普通のメルマガと、共感型ラブレターメルマガは何が違うのか?


集めるのではなく集まる集客®を科学式にする
メルマガ戦略プランナー田畑あかねです。

 

今日は、
普通のメルマガと、
共感型ラブレターメルマガの違いについて
フォーカスしたいと思います。

 

以前、ラジオのパーソナリティの
仕事をしていたことがあるのですが、

最近、パーソナリティの方の
「リスナーへの呼びかけ方」
変わって来ているなぁと感じます。

 

「あなたは、どんな日曜日をお過ごしですか?」

 

このように、

「みなさん」ではなく、
「あなた」を使い、

ちゃんと1人に向かって
伝えているのです。

 

ソーシャルメディアの普及で、
不特定多数へ発信をすることが
容易になってきたからこそ、

「1人」に伝わる話し方が
尊重されてきているのでしょう。

 

 

メルマガも実は同じです。

普通のメルマガは、
「みんな、セミナーに来てね!」
と、欲張って不特定多数の読者を
イメージしてしまいます。

 

集めるのではなく、集まる
共感型ラブレターメルマガを目指すなら、

たった1人の読者をイメージして
与える達人になれるか

集まるか集まらないかは、
ここにかかっています。 

 

メルマガライティングセミナーでも、
件名を作成する前に、

まず、読者さまを
1人に決めることから始めます。

 

そもそも、ラブレター
たった1人に向かって
書きますよね。

 

人に共感いただける
ラブレターメルマガの極意は、

たった1人の読者を
イメージして
与える達人になれるか

 

もし、1人をイメージしきれて
いない方は、
以下のワークをやってみてください。

 

読者様を勇気を出して1人に絞ってみよう

1 年齢
2 性別
3 趣味・嗜好
4 独身or既婚
5 子供の有無・子供の年齢
6 現在の職業
7 年収
8 住んでいる地域
9 読んでいる雑誌
10 見ているテレビ
11 好きな映画
12 その他(性格や行動パターンなど)
 

 
思い切って読者様を1人に絞り込むことによって、
それ以外の読者様にも
イメージがわきやすくなるものです。

普通のメルマガと、
共感型ラブレターメルマガの違いとは、

たった1人の読者を
イメージして
与える達人になれるかどうか

ぜひ、あなたのメルマガも
ラブレターをイメージしてみてください。

田畑あかね
ウェブマーケティングハイパークリエイター/2012年よりWeb戦略セミナーを開始。2015年よりメルマガ構築に特化したコンサルティングカレッジを主宰。現在、革新的なメルマガを軸とした、メディア集客のコンサルティングを行っている。