パンパースに学ぶ!3つのファンメイク戦略vol.1


集めるのではなく集まる集客をナビゲート
iWeb戦略プランナー田畑あかねです。

早いもので、もうすぐ5ヶ月のあおくん(息子)。
すくすくと大きくなり、いよいよ紙おむつのサイズが
「S」⇒「M」になりました!

そこで、先日初節句をむかえたあおくんを祝って、
親ばか企画第1弾!
パンパースのマーケティング戦略
フォーカスしてみたいと思います(*^^*)

 

まず、なぜ私が数ある紙おむつの中でも
「パンパース」を選んだのかをお話します。

***

実は、妊娠後期に、
育児グッズの紹介本を読んでいた時、
最初に目に留まったのは、
「パンパース」ではなく「メリーズ」でした。

特に、おむつ選びにこだわりはなかったので
試しに、「メリーズ」を1袋、
自宅のベビーベッドの横に待機しておきました。

でも、出産を終え、いざ退院してみると、

「なんとなく、産院で使っていたものと
 同じほうが、慣れているからいいな・・・」

という理由で

「パンパース」にあっさりシフトしたのです。

 

そこで気がつきました。
「パンパース」が産院で
最も使われているという理由に!!!

今日はこれを紐解きながら、
パンパースの3つのファンメイク戦略をまとめました!

 

***

パンパースのファンメイク戦略1
「与える達人の、ファンメイク術」

なぜ、「パンパース」は、
産院で最も多く使われているのか。

その理由は、いたってシンプル。

メーカー側が、
産院に無料提供しているからだったんですね。

メーカー側は、産院へ
おむつを大量に投資することで、

*新米ママに「お試し体験」をしてもらえる
*産院が選んでいるおむつだという安心感を与えられる

この、絶好の機会を得ているんです!

パンパースは、まさに与える達人。

まず、ユーザーと出会うきっかけに投資し、
ファンを創っていたんですね。

 

もし、あなたが、
未来のお客様と出会い、

自分のビジネスの「お試し体験」を
してほしいとしたら、
どうしますか ?

***

 

私だったら、

メーカーが無償でパンパースを
産院に提供しているように、

無料の「ノウハウ」を、
メルマガで、どんどん未来のお客様に公開していきますよ。

パンパースの3つのファンメイク戦略の2つ目は、

また明日お伝えします♪♪♪

田畑あかね
ウェブマーケティングハイパークリエイター/2012年よりWeb戦略セミナーを開始。2015年よりメルマガ構築に特化したコンサルティングカレッジを主宰。現在、革新的なメルマガを軸とした、メディア集客のコンサルティングを行っている。