個人視聴率化!世帯視聴率との違いとCM出稿時の3つのポイントを解説!

プロモーションと広告

個人視聴率と世帯視聴率は、一体何が違うのでしょうか。また、なぜ個人視聴率が注目されているのかも気になるところです。この記事では、個人視聴率の調査方法や区分別の個人視聴率、コア視聴率の意味について詳しく解説しています。さらに、個人視聴率に合わせたCM出稿のコツや、自社のターゲット層にピッタリのCM配信方法、商品にぴったりなテレビCMの作り方についても教えています。この記事を読めば、個人視聴率について理解することができます。

個人視聴率とは?一体何が違うの?

個人視聴率とは、世帯内での視聴人数や視聴率ではなく、誰が視聴しているかを示す視聴率のことです。これに対して、世帯視聴率は家庭全体の視聴率を測定しています。つまり、個人視聴率は個々人の視聴行動を追跡し、その情報をもとに視聴率を算出するのに対して、世帯視聴率は家族全体の視聴行動を基に算出されます。

この違いによって、個人視聴率はより詳細なターゲティングが可能となります。例えば、ある番組が全体的には人気があっても、特定の年齢層や性別の視聴者に絞ってみると実は需要が少ない場合もあります。しかし、個人視聴率を利用することで、より細かいターゲットに合わせたCMを作成し、配信することができます。

個人視聴率と世帯視聴率、その大きな違いはなんだろう

個人視聴率とは、個々の人がテレビ番組をどれくらい視聴しているかを示す指標です。一方、世帯視聴率は家庭単位での視聴率で、特定の番組を家族全員で視聴しているかどうかを示します。

では、なぜ個人視聴率が注目されているのでしょうか?その理由は、個人視聴率が主流になったことで、より詳細なターゲティングが可能になったからです。世帯視聴率では、家族全員の視聴行動がまとめられるため、個々の人の興味や嗜好には配慮できませんでした。しかし、個人視聴率では、各個人の視聴行動を把握することができるため、より的確なターゲット設定が可能となります。

なぜ今、個人視聴率が注目されているのか

近年、テレビ業界では従来の世帯視聴率に加えて、個人視聴率が注目されています。それはなぜでしょうか。個人視聴率が注目されるようになった主な理由は、より詳細なターゲティングが可能になったからです。

世帯視聴率は、あくまで家族全体の視聴率を示す推定値であり、誰が何人で視聴していたかを示しています。一方、個人視聴率は、家族の中で誰が何を視聴していたかを個別に計測することができます。

これにより、テレビ業界はより詳細なターゲティングが可能になり、広告主は自社が狙う層にピッタリのテレビCMを配信できるようになりました。例えば、あるお菓子メーカーが若い女性をターゲットにしたい場合、若い女性が多い時間帯や番組に広告を出稿することができます。

個人視聴率を活用することで、広告主はより効果的なマーケティングを実現することができます。そのため、個人視聴率が注目を浴びているのです。

個人視聴率の調査ってどうやって行われているの?

個人視聴率は、テレビ番組が一人の視聴者にどれくらい見られているかを示す指標です。では、具体的に個人視聴率の調査はどのように行われているのでしょうか?

実際の調査方法は、ビデオリサーチという会社が行っています。ビデオリサーチは、日本でテレビ視聴率調査のリーディングカンパニーであり、世帯視聴率や個人視聴率のデータを提供しています。

個人視聴率の調査は、ビデオリサーチが選ばれた世帯約5,000世帯に、テレビ視聴パネルと呼ばれる測定器を設置し、世帯内の各メンバーがどのテレビ番組を見ているのかを測定しています。

パネルメンバーは、測定器に個別のIDを登録しており、番組を視聴するたびにそのIDを押すことで、どのメンバーがどの番組を見ているのかを判別します。

また、ビデオリサーチでは、視聴データを厳密なデータ処理・集計を行い、さまざまな要素を考慮しながら視聴率を算出しています。

これにより、個人視聴率は番組ごとに推移するため、どの番組がどのような視聴者層に支持されているのかを把握することができるのです。

個人視聴率も色々!区分別の個人視聴率とコア視聴率って何?

個人視聴率には、区分別の個人視聴率とコア視聴率の2種類があります。区分別の個人視聴率とは、視聴者の年齢や性別などを考慮して、ターゲット層ごとに視聴率を調査したものです。これにより、自社の商品やサービスに興味を持ちやすいであろう層にテレビCMを配信することができます。

一方、コア視聴率は、商品の購買意欲の高い13歳から49歳までの視聴率を示します。この層は、マーケティング戦略上も非常に重要であり、テレビCMにおいては人気のあるタレントと組み合わせることで、より効果的な広告を実現することができます。

区分別の個人視聴率って?一体何を調査しているの?

区分別の個人視聴率は、年齢や性別などの要素によって視聴者をグループ分けし、それぞれのグループの視聴率を調査するものです。例えば、10代の男性や50代の女性など、さまざまな年齢層や性別ごとの視聴率を把握することで、より具体的なターゲット層に向けたCM配信が可能になります。

コア視聴率とは?これが高いと一体何がうれしいの?

コア視聴率とは、商品購買意欲の高い13歳から49歳までの視聴率のことです。一般的に、この年齢層は消費活動が活発であり、商品やサービスへの需要も高い傾向にあります。そのため、コア視聴率が高いと、自社のターゲット層がより多くの人々に達することが期待できます。

ほしいターゲットにバッチリ!個人視聴率に合わせたCM出稿のコツ教えます

個人視聴率が広告業界で注目されているのは、その詳細なターゲティングが可能になったからです。しかし、どのようにして個人視聴率に合わせたCMを出稿すればよいのでしょうか?ここでは、2つのポイントを紹介します。

1.区分ごとの個人視聴率を参考に自社のターゲットになる層にテレビCMを配信する

個人視聴率は年齢や性別によって区分ごとに分かれています。これを活用して、自社のターゲット層にピッタリなCMを配信しましょう。例えば、若年層をターゲットにしたい場合は、10代や20代の個人視聴率を参考にしてCMを制作し、配信することが効果的です。

2.コア層に人気のタレントをキャスティングする

個人視聴率には、商品購買意欲の高い13歳から49歳までの視聴率を示すコア視聴率という指標があります。コア層に訴求するためには、その層に人気のあるタレントを起用することが重要です。タレントの知名度やブランドイメージと自社の商品やサービスのイメージをマッチさせることで、より効果的なCMを作ることができます。

自社が狙う層にピッタリ!区分別の個人視聴率を利用したCM配信の方法

個人視聴率を活用することで、自社が狙うターゲットにピッタリのテレビCMを配信することができます。まずは、区分ごとの個人視聴率を参考にしましょう。調査対象の年齢や性別ごとに区分した視聴率を把握することで、自社のターゲットになる層にテレビCMを適切に配信することができます。例えば、女性向けの商品を売りたい場合は、女性の視聴率が高い時間帯や番組にCMを出稿することが効果的です。

次に、コア層に人気のタレントをキャスティングすることも重要です。コア視聴率は、商品購買意欲の高い13歳から49歳までの視聴率を示しています。この年齢層がターゲットとする商品には、コア層に人気のあるタレントを起用することで効果的なCMを制作することができます。例えば、若年層に人気のあるアイドルや俳優を起用することで、商品のイメージ向上や購買意欲の喚起が可能です。

コア視聴率が高いタレントと一緒に!商品にぴったりなテレビCMの作り方

テレビCMの成功には、タレントの起用が欠かせません。中でも、コア視聴率が高いタレントを起用することは、商品のターゲットにぴったりなCMを作るための重要なポイントです。コア視聴率は、商品購買意欲の高い13歳から49歳までの視聴率を指します。この層にアピールするためには、コア視聴率の高いタレントを選ぶことがポイントです。
例えば、女性向けの化粧品を販売している場合、コア層として20代から30代の女性をターゲットにしていることが多いですよね。そんな場合には、その年齢層に人気のある女優やモデルを起用することで、ターゲットに絶大なインパクトを与えることができます。
また、CMのコンセプトやストーリーにもタレントを巧みに組み込むことが重要です。タレントが自然な形で商品を使ったり、効果を実感したりするシーンを演じることで、視聴者に商品の魅力を伝えることができます。
タレント起用の際には、商品の特徴やターゲットに合ったタレントを選ぶことが大切です。商品のコンセプトやブランドイメージに合致し、視聴者との共感を生むことができるタレントを起用することで、テレビCMの効果を最大限に引き出すことができます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、個人視聴率と世帯視聴率という2つの指標の違いや個人視聴率が注目される背景、個人視聴率の調査方法、区分別の個人視聴率やコア視聴率について解説しました。さらに、個人視聴率に合わせたCM出稿のポイントや自社のターゲット層に合わせたCM配信方法、そしてコア視聴率が高いタレントを起用したテレビCMの作り方についても紹介しました。これらの情報を活用することで、効果的なCM戦略を展開し、より多くの視聴者にアピールすることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました