審査不合格!Yahoo! JAPANリスティング広告の7つの驚き理由と解決策

プロモーションと広告

審査に不合格となってしまったYahoo! JAPANリスティング広告には、7つの驚きの理由が存在します。それぞれの理由について詳しく解説していきます。

まずは、あなたの広告が自社の商品やサービスを過剰に謳ってしまっていることが問題となっています。また、Yahoo!の広告ポリシーに従っていない場合も審査に合格できません。

さらに、広告とリンク先の内容が合致していない場合や、健康食品や栄養補助食品を売る広告で効果を過剰に謳っている場合も不合格となります。キーワードとリンク先の関連性が低い場合や、他社の商品やサービスに関連するキーワードを使用している場合も注意が必要です。

最後に、ウェブサイトの運営者情報が不足している場合も審査に落ちる可能性があります。

特に厳しい審査がある業種についても紹介しています。審査に落ちた理由が見当たらない場合でも、この記事を読むことで対処法が分かるでしょう。

Yahoo! JAPANリスティング広告の審査に落ちてしまった!その7つの主な理由

Yahoo! JAPANリスティング広告の審査に合格するためには、いくつかのポイントに留意する必要があります。まず、広告文中で「最高」「No.1」などの断定的な表現を避けるべきです。その他、Yahoo!の広告ポリシーを遵守していない場合や、広告とリンク先の内容が合致していない場合も審査に落ちる原因となります。また、健康食品や栄養補助食品を売る広告では、過剰な効果を謳う表現も問題とされます。さらに、キーワードとリンク先の関連性が低い場合や、他社の商品やサービスに関するキーワードを使用している場合も審査に通らないことがあります。さらに、ウェブサイトの運営者情報が不足している場合も審査に落ちる可能性があります。以上の理由を踏まえ、審査に落ちないようにするためには、これらのポイントに留意することが大切です。

あなたの広告が「最高」「No.1」などと言い切ってしまっている

あなたの広告が「最高」「No.1」などの絶対的な表現を使っていると、Yahoo! JAPANリスティング広告の審査に落ちてしまうかもしれません。広告を魅力的に見せるためには、自分の商品やサービスが他よりも優れている点をアピールすることは重要ですが、絶対的な表現を避けることが求められます。例えば、「最高の商品です!」という表現は避け、客観的な表現を使って特徴や利点を伝えるよう心掛けましょう。審査通過のためには、誇大広告に頼るのではなく、真実味のある表現を心掛けましょう。

理由2:Yahoo!の広告ポリシーを遵守していない場合

Yahoo! JAPANリスティング広告の審査では、Yahoo!の広告ポリシーを遵守しているかどうかも重要なポイントです。広告文やリンク先の内容がポリシーに違反している場合、審査は合格しない可能性があります。具体的には、「過激な表現や誇大広告」や「不適切なキーワード使用」が審査基準に含まれます。例えば、広告文で「絶対的な最高品質」といった表現や、禁止されているカテゴリのキーワードを使用している場合、審査不合格となってしまいます。Yahoo!の広告ポリシーを確認し、遵守することが重要です。

理由3:広告とリンク先の内容が合致していない

広告とリンク先の内容が一致していないと、Yahoo! JAPANリスティング広告の審査に落ちてしまうことがあります。広告に書かれた内容と、クリックされた際に遷移するページの内容が矛盾している場合、ユーザーが混乱するおそれがあります。例えば、広告が特定の商品についての情報を提供しているのに、リンク先のサイトでは全く別の商品やサービスに関する情報が表示されているような場合です。広告とリンク先の内容を一致させることで、ユーザーにとってより使いやすく、信頼性のある広告を提供することができます。

理由4:健康食品や栄養補助食品を売る広告で、過剰な効果を謳っている

健康食品や栄養補助食品を販売する広告において、過剰な効果を謳ってしまっていることが審査で不合格となる理由の一つです。例えば、「この商品で一瞬でスリムになれます!」、「五日間で全ての体の不調がなくなります!」といった具体的でありえない効果を謳う表現は、健康に関する広告においては避けるべきです。健康に対する期待や希望は大切ですが、現実的な効果やメリットを客観的に表現することが求められます。効果を謳う際は、具体的な数値や結果を示して客観的な情報提供を心掛けましょう。

理由5:キーワードとリンク先の関連性が低い

広告のキーワードとリンク先のコンテンツが十分に関連していないと、審査が通らないことがあります。たとえば、健康食品を販売する広告を出しているにも関わらず、リンク先のサイトが全く別のジャンルの商品を扱っている場合など、関連性が低いと判断されます。

関連性が低い広告はユーザーにとっても不便です。たとえば、ユーザーが検索したキーワードに関連する商品を探しているのに、全く関係のないリンク先のサイトに誘導されると、どんどん興味が失われてしまいます。

審査に合格するためには、キーワードとリンク先の関連性を高めることが大切です。例えば、健康食品を扱う広告では、リンク先のサイトも健康に関する情報や商品を提供していることが求められます。

理由6:他社の商品やサービスに関するキーワードを使用している

あなたのYahoo! JAPANリスティング広告が審査に落ちてしまった理由の一つとして、他社の商品やサービスに関するキーワードを使用していることが挙げられます。審査の際には、自社の商品やサービスに関連したキーワードを入札することが要求されますが、他社の商品やサービスに関連するキーワードを使用することは避けましょう。

例えば、あなたの広告が自社の健康食品についてのものである場合でも、他社の健康食品のブランド名や商品名をキーワードとして使用すると、審査に落ちる可能性があります。審査では広告とリンク先の内容が合致していることが重要とされており、他社の商品やサービスに関連したキーワードの使用は、その条件に反していると判断されるからです。

Yahoo! JAPANリスティング広告の審査を通過するためには、自社の商品やサービスに直接関連したキーワードを適切に選定し、広告文に組み込むことが大切です。他社の商品やサービスに関連するキーワードの使用は、審査不合格の原因となりますので、注意しましょう。

理由7:ウェブサイトの運営者情報が不足している

ウェブサイトの審査において、運営者情報の不足は大きな問題となります。審査を行う側は、広告主の信頼性や責任を確認するために、運営者情報を重視しています。ウェブサイトの運営者情報が不十分だと、広告の信憑性や法的な責任が明確になりません。そのため、審査に落ちてしまう可能性が高まります。

運営者情報を充実させるためには、まずは運営者の氏名や所在地を明示しましょう。ウェブサイトのヘッダーやフッター、お問い合わせページなど、目立つ場所に情報を掲載することが重要です。また、企業や個人事業主の場合は、会社名や事業所の所在地、代表者の名前なども記載しましょう。

さらに、連絡先や電話番号、メールアドレスなどの情報も明示することが推奨されています。これにより、広告主との連絡が円滑に行われるだけでなく、ユーザーからの問い合わせにも迅速に対応することができます。

また、特定商取引に関する法律が適用される場合は、適切な表示も必要です。特に、電子商取引を行っている場合は、必要な情報を正確に掲載することが求められます。具体的な法的要件については、各業種や企業によって異なるため、事前に確認しておくことも重要です。

以上のように、ウェブサイトの運営者情報が不足していると審査に合格しづらくなります。広告主としての信頼性や責任を示すためにも、運営者情報の充実には十分に注意しましょう。

特に厳しい審査がある業種11選をご紹介!

Yahoo! JAPANリスティング広告の審査は厳しいものがありますが、中には特に審査が厳しいといわれる業種があります。その中でも代表的な業種をご紹介します。

1. 医療業界:医療機関や医薬品などの広告は、特に厳しい審査を受けます。広告内容や表示方法に関しては、厳密なルールがあります。

2. 金融業界:銀行や証券会社などの金融関連の広告も審査が厳しいです。情報の正確さや信頼性などが重視されます。

3. 出会い系サイト:安全性や信用性に関する規制が厳しく、審査が難しい業界です。

4. 美容業界:美容やエステなどの広告は、効果や効能に関する表現に細心の注意が払われます。

5. 飲食業界:飲食店などの広告も、健康や安全性に関する表現に審査が厳しいです。

6. 教育業界:教育関連の広告は、学習効果や成績向上に関する表現についても審査が厳しいです。

7. ゲーム業界:ゲームの広告は、暴力表現や課金に関する表示に対しても厳しい審査があります。

8. アダルト業界:成人向けの広告は、表現や表示について厳しい規制があります。

9. 投資業界:投資に関する広告は、リスクや過大な効果に対して慎重な審査が行われます。

10. 建築業界:不動産や建築関連の広告も厳しい審査を受けます。情報の正確性や建築基準への適合性が重要視されます。

11. 包装材業界:商品パッケージや梱包材の広告は、安全性や環境への影響について詳細な情報が求められます。

これらの業種では、特に慎重な審査が行われ、広告内容や表示方法に厳しい制約が課せられます。どの業界に関わる場合でも、Yahoo! JAPANリスティング広告のポリシーを遵守し、適切な表現を心がけることが重要です。

審査に落ちた理由が見当つかない!そんな時の対処法

審査に落ちた理由が分からない場合、まずは冷静になりましょう。落ち込むことはありません。Yahoo! JAPANリスティング広告の審査は厳しいものですが、理由がわからない場合でも対処法があります。まずは、広告文やリンク先の内容を再確認しましょう。最近規約が変更された可能性もあるので、新しいポリシーに合致しているかも再度確認してください。また、自分自身で広告文の言い回しや表示内容を客観的に見直すことも大切です。同じキーワードを使用している競合他社の広告と比較してみると、何か違いが見つかるかもしれません。さらに、 Yahoo! の広告ポリシーを詳しく読んでみることもおすすめです。審査に落ちた理由が見当たらない場合でも、それに対応する解決策を見つけることは可能です。もし、何か疑問がある場合や相談したいことがある場合は、Yahoo!のサポートに連絡してみましょう。きちんと審査基準を理解して対応することで、理想的な広告掲載を実現することができます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、Yahoo! JAPANリスティング広告の審査に落ちる主な理由と解決策について紹介しました。広告が自社や自社商品を過剰に宣伝していたり、Yahoo!の広告ポリシーに違反していたり、広告とリンク先の内容が一致していなかったりすることが理由の一つとなります。また、健康食品や栄養補助食品の広告で過剰な効果を謳っている場合や、キーワードとリンク先の関連性が低い場合も審査に不合格になる可能性があります。さらに、他社の商品やサービスに関するキーワードを使用したり、ウェブサイトの運営者情報が不足している場合も審査に落ちる可能性があります。このような理由により審査に落ちることは一部の業種でより厳しいものとなりますので、注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました