オウンドメディアの意味と8つの成功ポイント、あなたも知らなかった?!

プロモーションと広告

オウンドメディアについて何が分からないのでしょうか?オウンドメディアとは何を指すのでしょうか?アーンドメディアやペイドメディアとは何が違うのでしょうか?本記事では、オウンドメディアとは一体何を指すのか、その特質や利点、デメリットについて詳しく探っていきます。また、オウンドメディアを成功させるための8つのポイントと、目的別に見た成功例とそのポイントについても紹介します。読みやすく、役に立つ情報が満載です。ぜひ最後までお楽しみください。

オウンドメディアとは?一体何のこと?

オウンドメディアとは、企業や個人が自身のメディアチャンネルを持つことを指します。つまり、自社のウェブサイト、ブログ、SNSアカウントなどを活用して情報発信を行うことです。オウンドメディアは、他のメディアに依存しないため、自由な発信が可能です。また、直接顧客との接点を持ちながら、自社のブランドや理念を伝えることができます。例えば、ファッションブランドが自社のウェブサイトで最新商品やアイテムの紹介、スタイリング術を発信するなど、自社の世界観を表現することができます。オウンドメディアは信頼性の向上やコンテンツマーケティングを効果的に行うための手法として、企業や個人にとって非常に重要な存在です。

オウンドメディアの特質:アーンドメディアやペイドメディアとは何が違うの?

オウンドメディアは、企業自身が所有して運営するメディアのことを指します。一方、アーンドメディアは、消費者や一般の人々によって作成されるメディアであり、ペイドメディアは広告媒体や他社のメディアを利用して宣伝する形式のメディアです。オウンドメディアは企業がコントロールできるため、自社のメッセージを正確に伝えることができます。アーンドメディアやペイドメディアとは異なり、オウンドメディアは企業の独自性やブランド力を高めることができます。また、オウンドメディアは長期的な効果を持つことが多く、企業の信頼性や専門性を訴求することができるという特徴もあります。

オウンドメディアを使うことの利点

オウンドメディアを利用することには、いくつかの利点があります。まず、企業が自ら情報を発信することで、顧客とのコミュニケーションを強化することができます。オウンドメディアは企業が自らコンテンツを制作・発信するため、直接顧客と対話することができます。顧客は企業のブランドや理念について深く理解することができ、企業の価値や信頼性につながるでしょう。

また、オウンドメディアを運営することで、SEO(検索エンジン最適化)効果も期待できます。オウンドメディアには企業の情報が集約されているため、検索エンジンの順位を上げることができるのです。これにより、多くの人が企業の情報にアクセスしやすくなります。さらに、オウンドメディアを通じて企業の情報を発信することで、ブランド認知度の向上や競合他社との差別化も図ることができます。

利用するにあたり注意が必要なデメリット

オウンドメディアを活用する際には、いくつかの注意点があります。まず第一に、オウンドメディアは企業やブランドのイメージを伝える重要なツールですが、その一方で自社の情報を過剰にアピールしすぎると、読者や顧客からの信頼を損ねてしまう可能性があります。また、オウンドメディアは情報を発信するためのプラットフォームですが、コンテンツの更新や継続的な運営には時間とリソースが必要です。つまり、適切なメンバーや予算の確保が必要となります。さらに、オウンドメディアは自社の意見や情報を発信するための場でもあるため、情報の偏りやバイアスが生じやすくなります。そのため、客観的な情報伝達を心掛ける必要があります。また、オウンドメディアは自社や自社商品に関する情報を発信するため、競合他社との競合や混同が生じる可能性もあります。そのため、戦略的なプランニングが欠かせません。

成功するオウンドメディアとは?企業が目指す目標によって定義は変わる?

オウンドメディアの成功は、企業が目指す目標や取り組みによって異なります。例えば、企業の認知度向上やブランドイメージの広め方を重視する場合、サイボウズ式のようにオウンドメディアを通じて企業の理念や世界観を伝えることが重要です。一方、新規顧客獲得に注力する場合は、LISKULのようにオウンドメディアを活用してリード獲得を行うことが効果的です。また、商品販売に重点を置く場合は、ストレッチポール公式ブログやオシャレの教科書のように、具体的な商品の売り出し方を紹介することが必要です。さらに、地域コミュニティへの情報発信や企業イメージ向上を目指す場合は、イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」やmercan(メルカン)が成功事例と言えます。成功するオウンドメディアは、企業が目指すゴールに合わせて戦略的に運用されることが重要です。

目的別に見る!成功例とそのポイント8種類

オウンドメディアは、企業が自身のメディアチャネルを通じて情報を発信する手法です。企業が目指す目的によって、オウンドメディアの成功は異なるものとなります。ここでは、目的別に成功しているオウンドメディアの事例を8つご紹介します。

①サイボウズ式:企業のブランド力と理念を伝える方法

サイボウズ式は、企業のブランド力や理念を伝えるためにオウンドメディアを活用しています。自社製品の活用事例や顧客へのインタビューなどを通じて、企業の強みやバリューを訴求しています。

②LISKUL:新規顧客獲得の成功例

LISKULは、新規顧客獲得を目的にオウンドメディアを活用しています。専門知識やトレンド情報を発信することで、ターゲット層の興味を引きつけ、商品やサービスの魅力を伝えています。

③ストレッチポール公式ブログ:実際の商品販売につなげる方法

ストレッチポール公式ブログは、実際の商品販売を目指してオウンドメディアを活用しています。具体的な使い方や効果を紹介し、読者の関心を喚起しています。

④オシャレの教科書:商品の売り出し方

オシャレの教科書は、商品の売り出し方をオウンドメディアを通じて発信しています。トレンド情報やスタイリングのアイデアを提案し、商品を魅力的にアピールしています。

⑤BBQ GO! |固定客との深い関わり方と情報提供の仕方

BBQ GO!は、固定客との深い関わりを築くためにオウンドメディアを活用しています。バーベキューの使い方やレシピの紹介など、読者とのコミュニケーションを大切にしながら情報を提供しています。

⑥mercan(メルカン):求人情報や企業イメージ向上の事例

mercan(メルカン)は、求人情報や企業イメージ向上を目

①サイボウズ式:企業のブランド力と理念を伝える方法

オウンドメディアを活用して、企業のブランド力や理念を伝える方法の一つとして、サイボウズの取り組みがあります。サイボウズは、グループウエアの開発で知られる企業でありながら、ブログやウェブマガジンを通じて、企業の考え方や価値観を発信しています。具体的な取り組みとしては、「サイボウズ式」というオウンドメディアを運営しており、社員がそれぞれの専門知識や経験を活かした記事を発信しています。これにより、企業の人間性や文化を伝えるだけでなく、社員同士のコミュニケーションを促進する効果もあります。

②LISKUL:新規顧客獲得の成功例

LISKULは、SNSを活用して新規の顧客やリードを獲得することに成功したオウンドメディアです。彼らは、自社の商品やサービスに関連する情報を提供するだけでなく、読者に役立つ情報を提供することに重点を置いています。例えば、美容業界に関心のある読者に向けて、美容のコツや最新のトレンドを伝える記事を発信しています。これにより、読者は有益な情報を得るだけでなく、LISKULのブランドや商品に対する信頼感を高めることができます。

③ストレッチポール公式ブログ:実際の商品販売につなげる方法

ストレッチポール公式ブログは、ストレッチポールという商品の販売に成功しているオウンドメディアの一つです。このブログでは、ストレッチポールの使い方や効果などを具体的に紹介しています。具体的な例として、ストレッチポールの使用方法やトレーニングプログラムの提案を掲載しており、読者にとって有益な情報を提供しています。さらに、ブログ内の記事から直接購入ページに誘導するリンクも設置しており、読者が興味を持った場合にすぐに購入することができる仕組みです。こうした販売に直結する仕組みを取り入れることで、ストレッチポールの販売促進に成功しています。

④オシャレの教科書:商品の売り出し方

オシャレの教科書は、ファッションアイテムの販売を目指す企業が成功しているオウンドメディアの一つです。彼らは、商品の販売促進に焦点を当てており、その戦略は非常に効果的です。

彼らのオウンドメディアには、ファッションのトレンド情報やスタイリングアイデア、アイテムの詳細な説明などが掲載されています。これにより、顧客は商品について良く理解し、購買意欲を高めることができます。

また、オシャレの教科書は、ファッション関連のイベントやセールの情報も積極的に発信しています。これにより、顧客は限定的な特典を得ることができるため、継続的な販売促進につながっています。

さらに、オシャレの教科書はSNSを活用しています。彼らのオウンドメディアからSNSへのリンクを提供することで、顧客はファッションアイテムをより多くの人と共有することができます。

このような戦略により、オシャレの教科書はファッションアイテムの販売を成功させています。商品の魅力を伝えること、顧客のニーズに合わせた情報提供、そして顧客とのコミュニケーションの強化が、彼らのオウンドメディアの成功ポイントとなっています。

既存の顧客との深い関わり方や情報提供の仕方が注目を集めているオウンドメディアの成功事例として、国内最大級のバーベキュー情報サイト「BBQ GO!」が挙げられます。このサイトは、バーベキューに関する情報やレシピを提供するだけでなく、既存の顧客とのエンゲージメント向上やサイトの使い方サポートも行っています。顧客とのコミュニケーションを大切にすることで、既存顧客の満足度を高めるとともに、新たな顧客の獲得にもつなげています。さらに、公式SNSやメルマガを活用した情報発信も行っており、顧客への情報提供を積極的に行っています。

⑥mercan(メルカン):求人情報や企業イメージ向上の事例

メルカンは、採用担当者が求人情報を掲載し、企業のイメージ向上を図るためにオウンドメディアを活用しています。

メルカンのオウンドメディアは、採用に関する情報やエンジニアのインタビュー記事、社内のイベント情報など様々なコンテンツを掲載しています。これにより、求職者はメルカンの魅力や働く環境などを知ることができます。

また、メルカンは、採用ページにリンクを貼ることでオウンドメディアと連携させ、求人情報をより多くの人に届けることができます。さらに、メルカンが情報を提供することで、求職者はメルカンに興味を持ち、応募の意思を強めることができます。

メルカンのオウンドメディアは、求職者とのコミュニケーションを通じて、企業のイメージ向上に貢献しています。

⑦イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」:地元を活かした情報提供の方法

イーアイデムは、賃貸物件探しのサイトとして知られていますが、彼らの取り組みはそれだけにとどまりません。彼らは地域の魅力を発信する地元メディア「ジモコロ」を運営し、情報提供の方法に成功しています。ジモコロでは、地元のおすすめスポットやイベント情報、地元の人々の生活に密着した記事など、地域の魅力を存分に紹介しています。これにより、イーアイデムは単なる物件探しのサイトではなく、地域を知ることができる情報発信のプラットフォームとしての役割を果たしています。ジモコロの成功のポイントは、地元の人々に対する情報提供に焦点を当てていることであり、地元のコミュニティに貢献することによって、地域の信頼を勝ち取っています。

⑧北欧、暮らしの道具店:商品の売り出しと同時に企業ブランドを伝える方法

「北欧、暮らしの道具店」は、北欧の生活雑貨や家具を取り扱うオウンドメディアです。彼らの成功ポイントは、商品の紹介だけでなく、企業のブランドイメージを伝えることにあります。記事内で北欧のライフスタイルやデザインについて掘り下げることで、読者に商品の売り出しと同時に企業の理念や世界観を伝えています。北欧の暮らしに憧れる人々をターゲットにしており、彼らの思いに共感するコンテンツを提供することで、読者の心をつかんでいます。

この記事のまとめ

いかがでしたか?この記事では、オウンドメディアの意味と8つの成功ポイントについて紹介しました。オウンドメディアとは、企業や個人が自身のメディアを持ち、情報発信を行うことです。オウンドメディアの特質として、他のメディアとは異なり、自由度が高く、コントロールしやすいという点があります。オウンドメディアの利点としては、ブランドイメージの向上やコミュニケーションの活性化が挙げられますが、注意が必要なデメリットも存在します。成功するオウンドメディアとは、企業が目指す目標によって定義が異なります。また、目的別に見ると、成功例としてサイボウズ式やLISKUL、ストレッチポール公式ブログなどがあります。それぞれの成功ポイントには、企業のブランド力や理念を伝える方法や、新規顧客獲得の戦略、実際の商品販売につなげる手法などがあります。オウンドメディアは、情報発信を通じて企業のブランド力を向上させる重要なツールとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました