Web広告の提案方法で10年営業してわかった絶対的な受注率向上の裏ワザ

プロモーションと広告

Web広告の提案方法で10年営業してわかった絶対的な受注率向上の裏ワザについて紹介します。成功するWeb広告提案のポイントや失敗する一般的なケース、そして提案までのパスとその手順などについて詳しく解説しています。また、事前のヒアリングで確認すべき項目や提案を強化するために必要な追加要素についても触れています。この記事を読めば、Web広告の提案方法についてのノウハウやポイントが分かります。

  1. 成功するWeb広告提案のポイント
    1. 明確な課題定義が提案の要
    2. 最善の戦略を探求する力
    3. 結果予測の必要性とシミュレーション
    4. リスクの想定とその対策
  2. 失敗する提案の一般的な3つのケース
    1. ケース1:提案内容が不完全な場合
    2. ケース2:提案内容が次元異なる場合
    3. ケース3:提案内容が伝わらない場合
    4. ステップ1: 問い合わせの理解
    5. ステップ2: 顧客からの情報を聞き出すヒアリング
    6. ステップ3: 要求事項の整理
    7. ステップ4: 具体的なプランの策定
    8. ステップ5: 結果の予測とそのシミュレーション
    9. ステップ6: 有効な提案書の作成
    10. ステップ7: 提案のプレゼンテーション
    11. ステップ8: クライアントとの合意形成
    12. ステップ9: 契約締結と実行
    13. ステップ1: 問い合わせの理解
    14. ステップ2: 顧客からの情報を聞き出すヒアリング
    15. ステップ3: 要求事項の整理
    16. ステップ4: 具体的なプランの策定
    17. ステップ5: 結果の予測とそのシミュレーション
    18. ステップ6: 有効な提案書の作成
    19. ステップ7: 提案のプレゼンテーション
    20. ステップ8: クライアントとの合意形成
    21. ステップ9: 契約締結と実行
    22. 提案に向けた事前のヒアリングで確認すべき項目
    23. 広告掲載を考慮している媒体の確認
    24. 広告予算と広告の掲載期間
    25. 広告のリンク先URLの確認
    26. SNSアカウントの状況確認
    27. プロモーション目的の設定
    28. 提案を強化するために必要な追加要素
    29. 市場および業界データの活用
    30. 競合他社との比較表の作成
    31. チームの体制を整える
  3. 提案から契約締結、作業開始までのタイムライン
  4. この記事のまとめ

成功するWeb広告提案のポイント

Web広告の提案では、明確な課題定義が非常に重要です。顧客の課題や目標を正確に把握し、それに対する解決策や効果的な施策を提示することが求められます。具体的な課題を踏まえた提案がなされることで、顧客も納得しやすくなり、受注率の向上に繋がるでしょう。

また、最善の戦略を選ぶことも重要なポイントです。顧客にとって最適な広告媒体やプロモーション方法を検討し、それに基づいた具体的なプランを策定する必要があります。顧客の要望やニーズだけでなく、市場や競合の状況も考慮し、最適な施策を提案しましょう。

さらに、Web広告提案では結果予測とそのシミュレーションが必要です。提案の効果や予測結果を数値化し、具体的な数字で示すことで、顧客に対して説得力を持った提案ができます。また、リスクや撤退条件の想定も大切です。予想外の事態に備えた対策を提示し、顧客に安心感を与えることが重要です。

明確な課題定義が提案の要

Web広告の提案を成功させるためには、明確な課題定義が不可欠です。クライアントのニーズや問題を正確に把握し、それに対する解決策を提供することが求められます。課題定義が不明瞭だと、クライアントに対して適切な解決策を提案することができませんし、受注率も下がってしまう可能性があります。

課題定義は、クライアントとのコミュニケーションを通じて行われます。クライアントの要望や目標に対して深く掘り下げることで、具体的な課題を明確にすることができます。また、クライアントのビジネスの現状や競合状況、ターゲット市場などを分析し、課題をより具体化することも重要です。

明確な課題定義は、提案書やプレゼンテーションの中で明確に伝える必要があります。具体的な課題を明確に示し、その解決策を提案することで、クライアントに対して信頼感を与えることができます。また、課題が明確であれば、提案が受け入れられやすくなる可能性も高まります。

最善の戦略を探求する力

成功するWeb広告提案には、最善の戦略を探求する力が不可欠です。提案内容は顧客のニーズに応じてカスタマイズされるべきであり、一般的な解決策ではなく、最適な解決策を追求する必要があります。顧客の目標、競合状況、ターゲットオーディエンスを考慮し、効果的な戦略を立てることが求められます。

たとえば、提案の前に市場調査や競合他社の分析を行い、それぞれのデータを基に大まかな方針を決めることが重要です。さらに、顧客の要望や予算、広告掲載期間などを考慮しながら、具体的な戦略を練る必要があります。

また、結果予測やシミュレーションを通じて、提案の効果やROI(投資対効果)を予測することも重要です。これにより、提案内容の妥当性や効果を客観的に示すことができます。さらに、リスクや撤退条件についても考慮し、予想外の事態に備えることが必要です。

最善の戦略を探求するためには、専門知識や経験だけでなく、柔軟性と創造性も必要です。常に新たなアイデアや手法を取り入れ、顧客の課題を解決する最適な方法を見つけ出す努力を惜しまないことが重要です。

結果予測の必要性とシミュレーション

Web広告の提案を成功させるためには、結果予測とそのシミュレーションが不可欠です。クライアントは、自社の投資がどのような成果をもたらすのかを知りたいと考えています。そのため、提案書には具体的な数字や効果予測を盛り込むことが重要です。

結果予測は、過去のデータや市場のトレンドを考慮しながら行います。例えば、過去の広告出稿データや競合他社の成果を分析することで、予測の基礎を作ることができます。また、予算や広告掲載期間を考慮して、どのくらいの効果を期待できるのかを算出します。

さらに、シミュレーションを行うことで、仮説を検証したり、最適な施策を選択したりすることができます。例えば、広告のCTR(クリック率)やCVR(コンバージョン率)を変動させてシミュレーションを実施し、最も効果的な施策を見つけることができます。

リスクの想定とその対策

Web広告の提案において、リスクの想定とそれに対する対策は非常に重要です。リスクの想定を行うことで、具体的な問題や困難を予測し、それに対する対策を計画することができます。
例えば、予算不足や広告掲載期間の短さなど、制約条件がある場合には、それに応じた柔軟なプランを立てる必要があります。また、広告のリンク先URLやSNSアカウントの状況が不十分な場合には、それらの改善策を提案することが求められます。
さらに、競合他社と比較した際に劣っている点や市場のデータが不足している場合には、それらを補うためのデータ収集や分析を行うことが重要です。また、提案内容がクライアントに伝わりにくい場合には、資料の整理や分かりやすいプレゼンテーションを心掛けることが必要です。
リスクの想定と対策を明確に示すことで、クライアントに対して安心感や信頼を与えることができます。これにより、受注率を向上させることができるでしょう。

失敗する提案の一般的な3つのケース

Web広告の提案をする際には、成功するために注意すべきポイントがあります。一方で、失敗する提案の典型的なケースも存在します。まず、提案内容が不完全な場合です。提案書に十分な情報がなく、顧客が必要な情報を得られないと、受注率は低下します。次に、提案内容が次元異なる場合も失敗の原因となります。顧客の課題やニーズに対し、提案内容が合わない場合は、顧客は他の提案を選ぶ可能性が高くなります。さらに、提案内容が伝わらない場合も問題です。提案書やプレゼンテーションがわかりにくいと、顧客は提案内容を理解できず、受注に至らないでしょう。以上の3つのケースには注意が必要です。

ケース1:提案内容が不完全な場合

提案内容が不完全な場合、クライアントは十分な情報を得ることができず、自社の課題に対する解決策を見いだすことができません。まず、クライアントの要件や目標を正確に把握することが重要です。提案する際には、クライアントのニーズや課題を明確に定義し、具体的な解決策を提供する必要があります。たとえば、クライアントが特定の商品の販売促進を希望している場合、どのような商品が対象で、どのようなターゲット層を想定しているのかを明確にすることが重要です。また、クライアントが求める成果や効果についても具体的に確認し、提案に反映させる必要があります。

ケース2:提案内容が次元異なる場合

顧客の要望に合わせた提案をしっかりと行うことは非常に重要ですが、時には提案内容が顧客の希望とは次元の異なるものとなってしまうことがあります。この場合、提案者は顧客のニーズや目標を再確認することが必要です。

たとえば、顧客が特定の商品を売りたいという要望を伝えてきた場合、提案者はその商品の魅力や特徴を最大限に引き出す提案を考える必要があります。しかし、提案者が別の商品やサービスを提案し、顧客の要望とは全く異なる方向に誘導してしまった場合、提案は失敗に終わる可能性があります。

もちろん、提案者自身が独自のアイデアや戦略を持っている場合は、それを積極的に提案することも重要です。ただし、その場合でも顧客のニーズや目標を踏まえた上で提案を行う必要があります。顧客が求めているものと提案者が考えているものとが全く異なってしまうと、受け入れられずに提案は失敗に終わってしまいます。

ケース3:提案内容が伝わらない場合

提案内容がクライアントに十分に伝わっていない場合、受注率の向上は望めません。クライアントは自社の課題に対して解決策を求めており、提案内容が分かりやすく伝わらないと、信頼感を持って受け取れません。具体的な例や説明を交え、提案の目的やメリットを明確に説明することが重要です。また、クライアントの要望やニーズを理解し、それに合わせた提案をすることも大切です。提案内容がクライアントに伝わるよう、わかりやすい言葉や図表を活用しましょう。

ステップ1: 問い合わせの理解

まずは、顧客からの問い合わせ内容をしっかりと理解することが重要です。顧客は何を求めているのか、どのような課題を抱えているのかを明確に把握する必要があります。

ステップ2: 顧客からの情報を聞き出すヒアリング

問い合わせ内容を理解したら、次に顧客からさらに詳細な情報を聞き出すヒアリングを行います。顧客のニーズや要望、予算などを具体的に把握することで、最適な提案ができるようになります。

ステップ3: 要求事項の整理

ヒアリングで得た情報をもとに、顧客の要求事項を整理します。具体的に何を達成したいのか、どのような広告が必要なのかを明確にしましょう。

ステップ4: 具体的なプランの策定

要求事項を整理したら、具体的なプランを策定します。どのような広告手法や媒体を使うのか、予算や期間はどのように設定するのかを考えましょう。

ステップ5: 結果の予測とそのシミュレーション

提案の効果を予測し、そのシミュレーションを行います。広告掲載による予想される成果やROI(投資対効果)を計算し、顧客に具体的な数値を提示することで信頼を築きましょう。

ステップ6: 有効な提案書の作成

プランや予測結果を元に、有効な提案書を作成します。わかりやすく、具体的な内容を記載し、顧客が納得しやすいようにしましょう。

ステップ7: 提案のプレゼンテーション

提案書を使って顧客にプレゼンテーションを行います。プランや予測結果をわかりやすく説明し、顧客の疑問や不安にもしっかりと答えましょう。

ステップ8: クライアントとの合意形成

顧客との意見を聞き合いながら、提案内容に合意を形成します。顧客の要望や修正箇所に柔軟に対応し、最終的な提案内容を決定しましょう。

ステップ9: 契約締結と実行

最後に、提案が受け入れられた場合は契約を締結し、実行に移ります。スケジュールや作業内容を明確にし、顧客とのコミュニケーションを大切にしながらプロジェクトを進めましょう。

ステップ1: 問い合わせの理解

問い合わせを受けた際には、まずクライアントの課題や要望を理解することが重要です。具体的な要件や目標をヒアリングし、問題点や課題を明確に把握します。
例えば、クライアントが新規ビジネスの立ち上げに伴い、ターゲット層を明確にする広告を出稿したい場合、そのニーズや目標をヒアリングする必要があります。
クライアントの要望に寄り添いながら、正確に問い合わせ内容を把握することで、提案の内容や方向性を具体化しやすくなります。

ステップ2: 顧客からの情報を聞き出すヒアリング

ヒアリングは、顧客の要望や状況を確認するための重要なステップです。顧客とのヒアリングでは、以下の要素について確認することがポイントです。

・広告掲載を考慮している媒体の確認

・広告予算と広告の掲載期間の確認

・広告のリンク先URLの確認

・SNSアカウントの状況確認

・プロモーション目的の設定

・ターゲット設定と商圏の特定

これらの情報をヒアリングすることで、クライアントの要望や目標を正確に把握し、最適な提案を行うことができます。

ステップ3: 要求事項の整理

提案の前に、顧客から確認すべき要求事項を整理することが重要です。顧客の要望やニーズを正確に把握し、それに応えるための具体的な施策を立てることが求められます。要求事項の整理では、以下の点に注目しましょう。

  1. 広告掲載を考慮している媒体の確認:顧客が広告を掲載したい媒体を明確にしておきましょう。例えば、インターネット広告やSNS、テレビCMなど。
  2. 広告予算と広告の掲載期間:顧客が予算と掲載期間を提示してくれることがあります。これに基づいて、最適な広告プランを提案することが重要です。
  3. 広告のリンク先URLの確認:広告をクリックした後のリンク先URLが指定されているか確認しましょう。顧客のウェブサイトや特定のランディングページへのリンクなどになります。
  4. SNSアカウントの状況確認:顧客がSNSを活用している場合、そのアカウントの状況やフォロワー数などを把握しておきましょう。SNSの活用も提案の一環となることがあります。
  5. プロモーション目的の設定:広告の目的やKPI(Key Performance Indicator)を明確にしておくことが重要です。顧客が何を達成したいのかを把握し、その目標に向けた施策を提案することが求められます。
  6. ターゲット設定と商圏の特定:広告の対象となるターゲット層や商圏を明確にしておきましょう。顧客の想定する顧客層や広告活動の範囲を把握し、効果的なターゲティングを行うことが重要です。

要求事項の整理を行うことで、提案の具体性と効果を高めることができます。顧客の要望をしっかりと把握し、ニーズに応える提案を作成しましょう。

ステップ4: 具体的なプランの策定

具体的なプランの策定は、提案の骨格となる重要なステップです。このステップでは、顧客の課題や要望に基づいて、具体的な広告戦略や活動計画を策定します。

まずは、顧客の目的や目標を明確に把握しましょう。具体的な成果や効果を達成するための戦略や手段を考え、それを実現するための具体的なアクションプランを立てます。

また、予算や期間、ターゲット層、商圏などの制約条件も考慮しながら、最適なプランを策定していきます。プランの中で、どのような媒体や広告手法を活用するか、具体的な広告予算の配分やスケジュールなど、細かな部分まで考慮する必要があります。

さらに、プランの具体性を高めるために、シミュレーションを行いましょう。Web広告を出稿した際の想定値や成果予測を算出し、それに基づいて実際の成果や効果を予測します。また、想定されるリスクや撤退条件も考慮し、それに対する対策を立てることも重要です。

具体的なプランの策定は、提案の信憑性や妥当性を高め、受注率の向上につながります。顧客の課題や要望を踏まえた上で、最適な広告戦略を提案することで、確実な受注を獲得することができるでしょう。

ステップ5: 結果の予測とそのシミュレーション

提案を行う上で重要な要素は、顧客に対してWeb広告を出稿した際の予測される結果を示すことです。これにより、顧客は提案内容が具体的で、ビジネス目標に対してどのような影響をもたらすのかを理解することができます。

予測結果を示すためには、過去の類似プロジェクトのデータや市場調査の結果を活用し、広告効果やROI予測などの数値を提示することが有効です。また、シミュレーションを行うことで、様々な仮定条件に基づいた結果を提示することも重要です。

提案書やプレゼンテーションにおいて、結果の予測とそのシミュレーションを具体的に示すことで、顧客は提案内容の信憑性を高く評価し、受注への意欲も高まるでしょう。

ステップ6: 有効な提案書の作成

提案書は、受注率向上において非常に重要な役割を果たします。そのため、提案書を作成する際には以下のポイントに注意する必要があります。

  1. 提案内容の明確な記載: 提案書は、クライアントに対して具体的な提案を示すための重要なドキュメントです。提案内容は、課題の解決策や施策など具体的な内容を明確に記載することが必要です。
  2. Web広告の予測値のシミュレーション: 提案書には、Web広告の出稿予測値やシミュレーション結果を記載することが重要です。これにより、クライアントに提案の効果を具体的にイメージしてもらうことができます。
  3. リスクや撤退条件の提示: 提案書には、想定されるリスクや撤退条件についても明記することが重要です。これにより、クライアントに対して提案のリスクを理解させることができます。

上記のポイントを意識しながら、提案書を作成しましょう。有効な提案書は、クライアントに対して説得力を持った提案ができるだけでなく、受注率向上にも寄与します。

ステップ7: 提案のプレゼンテーション

提案のプレゼンテーションは、受注率を向上させるために非常に重要です。プレゼンテーションでは、顧客に対して提案内容を明確に伝える必要があります。具体的なプランやアイデアを分かりやすく説明し、顧客にとってのメリットや利点を強調することが重要です。

プレゼンテーションを成功させるためには、以下のポイントに注意してください。

  • 伝えるメッセージをシンプルにまとめること
  • 視覚的な資料やグラフを活用して説明を補完すること
  • 相手の質問や懸念に対して十分な準備をしておくこと

また、プレゼンテーションの場では、相手の反応を見ながら柔軟に対応することも重要です。相手の関心や要望に合わせて提案内容を調整し、信頼関係を築くことができれば、受注率を高めることができます。

ステップ8: クライアントとの合意形成

提案がクライアントに受け入れられ、受注に繋がるためには、最終的な合意形成が必要です。このステップでは、提案内容の詳細な説明や提案書の修正、価格や契約条件の調整などが行われます。クライアントの要望や要件に柔軟に対応し、信頼関係を築くことが重要です。合意形成のためには、積極的に相手の意見を尊重し、誠意を持って対応することが求められます。クライアントとの円満な合意形成により、受注率を向上させることができます。

ステップ9: 契約締結と実行

提案が受け入れられた場合、契約締結と実行に移ります。まずは、提案内容や契約条件に関する最終調整を行います。クライアントとの間で合意が得られたら、正式な契約書を作成し、双方の代表者が署名します。

契約締結後は、提案の実行に着手します。具体的なスケジュールやタスクのリストを作成し、担当者を決定します。プロジェクトの進捗を定期的に報告し、必要に応じて調整や改善を行いながら、計画通りに実行していきます。

契約締結と実行の過程では、クライアントとのコミュニケーションが重要です。進捗状況や課題、変更要求などを適切に共有し、信頼関係を築いていくことが求められます。また、納品物や成果物の品質にも注意を払い、クライアントの期待に応えるよう努めましょう。

提案に向けた事前のヒアリングで確認すべき項目

提案に向けた事前のヒアリングでは、以下の項目を確認することが重要です。

  • 広告掲載を検討している媒体についての確認
  • 広告予算と広告の掲載期間の確認
  • 広告のリンク先URLの確認
  • SNSアカウントの状況確認
  • プロモーションの目的の設定
  • ターゲット設定と商圏の特定

これらの項目を確認することによって、効果的な提案を行うための基礎を築くことができます。提案内容を具体化し、顧客のニーズに合わせた戦略を立てることが求められます。

広告掲載を考慮している媒体の確認

Web広告の提案を行う際には、どの媒体に広告を掲載するのかを考慮する必要があります。適切な媒体を選ぶことは、受注率を向上させるために非常に重要です。

まずは、広告掲載を考慮している媒体が適切かどうかを確認しましょう。媒体の特徴やターゲット層、広告掲載の規模や費用など、様々な要素を考慮して判断する必要があります。例えば、ブログやSNSなどの個人の運営するメディアを選ぶ場合は、そのメディアの読者層やアクティブユーザー数が重要なポイントになります。

また、ネットニュースサイトや専門メディアなどの大手メディアを選ぶ場合は、影響力や信頼性が求められます。広告掲載の効果を最大化するためには、ターゲット層に合った媒体を選択することが必要不可欠です。

広告予算と広告の掲載期間

Web広告の提案を行う際に重要な要素の一つは、広告予算と広告の掲載期間です。広告予算は、企業が広告活動に割り当てられる予算のことであり、広告の効果を最大化するために重要なポイントです。広告の掲載期間は、広告が表示される期間のことであり、広告のタイミングや効果に直結する重要な要素です。

広告予算を決める際には、予算の範囲や目標に合わせて広告の出稿量や媒体を選定する必要があります。予算が限られている場合は、効果的な媒体や広告形態を選ぶことが求められます。一方、広告の掲載期間は、ターゲットユーザーの行動や需要の変動、競合他社の動向などを考慮して決定する必要があります。最適な掲載期間を選ぶことで、広告効果を最大化することが可能となります。

広告予算と広告の掲載期間は、Web広告提案の成功に大きく関わる要素です。企業のニーズや目標に合わせて適切に設定し、効果的な広告活動を実現することが重要です。

広告のリンク先URLの確認

広告のリンク先URLの確認は、Web広告提案において非常に重要な要素です。広告をクリックしても、リンク先のページが正常に表示されなかったり、リンクが切れている場合、ユーザーの興味を引くことができず、受注率が低下してしまう可能性があります。

したがって、広告のリンク先URLが正しく設定されていることを確認することは欠かせません。提案書には、リンク先のURLが正確に記載されているか、またリンク先ページが適切に設計されているかといった情報を明確に記述する必要があります。

また、リンク先URLは提案が進む過程で変更されることがあるため、定期的に確認し、最新の情報と一致しているかどうかを確認することも大切です。リンク先URLが正確に記載され、正常に機能することで、ユーザーがスムーズに広告から商品やサービスを購入することができるようになり、受注率の向上につながるでしょう。

SNSアカウントの状況確認

提案するWeb広告にSNSを活用する場合、顧客のSNSアカウントの状況を把握することが重要です。まず、顧客がどのようなSNSアカウントを所有しているのか確認しましょう。例えば、Facebook、Twitter、Instagramなど、主要なSNSプラットフォームにアカウントが存在するかどうかを確認します。

また、アカウントのフォロワーやいいね数、投稿頻度、過去の投稿内容なども確認しましょう。過去の投稿を分析することで、顧客のSNS活動における特徴や傾向を把握することができます。これにより、提案する広告をより効果的に設計することができます。

プロモーション目的の設定

Web広告の提案をする上で、まず重要なのはプロモーション目的を明確に設定することです。なぜなら、広告の効果を評価するためには、具体的な目標を持つことが必要不可欠だからです。例えば、新たな顧客の獲得、既存顧客のリピート率向上、商品やサービスの知名度向上など、目的は様々です。目的を明確に設定することで、その目的達成のために必要な広告の内容や手法を考えることができます。具体的な目的を設定することで、受注率を向上させることができるのです。

Web広告の提案を成功させるためには、ターゲットの設定と商圏の特定が重要です。まず、広告を見る対象となる人々を明確に定義する必要があります。例えば、商品やサービスを利用するであろう年齢層や性別、趣味や関心事などを考慮しましょう。次に、広告を掲載する地域や商圏を特定することも重要です。特定の地域において需要が高いのであれば、その地域をターゲットとすることで、より効果的な広告提案が可能となります。ターゲットの設定と商圏の特定をしっかりと行い、受注率の向上を図りましょう。

提案を強化するために必要な追加要素

Web広告の提案をより強化するためには、以下の要素を追加することが重要です。

  • 市場および業界データの活用:提案内容を裏付けるために、市場や業界のデータを活用しましょう。効果的な広告戦略や競合他社の動向を把握することで、より具体的かつ信頼性のある提案をすることができます。
  • 競合他社との比較表の作成:競合他社の広告戦略や成果を分析し、自社の提案がどのように異なるかを明確にするために比較表を作成しましょう。これにより、クライアントは自社の強みや差別化ポイントを理解しやすくなります。
  • チームの体制を整える:良質な提案をするためには、チームのメンバーが適切な役割を持ち、協力して働くことが必要です。それぞれの専門性を活かし、効率的な情報収集やプランニングができるようにしましょう。

これらの追加要素を提案に取り入れることで、クライアントへの説得力や信頼性が高まり、受注率の向上につながるでしょう。

市場および業界データの活用

Web広告の提案を成功させるためには、市場および業界データの活用が欠かせません。市場のトレンドや競合他社の動向を把握することで、より効果的な提案を行うことができます。

市場データを分析することで、ターゲットとする顧客層の嗜好や購買行動を把握することができます。例えば、特定の商品やサービスの需要が高まっている傾向があれば、そのニーズに応えるような提案を行うことが求められます。また、競合他社との比較データを活用することで、自社の強みや差別化ポイントを明確にすることができます。

業界データも重要な要素です。広告予算や広告の掲載期間、リンク先URLの確認など、具体的な要件や条件を把握することで、より具体的な提案を行うことができます。さらに、SNSアカウントの状況やプロモーションの目的設定、ターゲット設定などの情報を入手することで、より精度の高い提案を行うことができます。

市場および業界データの活用は、Web広告の提案において欠かせない要素です。データを分析し、情報を活かしながら、顧客のニーズに応えるような提案を行うことが重要です。

競合他社との比較表の作成

競合他社との比較表は、Web広告の提案において非常に重要です。この比較表を作成することで、自社と競合他社の強みや弱みを明確に把握することができます。具体的には、広告掲載媒体や広告予算、リンク先URL、SNSアカウントの状況など、各項目を比較しながら分析し、自社の優位性をアピールするポイントを見つけることができます。さらに、競合他社の戦略や施策にも目を向けることで、自社の提案が他社と異なる独自性を持つことができます。競合他社との比較表の作成は、受注率を向上させるために欠かせない要素です。

チームの体制を整える

Web広告の提案には、複数のチームメンバーが関与することが一般的です。チームの体制を整えることで、効率的な提案活動が可能となります。

まず、プロジェクトリーダーを任命しましょう。リーダーは全体の進行管理を担当し、チームメンバーの役割やタスクの割り当てを決定します。リーダーはチームメンバーのコミュニケーションを円滑に行い、スケジュールや予算の管理も行います。

次に、クリエイティブチームを組織しましょう。クリエイティブチームは広告のデザインやコンテンツ制作を担当します。デザイナーやコピーライターなど、各分野の専門家を集めてチームを編成しましょう。

さらに、データ分析チームも必要です。このチームは、広告の効果や成果を分析し、提案の根拠となるデータを収集・分析します。データ分析により、提案の信憑性や効果を高めることができます。

最後に、営業チームを組織しましょう。営業チームはクライアントとの交渉や契約締結を担当します。営業担当者はクライアントの要望やニーズを把握し、提案内容をクライアントに的確に伝える役割を果たします。

以上のように、チームの体制を整えることで、各専門分野の知識やスキルを活かした提案活動が可能となります。チームメンバー同士の協力やコミュニケーションを重視し、タスクの分担や進捗管理を行いながら、効果的な提案を実現しましょう。

提案から契約締結、作業開始までのタイムライン

提案を行ってから実際の契約締結と作業開始までには、以下のステップを踏む必要があります。

この記事のまとめ

Web広告の提案方法で10年営業してわかった絶対的な受注率向上の裏ワザについて紹介しました。明確な課題定義が提案の要であり、最善の戦略を探求する力も重要です。さらに、結果予測の必要性とそのシミュレーション、リスクの想定とその対策も考慮する必要があります。

また、失敗する提案の一般的なケースとして、提案内容が不完全、次元異なる、伝わらない場合が挙げられます。提案までのパスとその手順には、問い合わせの理解から始まり、ヒアリング、要求事項の整理、具体的なプランの策定、結果の予測とシミュレーション、有効な提案書の作成、プレゼンテーション、クライアントとの合意形成、契約締結と実行までのステップがあります。

また、提案に向けた事前のヒアリングで確認すべき項目として、広告掲載を考慮する媒体の確認、広告予算と掲載期間、広告のリンク先URLの確認、SNSアカウントの状況確認、プロモーション目的の設定、ターゲット設定と商圏の特定が重要です。

提案を強化するためには、市場および業界データの活用、競合他社との比較表の作成、チームの体制の整備が必要です。最後に、提案から契約締結、作業開始までのタイムラインを明確にし、段階を踏んで進めることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました