【必見】ディスプレイ広告(Google広告・Yahoo!広告)のバナーサイズ早見表、最新情報!

プロモーションと広告

ディスプレイ広告を作成する際に、バナーサイズについて戸惑ったことはありませんか?Google広告やYahoo!広告など、さまざまな広告プラットフォームがある中で、どのバナーサイズを選べば良いのか分かりにくいですよね。

そこで、この記事では最新の情報をもとに、ディスプレイ広告のバナーサイズ早見表を紹介します。イメージ広告、レスポンシブディスプレイ広告、ファインド広告・カルーセル広告など、さまざまな広告タイプ別にバナーサイズを解説しています。

また、バナーを作成する際の重要なポイントも4つご紹介しています。イメージ広告のサイズを準備する方法や、広告タイプごとに画像を用意する方法など、効果的なバナー作成のノウハウが詰まっています。

この記事を読めば、ディスプレイ広告を作成する際のバナーサイズに関する疑問や戸惑いが解消され、効果的なバナーを作成するためのノウハウが身につくでしょう。

紹介:GoogleおよびYahoo!のバナーサイズ早見表

ディスプレイ広告を展開する際には、適切なバナーサイズを選ぶことが重要です。Google広告やYahoo!広告を利用する上で、バナーサイズを把握しておくことは、広告効果を最大限に引き出すために欠かせません。ここでは、Google広告とYahoo!広告のバナーサイズ早見表をご紹介します。

バナーサイズ:イメージ広告

ディスプレイ広告を作成する際に必要な要素の一つが、バナーサイズです。イメージ広告では、異なるサイズのバナーを作成して、異なるディスプレイやデバイスに最適な広告を表示することが重要です。

具体的には、以下の5つのサイズを準備することが主要なポイントとなります。

・レクタングル(300×250ピクセル)

・ワイドスカイスクレイパー(160×600ピクセル)

・リーダーボード(728×90ピクセル)

・スクエア(250×250ピクセル)

・モバイルリーダーボード(320×50ピクセル)

これらのバナーサイズを用意することで、さまざまなディスプレイで広告が正しく表示されることが保証されます。

また、画像表示オプションを使用する場合には、サイズの異なるバナーを作成する必要があります。このオプションを有効にすることで、広告がより大きなディスプレイに最適化されます。

バナーサイズの準備については、事前に広告配信プラットフォームの仕様を確認し、必要なサイズを把握しておくことが重要です。さらに、ディスプレイ広告制作ツールを活用して、バナーサイズが問題ないか確認することもおすすめです。

バナーサイズ:レスポンシブディスプレイ広告

レスポンシブディスプレイ広告は、デバイスや画面のサイズに応じて自動的に適応することができる広告形式です。この広告形式では、特定のサイズのバナーを用意する必要がありません。その代わりに、広告主は少ないデザイン作業で多くのデバイスに広告を表示することができます。

バナーサイズ:ファインド広告・カルーセル広告

ファインド広告やカルーセル広告では、イメージ広告とは異なるサイズのバナーを用意する必要があります。ファインド広告では、バナーサイズはレクタングル336×280ピクセルやスクエア300×250ピクセルが一般的です。また、カルーセル広告では、ワイドスクリーン930×300ピクセルやスクエア300×250ピクセルのバナーサイズが使用されます。

バナーサイズ:アプリ広告

アプリ広告では、画面上でのユーザーエクスペリエンスを最大化するために、適切なバナーサイズを選ぶことが重要です。一般的には、スマートフォンアプリ広告のバナーサイズは以下の通りとなります。

– 320px × 50px(横長サイズ)

– 320px × 100px(縦長サイズ)

– 300px × 250px(ミディアムレクタングルサイズ)

– 468px × 60px(フルバナーサイズ)

– 728px × 90px(リーダーボードサイズ)

これらのサイズは、ユーザーがスマートフォン画面で広告を快適に閲覧できるように設計されています。アプリ広告を作成する際には、これらのサイズを念頭に置いて、適切なバナーを作成しましょう。

バナーサイズ:動的ディスプレイ広告

動的ディスプレイ広告は、ユーザーの行動や興味に基づいて動的に広告内容を変更することができる広告形式です。この広告形式では、一つのバナー広告に複数の画像やテキストを組み合わせることで、ユーザーに最適なメッセージを届けることができます。

動的ディスプレイ広告のバナーサイズは、通常のイメージ広告とは異なり、Google広告では「レクタングル(300×250ピクセル)」や「ワイドスクリーン(728×90ピクセル)」といった規定されたサイズを使用しません。代わりに、画像とテキストの要素を組み合わせて表示されるため、動的ディスプレイ広告のバナーサイズには特定のピクセルサイズが必要ありません。

動的ディスプレイ広告を制作する際には、Google広告のバナーレイアウトエディタを使用することができます。このツールは、画像やテキストの素材を選択し、動的なバナーを作成するのに便利です。また、このツールは広告のパフォーマンスを確認するためのプレビュー機能も備えており、バナーサイズの確認にも役立ちます。

バナーサイズ:動画広告のコンパニオンバナー(Google広告)

動画広告のコンパニオンバナーは、Google広告で使用される広告形式の一つです。動画広告の横に表示される小さなバナー広告のことを指し、主にブランド認知や追加の情報提供のために使用されます。コンパニオンバナーのサイズは、動画プレーヤーのサイズや配置によって異なるため、複数のサイズを準備しておくことが重要です。一般的なコンパニオンバナーのサイズは、300×250ピクセルや728×90ピクセルなどがあります。これらのサイズは、動画プレーヤーの横に配置されるため、視認性と情報提供の効果を高めることができます。また、コンパニオンバナーにはクリックやタップによるユーザーのアクションに応じた反応を設定することもできます。これにより、ユーザーが動画広告に興味を持った場合に、詳細情報や特典を提供するなど、さらなる関与を促すことができます。動画広告を効果的に活用するためには、適切なコンパニオンバナーを用意し、ユーザーの関心を引き付けることが重要です。

バナーサイズ:画像表示オプション(Google広告)

Google広告の画像表示オプションは、バナーサイズの設定や表示方法に関連しています。画像表示オプションでは、以下のような設定が可能です。

  • 画像のリサイズ:広告に適切なサイズの画像がない場合でも、自動的に広告サイズにリサイズして表示します。
  • 画像の切り抜き:広告で使用する画像から、指定されたサイズに切り抜かれた部分だけを表示します。
  • 画像の縮小:広告のサイズが画像の実際のサイズよりも大きい場合、画像を縮小して表示します。
  • 画像の拡大:広告のサイズが画像の実際のサイズよりも小さい場合、画像を拡大して表示します。

これらのオプションを使用することで、広告のデザインやレイアウトを柔軟に調整することができます。また、異なるデバイスや広告サイズに対応するために、複数の画像を用意する必要がなくなります。画像表示オプションを活用して、効果的なディスプレイ広告を作成しましょう。

バナーを作成する際の重要ポイント4選は以下の通りです。

まず、ポイント1はイメージ広告の主要な5サイズを準備することです。バナーのサイズは様々なデバイスに対応している必要があるため、適切なサイズを用意することが重要です。

次に、ポイント2では広告タイプごとに画像を用意することが重要です。レスポンシブ広告やファインド広告・カルーセル広告など、異なる広告タイプには適切な画像を用意する必要があります。

さらに、ポイント3ではイメージ広告とレスポンシブ広告の両方を準備することが重要です。異なるデバイスに対応するために、両方の広告タイプを用意することが推奨されています。

最後に、ポイント4はできるだけ高画質(HD)画像を用意することです。高画質の画像は視覚的に魅力的であり、ユーザーの関心を引くことができます。

以上がバナーを作成する際の重要ポイント4選です。これらを意識してバナーを作成することで、効果的なディスプレイ広告を実現することができます。

ポイント1:イメージ広告の主要な5サイズを準備しよう

ディスプレイ広告を作成する際には、主要なイメージ広告のサイズを把握しておくことが重要です。以下は、主要な5つのイメージ広告のサイズです。

  • 300×250ピクセル(ミディアムレクタングル)
  • 728×90ピクセル(リーダーボード)
  • 160×600ピクセル(ワイドスカイスクレイパー)
  • 300×600ピクセル(ハーフページ)
  • 336×280ピクセル(ラージレクタングル)

これらのサイズは、一般的なディスプレイ広告でよく使用されるものです。イメージ広告を作成する際には、これらのサイズに合わせてデザインを調整する必要があります。

ポイント2:広告タイプごとに画像を用意しよう

ディスプレイ広告を作成する際、広告タイプごとに適切な画像を用意することが重要です。イメージ広告、レスポンシブディスプレイ広告、ファインド広告、カルーセル広告など、それぞれの広告タイプに合わせた画像を作成しましょう。例えば、イメージ広告では、高品質で視覚的にインパクトのある画像を使用することが効果的です。一方、レスポンシブディスプレイ広告では、ユーザーのデバイスに最適化された画像を用意することが重要です。また、ファインド広告やカルーセル広告では、複数の画像を用意し、ユーザーに対してストーリーを伝えることができます。広告タイプごとに画像を用意することで、より効果的な広告を作成することができます。

ポイント3:イメージ広告とレスポンシブ広告、両方を準備しよう

ディスプレイ広告を効果的に活用するには、イメージ広告とレスポンシブ広告の両方を準備することが重要です。

イメージ広告は、固定サイズのバナー広告で、特定のデバイスサイズに最適化されたデザインを使用します。一方、レスポンシブ広告は、さまざまな画面サイズに対応できる柔軟なデザインを持ち、自動的に最適な表示方法を選択します。

イメージ広告は特定の画面サイズに最適化されているため、デザインやコンテンツが鮮明に表示されます。一方、レスポンシブ広告は、さまざまなデバイスでの広告表示に対応しているため、ユーザーのデバイスに合わせた最適な広告を提供できます。

両方の広告形式を準備しておくことで、ユーザーのデバイスに合わせた最適な広告を提供できるだけでなく、広告効果も最大化することができます。

ポイント4:高画質(HD)画像をできるだけ準備しよう

ディスプレイ広告を効果的に活用するためには、高画質(HD)の画像を使用することが重要です。低品質な画像を使用すると、ユーザーに対する印象が悪くなり、広告の効果が薄れてしまうことがあります。そこで、できるだけ高解像度の画像を用意しましょう。

高画質な画像を使用することで、広告の鮮明さやクオリティが向上し、ユーザーにより魅力的な印象を与えることができます。また、高画質の画像は、広告の内容やメッセージをより詳細に伝えることができるため、情報の伝達効果も高まります。

高画質な画像を用意するためには、できるだけ大きなサイズの画像を使用することがポイントです。大きなサイズの画像を使用することで、画像を縮小して表示する際も鮮明さが保たれます。また、HD画像フォーマット(1920×1080ピクセル)を使用することもおすすめです。

最後に、画像を使用する際にはファイルサイズにも注意が必要です。ファイルサイズが大きすぎると、広告の表示速度が遅くなる可能性があります。そのため、適切なサイズに圧縮した上で使用するようにしましょう。

ツールを用いて、バナーサイズに問題がないか確認してみよう

バナーサイズはディスプレイ広告の重要な要素であり、適切なサイズを選択することが成功の鍵となります。しかし、バナーサイズを直感的に把握することは難しい場合もあります。

幸いにも、Google広告とYahoo!広告では、バナーサイズを確認するためのツールが提供されています。これらのツールを活用することで、バナーサイズに問題がないか簡単に確認できます。

ツールの利用方法は簡単で、各広告プラットフォームの公式ウェブサイトにアクセスし、バナーサイズ確認ツールを利用するだけです。使用する画像や広告の種類を選択し、ツールが自動的にバナーサイズを判別してくれます。

ツールを使用することで、バナーサイズの問題を早期に発見し、修正することができます。これにより、広告のクオリティを向上させ、より多くのユーザーに届けることができるでしょう。

この記事のまとめ

ディスプレイ広告(Google広告・Yahoo!広告)のバナーサイズについて紹介しました。イメージ広告、レスポンシブディスプレイ広告、ファインド広告・カルーセル広告、アプリ広告、動的ディスプレイ広告、動画広告のコンパニオンバナーや画像表示オプションごとのバナーサイズを詳しく説明しました。また、バナーを作成する際の重要ポイントとして、イメージ広告の主要な5サイズの準備、広告タイプごとに画像の用意、イメージ広告とレスポンシブ広告の両方の準備、高画質(HD)画像の使用を強調しました。最後に、バナーサイズの問題を確認するためのツールの活用方法も紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました