YDNバナーで審査不合格続出!対処法として10の典型事例を解説【2017年版】

プロモーションと広告

YDNバナーの審査で不合格になるケースが後を絶ちません。デザインや表現に注意が必要なポイントがありますが、多くの人がそれを知らずにバナーを作成してしまっています。この記事では、具体的な事例を通して、審査に通るための方法を解説します。バナーには注意すべき10の典型的な問題があることがわかります。

  1. バナー審査、なぜ落ちる?直すためのポイント10選
    1. 1. 判断ミス?Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザインは避けよう
    2. 2. 誇張は大丈夫、だけど「NO1」主張は根拠が必要!
    3. 3. 「過度な露出」は禁止。肌の露出が多い写真はNGな記憶にとどめておこう
    4. 4. 「誤認させる表現」は危険!ユーザーを混乱させるバナーは審査に通らない
    5. 5. 「広告主の明確さ」大切。広告主が信用されるよう、はっきりと示そう
    6. 6. 「ネイティブ広告」も注意!広告とコンテンツが同化するのは避けるべき
    7. 7. 「一石二鳥は厳禁」。広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視しよう
    8. 8. 「公的保険の適用情報」を間違えないよう注意!
    9. 9. 「ユーザーターゲティング表現」は使用しない
    10. 2. 誇張は大丈夫、だけど「NO1」主張は根拠が必要!
    11. 3. 「過度な露出」は禁止。肌の露出が多い写真はNGな記憶にとどめておこう
    12. 4. 「誤認させる表現」は危険!ユーザーを混乱させるバナーは審査に通らない
    13. 5. 「広告主の明確さ」大切。広告主が信用されるよう、はっきりと示そう
    14. 6. 「ネイティブ広告」も注意!広告とコンテンツが同化するのは避けるべき
    15. 7. 「一石二鳥は厳禁」。広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視しよう
    16. 8. 「公的保険の適用情報」を間違えないよう注意!
    17. 9. 「ユーザーターゲティング表現」は使用しない
    18. 10. 「連絡先の不明確さ」は審査落ちの大敵。しっかり記載し、信頼を築こう
  2. YDNバナーの規定と審査基準について
    1. 1. 判断ミス?Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザインは避けよう
    2. 2. 誇張は大丈夫、だけど「NO1」主張は根拠が必要!
    3. 3. 「過度な露出」は禁止。肌の露出が多い写真はNGな記憶にとどめておこう
    4. 4. 「誤認させる表現」は危険!ユーザーを混乱させるバナーは審査に通らない
    5. 5. 「広告主の明確さ」大切。広告主が信用されるよう、はっきりと示そう
    6. 6. 「ネイティブ広告」も注意!広告とコンテンツが同化するのは避けるべき
    7. 7. 「一石二鳥は厳禁」。広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視しよう
    8. 8. 「公的保険の適用情報」を間違えないよう注意!
    9. 9. 「ユーザーターゲティング表現」は使用しない
    10. 10. 「連絡先の不明確さ」は審査落ちの大敵。しっかり記載し、信頼を築こう
  3. この記事のまとめ

バナー審査、なぜ落ちる?直すためのポイント10選

YDNバナーを利用して広告を出稿しようと思ったけど、なぜか審査が通らないことが多いという経験をしたことはありませんか?実は、バナー審査で落ちる理由にはいくつか典型的なパターンが存在します。今回は、その中でも特によくある10の事例を紹介します。もし、あなたのバナーが審査で通らない場合は、以下のポイントをチェックしてみてください。

1. 判断ミス?Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザインは避けよう

バナーのデザインにおいては、Yahoo! JAPANのコンテンツと混同される可能性があるものは避けるべきです。間違えてクリックされるなどの誤解を招くおそれがあります。

2. 誇張は大丈夫、だけど「NO1」主張は根拠が必要!

バナーには誇張表現を使って効果を高めることができますが、「NO1」「最高」「絶対」といった主張をする際には、その根拠を明確に示す必要があります。

3. 「過度な露出」は禁止。肌の露出が多い写真はNGな記憶にとどめておこう

バナーにおいて、肌の露出が多い写真を使うのは避けたほうが無難です。過度な露出はユーザーに印象を与え、審査に通らない原因になることがあります。

4. 「誤認させる表現」は危険!ユーザーを混乱させるバナーは審査に通らない

バナーにはユーザーを誤認させる表現を用いることは避けましょう。ユーザーを混乱させるようなバナーは審査に通らない可能性が高いです。

5. 「広告主の明確さ」大切。広告主が信用されるよう、はっきりと示そう

バナーには広告主の明確さが求められます。広告主が信用されるように、はっきりと表記するようにしましょう。

6. 「ネイティブ広告」も注意!広告とコンテンツが同化するのは避けるべき

バナーがネイティブ広告になる可能性がある場合は注意が必要です。広告がコンテンツに同化してしまうと、ユーザーに誤解を与えることがあります。

7. 「一石二鳥は厳禁」。広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視しよう

バナーの内容は一つに絞り、明瞭にすることが大切です。複数の情報を詰め込みすぎると、ユーザーが理解しにくくなります。

8. 「公的保険の適用情報」を間違えないよう注意!

バナーに公的保険の適用情報を記載する場合は慎重になりましょう。間違った情報を記載すると信頼性を失う可能性があります。

9. 「ユーザーターゲティング表現」は使用しない

バナーにおいて、ユーザーターゲティングに関連する表現を使うことは避け
「判断ミス?Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザインは避けよう」
YDNバナーの審査において落とされるケースの一つに、「Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザイン」というものがあります。YDNバナーはYahoo! JAPANのプラットフォームで配信されるため、デザインがYahoo! JAPANのコンテンツと似ていると判断されると、審査が不合格になることがあります。
具体的には、Yahoo! JAPANのコンテンツと同じくらいの文字サイズや色、レイアウトを使用したり、Yahoo! JAPANのサービスやコンテンツに酷似したデザインを採用した場合、ユーザーがYahoo! JAPANとバナー広告を区別しにくくなります。
例えば、Yahoo! JAPANのニュースページに表示される記事と似たデザインのバナーを制作すると、ユーザーはそれをYahoo! JAPANのコンテンツだと思い込んでしまう可能性があります。そのため、バナーのデザインには特に注意が必要です。
具体的な対処法としては、Yahoo! JAPANのコンテンツとデザインが区別しやすいように工夫することが重要です。バナーとYahoo! JAPANのコンテンツが似てしまわないよう、文字の大きさや色、レイアウトなどを異なるものにすると良いでしょう。また、Yahoo! JAPANのロゴやアイコンを使用することも避けるべきです。
例えば、Yahoo! JAPANのニュースページに表示される記事の文字サイズが16ptならば、バナーの文字サイズはそれより小さくしたり、バナー全体のデザインをシンプルにするなどの工夫が必要です。ユーザーがバナーとYahoo! JAPANのコンテンツを一目で区別できるようなデザインを心掛けましょう。
YDNバナーの審査では、デザインやコンテンツの使い方に注意が必要です。Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されるようなデザインは避け、バナーが明確に広告であることが分かるようなデザインを目指しましょう。
【参考URL】
https://advertising.yahoo.co.jp/guide/banner.html#2

2. 誇張は大丈夫、だけど「NO1」主張は根拠が必要!

バナー広告において、商品やサービスの良さをアピールするためには、誇張表現を使用することは許容されています。例えば、「最高の商品」といった表現は、顧客の興味を引くために有効です。しかし、注意が必要なのは、「NO1」といった主張をする際には、根拠が必要であることです。特に、他社との比較において、その基準やデータを明示することが求められます。たとえば、調査結果や顧客の声などの具体的なデータを示すことで、主張の信憑性を高めることができます。また、あまりにも過剰な誇張や虚偽の主張は、ユーザーの信頼を損ねる可能性があるため、避けるべきです。

3. 「過度な露出」は禁止。肌の露出が多い写真はNGな記憶にとどめておこう

バナー広告においては、肌の露出が多い写真は避けるべきです。露出の多い写真はユーザーに不快感を与える可能性がありますし、見ようとしているコンテンツとは異なるものと混同されかねません。バナー広告はユーザーの興味を引くために存在するものですから、ユーザーに対して不快な思いをさせてしまわないように注意が必要です。

4. 「誤認させる表現」は危険!ユーザーを混乱させるバナーは審査に通らない

YDNバナーの審査に不合格になる典型的な理由の一つに、「誤認させる表現」があります。この審査基準は、ユーザーがバナーを見た際に、誤解を招いたり混乱させたりする表現があるかどうかをチェックするものです。例えば、広告主や商品と関係のないキャラクターやロゴを使用したバナーは、ユーザーに勘違いを与えてしまい、不合格になる可能性が高いです。また、見た目や表現方法が他のサイトやコンテンツと酷似している場合も同様です。ユーザーが広告とコンテンツを混同しやすいようなバナーは、審査基準には合致していないとされています。したがって、バナーデザインを作成する際には、ユーザーが正しく理解しやすい表現を心掛けることが重要です。誤解を招く可能性のある要素を取り除いたり、明確なメッセージや意図が伝わるようなデザインを心掛けましょう。

5. 「広告主の明確さ」大切。広告主が信用されるよう、はっきりと示そう

YDNバナーの審査において、広告主の明確さは非常に重要です。ユーザーはバナー広告を見た際に、誰がその広告主なのかをすぐに理解できるようにしてください。信頼性のある広告主であることをアピールするために、はっきりとした表現を使用しましょう。

例えば、「公式サイト」「有名企業」「信頼の○○ブランド」といった具体的な表現を使うことで、広告主の明確さをアピールすることができます。また、ロゴやブランドカラーなど、広告主をイメージさせる要素をバナー内に組み込むことも効果的です。

広告主の明確さが不足している場合、ユーザーはバナーに対して不信感を抱く可能性があります。審査通過のためにも、広告主が明確に示されているバナーを作成しましょう。

6. 「ネイティブ広告」も注意!広告とコンテンツが同化するのは避けるべき

ネイティブ広告は最近注目されている広告形式ですが、ユーザーに感覚的に広告と分かるようにすることが重要です。つまり、広告がコンテンツと同化しすぎるのは避けるべきです。例えば、記事の中で一切区別がつかないようなコンテンツにネイティブ広告が挿入されていると、ユーザーは広告であることに気付かず、企業の宣伝活動として認識しないかもしれません。ユーザーが広告かどうかを判断しやすいよう、ネイティブ広告は明確に広告であることを示すデザインや表示方法を取り入れましょう。特に、広告を表示させる際には、バナーの周りに囲い罫を加えて、広告としての存在を明示することが重要です。

7. 「一石二鳥は厳禁」。広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視しよう

YDNバナー審査で落ちる典型的な事例の一つに、広告の内容が複数のメッセージを伝えようとしている場合があります。広告は一つのメッセージを明瞭に伝えることが求められます。複数のメッセージが含まれていると、ユーザーは混乱してしまう可能性があります。ですから、広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視することが重要です。ユーザーに対して明確なメッセージを送り、広告の目的を的確に伝えることで、審査合格のチャンスが高まります。

8. 「公的保険の適用情報」を間違えないよう注意!

公的保険の適用情報は、バナー広告において非常に重要な要素です。

公的保険の内容や適用条件が正確に伝わるようにし、誤解を招かないように注意しましょう。

誤った情報を記載すると、ユーザーは不正確な情報によって誘導される可能性があります。

バナー広告は限られたスペースの中で情報を伝えるため、公的保険の適用情報を正確かつ簡潔にまとめることが重要です。

万一、公的保険の適用情報が変更された場合には、バナー広告の内容をすぐに修正しましょう。

9. 「ユーザーターゲティング表現」は使用しない

バナー広告では、ユーザーターゲティング表現を使用することは避けるべきです。ユーザーターゲティング表現とは、ユーザーの属性や興味に関連する言葉やフレーズです。例えば、「あなたにピッタリの商品」といった表現があります。

なぜユーザーターゲティング表現を使用しない方が良いのでしょうか?それは、バナー広告を見たユーザーが、なぜそのバナーが自分に向けられているのか疑問に思うことがあるからです。ユーザーターゲティング表現を使用すると、広告主がユーザーのプライバシーを侵害しているように感じるかもしれません。

また、ユーザーターゲティング表現を使用すると、バナー広告が不特定多数のユーザーに対して適用される広告とは異なる印象を与えてしまいます。その結果、ユーザーは広告への信頼を失い、バナー広告に対して興味を持たなくなる可能性があります。

ユーザーターゲティング表現は、ユーザーに対して直接的にアプローチするための手法ですが、バナー広告では注意が必要です。代わりに、広告の内容や価値を明確に示すことで、ユーザーの興味を引くことが重要です。

10. 「連絡先の不明確さ」は審査落ちの大敵。しっかり記載し、信頼を築こう

審査に合格するためには、連絡先の明確な記載は欠かせません。ユーザーからの問い合わせや連絡を容易にするためにも、しっかりと連絡先を明示しましょう。例えば、会社名や住所、電話番号、メールアドレスなど、様々な方法で連絡可能な情報を提供することが重要です。ただし、個人情報保護の観点から、安全性を確保するためにも注意が必要です。個人情報の取り扱いに関しては、プライバシーポリシーや利用規約などで詳細を説明し、ユーザーに安心感を与えるようにしましょう。信頼性を高めるためにも、迅速かつ適切に問い合わせに対応する体制を整えておくことも大切です。

YDNバナーの規定と審査基準について

YDNバナーの審査で不合格になるケースは多くありますが、具体的なポイントを押さえて対処することで合格率を上げることができます。以下、YDNバナーの審査基準に関する10の典型事例を解説します。

1. 判断ミス?Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザインは避けよう

YDNバナーのデザインはYahoo! JAPANのコンテンツと混同されることがないように注意しましょう。

2. 誇張は大丈夫、だけど「NO1」主張は根拠が必要!

バナー内での「NO1」の主張には根拠が必要です。誇張表現は許可されますが、信憑性を担保するためにも根拠を示しましょう。

3. 「過度な露出」は禁止。肌の露出が多い写真はNGな記憶にとどめておこう

肌の露出が多い写真を使うと、過度な露出と見なされて不合格になる可能性があります。特に広告の中で使用する写真は慎重に選びましょう。

4. 「誤認させる表現」は危険!ユーザーを混乱させるバナーは審査に通らない

バナー内で誤解を招く表現を使ってしまうと、ユーザーを混乱させる可能性があります。審査基準に合わせて明確な表現を心がけましょう。

5. 「広告主の明確さ」大切。広告主が信用されるよう、はっきりと示そう

バナー内で広告主を明確に示すことは重要です。信用性を高めるためにも、広告主の情報をはっきりと表示しましょう。

6. 「ネイティブ広告」も注意!広告とコンテンツが同化するのは避けるべき

ネイティブ広告としてデザインされたバナーは審査基準に注意が必要です。広告とコンテンツが混同されないように、デザインに工夫を凝らしましょう。

7. 「一石二鳥は厳禁」。広告の内容は1つに絞り、明瞭性を重視しよう

バナー内の広告内容はごちゃごちゃさせず、1つに絞ることが重要です。分かりやすい表現を心がけましょう。

8. 「公的保険の適用情報」を間違えないよう注意!

バナー内で公的保険の適用情報を誤って表示すると、不合格になる可能性があります。情報の正確性を確認しましょう。

9. 「ユーザーターゲティング表現」は使用しない

バナー内でユーザーターゲティングを意識させる表現をすると、審査基準に抵触する可能性があります。注意しましょう。

10. 「連絡先の不明確さ」は審査落ちの大敵。しっかり記載し、信頼を築こう

バナー内の連絡先情報が不明確だと合格できないことがあります。連絡先の情報をしっかりと記

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、YDNバナーの審査不合格の典型事例と対処法について紹介しました。バナー審査での落ちる原因として、Yahoo! JAPANのコンテンツと混同されやすいデザインや、根拠のない「NO1」主張、過度な露出のある写真、ユーザーを混乱させる誤認させる表現などがあります。また、広告主の明確さやネイティブ広告、広告の明瞭性、公的保険の適用情報なども重要なポイントです。さらに、ユーザーターゲティング表現は使用しないよう注意し、連絡先の明確さを確保することも大切です。YDNバナーの規定と審査基準についても触れました。これらのポイントを抑えることで、YDNバナーの審査に合格し、効果的な広告展開ができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました