【驚きの事実】CVR向上のためのスマホサイト改善のポイント10選、知らなかった!

デジタル集客・接客

驚きの事実をご紹介!CVR向上のためのスマホサイト改善のポイント10選をお伝えします。

PCとスマホでは操作感が異なることを知っていますか?画面の見せ方も大切です!SCPって何でしょう?

さらに、魅力的なコンテンツでユーザーの目を引き付けましょう。親指の範囲にタップしやすいボタンの設置もポイントです。

また、利用者が行動しやすいように、申し込みのハードルを下げる方法もあります。さらに、電話から簡単に申し込めるなんて便利ですよね!

入力項目は少なくすることも重要です。手間を省くためには工夫が必要です。

ユーザーに伝わるアクションボタンのメッセージも工夫しましょう。さらに、タップしやすさを考慮し、適切な間隔を開けることも意義があります。

タップするエリアの大きさも重要なポイントです!最低限88pxが目安とされています。

PCとスマホでは操作感が違う!その特性を知ろう

スマートフォンの利用はますます増えている現代ですが、PCとスマホでは操作感が異なることをご存知でしょうか?PCではマウスやキーボードを使用しますが、スマホではタッチ操作が主な方法となります。これにより、画面上の要素に触れる直感的な操作が可能となります。しかし、この操作感の違いには注意が必要です。

スマホ上での操作性には制限があり、画面サイズやタッチ操作の特性によってユーザー体験が大きく変わることがあります。これを踏まえて、スマホサイトの改善に取り組む必要があります。

例えば、指先が比較的太いため、スマホの画面上には操作しやすい大きさのボタンやリンクを配置する必要があります。また、スマホは直感的な操作が求められるため、複雑な操作手順や長い入力項目を避けることも重要です。

さらに、スマホは移動中や待ち時間など、限られた時間や場面で利用されることが多いです。そのため、ユーザーの関心を引く魅力的なコンテンツや情報を提供することも、CVR(コンバージョン率)向上のポイントとなります。

こうした特性を把握し、スマホサイトを改善することで、ユーザーの利便性と満足度を高めることができます。次回は、画面の見せ方について詳しくご紹介します。

画面の見せ方も大事!SCPって何?

スマートフォンの操作感は、PCとは異なる特性があります。画面が小さく、タップ操作が主流です。そのため、スマホサイトの改善には、画面の見せ方も重要な要素となってきます。その中で重要な概念が「SCP」です。SCPとは「Scroll→Click→Pay」の略で、ユーザーがスクロールし、興味を引かれるコンテンツをクリックし、最終的に購買行動に繋がるという流れを意味します。

魅力的なコンテンツでユーザーの目を引きつける

スマホサイトのCVR(コンバージョン率)向上に必要な要素の一つは、魅力的なコンテンツです。ユーザーの目を引きつけ、興味を持ってもらうことが重要です。
例えば、商品やサービスの特徴やメリットを分かりやすく伝える短いキャッチコピーを活用しましょう。また、具体的な商品画像や使い方のイメージを豊富に掲載することで、ユーザーが購買意欲を高める効果があります。
さらに、お客様の声や口コミを掲載することも効果的です。ユーザーが実際に商品を使った人の意見を知ることで、信頼性や満足度が高まります。
インフォグラフィックやビジュアルを活用したコンテンツも注目度を高めるポイントです。視覚的にインパクトのある情報を提供することで、ユーザーの興味を引きつけることができます。
しかし、注意点もあります。コンテンツが多すぎるとユーザーの負担になるため、シンプルかつわかりやすいデザインを心掛けましょう。情報過多にならないよう、必要な情報を絞り込んで提供しましょう。
以上が、CVR向上のための魅力的なコンテンツのポイントです。ユーザーが興味を持ち、ブランドや商品に対して信頼感を抱くことができるようなコンテンツを作りましょう。

親指の範囲にタップしやすいボタンを設置してみよう

スマホサイトの改善を検討しているなら、親指の範囲にタップしやすいボタンを設置することをおすすめします。なぜなら、スマートフォンは片手で操作することが多いため、ユーザーが画面上のボタンを簡単に押せる位置に配置することで、利便性を向上させることができるからです。

具体的に言いますと、ユーザーは片手でスマートフォンを持ち、親指で画面を操作することが一般的です。そのため、親指の範囲にタップ可能なボタンを配置することで、ユーザーは楽にボタンを押せるようになります。

例えば、申し込みボタンなど、ユーザーがよく利用するボタンは、画面の下部に配置すると良いでしょう。これにより、ユーザーは片手で簡単にボタンをタップすることができ、操作の負担が軽減されます。

また、指の大きさや端末のサイズによって親指の届く範囲が異なるため、最低でも88pxの大きさを持つボタンを設置することをおすすめします。このようにすることで、ボタンを誤って押してしまうことを防ぐことができます。

親指の範囲にタップしやすいボタンを設置することで、ユーザーの利便性を向上させ、CVR(コンバージョン率)向上につなげることができるのです。

利用者が行動しやすいよう、申し込みのハードルを下げよう

スマホサイトを改善する上で重要なポイントの一つは、利用者が行動しやすい状態を作り出すことです。特に申し込みの際に、ユーザーが簡単に手続きを進められるような環境を整えることが重要です。

例えば、入力項目を減らすことで手間を省くことができます。余計な情報の入力はユーザーにとって負担となり、申し込みを諦めさせる原因になりえます。必要最低限の項目のみを求めることで、スムーズな申し込み手続きを促すことができます。

また、ユーザーに伝わるアクションボタンのメッセージを工夫しましょう。ボタンの文言がわかりやすくて魅力的な場合、ユーザーは押してみたくなるという心理が働きます。具体的なメリットや利点を伝えることで、申し込みへのハードルを下げることができます。

以上のような工夫を行うことで、ユーザーが快適に申し込み手続きを進められる環境を作り出すことができます。ユーザーがストレスを感じることなく申し込みを行うことができれば、CVRの向上にもつながるでしょう。

電話から申し込めるボタンがあると便利!

スマホサイトの改善を行う上で、電話から直接申し込めるボタンを設置することは非常に有効です。利用者はスマホを利用している場合でも、電話を使って問い合わせや購入をしたいという場合があります。そのため、サイト内に電話から申し込めるボタンを設置することで、利用者のニーズに応えることができます。

電話からの申し込みボタンは、利用者にインタラクションの機会を与えるだけでなく、迅速な受付と対応が可能です。また、電話での問い合わせや購入は、利用者にとって直接的かつ安心感のある手続きとなります。そのため、利用者のストレスを低減し、CVRの向上につながるでしょう。

ただし、電話から申し込めるボタンを設置する場合には、表示がわかりやすく、目立つようにすることも重要です。ボタンのデザインやカラーリングを工夫することで、利用者が見やすく、すぐにタップできるようにすることが求められます。

入力項目は少なめに!手間を省こう

ユーザーがスマホサイト上の入力項目に時間を費やすことは、離脱率を高める原因の一つです。入力する項目が多いほど、ユーザーは手間を感じ、煩わしさからサイトを離れる可能性があります。そのため、CVR向上を図るためには、入力項目の数を少なくすることが重要です。

例えば、会員登録や申し込みフォームにおいて、名前や住所、メールアドレスなどの必須項目を最低限に絞ることで、ユーザーは簡単かつ迅速に情報を入力することができます。不必要な項目は省くことで、ユーザーの負担を減らし、スムーズな操作を促すことができます。

さらに、入力項目のラベルも重要です。具体的な指示や簡潔な説明を用いることで、ユーザーは迷わずに入力を進めることができます。また、オートコンプリートやプルダウンメニューなど、手入力を必要としない入力方法を提供することも有効です。これにより、入力にかかる手間やミスのリスクを最小限に抑えることができます。

入力項目の数を減らし、ユーザーに手間を感じさせないスマホサイトを構築することで、CVRの向上に繋げましょう。

ユーザーに伝わるアクションボタンのメッセージを工夫しよう

ユーザーにとって、ウェブサイト上のアクションボタンは重要な存在です。しかし、ただボタンを配置するだけでは十分ではありません。ユーザーがボタンの意味や目的を理解し、クリックしたいと思うようなメッセージが必要です。

まず、ボタンのテキストは簡潔かつ分かりやすくすることが大事です。ボタンには具体的で能動的な動詞を使い、ユーザーがどのようなアクションを取るのかを明確に伝えるようにしましょう。例えば、「登録する」「購入する」「ダウンロードする」など、ユーザーにとって魅力的な選択肢を提示することが重要です。

また、ボタンのメッセージはユーザーに対して特典や利点をアピールするように工夫しましょう。ユーザーがどのようなメリットを得ることができるのかを明示することで、興味を引きやすくなります。例えば、「今すぐ無料で試す」「特別割引価格で購入する」などのように、ユーザーが得ることのできる価値を強調するメッセージを考えてみましょう。

さらに、ボタンのデザインも重要です。ボタンを大きくすることで目立ちやすくし、ユーザーがクリックしやすいように配慮しましょう。また、ボタンの色や形状もユーザーに意図を伝えるための要素として重要です。鮮やかな色や目立つ形状を選ぶことで、ユーザーの目を引きやすくなります。

ユーザーに伝わるアクションボタンのメッセージを工夫することで、CVR(コンバージョン率)の向上につなげることができます。ユーザーがボタンをクリックし、求めている情報や体験を手に入れることができるような魅力的なボタンを作成しましょう。

タップしやすさへの配慮!間隔を開けることの意義

スマホサイトを改善する際に重要なポイントの一つは、タップしやすさへの配慮です。スマホでは画面が小さく、指の大きさに比べてボタンやリンクが小さくなることがあります。そのため、ユーザーが正確にタップできるようにするためには、ボタンやリンクの間隔を十分に開ける必要があります。例えば、隣り合ったボタンが近すぎると、間違ってタップしてしまう可能性が高くなります。間隔を開けることで、タップしやすさが向上し、ユーザーの操作性も向上します。

タップするエリアの大きさも重要!最低限88pxが目安

スマホサイトを改善するためには、タップするエリアの大きさも重要なポイントです。ユーザーがスムーズに操作できるようにするためには、タップしやすい領域を設ける必要があります。特に、指で操作するスマホの場合は、タップエリアが小さいと正確な操作が難しくなることがあります。そのため、タップ可能な領域は最低限88pxの大きさが目安とされています。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事ではCVR向上のためのスマホサイト改善のポイント10選を紹介しました。PCとスマホの操作感や画面の見せ方の違いを理解し、魅力的なコンテンツでユーザーの目を引きつけることが重要です。また、親指の範囲にタップしやすいボタンや申し込みのハードルを下げる工夫、電話からの申込みボタンの設置などが効果的です。さらに、入力項目を少なくし、ユーザーに伝わるアクションボタンのメッセージやタップしやすさへの配慮も必要です。最低限のタップするエリアの大きさを確保することも重要です。これらのポイントを実践することで、スマホサイトのCVR向上につながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました