企業サイトを活性化!7つの動画活用法で効果を実感する6割以上率!

プロモーションと広告

企業サイトの活性化には、文章や写真よりも効果的な動画の利用が不可欠です。

動画を活用することで、視覚的に伝わるメリットがありますが、デメリットも存在します。

ここでは、企業活性化に役立つ7つの動画の使い方を紹介します。

製品やサービス、企業の紹介動画や、商品が実際に使われている様子を映した動画など、様々な種類の動画が効果的です。

自社での動画制作と、業者に依頼する動画制作のメリットとデメリットも比較しています。

また、効果測定のための3つの指標についても解説しています。

この記事を読むことで、企業サイトの活性化において動画の利用方法や効果測定のポイントが分かります。

文章や写真よりも効果的な動画の利用

企業のウェブサイトは、顧客とのコミュニケーションの重要なツールですが、その効果を最大限に引き出すためには、動画の活用が必要不可欠です。なぜなら、動画は文章や写真よりも多くの情報を伝えることができ、視覚的なインパクトを持っているからです。例えば、製品の特徴や使用方法を説明する場合、動画を使用すれば、文章や写真だけでは伝わりにくい内容を、実際の映像を用いてわかりやすく伝えることができます。

動画の利用によるメリット

企業のウェブサイトやオンラインプレゼンテーションで動画を活用することには、さまざまなメリットがあります。まずは、動画は視覚的な情報であるため、テキストや写真に比べて理解しやすいという大きな特徴があります。また、動画には音声も含まれているため、聴覚的な情報も伝えることができます。これにより、情報の伝達効果が高まり、ユーザーにとってより魅力的なコンテンツとなるのです。

さらに、動画は多くの情報を短時間で伝えることができるため、時間の制約があるビジネスシーンにおいて効果的に活用することができます。例えば、新製品の特徴やサービスの使い方などをわかりやすく伝えることができます。また、動画は感情をより強く伝えることができるため、ブランドイメージや企業の価値観を効果的に伝える手段としても活用されています。

さらに、動画はユーザーの関心を引きやすく、滞在時間を延長する効果もあります。視聴者が動画に興味を持ち、最後まで視聴することで、企業の情報をより詳しく知ることができます。このように、動画の利用はウェブサイトの活性化に大きく貢献し、ユーザーの視聴体験を向上させることができるのです。

動画の利用におけるデメリット

動画を利用する際のデメリットはいくつかあります。まず、動画の作成には時間と費用がかかることがあります。撮影や編集、音声の追加など、様々な作業を行う必要がありますので、その分の負担が発生します。また、素人が制作する場合にはクオリティーの低い動画になる可能性もあります。プロの業者に依頼すればクオリティーは向上する可能性がありますが、費用もかかるため、予算に制約がある場合には悩ましい問題です。さらに、一度作成した動画は更新や修正が難しいという面もあります。内容やビジュアルの変更を行う際には、再度撮影や編集を行う必要がありますので、スピーディーな更新が求められる場合には不便かもしれません。以上が、動画の利用におけるデメリットとなります。

企業活性化に役立つ7つの動画の使い方

企業サイトを活性化するために、動画の利用は非常に効果的です。なぜなら、動画は文章や写真よりもわかりやすく、視覚的に訴求することができるからです。以下では、企業活性化に役立つ具体的な7つの動画の使い方を紹介します。

製品やサービス、企業の紹介動画

まずは、製品やサービス、企業自体を紹介する動画です。動画を通じて、製品やサービスの特徴や企業の理念を伝えることができます。

商品が実際に使われている様子を映した動画

次に、商品が実際に使われている様子を映した動画です。商品の魅力や使い方を実際の映像を通じて伝えることで、購買意欲を高める効果があります。

企業の魅力を間接的に伝える動画

企業の魅力を間接的に伝える動画も効果的です。社内の雰囲気や社員の声を映像を通じて伝えることで、企業への共感や信頼を生み出すことができます。

製品やサービスの使い方を説明する動画

さらに、製品やサービスの使い方を説明する動画も重要です。使い方がわかりやすく伝わる動画は、顧客満足度や購買意欲を高める効果があります。

変化の前後を比較するビフォーアフター動画

変化の前後を比較するビフォーアフター動画も効果的です。製品やサービスの効果や改善点を視覚的に伝えることで、顧客の関心を引き付けることができます。

お客様の声を紹介する動画

お客様の声を紹介する動画も重要です。実際のお客様の声や感想を映像にすることで、製品やサービスへの信頼度を高めることができます。

社員や設備を紹介し和やかな雰囲気を演出する動画

最後に、社員や設備を紹介し和やかな雰囲気を演出する動画も効果的です。企業の人間関係や仕事の風景を映像で伝えることで、企業への興味や好感度を高めることができます。

製品やサービス、企業の紹介動画

企業の魅力や製品・サービスの特徴を効果的に伝えるためには、動画の活用が非常に有効です。動画は文章や写真と比べて、より具体的でわかりやすい情報を提供することができます。製品やサービスの魅力的なポイントを映像でアピールすることで、視聴者の興味を引き付けることができます。例えば、製品の外観や使い方、特長などを映像で紹介することで、商品の魅力や利便性が伝わりやすくなります。また、企業の紹介動画では、会社の理念や歴史、社員の活動などを映像で伝えることで、企業の信頼性や魅力をアピールすることができます。動画の活用により、企業や製品・サービスに対する理解を深め、視聴者の興味を引き付けることができるでしょう。

商品が実際に使われている様子を映した動画

動画を活用する最大の魅力は、商品やサービスが実際にどのように使われているかを視覚的に伝えることができる点です。写真や文章では伝えきれないリアルな使い心地や効果を、動画で見せることができます。たとえば、美容家電を販売している企業が、使用前後の肌の状態を動画で比較することで、製品の効果を実感させることができます。また、料理教室のオンライン広告では、実際に料理を作る様子を映し出すことで、参加者に生のリアル感を伝えることができます。動画を通じて商品が実際に使われている様子を伝えることで、消費者は商品やサービスへの興味を持ちやすくなり、購買意欲も高まるでしょう。

企業の魅力を間接的に伝える動画は、視聴者に対して企業の雰囲気や価値観を伝える重要なツールです。例えば、労働環境や社員の活気を映した動画は、魅力的な企業文化をアピールすることができます。また、企業が取り組んでいる社会貢献活動や環境への配慮なども動画で伝えることができます。これらの動画は、企業の信頼性や魅力を高めるだけでなく、社員や顧客、パートナーなどに対しても企業のアピールポイントを伝えることができます。

製品やサービスの使い方を説明する動画

製品やサービスの使い方を説明する動画は、顧客に対して製品の魅力や利便性を的確に伝える強力なツールです。文章や写真では伝わりづらい細かな操作や手順を、実際の映像を通してわかりやすく伝えることができます。例えば、食品製造会社が自社の料理家庭用品を販売している場合、料理のレシピ本や商品の写真だけでは魅力が伝わりにくいですが、実際の使用方法を動画で紹介することで、商品の魅力がより具体的に伝わります。また、製品の使い方によって得られる効果や利点も説明することで、顧客が製品への期待や興味を高めることができます。

変化の前後を比較するビフォーアフター動画

ビフォーアフター動画は、製品やサービスの効果を視覚的に伝えるのに非常に効果的な手法です。例えば、ダイエット商品を販売している企業が、ビフォーアフターの映像を使用することで、ダイエット前後の体形やフィットネスの改善を強調することができます。

また、リフォーム業者がビフォーアフター動画を活用することで、お客様にリフォーム前後の変化を実感させることができます。例えば、リビングルームのリフォーム前の古びた状態と、リフォーム後の明るく広々とした雰囲気を比較することで、お客様に魅力を伝えることができます。

ビフォーアフター動画は、製品やサービスの効果を具体的に伝えるために非常に有効な手法です。お客様に説得力を持ったエビデンスを提供することで、企業の信頼性や評価を向上させることができます。

お客様の声を紹介する動画

お客様の声を紹介する動画は、企業サイトを活性化させるために非常に有効な手法です。実際に製品やサービスを利用したお客様の体験談を伝えることで、信頼性や信用度を高めることができます。お客様の声を通じて、実際の利用者のリアルな感想や満足度を伝えることで、他のユーザーにもインパクトを与え、購買意欲を引き起こすことができます。また、お客様の声を動画で紹介することで、感情や表情をリアルに伝えることができ、より深い共感を呼び起こすことができます。お客様の声を紹介する動画は、企業の信頼性を高め、顧客の購買意欲を増加させる効果が期待できるため、積極的に活用していくべきです。

社員や設備を紹介し和やかな雰囲気を演出する動画

社員や設備を紹介する動画は、企業の信頼性や魅力を高める効果があります。社員の笑顔や仕事ぶりを映し出すことで、企業の和やかな雰囲気が伝わります。また、設備や工場の様子を映した動画は、製品の品質や信頼性に対する信頼を高めることができます。

例えば、社員を紹介する動画では、彼らの仕事への情熱や専門知識を視聴者に伝えることができます。また、社員同士のコミュニケーションやチームワークの良さも映し出すことで、信頼を得ることができます。さらに、社員の声やメッセージを取り入れることで、企業の理念やビジョンをより具体的に伝えることができます。

同様に、設備や工場を紹介する動画では、生産ラインの効率性や品質管理の徹底さをアピールすることができます。機械の稼働や生産過程の詳細を映すことで、製品の信頼性や品質に対する安心感を与えることができます。

社員や設備を紹介し和やかな雰囲気を演出する動画は、企業の魅力を存分に伝えることができる方法の一つです。視聴者が企業に興味を持ち、信頼を感じることで、新たな顧客獲得や既存顧客のロイヤリティ向上につながるでしょう。

自社で作るかプロに依頼するかの選択

企業が動画制作を検討する際、自社で制作するかプロの業者に依頼するかという選択があります。自社で制作するメリットとしては、費用の削減や自社のビジョンやメッセージを正確に伝えられることが挙げられます。また、自社で制作することで、制作スケジュールの調整が容易になり、柔軟に対応することができます。

一方で、自社で制作する場合には、クオリティの低下や専門知識の不足が懸念されます。また、制作には時間や労力がかかり、他の業務に支障が生じる可能性もあります。

プロの業者に依頼する場合は、クオリティの高い映像を制作してもらえることや、経験豊富なスタッフによる効果的な演出が期待できます。さらに、制作にかかる手間を省くことができ、他の業務に集中することができます。

しかし、プロの業者に依頼する場合には費用がかかることや、制作スケジュールに合わせる必要があることも考慮しなければなりません。

自社で制作するかプロに依頼するかの選択は、企業の予算や時間、人的リソースによって異なります。どちらを選ぶにしても、ビジネスに合った効果的な動画を制作し、企業の活性化につなげることが重要です。

自社での動画制作のメリットデメリット

企業が動画制作を自社で行う場合には、以下のようなメリットとデメリットが存在します。

まずメリットとして、自社で動画を制作することで、細かなニーズや要望に柔軟に対応することが可能です。企業のアイデンティティやブランドイメージを正確に表現することができ、自社の特徴や強みをしっかりとアピールすることができるでしょう。

一方で、自社での動画制作にはデメリットも存在します。制作にかかる時間や費用が大きな課題となることがあります。専門的な知識や技術が必要な場合、社内に適切な人材がいない可能性もあります。また、制作環境や機材の準備にも時間や費用がかかることがあります。

業者に依頼する動画制作のメリットデメリット

業者に動画制作を依頼する場合、プロの技術や経験を活かして高品質な動画を作ることができます。業者は映像制作に特化しており、効果的な映像表現や編集技術を持っています。また、撮影機材や編集ソフトなどの最新のテクノロジーを使用することができるため、より魅力的な動画を制作することができます。さらに、業者に制作を依頼することで、自社のスタッフは他の業務に専念することができます。一方で、業者に依頼する場合はコストがかかることや、予算や納期の調整など、やり取りが必要になることもあります。また、業者によっては理解しにくい提案や要望になることもあるため、コミュニケーション能力が求められます。

効果測定のための3つの指標

動画を活用する企業サイトは、効果をしっかりと測定することが重要です。そこで、動画の効果を測定するためには以下の3つの指標を利用することが有効です。

指標1. 再生回数: 動画が再生された回数は、その動画がユーザーにどれだけ魅力的であるかを示す重要な指標です。再生回数が多いほど、より多くの人々が動画を視聴し興味を持っていることを意味します。

指標2. クリック再生率: クリックされた後に動画が再生される割合も重要な指標です。この指標は、ユーザーが動画に興味を持ちクリックし、実際に再生を開始したかどうかを示しています。高いクリック再生率は、ユーザーにとって魅力的で興味深いコンテンツであることを示します。

指標3. 視聴継続率(視聴質): 視聴継続率は、動画を視聴し続けるユーザーの割合を表しています。この指標は、ユーザーがどれだけ動画を最後まで視聴したかを示し、興味を持ち続けているかどうかを評価する重要な要素です。

これらの指標を使って、企業サイトの動画コンテンツの効果を測定することで、より効果的な動画の活用方法を見つけることができます。

指標1. ビデオの再生回数から見る効果

ビデオの再生回数は、その動画がユーザーにどれだけ興味を引くか、関心を持ってもらえるかを示す重要な指標です。再生回数が多いほど、多くの人が動画を視聴し、その内容に興味を持っていると言えます。また、再生回数が増えることで、企業の知名度向上や商品・サービスの注目度の向上にもつながります。ビデオの再生回数を増やすためには、タイトルやサムネイルなどの魅力的な要素が必要です。そして、動画の中身も見応えがあり、情報やエンターテイメント性を提供することが重要です。ビデオの再生回数は、企業サイトの活性化の指標の一つとなり、効果を測る上で重要な要素です。

指標2. クリックされ再生される割合から見る効果

動画の効果を測るための重要な指標の一つが、「クリックされ再生される割合」です。この指標は、動画が表示された状態での再生率を示しています。つまり、どの程度のユーザーが動画を見るためにクリックして再生しているのかを表しています。

クリックされ再生される割合が高ければ、ユーザーが興味を持ちアクションを起こしやすくなっています。また、動画のクオリティや見せ方によっても影響を受けます。例えば、ミニチュアのサムネイルや魅力的なタイトルを使用することで、クリックされる確率が高まります。

逆に、クリックされ再生される割合が低い場合は、ユーザーが動画にあまり関心を持たない可能性があります。この場合は、動画の内容や表示位置の見直しが必要です。

指標3. 動画を視聴し続ける人の割合から見る効果

動画を公開しても、視聴者が途中で離れてしまう場合は効果が薄いと言えます。視聴者が動画を最後まで見きることができるかどうかは、動画の魅力や内容の適切さにかかっています。視聴継続率は、視聴者が動画を見る際にどれだけ興味を持ち、魅了されるかを示す指標と言えます。高い視聴継続率は、企業のメッセージがしっかりと伝わり、視聴者が動画に引き込まれることを意味します。視聴者が動画を最後まで見ることで、企業の情報や商品に興味を持ってもらうことができ、効果的な動画活用の一環と言えます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、企業サイトを活性化するための7つの動画活用法について紹介しました。動画の利用には、文章や写真よりも効果的なメリットがありますが、デメリットも存在します。しかし、製品やサービスの紹介動画や実際の使用様子を映した動画、企業の魅力を伝える間接的な動画など、自社で作るかプロに依頼するかによって、様々な動画の使い方があります。そして、ビデオ再生回数やクリックされ再生される割合、動画を視聴し続ける人の割合などの3つの指標を用いて、動画活用の効果測定を行うことが重要です。是非、これらの動画活用法を試して、企業サイトの活性化を実感してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました