引くことができます。

  5. 主題を明確に伝える
  6. 相手に伝えたい主題やメッセージを明確に伝えることが重要です。あいまいな表現や誤解を招く表現は避け、明確な言葉遣いを心がけましょう。

  7. 情報やエビデンスを提供する
  8. トークの中で、自分の意見や情報を具体的なエビデンスとともに提供することが有効です。このような情報の提供は相手の認識を深め、議論を展開しやすくするでしょう。

  9. 要約やまとめを行う
  10. 最後に、話の流れや内容をまとめることは大切です。相手に対して自分の主張やポイントを明確に伝え、話の結論を提示しましょう。

これらのポイントに注意しながら、会話のトークフローを組み立てることで、より効果的かつ分かりやすい会話を構築することができます。

具体的なトーク内容の盛り込み方

トークスクリプトを効果的に作成するためには、具体的なトーク内容を盛り込むことが重要です。ただし、相手の関心事や課題に合わせて内容を選定する必要があります。

具体的には、以下のポイントに注意しながらトーク内容を組み立てましょう。

  1. 相手のニーズに応える:相手の関心事や課題に対して、自社の商品やサービスがどのように役立つのかを具体的に説明しましょう。例えば、「弊社のプロダクトはコスト削減に繋がるため、企業の収益改善に大いに貢献します」と具体的なメリットを示すことが重要です。
  2. 事例や実績を用いる:お客様の声や成功事例を交えることで、自社の信頼性や実績をアピールしましょう。具体的な数値や効果を挙げることで、相手に安心感を与えることができます。
  3. 説明の具体性:トーク内容は抽象的でなく、具体的に説明することが重要です。例えば、「効率化を図ることで、従業員の作業時間を50%短縮することができます」と具体的な数字を使い説明することで、相手の理解を深めることができます。
  4. 聞き手の反応に合わせる:トーク内容は一方的なものではなく、相手の反応に合わせて調整することが大切です。相手が興味を持っているポイントに詳しく説明するなど、フィードバックを受けながらトーク内容を調整しましょう。

これらのポイントを意識しながら、具体的なトーク内容を盛り込むことで、相手の理解度や共感を高めることができます。トークスクリプト作成の際には、相手のニーズに合わせた具体的な内容を選定するようにしましょう。

トークスクリプト作成のための便利なツール

トークスクリプトの作成は、効果的な会話を構築する上で非常に重要なステップです。しかし、手作業でスクリプトを作成すると時間がかかりますし、ミスも起こりやすいですよね。そこで、以下のツールを利用することで、より効率的にトークスクリプトを作成することができます。

WordやGoogleドキュメントの利用方法

まず、ワードプロセッサーとしてよく知られるWordやGoogleドキュメントを活用する方法です。これらのツールを使うことで、文字や段落の編集が簡単に行えます。また、変更履歴の管理や複数人での共同編集も可能です。

ExcelやGoogleスプレッドシートの活用術

ExcelやGoogleスプレッドシートは、スクリプトの作成においてテーブルやデータの整理に役立ちます。特に、トークの流れや内容を整理するために使用すると効果的です。セルの結合や折りたたみ機能などを使えば、見やすいスクリプトを作成することができます。

PowerPointやGoogleスライドでのスクリプト作成

トークの流れを視覚的に示したい場合は、PowerPointやGoogleスライドを活用しましょう。スライドの枠組みを使って、トークの始まりから終わりまでの流れをわかりやすく表現できます。また、画像やグラフを挿入することで、トークの内容をより具体的に伝えることができます。

効率的なテンプレートからのスクリプト作り

トークスクリプト作成には、既存のテンプレートを活用する方法もあります。テンプレートを利用することで、基本的なトークの構成やフレーズの配置が簡単にできます。また、テンプレートを自分のスタイルにカスタマイズすることも可能です。

CTIツールを使った文字起こしの活用

トークスクリプトは、実際の会話の内容を正確に反映する必要があります。そのためには、会話の文字起こしを行う必要があります。ここで活用できるのが、CTIツールです。これらのツールを使用することで、音声をテキスト化することができます。

トークスクリプト制作ソフトの紹介と活用法

また、トークスクリプト制作用の専用ソフトも存在します。これらのソフトを使えば、より効率的にトークスクリプトを作成することができます。具体的な機能や利用法については、各ソフトのマニュアルやヘルプを参考にしてください。

いずれのツールも、トークスクリプトの作成を効率化し、品質向上に役立てることができます。自分の作業スタイルやニーズに合ったツールを選んで活用しましょう。

WordやGoogleドキュメントの利用方法

トークスクリプトを作成するために、WordやGoogleドキュメントは非常に便利なツールです。まず、空白のドキュメントを開きます。次に、スタイルやフォント、サイズなどの書式設定を行います。これにより、スクリプトが見やすく読みやすくなります。また、段落や箇条書きを使って、トークの内容を整理することもできます。さらに、挿入や編集、保存などの基本的な操作も簡単に行うことができます。Googleドキュメントを使う場合は、共同編集やコメント機能を活用することもできます。これにより、複数人でのトークスクリプト作成やフィードバックの受け取りがスムーズに行えます。WordやGoogleドキュメントは、どちらも使いやすく便利なツールなので、ぜひ活用して効果的なトークスクリプトを作成してみてください。

ExcelやGoogleスプレッドシートの活用術

ExcelやGoogleスプレッドシートは、トークスクリプト作成に非常に便利なツールです。これらのツールを使用することで、スクリプトの作成や編集が簡単に行えます。まず、シートを使用してトークスクリプトを整理しましょう。各セルには、話の流れや具体的な内容を記入します。セルの背景色を変更することで、内容の種類や役割を分けることもできます。また、セルの結合や行、列の追加など、レイアウトの調整も簡単に行えます。さらに、ExcelやGoogleスプレッドシートの関数を利用することで、自動計算やデータの集計を行うことも可能です。これらの機能を活用しながら、効率的にトークスクリプトを作成しましょう。

PowerPointやGoogleスライドでのスクリプト作成

トークスクリプトを作成する際、PowerPointやGoogleスライドは非常に便利なツールです。どちらのツールも、スライドの作成や編集が簡単で、プレゼンテーション用の資料を作るのに最適です。スクリプト作成においても、同様に使うことができます。

まずはトークスクリプトの構成を考えましょう。トークスクリプトは、挨拶、フロントトーク、本題、クロージングの4つのセクションから成り立っています。PowerPointやGoogleスライドでは、それぞれのセクションをスライドとして作成することができます。

例えば、挨拶のセクションでは、自己紹介や相手への丁寧なあいさつを行います。フロントトークでは、キーパーソンの特定や共通の話題を見つけることが重要です。本題では、相手の利益や課題にフォーカスし、自身の提案やアドバイスを行います。最後にクロージングでは、具体的な日時を指定して次のアクションを提示します。

スライドを作成する際は、各セクションを見やすくわかりやすいスライドにまとめることが大切です。視覚的な要素やポイントを強調するために、大文字やカラフルなグラフィックを使用することも有効です。また、スライド内でのレイアウトや文章の配置にも注意しましょう。

さらに、PowerPointやGoogleスライドでは、スクリプトのテキストを入力するためのノートビュー機能もあります。ここでは、各スライドに関連するセリフやトークの内容を詳細に書き込むことができます。これにより、プレゼンテーションの流れや話の展開を整理しやすくなります。

以上がPowerPointやGoogleスライドを使用したスクリプト作成の基本的な手順です。これらのツールを使って、わかりやすく効果的なトークスクリプトを作成しましょう。

効率的なテンプレートからのスクリプト作り

トークスクリプトの作成は、効果的な会話の構築において重要なステップです。効率的にトークスクリプトを作成するためには、テンプレートを活用することが有効です。テンプレートを使用することで、基本的な構造やフレーズをあらかじめ決めておくことができます。さらに、同じようなシチュエーションに適用できる汎用的なテンプレートを作成することで、時間を節約しながら効果的なトークスクリプトを作成することができます。テンプレートを使用する際には、自分のトークの特性に合わせて修正やカスタマイズを行うことも大切です。例えば、相手の特定のニーズや課題に焦点を当てるために、テンプレートの一部を変更するなどの工夫を加えることができます。効率的なテンプレートからのスクリプト作りによって、会話の質と成果を最大化することができます。

CTIツールを使った文字起こしの活用

トークスクリプトの作成において、CTIツールは非常に役立つツールの1つです。CTIツールを使用することで、音声や録音データをテキストに変換する作業が容易になります。具体的には、CTIツールを使用して会話やインタビューの録音データを文字起こしすることで、素早く正確なトークスクリプトを作成することができます。

CTIツールを使った文字起こしには、いくつかの利点があります。まず、手作業での文字起こし作業に比べて作業時間が短縮されます。また、音声データをそのまま保存するのではなく、テキストに変換して保存することで、将来の参照や編集が容易になります。さらに、テキストデータは検索可能であり、必要な情報を素早く探すことができます。

CTIツールの活用によって、トークスクリプトの作成作業は効率化されるだけでなく、正確性も向上します。手作業に比べてミスが少なく、聞き取りにくい部分や特定の単語も正確に文字起こしされます。これにより、トークスクリプトを基にした会話やプレゼンテーションの準備がスムーズに行えます。

トークスクリプト制作ソフトの紹介と活用法

トークスクリプトを作成する際に、手書きやワードプロセッサを使うこともできますが、制作ソフトを活用すればより効率的に作業を進めることができます。例えば、ワードプロセッサではテキストの編集や書式設定が煩雑になることもありますが、トークスクリプト制作ソフトではこれらの作業がスムーズに行えます。代表的なトークスクリプト制作ソフトとしては、WordやGoogleドキュメントがあります。これらのソフトを利用することで、テンプレートを活用したり、スムーズな共同編集が可能になります。また、ExcelやGoogleスプレッドシートを使えば、トークスクリプトのテーブル形式で表現することもできます。さらに、PowerPointやGoogleスライドを使用することで、話し手の台本として使うこともできます。これらのソフトウェアを使いこなすことで、より効率的にトークスクリプトを作成し、成果を最大化することができます。

トークスクリプトで成果を上げる、4つのポイント

トークスクリプトの作成には、成果を最大化するために考慮すべきポイントがあります。まず、ゴールを明確に設定することが重要です。具体的な目標を定めることで、達成感を得ることができます。また、トークの内容は真実を伝えることが必要です。誤解や誤った情報を与えることは避けましょう。さらに、トークが営業っぽくならないように気をつける必要があります。自然な会話の流れを作り、相手との信頼関係を築くことが大切です。最後に、話し方のニュアンスにもルールを設けることが効果的です。適切なトーンやペースで話すことで、相手に理解しやすい環境を作りましょう。

明確なゴール設定の重要性

トークスクリプトを作成する際に、明確なゴール設定は非常に重要です。なぜなら、ゴールが明確に定義されていないと、会話の目的や方向性がぶれてしまい、効果的なコミュニケーションができなくなるからです。

たとえば、営業の場面では、ゴールを「商品の購入を促すこと」と設定します。このゴールに達するためには、相手の興味やニーズを引き出し、それに基づいて提案する必要があります。しかし、ゴールが明確に設定されていないと、話が逸れたり、相手の興味を引けないまま終わってしまったりする可能性が高くなります。

また、ゴール設定は、非営利団体や教育機関など、営業以外の場面でも重要です。具体的なゴールが明確になっていると、どのようなメッセージや情報を伝えるべきかが明確になります。それによって、相手にとって有益な情報を提供し、理解を得ることができます。

そのため、トークスクリプトを作成する前に、まずゴールを明確に定めることが必要です。ゴールを明確にするためには、会話の目的や相手のニーズを考慮し、具体的なアクションや成果をイメージすることが重要です。そして、そのゴールを達成するためのステップやメッセージを考えることで、効果的なトークスクリプトを作成することができます。

誤解を招かない、真実のトークの展開

トークスクリプトを作成する際には、誤解を招かないように真実を伝えることが重要です。相手とのコミュニケーションが円滑に進むためには、信頼関係を築くことが必要となります。そのため、トークスクリプトの中で誤解を生じるような言葉遣いや表現は避けるべきです。具体的な事実やデータを使用し、客観的な情報を提供することによって、相手に正確な情報を伝えることができます。また、常に相手の立場や意見に耳を傾け、その内容を尊重することも大切です。お互いが納得できるコミュニケーションを築くためには、真実を伝えることが不可欠です。

営業感を回避する、自然なトークの秘策

トークスクリプトを作成する際、営業感を回避し自然なトークを実現することは非常に重要です。相手に営業のアプローチと感じさせることなく、効果的な会話を展開するためには、以下のポイントを心掛けましょう。

まずは、相手との関係性を構築するために自己紹介を行い、相手の興味やニーズに寄り添うことが必要です。しかし、ただ自己紹介を行うだけでなく、相手にとって興味深い情報や共通点を見つけ、そこから話を広げることが大切です。営業感を回避するために、相手の立場や意見に対しても敬意を持ち、対話の中で相手の意見を尊重しましょう。

また、押し売りや勧誘のようなプレッシャーをかけず、相手のニーズや課題に焦点を当てることが重要です。自分の提供する価値や解決策をわかりやすく伝えることで、相手に興味を持ってもらいやすくなります。さらに、ただ情報を伝えるだけでなく、相手が抱える課題や利益についても理解し、具体的なアドバイスやサポートを提供することが求められます。

最後に、会話の終わり方にも注意が必要です。スマートなクロージングを心掛け、次回のアクションや連絡を具体的に提示することで、次のステップにつなげることができます。ただし、相手に無理な要求やプレッシャーをかけないよう、自然な形で話を締めくくるようにしましょう。

以上のポイントを意識しながら、営業感を回避し自然なトークを実現しましょう。相手との信頼関係を築きながら、効果的な会話を構築することができるはずです。

話し方のニュアンス、ルールづけの重要性

トークスクリプトを作成する上で、話し方のニュアンスとルールづけは非常に重要です。話し方のニュアンスを理解し、適切に使うことで、相手に対してより効果的なメッセージを伝えることができます。例えば、積極的な話し方をすることで相手の関心を引きつけることができますし、話のリズムやテンポを調整することで、相手が飽きずに話を聞き続けることができます。

また、話し方にルールを設けることも重要です。ルールを設けることで、話し手と聞き手の間でのコミュニケーションがスムーズになります。例えば、話し手は明確な言葉を使い、相手が理解しやすいように話す必要があります。また、相手の反応や意見に対しても適切に受け止めることが求められます。

話し方のニュアンスとルールづけを意識してトークスクリプトを作成することで、より効果的な会話を構築することができます。相手に対して魅力的なメッセージを伝えることで、成果の最大化を図りましょう。

この記事のまとめ

トークスクリプトの基礎を理解することで、効果的な会話を構築することができます。さわやかな挨拶の仕方やフロントトークで重要なキーパーソンを特定する方法、本題への導入や相手の利益・課題を訴える手口、そしてスマートなクロージングのテクニックを学びましょう。

効果的なトークスクリプトを作成するためには、4つのステップが必要です。ターゲットと目的の明確な定義、対話の内容のヒアリングと設定、話の流れやトークフローの組み立て方、具体的なトーク内容の盛り込みが重要です。

トークスクリプト作成に役立つ便利なツールとして、WordやGoogleドキュメント、ExcelやGoogleスプレッドシート、PowerPointやGoogleスライド、効率的なテンプレート、CTIツールやトークスクリプト制作ソフトを紹介しました。

トークスクリプトで成果を上げるための4つのポイントは、明確なゴール設定の重要性、誤解を招かない真実のトーク展開、営業感を回避する自然なトークの秘策、そして話し方のニュアンスやルールづけの重要性です。これらを意識してトークスクリプトを作成しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました