アトリビューションモデルの選び方が分析に影響!種類と解説も

プロモーションと広告

アトリビューションモデルの選び方が分析に影響!種類と解説も

アトリビューションモデルとは何?基本ルールの紹介
ピッタリのアトリビューションモデルの選び方
アトリビューションモデルの種類5つ
最後のクリックを考える終点モデル
1番目のクリック重視の起点モデル
全てが大事!線形モデル
新旧バランスを見る減衰モデル
特定の接点を重視する接点ベースモデル
他にも色々!その他のアトリビューションモデル
自由度が高いカスタムモデル
データに基づくDDAモデル
効果を図るためのツール3つ
分析力ならアドエビス
使いやすさならウェブアンテナ
多機能派にはアドプラン

この記事を読めば、アトリビューションモデルの選び方や種類が分かります。

アトリビューションモデルとは何?基本ルールの紹介

アトリビューションモデルは、マーケティングの分析において、各マーケティングチャネルの貢献度を評価するために使用されるツールです。つまり、どの広告チャネルが顧客の購買行動に最も影響を与えたのかを明らかにするために活用されます。

アトリビューションモデルの基本的なルールとして、まず最後にクリックされた広告だけに価値を与えないことが挙げられます。なぜなら、最後にクリックされた広告だけに価値を与えると、他の広告チャネルの貢献度が無視されてしまうからです。それに加えて、ユーザーの購買行動は複雑であり、複数の広告チャネルが影響を与えることがあるため、それらの影響を適切に評価する必要があります。

また、アトリビューションモデルは柔軟性が求められるものです。さまざまなモデルを使用して、それぞれのマーケティング目標や業界の特性に合わせて適切なモデルを選ぶことが重要です。そのため、複数のモデルを試して比較し、最もピッタリのモデルを選ぶことが求められます。

アトリビューションモデルは、マーケティング活動の結果を客観的に評価するために重要なツールです。適切なモデルの選択と活用により、より効果的なマーケティング戦略の立案や予算配分が可能となります。

ピッタリのアトリビューションモデルの選び方

アトリビューションモデルは、マーケティング分析において非常に重要です。正しいアトリビューションモデルを選ぶことは、正確なデータと洞察を得るために必要不可欠な要素です。どのアトリビューションモデルが最適かを選ぶためには、まず自社のビジネスモデルと目標に合致しているかを考慮することが重要です。

例えば、最後のクリックを重視する終点モデルは、最終的な購買行動に焦点を当てているため、ECサイトなどの直販企業に適しています。一方で、1番目のクリックを重視する起点モデルは、ブランド認知や顧客獲得に重点を置いているため、新しいビジネスやサービスの立ち上げ段階での分析に適しています。

他にも、全てのインタラクションを平等に評価する線形モデルや、時間の経過に応じてインタラクションの価値を減衰させる減衰モデル、特定の接点に重きを置く接点ベースモデルなど、様々なアトリビューションモデルが存在します。

以上のように、ビジネスの性質や目標に応じて適切なアトリビューションモデルを選ぶことが重要です。自社の目的やデータに基づいて、最適なアトリビューションモデルを選ぶことで、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

アトリビューションモデルの種類5つ

アトリビューションモデルは、デジタルマーケティングの効果を計測するための重要な分析ツールです。以下に、よく使われる5つのアトリビューションモデルを紹介します。

1. 終点モデル(ラストクリックモデル)

終点モデルは、最後のクリックだけを効果として評価するモデルです。最もシンプルで一般的なモデルであり、直近の広告にクレジットが与えられます。

2. 起点モデル(ファーストクリックモデル)

起点モデルは、最初のクリックだけを効果として評価するモデルです。広告の影響力を示すためによく使われます。

3. 線形モデル(リニアモデル)

線形モデルは、すべてのクリックに均等な重みを与えるモデルです。広告の影響を一様に評価するため、長期的なパフォーマンスを測定する際に有用です。

4. 減衰モデル

減衰モデルは、キャンペーン期間中にクリックされた広告に対して重みをつけるモデルです。最新のクリックほど重要視され、古いクリックほど影響力が低下します。

5. 接点ベースモデル

接点ベースモデルは、特定の接点に重点を置いて評価するモデルです。例えば、ビジネスにとって重要なユーザーグループがアクションを起こす特定の広告を重視することができます。

最後のクリックを考える終点モデル

終点モデルは、アトリビューションモデルの中でも最もシンプルなモデルです。このモデルでは、最終的な購買行動を行った広告やマーケティングチャネルにのみ価値が与えられます。つまり、最後にクリックした広告が、購買の決め手となったとみなされるわけです。

このモデルの利点は、具体的な成果やROIを追跡しやすいことです。なぜなら、最終的な購買行動のみを考慮するので、分析が比較的簡単だからです。また、特定のチャネルに集中するため、予算配分や広告の最適化に役立ちます。

しかしこのモデルには欠点もあります。それは、他のチャネルや広告がブランド認知や関心の構築などの重要な役割を果たしているにも関わらず、無視されることです。また、長期的な効果やブランド価値の評価が難しくなるという点も考慮すべきです。

1番目のクリック重視の起点モデル

1番目のクリック重視の起点モデルは、アトリビューションモデルの1つであり、最初に顧客がサイトに訪れた際のクリックを特に重視します。このモデルでは、他のマーケティングチャネルや広告の影響を排除し、最初のクリックのみを重要視します。

例えば、あるユーザーがSNS広告からサイトに流入し、その後検索広告経由で購買した場合でも、1番目のクリック重視の起点モデルでは最初のSNS広告の効果のみを見ることになります。つまり、最初にサイトを訪れる際の広告が他の手段よりも影響力を持つと判断されるわけです。

しかし、このモデルでは他のクリックや接点を無視してしまうため、実際のユーザーパスを正確に反映することができません。そのため、マーケティングチャネル同士の相乗効果を把握するためには他のアトリビューションモデルを組み合わせる必要があります。

全てが大事!線形モデル

線形モデル(リニアモデル)は、全ての接点に同じ価値を与えるアトリビューションモデルです。つまり、ユーザーの購買経路において、最初の接点から最後の接点までの全てのクリックや接触を同等に評価します。

このモデルは、購買経路の全体像を把握するために有用です。各接点が同じ貢献度を持つため、ユーザーが購買までに経験したマルチチャネルの影響を正確に測定することができます。

例えば、ユーザーが広告をクリックした後、SNSで商品の詳細情報を調べ、最終的には検索エンジン経由で購入する場合、広告、SNS、検索エンジンのそれぞれが同じ貢献度を持ちます。

ただし、線形モデルでは各接点の貢献度が均等となるため、実際の接触の影響力には違いがあります。ユーザーが購買に至るまでの経路を正確に把握するためには、他のアトリビューションモデルとの組み合わせて使用することが推奨されます。

新旧バランスを見る減衰モデル

新旧バランスを見る減衰モデルは、アトリビューションモデルの一つであり、ユーザーがウェブサイト上で行う複数のインタラクションを評価する方法です。

このモデルでは、最後に行われたアクションにもっとも高いウェイトが与えられる一方で、最初のアクションは低いウェイトが与えられます。

例えば、ユーザーが広告をクリックした後にウェブサイトにアクセスし、最終的に商品を購入する場合、減衰モデルでは購入に最も関与したクリックに高いウェイトが与えられます。

このモデルは、ユーザーのアクションが時間の経過とともに効果が減衰することを考慮しています。新しいアクションは直近のアクションよりも重要度が低くなるため、ユーザーの最終的な行動に最も関与した接触点を特定するのに適したモデルと言えます。

特定の接点を重視する接点ベースモデル

アトリビューションモデルの中でも、特定の接点を重要視するモデルとして、接点ベースモデルがあります。このモデルでは、特定の接点や広告を重視してその効果を詳しく分析します。

接点ベースモデルは、特定のクリックや広告が購買行動に与える影響を詳細に把握することが可能です。例えば、ある広告をクリックしてから実際の購入に至るまでに何回の接点があったのか、そしてそれぞれの接点が購買行動にどの程度貢献したのかを分析することができます。また、特定の広告がどの段階で最も重要な役割を果たしたかも明らかにすることができます。

接点ベースモデルの利点は、広告の効果を詳細に理解できることです。特定の接点を重視するため、広告の効果を追跡する際により具体的な情報を入手することができます。これにより、広告の最適な配置やクリエイティブの改善につなげることができます。

しかし、接点ベースモデルにはいくつかの制約もあります。例えば、購買までの複数の接点を詳細に分析するため、データの収集と整理が必要となります。また、特定の接点に限定するため、他の接点の効果を見落としてしまう可能性もあります。結果として、接点ベースモデルは特定の広告や接点の評価には有用ですが、全体的な広告効果の把握には限定的な面もあります。

他にも色々!その他のアトリビューションモデル

カスタムモデル: カスタムモデルは、企業独自のニーズに合わせてアトリビューションモデルをカスタマイズすることができます。例えば、特定のチャネルに重点を置いたり、特定のタイミングを強調することができます。カスタムモデルは、特定の目標に対して最も適したアトリビューションを行うための柔軟性を持っています。

データドリブンアトリビューションモデル(DDA):

DDAは、データに基づいてアトリビューションを行うモデルです。このモデルでは、複数の接点が一度に評価されます。それぞれの接点の重要度がデータに基づいて計算され、より正確なアトリビューションが可能になります。DDAは、特に複雑な購買パスを持つビジネスに適しています。

自由度が高いカスタムモデル

アトリビューション分析において、自由度が高いカスタムモデルは非常に重要です。このモデルは、マーケティングキャンペーンの特定の要素やチャネルに与えられる重要性を個別に調整することができます。例えば、SNS広告の重要性を通常よりも高く評価したい場合、カスタムモデルを使用してそれを実現することが可能です。この柔軟性により、ビジネスのニーズや目的に合わせた最適な分析が可能となります。

データに基づくDDAモデル

アトリビューションモデルの選択で、特に注目すべきモデルの一つが「データに基づくDDAモデル」です。DDAモデルは、「データドリブンアトリビューションモデル」の略で、ユーザーの行動データを元に広告効果を正確に測定することができます。

DDAモデルでは、ユーザーの各接点における貢献度を個別に評価し、それぞれの接点が広告へのコンバージョンにどれだけ寄与したかを明確にすることができます。これにより、複数のマーケティングチャネルを利用する企業にとって、広告予算の配分や戦略立案に大きな助けとなるでしょう。

DDAモデルは、他のモデルと比較しても、より正確なアトリビューションを行うことができるとされています。それは、ユーザーがコンバージョンに至るまでの経過点を綿密に評価し、貢献度を算出するためです。

例えば、ユーザーが広告にアクセスした後、複数のサイトを訪れ、最終的にコンバージョンまで至った場合、DDAモデルは各サイトの貢献度を考慮し、広告の効果を適切に評価することができます。

このように、データに基づくDDAモデルは、正確なアトリビューション分析を行いたい場合におすすめのモデルと言えるでしょう。

効果を図るためのツール3つ

アトリビューション分析を行うためには、適切なツールの使用が不可欠です。以下に、効果を図るためのツール3つを紹介します。

1. AD EBiS(アドエビス):分析力に優れたツールで、広告の効果を詳細に分析することが可能です。複数のアトリビューションモデルを使ってデータを解析し、最適な結果を得ることができます。

2. WebAntenna(ウェブアンテナ):使いやすさが魅力のツールで、初心者でも簡単に広告の効果を測定することができます。データの可視化も充実しており、分析結果をわかりやすく報告することができます。

3. ADPLAN(アドプラン):多機能なツールで、広告の効果をトータルで評価することができます。経路分析や類似データの活用など、さまざまな機能が用意されており、より効果的な広告戦略の立案に役立ちます。

分析力ならアドエビス

アドエビスは、アトリビューション分析を行う上で非常に優れたツールです。その分析力は、他の競合ツールと比べても圧倒的といえるでしょう。アドエビスは、膨大なデータを迅速かつ正確に処理し、深い洞察を提供します。広告のタッチポイントをトラッキングし、それぞれのポイントがどの程度影響をもたらしているのかを評価することが可能です。また、異なるアトリビューションモデルを適用することもでき、それによって得られる結果を比較することができます。

使いやすさならウェブアンテナ

アトリビューションモデルを選ぶ際には、分析の目的やデータに応じて最適なモデルを選ぶことが大切です。その中でも、使いやすさを重視したい場合には「ウェブアンテナ」がおすすめです。ウェブアンテナは、直感的な操作性やシンプルなインターフェースを提供しており、初心者でも簡単に利用することができます。

ウェブアンテナは、さまざまなアトリビューションモデルを選択することができます。例えば、「終点モデル」や「起点モデル」、「線形モデル」、「減衰モデル」、「接点ベースモデル」といった代表的なモデルを簡単に選択することができます。

さらに、ウェブアンテナは豊富な可視化機能やレポート機能も備えており、分析結果をわかりやすく表示することができます。これによって、どのチャネルや接点が効果的であるかを一目で把握することができます。

また、ウェブアンテナは自動的にデータを解析する機能も備えています。この機能を活用することで、手作業でのデータ整理や解析の手間を省くことができます。データの可視化やレポート作成に時間をかけずに、効率的に分析を行うことができます。

使いやすさを重視してアトリビューションモデルを選びたい方には、ウェブアンテナがおすすめです。直感的な操作性と豊富な機能を備えており、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応しています。

多機能派にはアドプラン

アドプランは、アトリビューション分析を行うためのツールの一つです。このツールは、広告の効果測定やターゲット設定において非常に優れた機能を持っています。まず、アドプランは複数のアトリビューションモデルをサポートしており、それぞれのモデルに基づいた分析が可能です。終点モデルや起点モデル、線形モデルなど、様々なモデルの結果を比較することで、より正確な効果測定が可能です。

また、アドプランは独自のアルゴリズムを利用しているため、より高度な分析が可能です。このツールを使用することで、膨大なデータから有益な情報を取り出すことができます。さらに、アドプランは使いやすいインターフェースを備えており、初心者でも簡単に操作することができます。

アドプランはその他にも、ターゲット設定や広告予算の最適化にも役立ちます。広告のターゲットを設定する際には、どの接点を重視するかを考慮する必要がありますが、アドプランはその過程をサポートします。特定の接点を重視する接点ベースモデルを選択することで、最適なターゲット設定が可能となります。

総じて言えることは、アドプランは多機能なツールであり、アトリビューション分析を行う上で非常に有用ということです。正確な効果測定やターゲット設定を行いたい場合には、アドプランを活用することをおすすめします。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、アトリビューションモデルとは何かを基本ルールと共に紹介しました。また、ピッタリのアトリビューションモデルを選ぶための方法や、種類についても解説しました。最後のクリックを重視する終点モデルから、1番目のクリックを重視する起点モデル、全てを均等に評価する線形モデル、新旧をバランス良く見る減衰モデル、特定の接点を重視する接点ベースモデルまで、様々なアトリビューションモデルを紹介しました。さらに、自由度の高いカスタムモデルやデータに基づくDDAモデルについても触れました。また、効果を図るためのツールとして、分析力ならアドエビス、使いやすさならウェブアンテナ、多機能派にはアドプランを紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました