BtoB商材のFacebook広告で変わる!成功する推奨設定・クリエイティブ作成方法があった!

プロモーションと広告

Facebook広告を用いることで、BtoB商材の売り込みが難しいという問題があります。設定やクリエイティブの作成には苦労することもあり、成功させるためのノウハウが必要です。この記事では、成功するためのキャンペーン設定のポイントや広告セットの設定法、広告に適した種類の選び方などを紹介します。さらに、見込み客に訴求するための広告パターンやクリエイティブの作成ポイントも解説します。また、実際の成功例も紹介するので、Facebook広告を活用したBtoB商材の成功を目指す方には必読の記事です。

Facebook広告を用いたBtoB商材の売り込みのハードル

Facebook広告を利用してBtoB商材の売り込みを行う際には、いくつかのハードルが存在します。まず、広告の設定とクリエイティブの作成が難しいという点が挙げられます。BtoB商材は、専門的な知識や技術が必要な商品・サービスが多く、それを的確に伝えるクリエイティブを作成する必要があります。また、広告の設定もターゲットユーザーを見極めて適切に行う必要があります。さらに、競合他社との差別化が困難な点も難しいとされています。BtoB市場では、同じような商材を提供する他社が多く存在し、差別化が求められます。このようなハードルを乗り越えるためには、成功事例や具体的なテクニックを学び、独自のアプローチを取ることが重要です。

広告の設定とクリエイティブの作成が難しい

Facebook広告を用いたBtoB商材の売り込みは、広告の設定とクリエイティブの作成が難しいというハードルがあります。まず、広告の設定では、購入の種類に注目する必要があります。BtoB商材では、リード獲得やウェビナーへの参加などの目標を設定することが一般的です。しかし、その目的に合わせた広告設定を行うことは容易ではありません。

また、クリエイティブの作成も重要なポイントです。広告セットには最大6つのクリエイティブを入れることができますが、どのようなクリエイティブが効果的なのか独自の視点が求められます。さらに、媒体ごとに視聴者の見る範囲が異なるため、適切なクリエイティブを作成するためには、媒体ごとの特徴を理解する必要があります。

広告の設定とクリエイティブの作成は、成功するためには細かなポイントを押さえる必要があります。次の章では、広告を成功させるための具体的なポイントを紹介します。

広告を成功させるためのキャンペーン設定のポイント

BtoB商材のFacebook広告を成功させるためには、キャンペーン設定が非常に重要です。まずは広告の目的を明確にしましょう。具体的には、商品の購入やサービスの契約など、どのような行動を取ってもらいたいのかを明確にすることが大切です。次に、広告の設定においては、購入の種類に注目することが効果的です。商品の種類や価格帯に応じて、適切な広告フォーマットや配信対象の設定を行いましょう。さらに、広告の掲載場所も重要です。ターゲットとなるユーザーがよく目にする場所や、関心を持つ可能性の高いグループに広告を表示することで、効果的な露出が期待できます。さらに、これらの要素を最大限活用するために、広告セットの最適化や予算配分のバランスにも注意しましょう。 最後に、掲載される広告が意図したユーザー層に届くよう、オーディエンス設定を慎重に行う必要があります。

購入の種類に注目させる

BtoB商材の広告を効果的にするためには、購入の種類に注目させることが重要です。顧客にとって魅力的な購入オプションを提示し、購買意欲を高めることができます。例えば、商品を単品で購入するだけでなく、まとめて購入することで割引を受けられるセット販売や、定期的に商品を届けてもらえる定期購入などのオプションを提供することが効果的です。さらに、購入の種類ごとに特典や利点を明確に示すことで、顧客に選択の幅を与え、より魅力的な購入体験を提供することができます。

広告の目的を明確にする

Facebook広告を効果的に活用するためには、まず広告の目的を明確にすることが重要です。たとえば、リードを獲得することが目的であれば、広告のクリエイティブやコピーを魅力的に設定し、ユーザーの興味を引く必要があります。また、ウェブサイトへの訪問数を増やすことが目的であれば、クリック率を重視した広告設定や魅力的なビジュアルを活用することが有効です。広告の目的が明確であれば、その目的に合わせた適切な広告設定やクリエイティブの作成が可能になります。

うまくいく広告セットの設定法

Facebook広告を成功させるためには、広告セットの設定が非常に重要です。そのためには、以下のポイントに注意する必要があります。

まず、コンバージョンを意識した設定を行うことが重要です。具体的な購入や登録、問い合わせなどの目標を設定し、その成果を追跡することで、広告の効果を測ることができます。

次に、用意したクリエイティブを最大限に活用することも重要です。複数の画像やテキストを用意し、それらを組み合わせたり、テストしたりすることで、より効果的な広告を作成することができます。

さらに、最適化と予算配分のバランスも大切です。広告の配信先や予算の配分について、常に最適な組み合わせを見極めることで、より良い結果を得ることができます。

また、広告が届くべき人を意識したオーディエンス設定や広告を掲載する場所の選び方も重要です。ターゲットとするユーザーの属性や行動に合わせて、広告を最適な場所に掲載することで、より効果的な広告を作成することができます。

コンバージョンを意識した設定

BtoB商材のFacebook広告を成功させるためには、素晴らしいクリエイティブだけでなく、効果的な広告設定も重要です。特にコンバージョンを追求する場合、以下の設定を意識する必要があります。
まず、ターゲットユーザーの行動を分析し、購入の種類に注目しましょう。例えば、商品の購入や資料のダウンロードなど、ユーザーが取るべきアクションは何でしょうか?その目的に応じて広告を設定することで、より効果的なターゲティングが可能です。
また、広告の目的を明確にすることも大切です。例えば、リード獲得やウェブサイトへの訪問など、具体的な目標を定めましょう。目的を明確にすることで、広告設定やクリエイティブ作成の方針が明確になり、効果的な広告が作成できます。
さらに、広告セットの設定にも注意が必要です。コンバージョンを追求する場合は、コンバージョン目的の設定を行いましょう。また、用意したクリエイティブを最大限に活用し、広告配信への最適化を行うことも重要です。さらに、予算と掲載期間のバランスを調整し、広告が届くべき人を意識したオーディエンス設定を行いましょう。
最後に、広告を掲載する場所の選び方も考慮しましょう。例えば、自社ウェブサイトへのリダイレクト広告や、特定の興味関心を持つユーザーへの広告など、効果的な配置を行うことが重要です。
これらの設定をきちんと行うことで、BtoB商材のFacebook広告のコンバージョン率を高めることができます。効果的な設定とクリエイティブ作成によって、ターゲットユーザーに訴求する広告を作り出しましょう。

用意したクリエイティブを最大限に活用する

BtoB商材のFacebook広告で成功するためには、用意したクリエイティブを最大限に活用することが重要です。まずはクリエイティブのバリエーションを豊富に用意しましょう。同じ広告を繰り返し利用するよりも、異なるデザインやキャッチコピーを試すことで、効果的な広告を見つけることができます。

次に、クリエイティブのテストを積極的に行いましょう。複数のバリエーションを同時に実施し、どの広告が最も成果を上げるのかを把握することが重要です。テストの結果を元に、より効果的なクリエイティブを選択し、予算やリソースを最大限に活用しましょう。

また、クリエイティブの改善にはデータの活用が欠かせません。広告のレポートや分析ツールを使用して、クリック率やコンバージョン率などのデータを分析しましょう。データに基づいた改善策を見つけることで、より効果的なクリエイティブを作成することができます。

例えば、商品やサービスの特徴を強調するテキストや画像、顧客のニーズに応えるキャッチコピーなど、様々な要素を組み合わせて試してみましょう。その上で、データを分析しながらクリエイティブを改善していくことが重要です。

最適化と予算配分のバランス

BtoBのFacebook広告を成功させるためには、最適化と予算配分のバランスが重要です。まず、キャンペーンの最適化を行う際には、広告配信先やオーディエンスの設定を慎重に行う必要があります。具体的には、ターゲットとする人々の属性や関心事に基づいて広告を配信することが効果的です。また、広告セットの最適化では、クリエイティブの活用や予算配分のバランスが重要です。例えば、複数のクリエイティブを用意し、どのクリエイティブがより多くの反応を引き出すかをテストすることができます。さらに、予算配分では、広告セットごとに異なる予算を設定し、効果の高い広告に重点的に予算を配分することで、効果的な広告キャンペーンを展開することができます。

広告が届くべき人を意識したオーディエンス設定

BtoB商材を宣伝する際には、広告が届くべき人を明確に設定することが重要です。まず、ターゲットとするユーザーは、ビジネスに関心がある人や特定の業界に所属している人など、商材に関連性のある人々です。例えば、ある企業がウェビナーを開催する際には、同じ業界の経営者やマーケティング担当者など、ビジネスに関心があり、ウェビナーのテーマに興味を持つ人々を対象にします。また、Facebookのビジネスマネージャーを使用して、広告の配信場所やデモグラフィックなど、さまざまな要素を設定することも大切です。例えば、ビジネス向けの広告であれば、LinkedInなどの特定のプラットフォームや、特定の職業や地域をターゲットにすることが有効です。広告が届くべき人を意識したオーディエンス設定をすることで、効果的な広告を作成することができます。

広告を掲載する場所の選び方は、BtoB商材のFacebook広告において非常に重要な要素です。広告を掲載する場所を適切に選択することで、効果的なターゲティングを実現し、見込み客に適切な情報を届けることができます。
まず、広告を掲載する場所を選ぶ際には、ターゲットオーディエンスの属性や行動を考慮することが重要です。Facebook広告では、年齢、性別、地域、関心・趣味など、様々な要素を組み合わせてオーディエンスを設定することができます。自社の商材に関連する属性や行動を持つユーザーに広告を表示することで、より効果的に訴求することができます。
次に、広告の掲載場所を選ぶ際には、目的に合った広告フォーマットを選択することも重要です。例えば、ビデオ広告は魅力的なストーリーテリングが可能であり、ウェブサイトトラフィックを促進するためにはリンクがクリック可能な広告を選ぶことが有効です。また、インスタグラムやメッセンジャーなど、異なるプラットフォームに広告を掲載することも考慮しましょう。
さらに、広告の配置オプションも重要なポイントです。フィード広告はユーザーが日常的に見るニュースフィードに表示されるため、高い視認性とクリック率を実現することができます。一方で、右サイドバーやストーリーズなどの広告配置も有効な手段です。自社の商材やターゲットオーディエンスに適した配置を選ぶことで、効果的な広告展開が可能となります。
広告を掲載する場所の選定は、BtoB商材のFacebook広告の成功において非常に重要な要素です。ターゲットオーディエンスの属性や行動を考慮した上で、適切な広告フォーマットと配置オプションを選ぶことがポイントです。広告の目的やターゲットに合わせて、最適な広告展開を行いましょう。

BtoB商材の広告にふさわしい種類の選び方

Facebook広告を使用してBtoB商材の広告を出す際には、適切な広告の種類を選ぶことが重要です。まず考えるべきポイントは、ターゲットとする見込み客にどのようなメッセージを伝えたいかです。例えば、直接的なサービス紹介やセミナーやウェビナーの案内、有益な資料のダウンロード案内など、目的にあったメッセージを伝える広告パターンを選ぶことが必要です。また、広告の種類に合わせて適切なクリエイティブを使用することも重要です。他社のクリエイティブを参考にすることや、ストーリー性のある広告を作成することなど、魅力的な広告を作り出すためのポイントを押さえましょう。さらに、異なるパターンのクリエイティブを試すことで、効果的な広告を見つけ出すことができます。これらのポイントを意識して、BtoB商材の広告にふさわしい種類を選ぶことが成功への近道です。

見込み客に訴求する広告パターンとして、以下のような方法があります。

まずは、直接的なサービス紹介です。その商材の特徴や利点をわかりやすく伝えることで、見込み客の関心を引くことができます。具体的な事例や成功した顧客の声なども合わせて紹介すると、さらに説得力がアップします。

次に、セミナーまたはウェビナーの案内が一つの広告パターンです。見込み客に関心を持ってもらいやすいのが特徴です。セミナーやウェビナーでは、商品の詳細や使い方の説明などを行い、興味を持った参加者にさらなる情報を提供することで、リード獲得につなげることができます。

また、有益な資料のダウンロード案内も効果的な広告パターンの一つです。見込み客が関心を持つであろうテーマについて、詳細な情報を提供する資料を用意し、そのダウンロードへの誘導を行います。資料の内容が役立つものであれば、見込み客は情報提供を受けるために自分の連絡先情報を提供することが多いです。

これらの広告パターンは、見込み客に対して興味や関心を引くことができるメリットがあります。広告の目的やターゲットとする見込み客のニーズに合わせて、適切な広告パターンを選択しましょう。

BtoB商材のFacebook広告で効果を高めるためには、直接的なサービス紹介が重要です。
直接的なサービス紹介とは、自社の商品やサービスを直接的にアピールすることを指します。
例えば、商品の特徴や利点を具体的に説明したり、他社との差別化ポイントを強調したりすると効果的です。
また、価格や詳細な情報を明示することも大切です。
直接的なサービス紹介は、見込み客に具体的な情報を提供することで、興味を引きつけ、購買意欲を高める効果があります。
そのため、Facebook広告では、直接的なサービス紹介を意識してクリエイティブを作成することが成功のカギとなります。

セミナーやウェビナーの案内

セミナーやウェビナーを活用した広告は、BtoB商材の売り込みに非常に効果的な手法です。例えば、製品やサービスについて詳しく説明するセミナーを開催し、参加者に直接情報を提供することができます。セミナーの案内広告は、ターゲットとなるビジネスパーソンに対して魅力的な内容を紹介し、参加者の関心を引き付けることが重要です。

さらに、ウェビナーを活用することで、時間や場所の制約をなくし、より多くの人々に情報を提供することができます。ウェビナーの案内広告は、参加者にウェビナーの特典や魅力を伝えることがポイントです。例えば、ウェビナーへの参加者には、資料ダウンロードや特別なオファーなど、参加者にとっての価値がある特典を提供することが効果的です。

セミナーやウェビナーの案内は、参加者にとって興味深い情報や参加のメリットを具体的に伝えることが重要です。また、案内の際には、参加条件や参加方法、申し込みの手順などを明確に伝えることも必要です。最終的には、参加者を確保し、ビジネスの成果につなげるために、興味を引く魅力的な広告を作成することが大切です。

【有益な資料のダウンロード案内】

BtoBの広告では、見込み客に興味を持ってもらうことが重要です。そのためには、有益な資料をダウンロードしてもらうアプローチが効果的です。例えば、業界のトレンドや課題に関するレポート、役立つガイドブック、またはユーザーの問題を解決するホワイトペーパーなど、役立つ情報を提供することで見込み客の関心を引きつけることができます。

広告クリエイティブを巧みに作るポイント

Facebook広告の成功には、クリエイティブの作成が欠かせません。ここでは、BtoB商材の広告クリエイティブを巧みに作るポイントについて紹介します。

まず、他社のクリエイティブを参考にすることが重要です。他社がどのような広告を出しているのかを確認し、成功している要素を取り入れましょう。

また、広告セットには6個までのクリエイティブを入れることができます。複数のクリエイティブを試すことで、効果的な広告が作成できる可能性が高まります。

さらに、媒体ごとに視聴者の見る範囲が異なることを認識しておきましょう。広告を掲載する媒体の特性に合わせたクリエイティブを作成することで、より効果的な広告になります。

広告は読者が自然に引き込まれることが重要です。ストーリー性のある広告や投稿風のクリエイティブは、読者の関心を引くことができます。

最後に、異なるパターンのクリエイティブを常に試し続けることも大切です。広告の効果を最大限に引き出すためには、常に改善を図る姿勢が必要です。

他社のクリエイティブを参考にする

他社の成功した広告を参考にすることは、BtoB商材のFacebook広告を作成する上で非常に効果的です。他社の広告を見ることで、自分の広告にどのようなクリエイティブやメッセージを取り入れるべきかを学ぶことができます。具体的には、他社がどのような文言や画像を使用しているかを確認し、自分の広告に取り入れるべき要素を見つけることが重要です。ただし、他社の広告を真似るのではなく、自分の商材やブランドに合ったオリジナルなクリエイティブを作成するように心がけましょう。

広告セットには6個までのクリエイティブを入れる

BtoB商材のFacebook広告を効果的に行うためには、広告セットに最大で6個のクリエイティブを配置することが推奨されています。これは、アイデアを豊富に持つことで広告のバリエーションを増やし、より多くのユーザーに訴求することができるからです。

クリエイティブを6つ用意することで、同じ広告を繰り返し表示するよりも効果的な結果を得ることができます。ユーザーに同じメッセージを何度も見せることなく、さまざまなアイデアや表現方法を使ってアプローチすることができます。

また、6つのクリエイティブを入れることで、広告の配信効果を最適化することも可能です。Facebook広告では、自動的に最も効果のあるクリエイティブが優先的に表示されるため、複数のバリエーションを用意することで、より良い成果を上げることができます。

媒体ごとの視聴者の見る範囲を理解する

Facebook広告を効果的に活用するためには、媒体ごとの視聴者の見る範囲を理解することが重要です。Facebookでは、ニュースフィードやサイドバー、ストーリーズなど様々な場所で広告が表示されます。しかし、それぞれの場所でユーザーがどのように広告を見るかは異なるため、広告の効果を最大限に引き出すためには見る範囲を把握しておく必要があります。例えば、ニュースフィードではユーザーが広告に関心を持ちながらスクロールするため、目立つクリエイティブやキャッチーなコピーが重要です。一方、ストーリーズでは短い時間で表示されるため、分かりやすいメッセージを素早く伝える必要があります。媒体ごとの特徴を把握し、適切な訴求方法を選ぶことで、効果的な広告を展開することができます。

読者が自然に引き込まれるクリエイティブ

Facebook広告の成功に不可欠な要素の一つは、読者を自然に引き込む魅力的なクリエイティブです。ただ単に商品やサービスを紹介するだけではなく、読者の関心を惹きつけるような広告を作成する必要があります。例えば、ストーリーテリングや感情を揺さぶるエピソードを使って、読者の心に響く広告を作成しましょう。

また、画像やビデオの選定も重要です。目を引く鮮やかな画像や動画は、スクロールしているユーザーの注意を引くのに役立ちます。しかし、単に派手な画像を使用するだけではなく、読者が広告に自然に興味を持てるようなイメージを選ぶ必要があります。

さらに、広告のテキストも重要な要素です。短いテキストで、商品やサービスの魅力を伝えることができるようにしましょう。読み手にとって興味深い情報やメリットを強調し、購買意欲を喚起するようなテキストを作成しましょう。

総じて、読者を自然に引き込む魅力的なクリエイティブを作成することは、Facebook広告の成功において非常に重要です。ストーリーテリングや感情の呼びかけ、目を引く画像やテキストの選定など、読者の関心を掴む方法を意識して広告を作成しましょう。

ストーリー性のある広告が効果的

Facebook広告を効果的に活用するためには、ストーリー性のある広告を作成することが重要です。ストーリー性のある広告は、見る人を引き込み、興味を持たせることができます。

例えば、ある企業がオフィス家具の販売を行っている場合、ストーリー性のある広告として、オフィスをイメージしたシチュエーションを描いた広告を作成することができます。オフィスで働く人たちが快適な環境で仕事をしている様子や、オフィス家具を使用することで仕事がより効率的に行われる様子を表現することで、見る人が自分自身をその中に置き換えることができます。

ストーリー性のある広告は、見る人に共感を抱かせることができるため、商品やサービスへの興味を引き起こすことができます。また、ストーリー性のある広告は、印象に残りやすいため、広告のメッセージが記憶に残りやすくなります。

Facebook広告で成功するためには、見る人の心をつかむストーリーを作り、それを上手に広告に盛り込むことが重要です。ストーリー性のある広告を通じて、見る人に刺激を与え、行動を起こしてもらうことを目指しましょう。

異なるパターンのクリエイティブを常に試す

Facebook広告では、同じ広告の形式やメッセージを繰り返し使用することは効果が薄くなります。見込み客は新鮮な刺激を求めており、同じものに飽きてしまう可能性があります。そのため、成功したクリエイティブがあっても、常に新しいアプローチを試すことが重要です。

たとえば、テキストや画像、動画などの要素を変えたり、商品やサービスの特徴やメリットを異なるアングルから伝えたりすることが有効です。また、異なるターゲット層やセグメントに対しても、適切なメッセージを提供する必要があります。常に試行錯誤し、成功したパターンを見つけるためには、テストを重ねることが欠かせません。

さらに、競合他社の広告を参考にすることも有効です。他社がどのような広告を出しているのかを把握し、自社の広告に活かすことができます。

Facebook広告を用いたBtoB商材の成功例はたくさんあります。例えば、ある企業がFacebook広告を活用してリードを獲得するためのキャンペーンを行ったところ、CPA(広告費用対効果)が4,500円という素晴らしい結果を出しました。この企業は、広告セットの設定を工夫し、用意したクリエイティブを最大限に活用することで、広告の効果を最大化しました。また、別の企業はウェビナー動画を活用してFacebook広告を展開し、CPAが3,000円という好成果を収めました。これらの成功例は、適切な広告設定やクリエイティブ作成の重要性を示しています。

リードを獲得した例1(CPA4,500円)

この成功例では、BtoB企業がFacebook広告を通じてリードを獲得しました。キャンペーンの目的は、新たな顧客の獲得とされました。広告セットは、リンククリックを促進することに焦点を当てました。クリエイティブは、製品の魅力やビジネスの利点を強調する写真やキャッチコピーを使用しました。また、ターゲットオーディエンスは、BtoB企業と関連する業界や役職に絞り込まれました。広告はデスクトップとモバイルの両方で掲載され、予算はリーチ数に合わせて最適化されました。広告の掲載結果は、CPA(コストパーアクション)4,500円となり、成功を収めました。

リードを獲得した例2(CPA2,600円)

あるBtoB企業がFacebook広告を活用してリードを獲得するための成功例があります。この企業は、クラウドサービスを提供しており、BtoB向けに販売を行っています。彼らはFacebook広告を使用して、自社のサービスへの関心を持っている見込み客に訴求しました。

彼らの広告は、興味を引くキャプションと魅力的な画像を使用しており、ユーザーの注意を引くことに成功しました。また、広告の目的を明確にし、見込み客に具体的なアクションを促すことにも力を入れました。

さらに、彼らは広告セットの設定に工夫を凝らしました。彼らはコンバージョンを意識した設定を行い、用意したクリエイティブを最大限に活用しました。さらに、広告が届くべき人を意識したオーディエンス設定と、広告を掲載する場所の選び方にも注意を払いました。

この企業のFacebook広告は、見込み客に訴求するためのパターンも工夫されていました。彼らは直接的なサービス紹介やセミナーやウェビナーの案内、有益な資料のダウンロード案内など、様々な広告パターンを活用しました。

さらに、彼らは巧みな広告クリエイティブの作成にも注力しました。他社のクリエイティブを参考にし、広告セットには最大6つまでのクリエイティブを入れるようにしました。また、媒体ごとに視聴者の見る範囲を理解し、読者が自然に引き込まれるようなクリエイティブを制作しました。さらに、ストーリー性のある広告や異なるパターンのクリエイティブを試すことで、広告の効果を最大化しました。

この企業のFacebook広告キャンペーンは、リーズナブルなCPA(コストパーアクション)でリードを獲得することに成功しました。特に例2ではCPAが2,600円となり、非常に効果的な結果を収めました。

ウェビナー動画を活用した例(CPA3,000円)

ウェビナー動画は、BtoB商材の広告において非常に効果的なツールです。ウェビナーは、オンラインで開催されるセミナーのようなものであり、商品やサービスの詳細な説明やデモンストレーションを行うことができます。ウェビナーは、参加者に直接商品やサービスに関する情報を提供するため、非常に興味を引くことができます。また、ウェビナーに参加することで、参加者の情報を収集することもできます。これにより、ウェビナーへの参加者を見込み客として捉え、さらなるセールス活動に繋げることが可能です。ウェビナー動画を活用することで、CPA3,000円という低コストで高品質なリードを獲得することができるのです。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、BtoB商材をFacebook広告で宣伝する際の成功ポイントや設定方法について紹介しました。広告の設定やクリエイティブの作成は難しいものですが、購入の種類に注目させたり、広告の目的を明確にすることで広告を成功させることができます。また、広告セットの設定ではコンバージョンを意識し、用意したクリエイティブを最大限に活用することが重要です。さらに、広告が届くべき人や広告を掲載する場所を意識することも大切です。BtoB商材にふさわしい広告種類の選び方や、見込み客に訴求する広告パターンも紹介しました。広告クリエイティブの作成においては他社のクリエイティブを参考にしたり、媒体ごとの視聴者の見る範囲を理解したりすることが効果的です。広告が引き込むストーリー性や異なるパターンのクリエイティブを試すことも大切です。最後に、BtoB商材の成功例も紹介しました。例えば、リードを獲得したり、ウェビナー動画を活用したりといった成功例があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました