Criteo(クリテオ)広告について知っていますか?驚きの特徴・効果・導入方法を代理店運用者が解説!

プロモーションと広告

「Criteo(クリテオ)広告について知っていますか?驚きの特徴・効果・導入方法を代理店運用者が解説!」というタイトルの記事では、Criteo(クリテオ)広告に注目しましょう。この記事を読むことで、Criteo広告とは何か、なぜ注目されているのかが分かります。Criteo広告の特徴や効果、さらには導入方法や準備期間なども詳しく解説しています。さらに、Criteo広告を実施するための最低条件や課金形態、相性の良い業界なども紹介しています。自社運用と代理店運用のメリット・デメリットも比較し、代理店運用を考えている方にも役立つ情報を提供しています。Criteo広告に関するよくある質問にも答えているので、気になる点がある方はぜひ参考にしてください。

Criteo(クリテオ)広告とは?コンバージョンアップを期待できる理由

Criteo(クリテオ)広告は、ウェブ上での広告配信をサポートするプラットフォームです。 この広告は、ユーザーの行動履歴や興味に基づいて、パーソナライズされた広告を配信することが特徴です。つまり、ユーザーの関心やニーズに合わせた広告を表示するため、コンバージョン率の向上が期待できます。

    1. Criteo(クリテオ)広告とは?コンバージョンアップを期待できる理由
  1. Criteo広告の3つの魅力的な特徴
    1. 特徴1.AIが商品毎にバナーとリンク先を自動作成
    2. 特徴2.サイト訪問者をAIが分析し、リマーケティング配信
    3. 特徴3. AIがリアルタイムで入札し、主要サイトへ配信
    4. Criteo(クリテオ)広告を実施するための最低条件
    5. 最低予算
    6. 訪問者数
  2. Criteo(クリテオ)広告の課金形態
    1. Criteo(クリテオ)広告と相性が良い業界
  3. Criteo(クリテオ)広告の成功事例
    1. リクルートマーケティングパートナーズの事例
  4. Criteo(クリテオ)広告を始めるために必要なもの
    1. Criteoとの契約
    2. 自社ロゴの準備
    3. 商品カタログ(フィード)の作成
    4. サイトにCriteoタグを設置
  5. 社内エンジニアが必要な場合
  6. 自社運用と代理店運用のメリット・デメリット
    1. 自社運用のメリット
    2. 自社運用のデメリット
  7. 代理店運用のメリット・デメリット
    1. 代理店運用のメリット
    2. 代理店運用のデメリット
    3. 自社運用の長所と短所
    4. 代理店運用のメリット・デメリット
  8. Criteo(クリテオ)広告の準備期間
    1. Criteo(クリテオ)広告の運用方法
    2. Criteo(クリテオ)広告に関するよくある質問
    3. 【Q1】配信したくない商品がある場合の対策
    4. 【Q2】低価格商品が配信される心配はあるか
    5. 【Q3】アドフラウドやアダルトサイトへの配信対策
    6. 【Q4】ITP問題は大丈夫か
  9. Criteo(クリテオ)広告を取り扱う代理店について
  10. この記事のまとめ:

Criteo広告の3つの魅力的な特徴

Criteo(クリテオ)広告は、その特徴的な機能によって注目されています。まず、特徴の1つ目はAIが商品毎にバナーとリンク先を自動作成することです。これにより、ユーザーに最適な広告を提供することができます。例えば、ユーザーが特定の商品を閲覧した場合、それに関連するバナー広告が表示されるようになります。

特徴の2つ目は、AIがサイト訪問者を分析し、リマーケティング配信を行うことです。これにより、ユーザーに興味を持たせる広告を配信することが可能となります。例えば、ユーザーが特定の商品を購入しなかった場合、その商品に関連する広告が表示され、リピーターを増やすことができます。

特徴の3つ目は、AIがリアルタイムで入札し、主要サイトへ広告を配信することです。これにより、効果的な広告を効率的に配信することができます。例えば、大手ポータルサイトやニュースサイトなど、多くのユーザーが集まるサイトへ広告が表示されます。

特徴1.AIが商品毎にバナーとリンク先を自動作成

Criteo(クリテオ)広告の特徴の1つは、AIが商品ごとにバナーとリンク先を自動作成することです。これにより、広告の制作に時間と手間をかける必要がありません。AIは商品の情報やユーザーの行動履歴などを分析し、最適なバナーとリンク先を生成します。例えば、ユーザーがスマートフォンでウェブサイトを閲覧している場合、スマートフォンに最適化されたバナーとリンク先が表示されます。また、動的クリエイティブ最適化と組み合わせることで、リアルタイムに最適な広告を表示することも可能です。

特徴2.サイト訪問者をAIが分析し、リマーケティング配信

クリテオ広告のもうひとつの特徴は、サイトに訪れたユーザーをAIが分析し、最適なタイミングでリマーケティング広告を配信することです。この分析は、ユーザーの行動履歴や購買傾向などを考慮して行われます。例えば、ユーザーが特定の商品ページを訪れた場合、AIはその情報を元に関連商品の広告を表示することができます。

このリマーケティング配信によって、ユーザーはサイトを離れてしまった後でも、関心を持っていた商品に対して再びアプローチすることができます。これにより、ユーザーの再訪や購買意欲の喚起が期待できます。

特徴3. AIがリアルタイムで入札し、主要サイトへ配信

Criteo(クリテオ)広告は、AIがリアルタイムで入札し、広告を主要なサイトに配信します。これにより、広告主は自社の製品やサービスを広く認知される機会を得ることができます。AIは、データを収集および分析し、最適な入札額を自動的に決定します。また、AIはユーザーの行動パターンを学び、最適なタイミングで広告を表示します。これにより、より多くのユーザーに広告を届けることができます。さらに、主要なサイトへの配信により、広告主はより効果的にターゲットユーザーにアプローチすることができます。

Criteo(クリテオ)広告を実施するための最低条件

Criteo(クリテオ)広告を実施するためには、最低限の予算と一定の訪問者数が必要となります。まず、最低実施予算は月額で100万円からとなっており、これは広告の配信やクリックにかかる費用をカバーするために必要です。また、訪問者数についても一定の数が必要であり、具体的な数値は明示されていませんが、数千人以上の訪問者が必要とされています。これは、ある程度のユーザー数がなければ、CriteoのAIが効果的に訪問者を分析し、リマーケティング配信することができないからです。したがって、Criteo(クリテオ)広告を実施するには、一定の予算と訪問者数を確保する必要があります。

最低予算

Criteo(クリテオ)広告を実施するための最低予算は、1つのキャンペーンあたり15万円からとされています。これは、最低でも15万円以上の広告予算が必要ということです。しかし、予算が多ければ多いほど、より多くの人々に広告を配信することができ、より大きな効果を期待することができます。

訪問者数

Criteo(クリテオ)広告を実施するためには、一定数の訪問者が必要です。具体的な最低条件は明示されていませんが、訪問者数が増えれば広告の配信効果が高まることが予想されます。つまり、多くの人々がウェブサイトを訪れることで、より多くのユーザーに広告を表示する機会が増えるのです。

Criteo(クリテオ)広告の課金形態

Criteo(クリテオ)広告は、クリック課金(CPC課金)の形式で課金されます。つまり、広告掲載されたバナーをクリックしたユーザーのみが課金対象となります。これは効果的な広告配信を行うために重要なポイントです。なぜなら、ユーザーが広告に興味を持ち、クリックした場合にのみ課金されるため、無駄な広告費を使うリスクが減少します。また、クリック課金なので、ユーザーの関心度合いを示す指標としても利用できます。クリックされた回数が多ければ、その広告が効果的であることが示唆されます。Criteo広告は、効果的な広告運用を行いたいという企業にとって魅力的な課金形態と言えます。

Criteo(クリテオ)広告と相性が良い業界

Criteo(クリテオ)広告は、さまざまな業界において効果を発揮する広告手法です。特に以下のような業界と相性が良いです。

  • ECサイト:商品の購買意欲向上に効果的。
  • リテール:新商品や特売品などを積極的に宣伝する場合に有効。
  • 旅行・宿泊:個別の旅行やホテル予約を促進するのに適しています。
  • 美容・健康:新商品の紹介やリピート購入を促進するのに役立ちます。
  • 自動車:新車や中古車の販売促進において効果を発揮。

これらの業界では、Criteo(クリテオ)広告を活用することで、ターゲット層に対して適切なタイミングでアプローチすることができます。

Criteo(クリテオ)広告の成功事例

リクルートマーケティングパートナーズは、地方紙メディアの広告効果向上を目指し、Criteo広告を導入しました。その結果、地方紙メディアのダイナミックリターゲティング広告の収益が大幅に向上しました。CriteoのAI技術は、商品毎にバナーとリンク先を自動作成するため、広告クリエイティブの作成にかかる手間を大幅に削減できました。

リクルートマーケティングパートナーズの事例

リクルートマーケティングパートナーズは、Criteo広告を活用している代表的な事例の一つです。同社はECサイトを運営しており、Criteo広告を導入することで売上の向上に成功しました。

Criteo広告の特徴の一つであるAIが商品毎にバナーとリンク先を自動作成する機能を活用した結果、リクルートマーケティングパートナーズは、商品ごとに最適な広告を配信し、ユーザーの興味を引くことができました。

さらに、Criteo広告はサイト訪問者をAIが分析し、リマーケティング配信するため、リクルートマーケティングパートナーズは、再訪問者をターゲットにした広告を効果的に配信することができました。

また、Criteo広告はAIがリアルタイムで入札し、主要サイトへ配信されるため、リクルートマーケティングパートナーズは、多くのユーザーに広告を露出することができました。

以上のように、リクルートマーケティングパートナーズの成功事例は、Criteo広告の特徴を活かした効果的な広告の配信により、売上の増加を実現した点にあります。

Criteo(クリテオ)広告を始めるために必要なもの

自社でCriteo(クリテオ)広告を始めるためには、以下のものが必要です。

まず、Criteoとの契約が必要となります。Criteoに申し込みをし、審査を通過する必要があります。また、契約には一定の料金も発生しますので、事前に確認しておきましょう。

次に、自社のロゴの準備が必要です。Criteo広告では、バナーに自社のロゴを表示させることができます。そのため、自社のロゴを準備しておく必要があります。

また、商品カタログ(フィード)の作成も必要です。Criteo広告は、商品情報を元に動的なバナー広告を作成しますので、商品カタログ(フィード)を作成する必要があります。フィード作成の方法やフォーマットについては、Criteoとの契約後に指示がありますので、それに従って準備しましょう。

さらに、自社のウェブサイトにCriteoタグを設置する必要があります。Criteoタグは、訪問者の情報を収集し、ターゲティング広告を配信するためのものです。タグの設置方法についても、Criteoとの契約後に指示がありますので、正確に設置しましょう。

これらの準備が整ったら、自社でCriteo広告を始める準備は完了です。

Criteoとの契約

Criteo(クリテオ)広告を利用するためには、Criteoとの契約が必要です。契約を行う際は、以下の手続きが必要です。まずは、Criteoの公式ウェブサイトにアクセスし、契約申込みを行います。申込みフォームに必要事項を入力し、送信します。その後、Criteoの担当者から連絡があり、契約内容の詳細や契約の手続きに関する説明が行われます。契約が完了すれば、Criteo広告を利用する準備が整います。

自社ロゴの準備

Criteo(クリテオ)広告を始める前に、自社のロゴを用意する必要があります。ロゴは、ブランドを象徴する重要な要素であり、広告の効果を高めるためにも必要です。ロゴは、ユーザーがブランドを認識しやすくする役割も果たしています。自社のロゴを作成する際には、以下のポイントに注意しながら進めましょう。
1. シンプルで視覚的に魅力的なデザインにする。
2. ブランドの特徴やコンセプトを反映する。
3. 読みやすいフォントを使用する。
4. 色彩を使ってアピールポイントを強調する。
自社のロゴをしっかりと準備することで、Criteo広告の効果を更に高めることができます。

商品カタログ(フィード)の作成

商品カタログ(フィード)は、Criteo広告を実施するために必要な要素の一つです。このフィードは、広告に表示する商品の情報をまとめたものであり、通常はXMLまたはCSV形式で提供されます。フィードには、商品のタイトル、説明、画像、価格、在庫状況などの情報が含まれている必要があります。また、商品データの更新も重要であり、定期的に最新の情報を反映する必要があります。

サイトにCriteoタグを設置

Criteo(クリテオ)広告を実施するためには、まずサイトにCriteoタグを設置する必要があります。このタグは、訪問者の情報を収集し、Criteoがリマーケティング広告を配信するために使用されます。設置する方法は、サイトの管理者がCriteoの公式ウェブサイトにアクセスし、提供されたタグをコピーして、サイトの特定のページのヘッダーまたはフッターに貼り付けるだけです。タグの設置後、Criteoは訪問者の行動を追跡し、興味を引く広告を配信する準備が整います。

社内エンジニアが必要な場合

もしも貴社がCriteo(クリテオ)広告を利用する場合、社内にエンジニアが必要となるケースがあります。Criteo広告の運用には、サイトにCriteoタグを設置する必要があります。この設置作業は、専門知識が必要とされるため、エンジニアの力を借りる必要があります。さらに、Criteo広告を効果的に活用するためには、サイトと連携した商品カタログ(フィード)の作成も不可欠です。これにはエンジニアの手腕が必要とされます。そのため、社内にエンジニアがいない場合は、代理店や外部の専門家に依頼することを検討しましょう。

自社にエンジニアがいない場合は、Criteo(クリテオ)広告の実施に代理店を活用することをおすすめします。代理店はCriteoの専門知識を持ち、広告キャンペーンの設計から運用までを一括して行ってくれます。また、代理店はCriteoとのパートナーシップを持っており、優先的なサポートを受けることができます。自社で全て行う場合に比べて、代理店を活用することで時間と労力を節約することができます。ただし、代理店を選ぶ際には信頼性や実績、料金体系などを考慮し、慎重に選ぶ必要があります。

自社運用と代理店運用のメリット・デメリット

自社でCriteo広告を運用する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

自社運用のメリット

  • 柔軟な対応が可能:自社の戦略やニーズに合わせて広告やターゲティングを自由に設定できます。
  • リアルタイムなデータ分析:自社運用のため、広告結果や成果をリアルタイムに確認することができ、迅速な改善や最適化が可能です。
  • コスト削減:代理店手数料を支払うことなく、自社で広告運用を行うため、広告費用を節約できます。

自社運用のデメリット

  • 専門知識と時間の必要性:Criteo広告の専門知識や運用経験が必要であり、広告運用にかける時間や人材の確保が必要です。
  • 最新の技術への追従:自社運用だと、常に最新の広告技術やトレンドに追従する必要があります。
  • リソースの限定性:広告運用に必要な予算や人材、リソースが限られている場合には、効率的な運用が難しいことがあります。

代理店運用のメリット・デメリット

代理店にCriteo広告の運用を任せる場合のメリットとデメリットをご紹介します。

代理店運用のメリット

  • 専門知識と経験の活用:代理店はCriteo広告の専門知識と経験を持っており、効果的な広告戦略の提案や運用が期待できます。
  • 効率的な運用:代理店が広告運用を担当するため、自社で新たなリソースを割くことなく運用が可能です。
  • 最新のトレンドを活用:代理店は広告業界の最新動向を把握しており、最新のテクノロジーやトレンドを適用してくれます。

代理店運用のデメリット

  • 費用負担:代理店には運用手数料が発生するため、自社運用よりも広告費用が増える可能性があります。
  • コミュニケーションの調整:代理店は外部の存在であるため、意思疎通やコミュニケーションの調整が必要となります。
  • 自社の独自性の制約:代理店運用だと、自社の独自性や戦略を十分に反映させることが難しくなる場合があります。

自社運用の長所と短所

自社運用のメリットとしては、広告の全体の戦略や管理が自社で行われるため、細かな調整やカスタマイズが可能です。また、自社の目的や方針に合わせた広告の制作や配信ができるため、ブランドイメージの一貫性や企業の特色を活かした広告展開が可能です。さらに、部外者に依存せずに広告運用ができるため、スピーディな意思決定や広告スケジュールの柔軟な調整が可能です。一方、自社運用のデメリットとしては、広告業務の専門知識や経験が必要となることがあります。また、広告運用にかかる時間や労力が増えるため、他の業務との兼ね合いや人員の確保が課題となることがあります。

代理店運用のメリット・デメリット

代理店を利用してCriteo広告を運用することにはいくつかのメリットがあります。まず、代理店は専門知識を持ったプロフェッショナル集団であり、Criteo広告の運用に関して豊富な経験を持っています。そのため、効果的な広告戦略を立てることができます。また、代理店は広告クリエイティブの制作や広告枠の選定、データ分析など、多岐にわたる業務を一括して行うことができます。自社でこれらの業務を行う場合に比べて、負担を軽減することができます。

しかしながら、代理店運用にはいくつかのデメリットも存在します。まず、代理店への依存度が高くなるため、自社の意思決定や広告戦略の柔軟性が制限される可能性があります。また、代理店に対して一定の報酬を支払う必要があるため、経費がかさんでしまいます。さらに、代理店とのコミュニケーションに課題が生じることもあります。

Criteo(クリテオ)広告の準備期間

Criteo(クリテオ)広告を実施するためには、いくつかの準備が必要です。

まず、Criteoとの契約手続きを完了させる必要があります。契約をするためには、Criteoの公式ウェブサイトにアクセスし、必要な情報を入力する必要があります。

次に、自社のロゴを準備しましょう。Criteo広告では、自社のロゴを使用してバナー広告を作成することができます。ロゴのデータを準備しておくと良いでしょう。

また、商品カタログ(フィード)の作成も必要です。Criteo広告では、商品カタログを作成してCriteoに提供する必要があります。商品カタログには、広告に掲載したい商品の情報が含まれています。

さらに、Criteoタグを自社のウェブサイトに設置する必要があります。Criteoタグは、広告のパフォーマンスを追跡するために使用されます。ウェブサイトの管理者に相談し、タグの設置方法を確認しましょう。

これらの準備を行うことで、Criteo広告を実施するための基本的な準備が整います。準備期間は、それぞれの状況によって異なるため、十分な時間を確保して準備を進めましょう。

Criteo(クリテオ)広告の運用方法

Criteo(クリテオ)広告を運用する際の基本的な流れとポイントを紹介します。

まず、Criteo広告を運用するためには、Criteoとの契約を行う必要があります。契約後、自社のロゴを準備し、商品カタログ(フィード)を作成します。

次に、Criteoタグをサイトに設置します。このタグをサイトに設置することで、Criteoはサイト訪問者を分析し、リマーケティング配信を行います。

運用が開始されると、CriteoはAIを利用して商品毎にバナーとリンク先を自動作成します。また、AIがサイトに訪問した人を分析し、最適な相手に対してリマーケティング配信を行います。さらに、AIがリアルタイムで入札し、主要サイトへ配信します。

Criteo広告の運用には最低実施予算と一定のサイト訪問者数が必要です。具体的な金額や数値は案件により異なるため、Criteoと相談しながら設定していきましょう。

また、Criteo広告はクリック課金(CPC課金)方式で課金されます。クリックされなかった場合には課金されませんので、集客効果が期待できます。

以上がCriteo(クリテオ)広告の基本的な運用方法です。運用を開始する前に、Criteoの説明資料やサポートを参考にしながら、効果的な広告運用を行いましょう。

Criteo(クリテオ)広告に関するよくある質問

【Q1】配信したくない商品がある場合の対策はありますか?

A1. Criteo広告においては、特定の商品やカテゴリーを配信から除外することも可能です。商品リスト内で除外したい商品を指定することで、その商品に関する広告を配信しないようにすることができます。

【Q2】低価格商品が配信される心配はありますか?

A2. Criteo広告では、広告配信の際にバリューセグメントを用いてターゲティングすることができます。バリューセグメントは、商品の価格に基づいて消費者をグループ分けし、ターゲティングに活用することができます。このようにして、低価格な商品をターゲットにしないように制御することができます。

【Q3】アドフラウドやアダルトサイトへの配信対策はありますか?

A3. Criteoでは、不適切なコンテンツやアダルトサイトへの広告配信を制限するための多くのフィルタリングオプションを提供しています。これにより、アドフラウドやアダルトサイトへの広告配信を効果的に抑制することができます。

【Q4】ITP問題は大丈夫ですか?

A4. Intelligent Tracking Prevention(ITP)は、一部のウェブブラウザでクッキーに対する制限が行われる仕組みです。Criteoは、ITPに対応するための改善策を導入しており、ユーザーに対して正確かつ効果的な広告を配信することができます。

【Q1】配信したくない商品がある場合の対策

Criteo(クリテオ)広告では、特定の商品やカテゴリを配信しないように設定することが可能です。例えば、著作権のある商品や法律に違反する商品、競合他社の商品など、配信制限をかけたい商品がある場合は、Criteoのアカウントマネージャーに連絡し、対象の商品を除外するようにお願いすることができます。

【Q2】低価格商品が配信される心配はあるか

低価格商品がCriteo広告の配信対象になる可能性があるか心配されるかもしれません。しかし、Criteo広告では、商品の価格に関係なく、潜在的な顧客の行動と興味に基づいてリマーケティング広告を配信します。つまり、価格が低い商品でも、購買意欲の高い顧客に対して効果的にアプローチできるのです。
例えば、何かしらの理由(価格、送料、利便性など)でサイトから離脱した顧客に対しては、再度サイトを訪れて商品を購入してもらうためのキャンペーンを展開することができます。このように、価格が低いとしても、アクションを起こしてくれる潜在的な顧客にリマーケティング広告を配信することができます。
また、Criteo広告はAIがリアルタイムで入札し、主要なサイトへ広告を配信するため、効果的なターゲット広告が行われます。低価格商品でも、関心のある顧客にターゲットを絞って広告を配信できるため、コンバージョン率を高めることができるのです。
したがって、Criteo広告では低価格商品が配信される心配はありません。効果的なリマーケティング広告を展開するために、商品の価格に関係なく、潜在的な顧客の行動と興味に基づいて広告を配信する仕組みがあります。

【Q3】アドフラウドやアダルトサイトへの配信対策

Criteo(クリテオ)広告では、適切な対象者に広告を配信するために、アドフラウドやアダルトサイトへの配信についても配慮しています。

まず、アドフラウド対策として、Criteoは広告表示の品質を高めるためにフィルタリングを行っています。不正なトラフィックを排除するために、機械学習や人間の専門家による監視を行い、偽の広告表示がないようにしています。

さらに、アダルトサイトへの配信についても、Criteoは配信先のWebサイトを厳しく選定しています。アダルトコンテンツを含むサイトへの配信は行われず、安全で信頼性のあるサイトにのみ広告が表示されます。

これらの対策により、Criteo広告は品質の高い配信を実現しており、適切なターゲットに対して効果的に広告を届けることができるのです。

【Q4】ITP問題は大丈夫か

ITP(Intelligent Tracking Prevention)は、Safariブラウザで導入されたプライバシー保護機能です。この機能により、一部のCookieやトラッキング情報の受け渡しが制限されることがあります。

しかし、Criteo広告はITPに対応しており、従来からのトラッキング方法に加え、新たなトラッキング手法を導入しています。これにより、ITPによる制限を回避し、広告パフォーマンスの向上を図っています。

具体的には、Criteo広告ではクッキー以外の情報も利用してユーザーを識別し、リマーケティング広告を配信しています。そのため、ITPの制限を受けずに広告が効果的に配信されることが可能となっています。

さらに、CriteoはITP問題に対して常に対策を行っており、最新の技術やトラッキング手法の改善にも積極的に取り組んでいます。そのため、ユーザーのブラウザ環境の変化にも柔軟に対応し、広告の成果を最大化する努力をしています。

したがって、Criteo広告の導入においては、ITP問題に対しても安心して取り組むことができます。

Criteo(クリテオ)広告を取り扱う代理店について

Criteo(クリテオ)広告を導入する際には、自社で運用するか代理店に依頼するかという選択があります。自社で運用する場合は、エンジニアが必要であり、大企業を除いては代理店の利用が推奨されています。自社運用のメリットは、広告運用のコア部分を自社で把握できることや、柔軟な運用が可能なことです。一方、人手や知識の不足、時間の制約があるデメリットもあります。代理店運用のメリットは、専門知識やノウハウを持った担当者が広告運用を行ってくれることや、時間や負担を軽減できることです。デメリットは、自社で広告運用を行いたい場合に十分な理解や制御ができない可能性があることです。状況や目的に応じて、自社運用か代理店運用かを選ぶことが重要です。

この記事のまとめ:

いかがでしたか?この記事では、Criteo(クリテオ)広告について驚きの特徴や効果、導入方法を代理店運用者が分かりやすく解説しました。Criteo広告はAIが商品毎にバナーとリンク先を自動作成したり、サイト訪問者をAIが分析しリマーケティング配信を行ったりという特徴があります。最低予算や訪問者数などの特定の条件を満たすことが求められます。業界によっても相性が良いことがあり、成功事例や準備期間、運用方法についても解説しました。また、自社運用と代理店運用のメリット・デメリット、よくある質問についても触れました。Criteo(クリテオ)広告を取り扱う代理店についても紹介されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました