オフラインコンバージョンの驚きのメリットと手順まとめ

プロモーションと広告

オフラインコンバージョンって何?

オンラインコンバージョンとオフラインコンバージョンの違い

オフラインコンバージョンを活用すれば何ができるの?

お客様の行動を知って、より良い販売方法へ

WEB広告の戦略を見直すための材料に

広告の質を高める助けになる

オフラインコンバージョンとして設定が可能な3つのアクション

お店に訪れてくれたお客様

電話による問い合わせ

実際の店舗での商品購入

WEBマーケティングでオフラインコンバージョンが計測できるもの

オフラインコンバージョンの計測方法ついて

オフラインコンバージョン計測の手続き

Google広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順

Yahoo!検索広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順

Facebook・Instagram広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順

オフラインコンバージョン設定の際に注意すること

正確な計測のためにはエラーのない顧客データが必要

オンライン・オフラインのコンバージョン設定による計測エラー

検討期間が長い商品については計測漏れに注意

オフラインコンバージョンって何?

オフラインコンバージョンとは、オンラインで行った広告やマーケティング活動が、実際の店舗や電話での問い合わせ、商品の購入など、オフラインのアクションにつながることを指します。つまり、インターネット上での広告をきっかけに実際の行動を起こしてくれるお客様を指すのです。例えば、ウェブサイトやSNS上の広告からお店に足を運んでくれたり、電話で問い合わせしてくれたりすることがオフラインコンバージョンになります。オフラインコンバージョンの計測は、オンラインの広告効果だけでなく、実際の売上や顧客接触の向上にも繋がります。

オンラインコンバージョンとオフラインコンバージョンの違い

オンラインコンバージョンとは、ウェブサイトやアプリ上での顧客のアクションを計測し、その結果をデータ化することです。一方、オフラインコンバージョンとは、顧客がオンライン外で行ったアクション(例:店舗訪問、電話問い合わせ、商品購入)を計測することです。つまり、オンラインコンバージョンは主にウェブ上のデータに基づいているのに対し、オフラインコンバージョンは現実の行動に焦点を当てています。

オフラインコンバージョンの活用には、いくつかのメリットがあります。まず、お客様の行動をより詳しく知ることができます。例えば、来店したお客様の購買プロセスや行動履歴を把握することで、より良い販売方法や接客方法につなげることができます。また、オフラインコンバージョンデータはWEB広告の戦略を見直すための重要な材料となります。想定しているターゲットと実際の来店者との差を分析し、広告戦略をPDCAサイクルで改善することができます。さらに、オフラインコンバージョンのデータを活用することで広告の質を高めることができます。例えば、WEB広告の自動入札を行う際に、精度の高いデータを用いることで入札単価やターゲティングを最適化することが可能です。

お客様の行動を知って、より良い販売方法へ

オフラインコンバージョンを活用する最大のメリットは、お客様の行動を把握することで、より効果的な販売方法を見つけることができる点です。例えば、オフラインコンバージョンの計測を通じて、お客様が実際に店舗を訪れたり、電話で問い合わせたり、商品を購入したりする行動がわかるようになります。これにより、どのような広告やマーケティング施策が顧客を魅了し、行動に繋がっているのかを把握することができます。そのデータを分析することで、購買プロセスを最適化し、より効果的な広告戦略を立てることができます。また、WEB広告の想定ターゲットと実際の来店者の差を分析することもできます。これにより、広告のPDCAを回すことができ、広告の質を高めることができます。さらに、オフラインコンバージョンを活用することで、WEB広告の自動入札の精度を高めることもできます。入札単価やターゲティングを最適化し、より効果的な広告運用を行うことができます。

WEB広告の戦略を見直すための材料に

オフラインコンバージョンを活用することで、WEB広告の戦略を見直すための重要な材料を得ることができます。例えば、お客様の行動を知ることで、より良い販売方法を導き出すことができます。具体的には、来店者の行動データを分析し、どのような広告が来店に繋がりやすいのかを把握することができます。また、WEB広告の想定ターゲットと実際の来店者の間に差がある場合も、それを分析し広告戦略をPDCAサイクルで改善することが可能です。さらに、オフラインコンバージョンのデータを活用することで、Web広告の自動入札の精度を高めることもできます。これにより、効果的な入札単価やターゲティングを設定し、広告のパフォーマンスを最大化させることができます。

広告の質を高める助けになる

オフラインコンバージョンの設定は、広告の質を高める上で非常に役立ちます。具体的なオフラインコンバージョンのデータを取得することで、顧客行動を把握し、購買プロセスの最適化を行うことができます。例えば、お店に訪れてくれたお客様のデータを収集することで、どのような広告から来店したのか、どの商品に興味を持ったのかといった情報を得ることができます。また、WEB広告の想定ターゲットと実際の来店者の差を分析することも可能です。これにより、広告戦略をPDCAサイクルで改善し、広告の効果を最大限に引き出すことができます。

オフラインコンバージョンとして設定が可能な3つのアクション

オフラインコンバージョンとして設定が可能な3つのアクションは、お店に訪れてくれたお客様、電話による問い合わせ、実際の店舗での商品購入です。これらのアクションは、オフラインで行われるため、従来のオンラインコンバージョンとは異なります。お店に訪れてくれるお客様は、製品やサービスに興味を持っている可能性が高いため、購買意欲が高まっています。電話による問い合わせも、具体的な商品やサービスに対する質問や価格交渉など、購買意欲が高まった状態で行われることが多いです。実際の店舗での商品購入は、お客様が製品やサービスに満足していることを示す重要なアクションです。

お店に訪れてくれたお客様

オフラインコンバージョンを活用する最も一般的な方法の1つは、お店に訪れてくれたお客様の行動を計測することです。この方法を使用すると、実際に店舗に足を運んでくれた顧客の数や行動を把握することができます。

例えば、あなたが運営するファッションブランドの店舗に訪れたお客様の数や、各お客様がどのような商品を見たり試着したりしたかを把握することができます。これにより、お客様の嗜好や購買傾向を把握し、より効果的な販売方法を考えることができます。

また、オンライン広告と連動させることで、お店に訪れたお客様とインターネット広告のクリックや表示回数を関連付けることができます。これにより、お客様の行動と広告の成果を正確に評価し、広告戦略の改善やPDCAサイクルを回すことができます。

電話による問い合わせ

オフラインコンバージョン計測の重要なポイントとして、電話による問い合わせがあります。オフラインでの店舗やサービスに興味を持った顧客は、電話を通じて直接問い合わせることがあります。電話による問い合わせも、オフラインコンバージョンとして計測することが可能です。顧客が電話で商品やサービスの詳細について尋ね、最終的に購入に至る場合、このコンバージョンパスは非常に重要な情報となります。オフラインコンバージョン計測では、顧客が電話連絡をした時点でコンバージョンが成立したとみなされます。ただし、電話による問い合わせを計測するためには、適切なトラッキング方法を使用する必要があります。

実際の店舗での商品購入

オフラインコンバージョンを活用する最大のメリットは、実際の店舗での商品購入を計測することができる点です。顧客がオンライン広告を見て店舗に来店し、商品を実際に購入するまでの経過を追跡することができます。

例えば、ある広告を見た顧客が実店舗に足を運び、商品を購入した場合、オフラインコンバージョンの数値が増えます。これにより、広告の効果が直接的に把握でき、その成果を評価することができます。

また、オフラインコンバージョンの計測により、顧客の行動パターンや購買プロセスを深く理解することができます。顧客がどのような商品を購入するのか、どのような広告を見て店舗に来店するのか、といった情報を得ることで、より効果的な広告戦略を構築することができます。

WEBマーケティングでオフラインコンバージョンが計測できるもの

オフラインコンバージョンを計測するためには、いくつかのWeb媒体が利用できます。まずは、Google広告です。Google広告を使用することで、お店に訪れたお客様や電話で問い合わせたお客様、実際の店舗で商品を購入したお客様の情報を計測することができます。

次に、Yahoo!検索広告もオフラインコンバージョンの計測に活用できます。来店者や電話での問い合わせ、実店舗での商品購入など、さまざまなアクションを計測することができます。

さらに、FacebookやInstagram広告もオフラインコンバージョンの計測に役立ちます。これらの広告媒体を活用することで、来店によるコンバージョンや電話による問い合わせ、実際の店舗での商品購入など、さまざまなアクションを計測することができます。

これらのWeb媒体をうまく組み合わせることで、オフラインコンバージョンを効果的に計測することができます。この計測結果をもとに、マーケティング戦略の最適化や広告の効果測定を行うことができるでしょう。

オフラインコンバージョンの計測方法ついて

オフラインコンバージョンを計測するためには、顧客の行動をトラッキングする必要があります。これにはいくつかの方法があります。まずは、顧客が実店舗に訪れた場合の計測方法です。実店舗に専用のトラッキングシステムを導入し、顧客の行動を確認することで、オフラインコンバージョンを計測することができます。また、電話による問い合わせの場合も、専用のトラッキングシステムを導入することで、オフラインコンバージョンを計測できます。さらに、実際の店舗での商品購入の場合も、購入データをトラッキングし、オフラインコンバージョンを計測することができます。

オフラインコンバージョン計測の手続き

オフラインコンバージョンを計測するためには、特定の手続きが必要です。まず、計測したいオフラインコンバージョンの種類に合わせて、適切なWeb媒体を選択します。例えば、Google広告は来店コンバージョンや電話コンバージョンを計測することができます。次に、計測に必要な顧客データをインポートします。顧客データは、顧客の氏名や連絡先情報などを含みます。これにより、オフラインの顧客行動をオンラインで追跡することが可能となります。最後に、計測用のタグやコードを設置し、データの収集を開始します。これにより、オフラインのコンバージョンデータを正確に計測することができます。

Google広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順

Google広告を使ったオフラインコンバージョンの計測方法は以下の手順で行われます。

まず最初に、Google広告アカウントにログインし、管理画面を開きます。
次に、左側のメニューから「ツール」→「計測」→「コンバージョン」の順に進みます。
その後、「新しいコンバージョン」ボタンをクリックし、計測したいオフラインコンバージョンのタイプを選択します。
例えば、売上の計測を行いたい場合は「実店舗での売上」を選択します。
次に、必要な情報を入力し、計測タグを作成します。
作成した計測タグをウェブサイトの特定のページに配置します。
最後に、オフラインでのコンバージョンが発生した場合、その情報をGoogle広告にインポートします。

以上がGoogle広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順です。これにより、オフラインのコンバージョンも正確に計測することが可能となります。

Yahoo!検索広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順

Yahoo!検索広告を使用してオフラインコンバージョンを計測する手順を説明します。

まず、Yahoo!検索広告のアカウントにログインし、「キャンペーン」タブに移動します。

次に、「設定」の項目をクリックし、「コンバージョン計測」を選択します。

「コンバージョン計測」のページで、「新しいコンバージョン」ボタンをクリックします。

「新しいコンバージョン」画面で、「コンバージョンの詳細」を入力し、「オフラインコンバージョン」を選択します。

次に、「コンバージョンの送信方法」を選択します。オフラインコンバージョンの場合は、「タグによる自動計測」ではなく、「手動でアップロード」を選択します。

そして、「頻度」と「データ形式」を選択します。「頻度」はオフラインコンバージョンの発生頻度に合わせて選択し、「データ形式」はデータの形式に応じて選択します。

最後に、「コンバージョンを作成」ボタンをクリックして設定を完了します。

これで、Yahoo!検索広告を使ったオフラインコンバージョンの計測が設定されました。

Facebook・Instagram広告を使ったオフラインコンバージョン計測の手順

FacebookとInstagramは、オフラインコンバージョンの計測に非常に役立つツールです。では、具体的にどのように計測を行うのでしょうか?まず、Facebook広告マネージャーにアクセスし、イベントマネージャーを開きます。次に、ツールセットの中の「オフラインコンバージョン」という項目をクリックします。利用規約を確認し、同意後、イベントセットアップを行います。

ここで、特定のオフラインコンバージョンを計測するために必要な情報を入力します。具体的には、計測対象となるコンバージョンイベントを選択し、顧客データセットをアップロードします。このデータセットには、特定のアクションを完了した顧客の情報が含まれています。アップロードが完了したら、顧客データを確認して正確性を確保してください。

そして、広告セットで「オフラインイベントセット」を選択し、インポートした顧客データセットを選択します。設定が完了したら、広告を作成してキャンペーンを開始します。

これで、Facebook・Instagram広告を使ったオフラインコンバージョンの計測が完了しました。これにより、実際に店舗に足を運んだり、電話で問い合わせたりした顧客の行動を把握することができます。それにより、より効果的な広告戦略を立てることができます。

オフラインコンバージョン設定の際に注意すること

オフラインコンバージョンを正確に計測するためには、エラーのない顧客データが必要です。顧客データのインポート時に入力ミスがあると、正確な計測ができなくなる可能性があります。特に、お客様の名前や連絡先などの情報が間違っていると、コンバージョンの追跡ができなくなってしまいます。そのため、データの入力や確認作業は丁寧に行うことが重要です。

また、オンラインとオフラインのコンバージョンを設定する際にも注意が必要です。設定の方法やタグの配置次第で、計測エラーが発生する可能性があります。例えば、オフラインのコンバージョンをオンラインと同じタグに設定してしまうと、正確な計測ができなくなります。それぞれのコンバージョンに合った設定を行うことで、正確なデータを取得できるようにしましょう。

さらに、検討期間の長い商品についても注意が必要です。お客様が商品を検討した後、実際に購入するまでの期間が長い場合、計測漏れが発生する可能性があります。このような場合は、検討期間や追跡の期間を適切に設定することで、より正確な計測ができるようになります。

正確な計測のためにはエラーのない顧客データが必要

オフラインコンバージョンを正確に計測するためには、エラーのない顧客データが必要です。顧客データに誤りや欠損があると、正確な計測ができなくなります。例えば、顧客の連絡先情報や購買履歴などのデータに間違いがあると、実際にオフラインでのコンバージョンが発生しても正しく計測されない可能性があります。

オンライン・オフラインのコンバージョン設定による計測エラー

オフラインコンバージョンの計測には、オンラインとオフラインのデータを正しく統合する必要があります。しかし、設定にミスがあると計測エラーが発生する可能性があります。例えば、オンラインでのコンバージョンとオフラインでのコンバージョンを同じ設定にした場合、データの集計に偏りが生じ、正確な計測ができなくなります。また、長期間の検討が必要な商品やサービスの場合、オフラインでのコンバージョンが漏れてしまう可能性もあります。オンライン・オフラインのコンバージョンを正確に計測するためには、設定の際に細心の注意が必要です。

検討期間が長い商品については計測漏れに注意

オフラインコンバージョンの計測では、検討期間の長い商品については注意が必要です。これは、顧客が商品を購入するまでに時間をかけるため、計測漏れが生じる可能性があるからです。顧客が商品を検討し、情報を集め、競合他社の商品と比較検討する時間が長いほど、オフラインコンバージョンの計測漏れが発生するリスクが高まります。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事ではオフラインコンバージョンの驚きのメリットと手順について紹介しました。オフラインコンバージョンとは、オンラインコンバージョンとの違いや、その活用方法について解説しました。オフラインコンバージョンでは、お客様の行動を知ることでより良い販売方法を見つけたり、WEB広告の戦略の見直しや広告の質の向上に役立ちます。さらに、オフラインコンバージョンとして設定が可能な3つのアクションや、WEBマーケティングでオフラインコンバージョンを計測できるものについてもご紹介しました。オフラインコンバージョンの計測方法や手続き、設定時の注意点についても詳しく解説しました。正確な計測のためにはエラーのない顧客データが必要であり、オンライン・オフラインのコンバージョン設定による計測エラーや検討期間が長い商品に注意が必要です。是非、オフラインコンバージョンの活用方法を学んで、効果的なマーケティングに役立ててみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました