2017年のメルマガ攻略法を、イギリスの2016年の流行語「Post-Truth」から読み解く


イギリスの2016年の流行語から読み解く


イギリスの2016年の言葉「Post-Truth(ポスト真実)」から、2017年のメディア発信トレンドをどう読むか???

  

2017年こそ
メルマガをはじめたい!

そんな、あなたへ、

先月イギリスで発表された、
2016年の流行語が、興味深かったので

そこから読み解く、
2017年のメルマガ攻略法
シェアしたいと思います。

 

スクリーンショット 2016-12-29 22.18.33.png

オックスフォード大学出版局は、
2016年の言葉として
”Post-Truth(ポスト真実)”
を選びました。

 

「Post-Truth」ポスト真実とは、

客観的な事実が重視されず、
感情的な訴えが
政治的に影響を与える状況
(オックスフォード辞書より)

 

イギリスのEU離脱や、
アメリカの大統領選での
トランプ氏当選などの背景から、

「正しいことが
 重要視されるわけではない」

と実感したイギリス人が
多かったのでしょうね。

 

ニュースサイトBuzzFeedの
調査結果によると、

大統領選の最中、
SNSでは、真実よりもデマの方を
好んでシェアする傾向があった

というレポートもあります。

 

これを知って私は、
あらためて、
こう思いました。

人の心を動かすのは、
「事実」ではなく
「感情」である。

 

これだけ、情報が氾濫する
インターネットの世界で、

一度、事実を述べられるだけでは、
人の記憶に残りません。

 

しかしながら、

感情に訴える情報や、

(感情に訴えるほどの
 描写力がないとしても)

繰り返し目に止まる良質な情報
には、

その発信者への
親近感が高まるものです。

 

 

例えば、TV CMで、
浦ちゃん、桃ちゃん、金ちゃん、を見るたびに
だんだん、auが好きになるとか、

テレビの連ドラを見るたびに、
最初は、なんとも思っていなかった
俳優さんを好きになるという、ことも

接触頻度が高まることで、心が動き
ファンを増やす戦略ですね。

 

だから、私たちが、

毎日、メルマガ読者さまと
「繰り返し接触できる」
ということは、

究極に費用対効果の高い、
ファン作りなんです!

  

2017年のメルマガ攻略法
として、
(有効有益な情報配信であることは大前提として)
私が考えることは、3つあります。

1.読者の感情を動かすライティング
(例)人間味あふれるエピソード、感情の吐露、想いやミッションのシェア

2.読者との接触頻度を高めること
(例)毎日配信

3.読者行動のデータの活用
(例)登録率・開封率・クリック率の管理と改善

 

2017年。
あなたが、メルマガをきっかけに
たくさんの新しいお客様に出会えることを
お祈りしております!

 

 

 

田畑あかね
ウェブマーケティングハイパークリエイター/2012年よりWeb戦略セミナーを開始。2015年よりメルマガ構築に特化したコンサルティングカレッジを主宰。現在、革新的なメルマガを軸とした、メディア集客のコンサルティングを行っている。