Facebookで2000人のファンが集まるまでの投稿ビフォーアフター


今日は、
連日の個別相談でよくお話している、

 

過去の私が行っていた、
「超残念なメディア発信」

と、
一気に信頼を回復させ
ファンが増えた
「愛のあふれるメディア発信」

のビフォーアフターを
ご紹介させていただきますね。

 

ジャズのイベント集客をしていた私が
どのように2000人のファンを作り、

レコード会社のプロデューサーから
紹介オファーやコラボ依頼を
いただけるようになったのか。

 

そのヒントは、
この以下に隠されています。

 

読んで終わりだけでなく、
ご自身のビジネスに置き換えて
実践してくださいね!!!

ジャズ天.Tokyoイベントシリーズ

 

***************

 

まず、私が、
どれくら〜い残念な発信を
していたか、

ジャズのコミュニティページ
として使っていた、

Facebookページの投稿の
ビフォーアフターをあげますね。

 

BEFORE
──────────────────

XXXXXスペシャルライブのご案内

1月28日(月)に、
ジャズ天がおすすめする
ジャズボーカリストXXXXXさんの
2013年の東京初ライブがあります!

去年10月のジャズ天とのコラボレーションライブに参加された皆様は、
もうご承知の通り、
ジャズ〜ポップス〜アニメソング
まで、幅広いレパートリーと、
迫力満点の歌と、楽しいステージングに
魅了されること間違いなしですよ!!!

食事も美味しいレストランXXXXXで、
極上の夜をお楽しみください。

──────────────────

<BEFOREの解説>

自分が書きたいことを書く
=「お知らせ中心」の発信
でした。

 

一見よさそうなのですが・・・
自分のコンテンツに関することばかり
熱く語っていたのです(^^;;;

 

ジャズに興味のある方は、
集まっていただきましたが、

私の理想のお客様である
「ジャズがはじめてのお客様」は、

まったく
集まりませんでした。

 

 

そこで、本格的に、
ビジネスを学び始めた私の発信は、
このように変わりました。

 

AFTER
──────────────────

【ジャズのお店の料金システムは?】

どの位の予算で、
生演奏を楽しむことができるの?

というご質問にお答えして、
代表的なパターンを
ご紹介させていただきます♪

 

◆ミュージックチャージ(MC)
→¥2000~¥4000位

◆テーブルチャージ(TC)
→¥0~¥500位

◆最低限のオーダー(ミニマムオーダー)
→1drink
→ 2drink+1food など

初めての方は上記の3点を
お店のホームページで確認しておけば
安心ですね!
※詳しくは各店のHPでご確認ください

¥4000~5000あれば、仕事帰りに
座って・飲めて・生演奏が聴ける
贅沢な時間を楽しむことができますよ!

──────────────────

<AFTERの解説>

理想のお客様が知りたいことを書く
=「お役立ち情報中心」
の発信に
変えました。

 

つまり、
自分のライブ情報はさておき、

まずは、
ジャズがはじめてのお客様が、
不安に思っていることを解消する
ということにつとめた
のです。

 

このほかにも、
こんな発信をつづけていきましたよ!

・ジャズライブでの拍手の仕方
・お店に何時に入店したらいいか
・チケット代はいつ払ったらいいか
・初心者向けの有名な曲の紹介
・有名なJPOPアーティストの歌うジャズの紹介
・出演者のカバンの中身^^
・出演者インタビュー
・食事も楽しめるライブハウスランキング

 

このように、まるで、
小さなジャズ雑誌の編集長に
なったような気持ちで、

未来のお客様が
読みたいとおっしゃる内容に
シフトしていきました!

 

垣根の高いイメージを持たれがちな
ジャズライブハウスについて、
親しみを持っていただけるように、

初心者の方だけをイメージして、
発信を続けたのです。

 

これによって、
私の運営するFacebookページは、
どうなったのかというと、、、

 

一気に2000人のファンが集まり、

大きなイベント後には、
レコード会社のプロデューサーから
紹介オファーをいただいたり、

ドリカムの元プロデューサーの方の
目に止まった出演歌手が
CDデビューしたり・・・。

ぞくぞくと、
関わる方々の豊かさに
繋がっていきました!

 

あぁ、今思い出すだけでも、
涙がでてきそうですよ!

ジャズ天.Tokyo

 

 

まとめます。

─────────────────

「お知らせ」だけじゃ集まらない!

<ファンを作る
メディア発信のポイント>

自分が書きたいことより、
相手が知りたいこ
とを
発信する。

(例)
・相手が悩んでいることの
 解決方法
・相手が不安なことの
 解消方法
・相手が興味のある情報

─────────────────

 

あなたの、
ファン作りのヒントになれば幸いです!

 

 

 

田畑あかね
ウェブマーケティングハイパークリエイター/2012年よりWeb戦略セミナーを開始。2015年よりメルマガ構築に特化したコンサルティングカレッジを主宰。現在、革新的なメルマガを軸とした、メディア集客のコンサルティングを行っている。