2016年のデジタルマーケティングの変化とは


集めるのではなく
集まる集客®を科学式にする

メルマガ戦略プランナー
田畑あかねです。

 

 

今年こそ、
メディア発信に力を入れたい
と感じている起業家 経営者の方なら、

2016年のマーケティングトレンド
気になるところなのでは
ないでしょうか。

 

Forbes Japanでは、
こんな記事が取り上げられています。

「2016年 デジタルマーケティングに到来する6大変化」
引用元:Forbes Japan

2016年、
注目を集めたければ、
インターネットで
何を行なうべきか?

 

私が注目したのは、
この6大変化の1つ目です。

 

********************************************

1. 記事よりもインタラクティブコンテンツが重要

インターネット上には、
良いもの悪いもの含めて
星の数ほど記事があふれており、
猫の動画と2,000文字の長文記事が、
同じ土俵で競い合っている。
2016年は、注目を集めたいなら
インタラクティブコンテンツをやるべきだ。

********************************************

インタラクティブコンテンツを
やるべきである

と言っています。

つまり、
一方通行の発信ではなく、

双方向でのコミュニケーション
ができるモノ

を創るべきということです。

 

 

私が、これを
メルマガに置き換えてお伝えするなら、

「メールを読ませるだけ」
の時代はおしまい。

このように読んでいます。

 

ただの良い情報は、
インターネット上に
わんさか溢れています。

 

だとしたら、
メールマガジンでは、
読者の方にメールを読ませるだけ
ではなく、

一体どんな発信を
していったらいいのか?

あなただったら、
どのように、読者の皆さんと
双方向でのコミュニケーションを
図りますか?

 

 

私だったら、、、

 

課題を出す、
クイズを出す、
アンケートをする、
コンテストをする、

このようなアプローチによって、

実践してもらう、
答えてもらう、
意見をもらう、
感想をもらう、
投票してもらう、
アイデアを募集する、

 

こんな企画が満載のメルマガなら
面白いなぁ〜
読んでみたいな〜
と思いますが、いかがでしょうか?

 

2016年、注目を集めたければ、
インターネットで何を行なうべきか?

あなたの意見も聞かせてくださいね。

 

 

 

田畑あかね
ウェブマーケティングハイパークリエイター/2012年よりWeb戦略セミナーを開始。2015年よりメルマガ構築に特化したコンサルティングカレッジを主宰。現在、革新的なメルマガを軸とした、メディア集客のコンサルティングを行っている。