「クロスデバイスとは知ってた?その意味とコンバージョン計測方法を解説!」

プロモーションと広告

クロスデバイスとは何か、そしてその意味とコンバージョン計測方法について解説します。

知らない手損ねる!クロスデバイスって何?

クロスデバイスとは、複数のデジタルデバイスを利用して行われるユーザーのオンライン活動を指します。具体的には、パソコン、スマートフォン、タブレットなどの異なるデバイスを使用して、ウェブサイトの閲覧や商品の購入などを行うことを指します。

クロスデバイスの特徴は、ユーザーが同じアクションやタスクを複数のデバイスで行えることです。たとえば、スマートフォンで商品の検索をし、パソコンで購入を行うことができます。これにより、ユーザーはより便利に、自分に合ったデバイスでオンライン活動を行うことができます。

クロスデバイスとマルチデバイスは似ていますが、微妙な違いがあります。マルチデバイスは、複数のデバイスを同時に使用して情報を共有したり、同じアプリケーションを同時に使用したりすることを指します。一方、クロスデバイスは、複数のデバイスを使って個別のオンライン活動を行うことを指します。つまり、マルチデバイスは同時に、クロスデバイスは個別にデバイスを使って活動するという違いがあります。

一つのデバイスだけじゃない、クロスデバイスとマルチデバイスの違い

一つのデバイスだけでなく、複数のデバイスを使って情報を閲覧することが増えてきました。その際によく使われる言葉が「クロスデバイス」と「マルチデバイス」ですが、実は微妙な違いがあります。

「クロスデバイス」とは、異なるデバイス間で連携して情報を共有することを指します。例えば、スマートフォンでウェブサイトを閲覧し、その後にパソコンで同じウェブサイトを開くと、閲覧したページや入力した情報が連携されていることがあります。一方、「マルチデバイス」とは、複数のデバイスを使って同時に情報を閲覧することを指します。例えば、タブレットでニュース記事を読みながら、スマートフォンでその記事について調べ物をする場合、複数のデバイスを同時に使っていることになります。

このように、クロスデバイスとマルチデバイスは似ているようで異なる概念です。クロスデバイスはデバイス間の連携、マルチデバイスは同時に複数のデバイスを使うことを意味しています。マーケティングや広告の観点から見ると、クロスデバイスの方が注目されており、複数のデバイスを使っているユーザーに対して的確な情報を提供することが求められています。

クロスデバイスの活用でできること、増えるメリット

デバイスの普及により、ユーザーのインターネット利用は多様化しています。そんな中、一つのデバイスだけに依存するのではなく、複数のデバイスを利用するケースが増えてきました。このようなユーザーの利用環境を考慮することで、クロスデバイスの活用により様々なメリットが得られます。

まず、広告の成果を確認する新手法が可能となります。従来の方法では、ユーザーが広告をクリックしたり、購入したりする際に使用するデバイスでしか広告の成果を測ることはできませんでした。しかし、クロスデバイスを利用することで、ユーザーが広告を閲覧したデバイスと実際のアクションを起こしたデバイスを関連付け、広告の成果をデバイスをまたいで分析することができます。

さらに、クロスデバイスの活用により、広告の成果を最大化することができます。例えば、ユーザーがスマートフォンで広告を見て、後でパソコンで購入するケースがあります。クロスデバイスを利用することで、スマートフォンで閲覧した広告をパソコン上で再ターゲティングすることができ、ユーザーの関心を引き続き引きつけることができます。

以上のように、クロスデバイスの活用には広告の成果を確認する新手法を提供し、広告の成果を最大化するという2つのメリットがあります。特に、BtoCサービスを提供する企業にとっては、クロスデバイスへの対応が必須となっています。多くのユーザーが複数のデバイスを利用しており、特にスマートフォンの普及により、クロスデバイスの重要性が増しています。

広告の成果を確認する新手法、デバイスをまたいだ分析

クロスデバイスとは、ユーザーが複数のデバイス(スマートフォン、パソコン、タブレットなど)を使ってインターネットにアクセスすることを指します。さらに、クロスデバイスはマルチデバイスとは異なり、同じユーザーが複数のデバイスを切り替えながら使うことを示しています。
このクロスデバイスを理解することで、広告の成果を確認し最適な戦略を立てるための新しい手法が生まれました。デバイスをまたいだ分析によって、ユーザーの行動や購買パターンを把握することができるのです。
たとえば、パソコンで広告を見た後にスマートフォンで商品を購入するようなケースがあるかもしれません。このようなデバイスを跨いだ行動を把握することで、ユーザーのジャーニーを正確に把握し、広告の効果を最大化することができます。
デバイスをまたいだ分析は、トラッキング技術を駆使して行われます。ユーザーが異なるデバイスでアクセスした際に、その履歴を一元的に管理し分析することが求められます。さらに、クロスデバイスの計測にはクッキーやログイン情報など、ユーザーを特定する方法が必要です。
広告主にとってクロスデバイスの分析は、広告のROI(投資収益率)を正確に把握するための重要な手法です。効果的な広告戦略を立てるためにも、デバイスをまたいだ分析は欠かせません。

広告の成果を上げる秘密、デバイスをまたいだ活用方法

デバイスをまたいだ広告の活用方法には、いくつかのポイントがあります。まずは、ユーザーが複数のデバイスを利用していることを前提に、各デバイスごとに最適な広告を配信することが重要です。たとえば、スマートフォンでは縦長の画像広告が効果的である一方、パソコンでは横長の広告が目立ちやすいです。また、特定のデバイスで商品を閲覧したユーザーに対しては、他のデバイスでも関連商品の広告を表示することによって、購買意欲を高めることが可能です。さらに、各デバイス間でセッションを繋げるために、クッキーを活用したトラッキングやログイン情報の共有なども効果的です。

BtoCサービスにおいて、クロスデバイス対応は非常に重要です。なぜなら、最近では多くのユーザーが複数のデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)を使用してインターネットを利用しているからです。実際、調査によると約55%のユーザーが複数のデバイスを使用しています。そのため、ユーザーの行動や傾向を正確に把握するためには、複数のデバイスでの行動をトラッキングする必要があります。

また、特にBtoCサービスにおいてはクロスデバイス対応が必要不可欠です。なぜなら、ユーザーが複数のデバイスを利用して商品やサービスを探し、購入する場合が多いからです。例えば、スマートフォンで商品を検索し、タブレットで比較検討をし、最終的にパソコンで購入するという流れが一般的です。そのため、各デバイスでの広告やマーケティング活動を連携させ、ユーザーの動向を把握することが重要です。

クロスデバイス対応を実現するためには、クロスデバイスコンバージョンの計測方法を用いることが効果的です。これは、ユーザーが複数のデバイスを使用して行動した際に、その行動の結果を一元的に把握することができます。例えば、特定の広告をスマートフォンでクリックした後に、タブレットで商品を購入するという場合、クロスデバイスコンバージョンの計測により、この行動の成果を正確に把握することができます。さらに、クロスデバイスコンバージョンを最大化するためには、各デバイスでの広告やコンテンツの一貫性を保つことが重要です。

現状を知ろう!多くのユーザーが複数デバイス利用中

現代のデジタル時代において、私たちは様々なデバイスを利用しています。スマートフォン、タブレット、パソコンなど、私たちの生活におけるデバイスの選択肢はますます広がっています。実際、調査によると、55%のユーザーが複数のデバイスを使用しているという結果が出ています。

これは非常に興味深いデータです。ユーザーが複数のデバイスを使用していることは、私たちマーケターにとって大きな意味を持ちます。なぜなら、ユーザーが複数のデバイスを利用しているため、私たちの広告やマーケティング活動が効果的かどうかを正確に把握することが難しくなっているからです。

もし私たちが、ユーザーがどのデバイスを使用して広告を見たり、購入を行ったりしているのかを正確に把握できれば、マーケティング戦略をより効果的に立案することができます。しかし、現在の従来の方法では、デバイスをまたいで広告の成果を確認することは非常に困難です。

このような現状において、クロスデバイスが注目されています。クロスデバイスは、ユーザーが複数のデバイスを利用していることを考慮し、広告の成果を正確に把握するための手法です。クロスデバイスによる広告の成果の分析は、私たちマーケターにとって非常に重要な課題です。

次回は、クロスデバイスの具体的な活用方法や広告の成果を計測するための手法について詳しく解説していきます。

必ず知っておきたい、特に対応が求められるサイトの特徴

クロスデバイス対応を考える上で特に重要なのは、サイトのユーザーエクスペリエンスを向上させることです。ユーザーが複数のデバイスを使ってサイトにアクセスする場合、スムーズな操作と情報の共有が求められます。そのため、レスポンシブデザインやモバイルフレンドリーなページ作りが必要です。また、ユーザーがデバイスを切り替えても、セッションやログイン情報が引き継がれることも重要です。これにより、ユーザーは継続してサイトを利用することができ、ストレスなく情報を確認や購買に至ることができます。さらに、デバイスをまたいで分析ができるように、デバイス間の情報連携を強化する必要があります。これにより、ユーザーの行動履歴やコンバージョンデータを正確に把握し、効果的な広告配信や改善施策を行うことができます。

クロスデバイスコンバージョン、その意味とは

クロスデバイスコンバージョンとは、ユーザーが複数のデバイスを使って行うコンバージョンのことを指します。例えば、スマートフォンで商品を検索し、パソコンで購入する場合、スマートフォンからパソコンへのデバイスの切り替えが行われることになります。このように、複数のデバイスを利用して行われるコンバージョンをクロスデバイスコンバージョンと呼びます。

結果を出すための具体的手法、クロスデバイスコンバージョンの計測方法

クロスデバイスコンバージョンの計測方法は、いくつかの手法があります。まずは、Cookieを利用した計測方法が一般的です。これは、ユーザーがサイトにアクセスする際に設置されるCookieによって、ユーザーの行動履歴が記録されます。このCookieを利用して、ユーザーがデバイスを変えても同一のユーザーとして認識することができます。次に、デバイスIDを利用した計測方法もあります。これは、ユーザーがアプリをダウンロードしたり、デバイスにログインしたりする際に発行されるデバイス固有のIDを利用して、ユーザーを識別します。また、GPSやBluetoothなどの位置情報を利用する方法もあります。これは、ユーザーの位置情報を取得して、それを元にデバイスを変えても同一のユーザーとして認識することができます。これらの計測方法を組み合わせることで、より正確なクロスデバイスコンバージョンの計測が可能です。

さらに広告の成果をあげるための工夫、クロスデバイスコンバージョンを最大化する方法

クロスデバイスコンバージョンを最大化するには、ユーザーのデバイスをまたいでシームレスな体験を提供することが重要です。具体的には、以下の方法が効果的です。
1. 一貫性のあるデザインとユーザーエクスペリエンス:デバイスごとに異なるデザインや操作性は、ユーザーのストレスを引き起こし、コンバージョン率を低下させる原因となります。サイトやアプリのデザインを統一し、シームレスな体験を提供しましょう。
2. ユーザーの登録やログイン情報の共有:ユーザーが複数のデバイスを使用している場合、ログイン情報や登録情報の入力を繰り返す必要があります。これはユーザーの嫌悪感を引き起こし、離脱率を上げる原因となります。ユーザーのログイン情報や登録情報をデバイス間で共有できる機能を導入しましょう。
3. マルチチャネル広告の活用:ユーザーが複数のデバイスを使いながら広告に触れることは珍しくありません。そのため、クロスデバイスコンバージョンを最大化するためには、マルチチャネル広告を活用することが重要です。例えば、デバイスをまたいで広告を出稿したり、デバイスをまたいでターゲットユーザーにリマーケティング広告を配信することが効果的です。
4. 中途半端な状態の予防:ユーザーがデバイスをまたぐ際に、中途半端な状態になることは避けるべきです。例えば、買い物カートに商品を追加した状態でデバイスを変更すると、カートの中身がリセットされてしまうといった状態です。このような問題を解消するために、セッションをデバイス間で共有し、継続して作業ができるようにしましょう。
これらの工夫をすることで、ユーザーがデバイスをまたいでも、広告の成果を最大化することができます。クロスデバイスコンバージョンの重要性を理解し、効果的な施策を取り入れてください。

この記事のまとめ

この記事では、クロスデバイスとは何か、その違いや活用方法、必要性、コンバージョン計測方法について解説しました。クロスデバイスは、一つのデバイスだけでなく複数のデバイスを活用した広告の成果を確認する手法です。特にBtoCサービスにおいては、多くのユーザーが複数のデバイスを利用しており、クロスデバイス対応が求められます。クロスデバイスコンバージョンとは、広告の成果を最大化するための手法であり、具体的な計測方法や最大化するための工夫についても解説しました。クロスデバイスの活用は、広告効果の最適化につながりますので、ぜひ活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました