外注の選び方から発注のコツまで、記事作成の要点に的を絞って解説!

プロモーションと広告

外注の選び方から発注のコツまで、記事作成の要点に的を絞って解説します。自分で文章を書くか外部に依頼するか、そのメリットやデメリットについて詳しく解説します。また、外部パートナーの選び方について、記事作成会社とクラウドソーシングの比較や注意点についても解説します。さらに、外部パートナーへの発注で失敗しないためのアドバイスをご紹介します。信頼できるポートフォリオと実績、チェック体制の作り方、フィードバックの書き方など、具体的なポイントについて詳しく解説するので、安心して外注を利用するためのノウハウを身につけることができます。

記事作成のパートナー探し ~自分で書くor外部に委託する~

記事を作成する際には、自分で書くか外部のパートナーに委託するかを選ぶ必要があります。自分で書く場合のメリットは、自分自身の思いを文章に表現できることや、費用を抑えられることです。一方、デメリットとしては、時間やスキルが必要であることや、客観的な目線が難しいことがあります。一方、外部パートナーに依頼する場合の利点は、専門的な知識とスキルを持った人に任せられることや、効率的に記事を作成できることです。しかし、外部のパートナーに依頼するには、信頼できるパートナーを選ぶ必要があります。どちらを選ぶにしても、自分の目的やニーズに合った最適な方法を選ぶことが重要です。

自分で書く文章のメリット&デメリット

誰でも読みやすい文章を作るのが得意なら、自分で記事を書くことも検討しましょう。自分で書くメリットは、思い通りの表現ができることです。自分のアイデアやスタイルを自由に盛り込むことができます。また、自分が得意な分野なら、専門知識も生かせるでしょう。しかし、デメリットもあります。時間と労力がかかることや、文章力が不足している場合には読み手に伝わりにくくなる可能性があります。自己満足に陥り、客観的な視点を失いがちなことも注意が必要です。

外部パートナーに依頼する文章制作の利点とハードル

外部パートナーに文章制作を依頼することには、いくつかの利点とハードルが存在します。

まず、利点の一つは専門知識と経験の活用です。外部のライターや記事制作会社は、様々なジャンルやテーマに対応した豊富な知識と経験を持っています。そのため、専門的な知識が必要なテーマでも的確な記事を作成することができます。

また、時間や労力の節約もメリットの一つです。外部に委託することで、自社のスタッフは他の業務に集中することができます。時間の節約だけでなく、煩雑な文章作成作業から解放されることで、より生産的な仕事に取り組むことができます。

一方で、外部パートナーに依頼することにはいくつかのハードルが存在します。例えば、コミュニケーションの調整や理解度の確認などが挙げられます。自社の要求や想いを正確に伝えることが必要であり、認識のずれや誤解を避けるためにも、コミュニケーションを円滑に行う必要があります。

また、外部パートナーの選定もハードルの一つです。信頼できるパートナーを選ぶためには、実績やポートフォリオを確認し、適切なスキルや知識を持っているかを見極める必要があります。

以上、外部パートナーに依頼する文章制作の利点とハードルについて紹介しました。正確で魅力的な記事を作成するためには、外部パートナーとの信頼関係を構築し、コミュニケーションを密に行うことが重要です。

外部パートナーの選び方 ~記事作成会社 vs クラウドソーシング~

外部パートナーを選ぶ際には、記事作成会社とクラウドソーシングの2つの選択肢があります。記事作成会社を選ぶメリットは、専門知識を持ったライターが在籍していることや、編集部のチェック体制が整っていることです。一方、クラウドソーシングでは、意欲的なフリーランスが集まっており、自分のニーズに合ったライターを選ぶことができます。どちらを選ぶにしても、パートナーの実績やポートフォリオをチェックし、信頼性があるかどうか確認することが重要です。また、社内でも記事のチェック体制を整え、フィードバックの内容は必ず文書に残すようにしましょう。

記事作成会社の利用メリットと注意点

記事作成会社を利用することの利点は、専門知識を持つライターや編集者が記事を作成してくれるため、品質の高いコンテンツを作ることができるという点です。また、社内の人員不足や時間の制約がある場合には、外部のパートナーに依頼することで、効率的に記事を作成することができます。

しかし、注意点としては、価格が高めになる場合があることや、企業の理念やブランドイメージに合った記事を作成してもらえない可能性があることです。そのため、事前に十分な打ち合わせを行い、要望や期待を明確に伝えることが重要です。また、信頼性のある記事作成会社を選ぶことも大切です。過去の実績やポートフォリオを確認することで、その会社の品質やスタイルについて判断することができます。

クラウドソーシングと意欲的なフリーランスとの連携

外部パートナーに記事制作を依頼する際、クラウドソーシングを利用することも一つの選択肢となります。クラウドソーシングはインターネット上で行われる仕事の受発注プラットフォームであり、多くのライターやクリエイターが登録しています。意欲的なフリーランスを見つけることができるため、独自の視点やスキルを持ったライターを探すことができるでしょう。また、クラウドソーシングは柔軟な仕事のスケジュールや価格交渉が可能であり、予算に合わせた記事制作ができる利点もあります。

外部パートナーへの発注で失敗しないためのアドバイス

外部パートナーに記事作成を依頼する際には、いくつかのポイントに注意する必要があります。まず、パートナーの選択基準として、信頼できるポートフォリオと実績を重視しましょう。過去の作品やお客様の評価などを確認することで、そのパートナーの実力やスタイルを把握することができます。さらに、社内ではきちんとしたチェック体制を整えておくことも重要です。記事の内容や品質について、社内の専門チームがチェックを行い、問題があればパートナーにフィードバックすることができます。そして、フィードバックの内容は必ず書面に残しておくことも大切です。過去の改善点や指摘事項を記録しておくことで、今後の記事制作の参考にすることができます。これらのアドバイスを守ることで、外部パートナーへの発注で失敗するリスクを最小限に抑えることができます。

パートナーの選択基準:信頼できるポートフォリオと実績

外部パートナーに記事制作を依頼する際には、信頼できるポートフォリオと実績が重要な選択基準となります。

まず、ポートフォリオはそのパートナーが過去に手がけた記事の質や内容を確認する重要な手段です。ポートフォリオをチェックすることで、そのパートナーの文章力や表現力、専門知識などが窺い知れます。

そして、実績も見逃せないポイントです。他のクライアントとの取引実績や、達成した成果を把握することで、そのパートナーの信頼性や納品のスピード、効果を把握することができます。

また、ポートフォリオや実績を評価する際には、あくまで自社の記事の目的やニーズとの一致度を重視しましょう。例えば、特定の業界に精通しているライターが求められる場合は、同じようなテーマに関する実績を優先的にチェックすることが大切です。

信頼できるポートフォリオと実績を持つパートナーを選ぶことで、より品質の高い記事を受け取ることができるでしょう。

社内ではきちんとしたチェック体制を作りましょう

外部パートナーに記事制作を依頼する場合、社内できちんとしたチェック体制を整えることが重要です。記事には企業のイメージやブランドを反映させるため、一貫性のある内容や表現が求められます。チェック体制を整えることで、パートナーに適切なフィードバックを返すことができ、品質を確保することができます。具体的には、チェックリストやガイドラインを用意しておき、記事の内容や表現、文章の流れなどを確認することが重要です。また、担当者を設けて定期的にチェックを行い、改善点や修正箇所を指摘することも効果的です。社内でのチェック体制を整えることで、外部パートナーとのコミュニケーションもスムーズになり、よりクオリティの高い記事制作ができるでしょう。

フィードバックは必ず書面に残しておきましょう

外部パートナーに記事制作を依頼する際には、大切なポイントとしてフィードバックのやり取りを文書に残すことが重要です。口頭でのやりとりだけでは、後々トラブルやミスが生じる可能性があります。書面に残しておくことで、どのようなフィードバックをしたか、どのような指示を出したかが明確になります。また、パートナー側も文書を参照することで、確認や修正がスムーズに進められます。細かい指摘や要望も見逃さずに書面にまとめることで、よりクオリティの高い記事が完成するでしょう。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、外注の選び方から発注のコツまで、記事作成の要点に的を絞って解説しました。自分で文章を書くメリットやデメリット、外部パートナーへの依頼の利点やハードルについても触れました。

さらに、外部パートナーの選び方として記事作成会社とクラウドソーシングの比較をし、それぞれの利点と注意点についても説明しました。外部パートナーへの発注で失敗しないためのアドバイスとして、信頼できるポートフォリオと実績を持つパートナーの選択基準やチェック体制の作り方、フィードバックの重要性についても述べました。

これらの情報を参考にして、記事作成のパートナー選びや発注の際に役立てていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました