企画のポイント|イベント開催で成功するための考え方や事例を具体的に紹介

プロモーションと広告

企画のポイント|イベント開催で成功するための考え方や事例を具体的に紹介、成功するイベント企画の基礎知識、イベント企画に必要な3つの基本要素、目標者層を明確に設定する、イベントで得られる具体的な成果を伝える、シンプルなイベント構成を心掛ける、様々なイベント形式、イベントの種類とその特徴、イベント企画から開催までの手順、イベントの目的とコンセプトを決定する、イベントの日時と会場を決める、プロモーションと告知活動を行う、イベントの具体的な準備を始める、実際にイベントを開催する、成功するイベント企画の実例紹介、子ども向けイベント:セブンパークアリオ柏の体験型戦国イベント、大人向けイベント:新宿まちフェス2017のマルイハロウィン×ゴジラステージ、婚活イベント:東関交通の「恋するバスコン」、文化体験イベント:エーザイの「Tokyo 1day Tour」、社内イベント:ANAグループの入社式2018、おすすめのイベント企画サポート企業、イベント21、Doorkeeper、OTO、ニッセイエブロ、電通西日本。この記事を読めば、イベント企画の基礎から様々なイベント形式、実際の開催までの手順、成功したイベントの事例、さらにはおすすめのイベント企画サポート企業まで、全てが分かります。

成功するイベント企画の基礎知識

イベントを成功させるためには、いくつかの基本的なポイントを抑える必要があります。まず、「目標者層を明確に設定する」ことが重要です。イベントの目的や内容に合わせて、ターゲットとなる人たちを具体的に設定しましょう。次に、「イベントで得られる具体的な成果を伝える」ことも重要です。参加者に何を得てもらいたいのかを明確に伝えることで、参加意欲を高めることができます。そして、「シンプルなイベント構成を心掛ける」ことも大切です。余計な要素を省き、参加者がわかりやすく楽しめるイベントを企画しましょう。

イベント企画に必要な3つの基本要素

成功するイベントを企画するためには、3つの基本的な要素を押さえることが重要です。

まず、目標者層を明確に設定することです。ターゲットを絞り込むことで、より効果的なアプローチが可能になります。例えば、若い女性を対象にしたファッションイベントならば、若年層に響く展示やトークセッションを準備することが必要です。

次に、イベントで得られる具体的な成果を伝えることです。参加者にどのようなメリットがあるのかを明確に伝えることで、参加のモチベーションを高めることができます。例えば、セミナーやワークショップなどの知識・スキル向上が得られるとアピールすることで、専門性の高い参加者を集めることができます。

最後に、シンプルなイベント構成を心掛けることです。参加者の時間やエネルギーは限られているため、シンプルでわかりやすく、効果的な企画を考えることが大切です。イベントの目的に合わせて、効率的なプログラムやタイムテーブルを作成しましょう。

1. 目標者層を明確に設定する

イベントを成功させるためには、まず目標者層を明確に設定することが重要です。どのような人々にとって魅力的なイベントなのか、しっかりと把握しましょう。

例えば、子ども向けのイベントであれば、対象年齢や性別、興味や関心を持っていることなどを考慮し、具体的なプランやコンテンツを構築する必要があります。同様に、大人向けや婚活イベントなども、ターゲットの年齢層や関心事に合わせた企画を行うことが求められます。

目標者層を明確に設定することで、参加者との共感や一体感を生み出し、イベントの満足度や成果を高めることができます。

2. イベントで得られる具体的な成果を伝える

イベントを開催する目的は何でしょうか?参加者に楽しい時間を提供することはもちろん重要ですが、同時に具体的な成果も伝えることが大切です。例えば、商品の認知度を上げたり、売り上げを伸ばしたり、新たな顧客を獲得したりすることができます。イベントの企画段階で、具体的な成果や目標を明確に設定し、参加者に伝えることが重要です。また、イベント後にはアンケートなどを実施し、成果を確かめることもおすすめです。具体的な成果を伝えることで、参加者にイベントの価値を実感してもらい、次回の参加意欲を高めることができます。

シンプルなイベント構成を心掛ける

成功するイベントを企画するためには、シンプルなイベント構成を心掛けることが重要です。参加者が迷いなくイベントを楽しめるように、イベントの流れや内容を分かりやすく整理しましょう。余計な要素を省き、必要な情報や体験に絞ることで、参加者がイベントをより深く理解しやすくなります。

例えば、説明や案内などの文字情報は最小限に抑え、ビジュアルや音声などを活用すると効果的です。また、イベントの時間配分もバランス良く行い、参加者がイベント全体を通して飽きることなく楽しめるように工夫しましょう。シンプルなイベント構成は、参加者にとってストレスを最小限に抑え、イベントを心地よく体験できる環境を作り出すことができます。

様々なイベント形式

イベント企画において、いくつかの異なる形式が存在します。ここでは、成功するイベントを開催するためのいくつかの形式を紹介します。

まず、セミナーや講演会は一般的なイベント形式です。専門知識や情報を提供することで、参加者に学びの機会を提供します。講師やパネリストを招いて、専門的な話題やトレンドについて議論することが多いです。

次に、展示会やフェアも人気のある形式です。企業や団体がブースを出展し、自社の商品やサービスを紹介する機会を提供します。参加者は様々なブースを回り、商品やサービスを比較検討することができます。

さらに、ワークショップや体験イベントも注目を集めています。参加者は実際に何かを作ったり、体験したりすることで新たな感覚やスキルを身につけることができます。手作りクラフトや料理教室などが好まれます。

他にも、コンサートやライブといったエンターテイメントイベントや、スポーツ大会やフェスティバルといった大規模なイベントもあります。参加者に感動や興奮を与えることで、特別な思い出を作ることができます。

イベント企画では、企画の目的やターゲット層に合わせて最適な形式を選ぶことが重要です。参加者にとって魅力的で楽しいイベントを提供することで、成功する企画を実現しましょう。

イベントの種類とその特徴

イベントは、目的や内容によって様々な種類があります。ここでは、代表的なイベントの種類とその特徴を紹介します。

1. コンサート:有名アーティストのライブパフォーマンスを楽しむことができます。大規模な会場で行われることが多く、熱狂的な雰囲気が特徴です。

2. フェスティバル:音楽や食べ物、アートなど、さまざまなエンターテイメントが一つの場所で楽しめます。多くの人が集まるため、交流の場にもなります。

3. 展示会:製品やサービスを一般に公開する場です。新商品の発表や商談の場として利用されることがあります。

4. ワークショップ:専門家が知識や技術を教える場です。参加者は実際に手を動かして学ぶことができます。

5. セミナー:特定のテーマについて講演やディスカッションが行われる場です。知識の共有や情報交換が目的です。

6. パーティー:誕生日や結婚式など、特別なイベントを祝うために開かれる場です。友人や家族と楽しむことができます。

7. スポーツイベント:スポーツ競技の観戦や体験ができるイベントです。プロの試合やアマチュアの大会など、様々な形態があります。

8. チャリティイベント:社会貢献やチャリティ活動を目的としたイベントです。募金やボランティア活動などが行われます。

これらのイベントは、目的や参加者のニーズに合わせて企画されます。成功するイベントを開催するためには、それぞれの特徴や要素を理解し、効果的な企画を立てることが大切です。

イベント企画から開催までの手順

イベントを開催するにあたり、成功するためには以下の5つのステップを行ってください。
1. イベントの目的とコンセプトを決定する:まずはイベントの目的やコンセプトを明確にしましょう。どんな体験を提供するのか、どんなメッセージを伝えるのか、イベントのテーマやスタイルを決めます。
2. イベントの日時と会場を決める:次にイベントの日時と会場を決めましょう。参加者が参加しやすい日程やアクセスの良い会場を選ぶことが大切です。
3. プロモーションと告知活動を行う:イベントを成功させるためには、適切なプロモーションと告知活動が必要です。SNSやウェブサイト、チラシなどを活用して、参加者にイベントの魅力や情報を発信しましょう。
4. イベントの具体的な準備を始める:イベント当日に向けての具体的な準備を始めましょう。必要な備品や装飾品、スタッフやボランティアの手配など、細かな部分まで計画を立てましょう。
5. 実際にイベントを開催する:最後に、計画したイベントを実際に開催しましょう。参加者が楽しめるように心掛けながら、スケジュールや進行を管理し、トラブルが起きないように注意しましょう。

1. イベントの目的とコンセプトを決定する

イベントを成功させるためには、最初に明確な目的とコンセプトを設定することが重要です。イベントの目的は、参加者に何を提供するのか、何を伝えたいのかを明確にすることです。例えば、商品の販促イベントならば、商品の魅力を伝えたり、購買促進を図ることが目的となります。一方、社内イベントならば、従業員のモチベーション向上やチームビルディングを目的とすることが多いです。また、イベントのコンセプトは、目的に沿ったテーマやメッセージを設定することです。例えば、エコ志向のイベントならば、環境保護をテーマにしたり、持続可能な未来を提案するメッセージを発信することがコンセプトとなります。目的とコンセプトを明確にすることで、イベントの準備や実施の方向性が定まり、成功への道筋が見えてきます。

2. イベントの日時と会場を決める

イベントを成功させるためには、適切な日時と会場を選定することが重要です。まずは、目的やターゲット層に合った日時を選びましょう。例えば、学生をターゲットにするならば週末や学校が休みの日を選ぶのが良いでしょう。一方、ビジネスパーソンが参加するイベントの場合は、平日夜や休日の午後など、時間帯も考慮する必要があります。

また、会場もイベントの成功に大きく影響します。人数やコンセプトに合った会場を選ぶことが大切です。会場の広さや設備、アクセスなど様々な要素を考慮しましょう。会場の選定にあたっては、見学や試し利用をすることで、実際の雰囲気を確認することができます。

イベントの日時と会場選びは、参加者の利便性やイベントの目的に合わせて慎重に行う必要があります。適切な選定をすることで、参加者の満足度を高め、イベントの成功に繋げることができます。

3. プロモーションと告知活動を行う

イベントの成功には、適切なプロモーションと告知活動が欠かせません。目標者層にアプローチするためのメディアや広告手法を選ぶことが重要です。SNSを活用することもおすすめです。例えば、FacebookやTwitterを使用してイベントの情報を発信し、参加者とのコミュニケーションを図ることができます。また、イベントに関連するブログやウェブサイトに広告を出稿することも有効です。さらに、イベントのスポンサーシップを募集することで、広告費用を削減することも可能です。プロモーションと告知活動は、イベントの成功に直結する重要な要素なので、計画的かつ効果的に行うことが必要です。

4. イベントの具体的な準備を始める

イベントの具体的な準備を始める際には、まずはイベントの内容やテーマに合わせたプランを作成しましょう。参加者にとって魅力的なイベントにするために、プランの内容やコンテンツを工夫することが大切です。また、会場や設備の手配も忘れずに行いましょう。イベントが開催される場所や設備が適切であるかどうかは、参加者の満足度にも大きく関わってきます。さらに、イベントの運営に必要なスタッフやボランティアの募集・配置も忘れずに行いましょう。イベントの円滑な運営のためには、十分な人員が必要です。準備段階でのチームの組織や役割分担を明確にし、スタッフやボランティアがイベント当日にスムーズに動けるようにしましょう。さらに、イベントのプロモーションや告知活動もお忘れなく。イベントの魅力や特徴を伝えるために、効果的な広報活動を行うことが重要です。SNSやウェブサイト、チラシなど、様々な手段を活用し、多くの人々にイベントの存在を知ってもらいましょう。

5. 実際にイベントを開催する

イベントを開催するには、まずはイベントのスケジュールを立てる必要があります。イベントの日時や場所を決定し、会場の予約を行います。また、イベントの内容に応じて必要な設備や備品の手配も行います。具体的な準備には、会場のセッティングやデコレーション、音響や照明のセッティングなどが含まれます。

イベント当日には、事前に決めたスケジュールに従って進行します。イベントの開始前には、参加者への案内や受付を行います。イベント中には、司会進行やプログラムの実施、ゲストスピーカーのパフォーマンスや講演などを行います。また、参加者とのコミュニケーションを大切にすることも重要です。イベントの終了後には、参加者へのお礼のメッセージやアンケートの実施を行い、改善点を把握することも必要です。

成功するイベントを開催するためには、スムーズな運営と参加者の満足度が求められます。準備段階での細かな気配りやチームの連携、トラブルへの即座の対応なども大切です。イベントの成功を祈りながら、開催に向けて準備を進めましょう。

成功するイベント企画の実例紹介

成功するイベント企画を具体的に紹介します。まずは子ども向けイベントの「セブンパークアリオ柏の体験型戦国イベント」です。このイベントは、子供たちが戦国時代の雰囲気を楽しむことができる体験型のイベントです。参加者は忍者や侍の格好をして写真撮影ができたり、戦国時代のゲームに参加できます。また、大人向けのイベントとしては「新宿まちフェス2017のマルイハロウィン×ゴジラステージ」があります。このイベントでは、マルイのハロウィンセールとゴジラの映画上映を組み合わせたスペシャルステージが行われました。婚活イベントの一つとしては、「東関交通の「恋するバスコン」」があります。このイベントは、バスツアーに参加することで新しい出会いを提供する婚活イベントです。参加者はバスの中やイベント中に出会いのチャンスがあります。さらに、文化体験イベントとしては、エーザイの「Tokyo 1day Tour」というイベントがあります。このイベントでは、参加者が日本の文化や技術を体験することができます。最後に、社内イベントの一つとしては、ANAグループの入社式2018があります。このイベントでは、新入社員たちが入社を祝福されると同時に、社内のコミュニケーションを活性化する機会となっています。

子ども向けイベント:セブンパークアリオ柏の体験型戦国イベント

セブンパークアリオ柏では、子ども向けの体験型イベントとして「体験型戦国イベント」が開催されています。このイベントでは、子どもたちが戦国時代の武将に扮し、実際の戦術や戦略を学ぶことができます。参加者は、武将の衣装を着て、模擬戦や武器の扱い方を体験することができます。また、歴史的な経緯や意義もわかりやすく解説されており、子どもたちは楽しみながら学ぶことができます。このような体験型のイベントは、子どもたちの興味や関心を引きつけるだけでなく、学びと遊びを融合させることでより効果的な教育体験を提供することができます。

大人向けイベント:新宿まちフェス2017のマルイハロウィン×ゴジラステージ

新宿まちフェス2017において行われた大人向けのイベント「マルイハロウィン×ゴジラステージ」は、多くの人々が楽しむことができた。このイベントでは、新宿マルイの屋上でハロウィンをテーマにした様々なコンテンツを楽しむことができた。例えば、ゴジラと一緒に記念撮影をすることができたり、キッズ向けの仮装コーナーも用意されていた。また、ゴジラの映画関連のグッズも販売されており、来場者はイベントの思い出として購入することができた。このように、マルイハロウィン×ゴジラステージは、新宿まちフェスの一環として成功を収めたイベントであり、来場者にとって楽しい思い出となった。

婚活イベント:東関交通の「恋するバスコン」

東関交通が主催する「恋するバスコン」は、婚活パーティーをバスの中で開催するイベントです。東京都心の街を巡りながら、参加者同士が出会いを楽しむことができます。このイベントの特徴は、移動中も出会いの機会があること。バス内では様々なイベントやゲームが行われ、自然な形で交流が深まります。さらに、参加者の希望によっては、イベント後にお食事会や二次会などのプランも用意されています。このような細かな配慮が、参加者同士の交流を促進し、成功した婚活イベントとなっています。

文化体験イベント:エーザイの「Tokyo 1day Tour」

エーザイ株式会社が主催する「Tokyo 1day Tour」は、日本文化と技術を体験できるイベントです。このイベントでは、参加者が東京を代表する名所を巡りながら、伝統的な日本の文化や最新のテクノロジーに触れることができます。例えば、浅草寺でのお寺の見学や着物の着付け体験、アキハバラでの最新のゲームやアニメの世界について学ぶことができます。また、エーザイの研究所を訪れて、最新の医療技術について学ぶこともできます。このイベントは、日本の文化や技術に興味がある人にとって、非常に魅力的な体験の機会となっています。

社内イベント:ANAグループの入社式2018

ANAグループでは、毎年新入社員を迎えるために入社式を開催しています。入社式は、新入社員が会社への帰属意識を持ち、組織への理解を深めるために非常に重要な機会です。

入社式では、社長を始めとするトップマネジメントや先輩社員が新入社員にメッセージを伝えます。また、入社宣誓や会社の理念に基づいた教育プログラムも行われます。さらに、参加者同士が交流する時間も設けられ、新たな仲間との出会いやネットワーキングを促進します。

ANAグループの入社式は、社内全体にとって重要なイベントであり、新入社員にとっては新たなスタートの場です。そのため、入社式の企画は非常に慎重に行われ、式場や演出、プログラム内容など細部までこだわっています。

入社式はANAグループのビジョンや価値観を伝え、新入社員が会社に誇りを持てるようにするための重要な機会です。また、トップマネジメントや先輩社員との交流を通じて、新しい仲間との結束を生み出し、一体感の醸成にも貢献しています。

ANAグループの入社式は、新入社員の一生に一度のイベントです。そのため、慎重な企画と運営が求められ、社内全体の協力体制が整えられています。

おすすめのイベント企画サポート企業

イベントの企画や運営には、様々なノウハウと経験が必要です。そのため、プロの企画サポート企業の活用がおすすめです。以下に、いくつかのおすすめ企業を紹介します。

イベント21

イベント21は、イベント全般の企画・運営をサポートする企業です。特に、ターゲット層に合わせた効果的なイベントの企画立案や、会場設営・装飾などの実施まで一貫してサポートしてくれます。また、イベントのプロモーションや広告も得意としており、集客力の強化にも貢献します。

Doorkeeper

Doorkeeperは、イベントの参加者管理・チケット販売を簡単に行えるオンラインサービスです。イベントの告知や参加者の集計、チケットの発行など、イベント運営の手間を大幅に軽減できます。また、参加者情報の管理も一元化できるため、効率的なイベント運営を実現します。

OTO

OTOは、音響設備のレンタルやオペレーションを提供する企業です。イベントで必要な音響機器や照明機器など、様々な設備が揃っており、スタッフもプロフェッショナルなので安心して任せられます。イベントの成功に欠かせない音響面のサポートをしてくれます。

ニッセイエブロ

ニッセイエブロは、イベントの保険を取り扱う企業です。イベント中に予期しない事故やトラブルが起こった場合に備えて、必要な保険を適切に提案・手配してくれます。イベントのリスクマネジメントをプロの視点でサポートしてくれる頼れる存在です。

電通西日本

電通西日本は、広告や宣伝などのマーケティング活動をトータルでサポートする企業です。イベントのプロモーションや広告戦略の立案・実施を得意としており、多くの成功事例も持っています。イベントの集客力を最大限に引き上げるために、幅広いマーケティング手法が活用されます。

イベント21

イベント21は、イベントの企画・運営をトータルでサポートしてくれる会社です。クライアントのニーズに合わせて、オリジナルのイベントプランを提案してくれます。また、イベントの企画から開催まで、細かい部分まで丁寧にサポートしてくれるのが特徴です。実績豊富なスタッフが、主催者側と連携してイベントを成功に導いてくれます。イベントの開催地や日程などの手配も行ってくれるため、主催者は心配することなくイベントの準備に集中できるでしょう。イベント21のサポートを受ければ、成功するイベントの開催が実現できます。

Doorkeeper

Doorkeeper(ドアキーパー)は、イベントのオンライン登録・管理システムを提供している企業です。イベント主催者はDoorkeeperのプラットフォームを利用することで、簡単かつ効率的にイベントの開催準備やチケットの販売、参加者の管理を行うことができます。

Doorkeeperの特徴的な機能としては、インタラクティブなチケット販売ページの作成や参加者情報の収集、キャンセル待ちリストの自動管理などがあります。また、参加者同士の情報交換やコミュニケーションを促進するための機能も充実しており、参加者のコミュニティ形成や交流の場を提供しています。

Doorkeeperの使い方は非常にシンプルで直感的な操作が可能であるため、初めてのイベント主催者でも簡単に利用することができます。また、システムの使い方やトラブル時のサポートも充実しており、安心して利用することができます。

Doorkeeperは多くの企業やコミュニティ、学校などで利用されており、イベントの成功に貢献しています。イベント開催者にとっては、手間のかかるイベントの管理を効率化し、参加者にとってはスムーズかつ円滑な参加手続きを提供することができるため、非常に便利なツールとして活用されています。

OTO

イベント企画における重要なポイントの一つが、イベントスタッフの手配です。イベントの成功には、経験豊富なスタッフや専門知識を持った人材が必要不可欠です。OTOは、国内外で幅広いイベントの企画・運営・制作を手がける会社です。プランニングから実施まで、トータルでサポートしてくれるので、企画立案の際には力強いパートナーとなってくれます。また、イベント施設や機材の手配、人材派遣なども行っており、イベントの主催者が抱えるさまざまな課題に柔軟かつ効果的に対応してくれます。OTOの豊富な経験と信頼性あるサービスは、イベント開催において重要な要素となります。

ニッセイエブロ

ニッセイエブロは、企業のイベント企画や運営をサポートする会社です。彼らは、クライアントのニーズに合わせたオーダーメイドのイベントを提供しています。ターゲットの明確化、具体的なベネフィットの告知、そしてシンプルなイベント構成を大切にしています。彼らのサービスを活用することで、クライアントは成功するイベントを開催することができます。ニッセイエブロは、長年の経験とノウハウを持ち、多くの成功事例もあるので、安心してイベント企画を任せることができます。

電通西日本

電通西日本は、イベント企画をサポートする会社の一つです。彼らは、イベントの目的やコンセプトを決定し、日程や会場のセッティング、プロモーションや告知活動、イベントの具体的な準備など、イベント企画から開催までの各ステップをトータルでサポートしています。電通西日本は、多くの成功事例を持つ企業であり、セブンパークアリオ柏の体験型戦国イベントや新宿まちフェス2017のマルイハロウィン×ゴジラステージなど、様々な種類のイベント企画に関与しています。彼らの特徴は、シンプルさと明確なコンセプトで、ターゲット層に合わせたイベントプランを提案する点です。イベントを成功させるためには、電通西日本のようなプロのサポートを頼ることをおすすめします。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、成功するイベント企画の基礎知識、イベント企画に必要な3つの基本要素、様々なイベント形式、イベント企画から開催までの手順、成功するイベント企画の実例紹介、おすすめのイベント企画サポート企業などについて具体的に紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました