間接効果主義の驚きの広告運用最適化方法

プロモーションと広告

間接効果主義の驚きの広告運用最適化方法についてご紹介します。広告の働きを考えると、間接効果を考慮する必要があることはご存知でしょうか。この記事では、間接効果を活用した成果事例5選を紹介します。決済業界では広告の絞込みにより成果を上げた事例や、金融業界では適切な配分によってCV数を増大させた事例、アパレル業界では接触機会を増やし業績を伸ばした事例などがあります。また、自社でも試せるアトリビューション分析のステップもご紹介します。ステップ1では、間接的に成果につながった広告を探し、ステップ2では自社に合ったアトリビューションモデルを選びます。最後にステップ3では、分析を行い広告運用を最適化する方法を紹介しています。この記事を読めば、間接効果主義の広告運用最適化の方法が分かります。

広告の働きを考える―間接効果とは

広告の成果を考える際には、直接的な効果だけではなく、間接的な効果も考慮する必要があります。間接効果とは、広告を通じて顧客に与えられる影響であり、直接的な効果とは異なるものです。たとえば、広告を見た顧客が口コミやSNSで商品やサービスを共有し、その結果新たな顧客が獲得されるなど、広告の効果が波及して間接的な成果を生み出すことがあります。

間接効果を考慮する理由は、顧客の行動が単純に広告クリックや購買によってのみ生じるわけではないからです。顧客は長い時間をかけて情報を収集し、検討を重ねた上で購買に至ることが多いため、広告が与える影響は直接的な効果だけでは計れないのです。

したがって、効果的な広告運用を行うためには、間接効果を正しく把握し、適切に活用することが重要です。次の章では、間接効果を活用した広告運用の成果事例をご紹介します。

なぜ間接効果を考慮する必要があるのか

間接効果を考慮することは、広告運用の最適化において非常に重要です。直接的に成果を生む広告だけではなく、間接的に影響を与える広告も存在するため、その貢献度を見逃すことはできません。間接効果を考慮することで、広告の成果を最大化するための効果的な戦略を立てることができます。

間接効果を活用した成果事例5選

広告運用の最適化において、間接効果を考慮することは非常に重要です。間接効果とは、直接的なクリックやコンバージョンに結びつかない広告の効果のことを指します。これらの間接効果を見逃すことは、広告運用の最適化において大きな機会損失となり得ます。

ここでは、間接効果を活用した成果事例を5つ紹介します。まずは、決済代行会社の事例です。把握した広告の効果が薄いと判断された場合、出稿を減らすことで大幅な改善が見られました。次に、金融系会社では、費用のアロケーションを行うことで約2ヶ月で総CV数が115%増加しました。そして、アパレル系会社では、間接接触を強化することで前年度を大幅に上回るCVを獲得しました。

自社でも間接効果を活かすためには、アトリビューション分析が重要です。ステップ1では、間接的にCVにつながった広告を探しましょう。次に、ステップ2では、自社に合ったアトリビューションモデルを選びます。最後に、ステップ3では、分析を行い広告運用を最適化します。

広告の絞込みにより成果を上げた決済業界の事例

ある決済代行会社では、広告の絞り込みを行うことで成果を上げることに成功しました。最初は広告の効果が薄いことが分かり、出稿を減らすことで広告費のムダを削減しました。すると、成果指標であるCV数やCVR(コンバージョン率)、CPA(コストパーアクション)が大幅に改善されたのです。

適切な配分によってCV数を増大させた金融業界の事例

金融業界では、広告の効果を最大限に引き出すために、適切な配分が非常に重要です。その一つの事例として、ある金融系会社がアトリビューション分析を活用し、広告の配分を最適化することでCV数を増大させたケースを紹介します。
この会社では、アトリビューション分析を通じて、どの広告が直接的にCVにつながっているかを把握しました。その結果、過去の広告の中でも効果が薄いものがあることがわかりました。そこで、これらの広告の出稿を減らすことによって、CV数が大幅に改善されました。また、配分による費用のアロケーションも行い、約2ヶ月で総CV数が115%増加しました。
この事例からわかるように、間接的な広告の効果を正しく分析し、適切な配分を行うことで、CV数の増大につながることができます。

接触機会を増やしたことで業績を伸ばしたアパレル業界の事例

アパレル業界では、接触機会を増やすことで直接的な成果を上げるだけでなく、より多くの潜在顧客にアプローチすることができます。あるアパレル関連企業では、SNS広告を通じて接触機会を増やす施策を実施しました。具体的には、SNS上でフォロワーが多いインフルエンサーとのコラボレーションやキャンペーン開催などを行いました。これにより、広告を通じて接触したユーザーの購買意欲を高める効果があり、業績の伸びにつながりました。

自社でも試せる!アトリビューション分析のステップ

アトリビューション分析は、広告の効果を正確に見極めるための重要な手法です。

自社でも簡単に試すことができるアトリビューション分析のステップをご紹介します。

まず、ステップ1では、自社の広告の中で間接的に成果につながったものを探します。具体的には、最終的なコンバージョンには直接関与しない広告でも、他の広告と組み合わせることで成果につながっている可能性があります。それらの広告を特定しましょう。

次に、ステップ2では、自社に合ったアトリビューションモデルを選びます。アトリビューションモデルとは、複数の広告の貢献度を評価するための指標です。自社のビジネスモデルや広告の特性に合わせて、最適なモデルを選択しましょう。

最後に、ステップ3では、アトリビューション分析を行い、広告の運用を最適化します。選んだアトリビューションモデルに基づいて、各広告の貢献度を評価しましょう。その結果をもとに、不要な広告の削減や効果的な広告の増加を行うことで、広告のパフォーマンスを向上させることができます。

自社でも簡単に試せるアトリビューション分析のステップを実施して、広告の効果を最大限に引き出しましょう。

ステップ1:間接的に成果につながった広告を探す

まず、間接的に成果につながった広告を見つけるためには、自社のマーケティングデータを分析する必要があります。具体的には、ウェブ解析ツールやセールスフォースオートメーションなどのデータツールを活用し、顧客の行動やコンバージョンデータを確認します。ここで重要なのは、最初の接触ポイントから直接の成果を生んでいない広告を特定することです。例えば、直接の成果を上げることはできなかったものの、顧客の関心を喚起したり、ブランド認知を高めたりする広告などが間接的な成果を生む可能性があります。そのような広告を見つけることが、間接効果を活用した広告運用最適化の第一歩となります。

ステップ2:自社に合ったアトリビューションモデルを選ぶ

アトリビューションモデルは、広告効果を正確に評価するためのモデルです。自社に合ったアトリビューションモデルを選ぶことは、広告運用の最適化において非常に重要です。まず、ファーストクリックモデルやラストクリックモデルなどの基本的なモデルから始めることができます。これらのモデルは比較的簡単なため、初めてアトリビューション分析を行う場合には適しています。しかし、より高度な分析を行いたい場合には、位置ベースモデルやタイムディケイモデルなどを検討することも必要です。自社の広告の特性や顧客の購買パスに合わせて、最適なモデルを選ぶことで、より正確な効果測定が可能となります。

ステップ3:分析を行い、広告運用を最適化する

アトリビューション分析の実施は、広告運用を最適化するために非常に重要です。分析を通じて、間接的に成果につながった広告を特定することができます。まずは、広告の結果として得られた直接成果だけでなく、それによって生まれた間接的な成果に着目しましょう。次に、自社に合ったアトリビューションモデルを選びます。複数のモデルを試してみることで、どの広告チャネルが最も効果的であるかを把握することができます。最後に、分析結果をもとに広告運用を最適化します。効果の薄い広告は減らし、効果の高い広告に予算を配分することで、成果を最大化することができます。アトリビューション分析を正確に行い、広告運用を最適化することで、より効果的な広告キャンペーンを展開することができるのです。

この記事のまとめ

この記事では、間接効果主義の広告運用最適化方法について紹介しました。間接効果とは広告が直接的に成果を上げるだけでなく、間接的にも影響を及ぼすことを指します。なぜ間接効果を考慮する必要があるのかを解説しました。さらに、広告の絞込みにより成果を上げた決済業界の事例や、適切な配分によってCV数を増大させた金融業界の事例、接触機会を増やしたことで業績を伸ばしたアパレル業界の事例を紹介しました。そして、自社でも試せるアトリビューション分析のステップについても解説しました。ステップ1では、間接的に成果につながった広告を探します。ステップ2では、自社に合ったアトリビューションモデルを選びます。最後に、ステップ3では分析を行い、広告運用を最適化する方法を紹介しました。間接効果主義を取り入れることで、広告効果を最大化することができるということがわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました