サンクスメールを工夫してメルマガの開封率を上げるには


集めるのではなく集まる集客®を科学式にする
メルマガ戦略プランナー
田畑あかねです。

今日は、サンクスメールを工夫して
メルマガの開封率を上げるヒントをまとめます。

 

 サンクスメールを工夫してメルマガの開封率を上げるには

こんな経験、ありませんか?

気になるメルマガを見つけて
自分の意思で登録したのに
翌日に届いたメールを見たときに

「あれ?この人誰だっけ」

「こんなメールいつ登録したっけ?」

と、全く覚えのないメルマガが届いた!
という錯覚に陥ることです。

 

どうしてこんなことが
起きてしまうのかというと、

メルマガを登録後に最初に届く、
記念すべき1通目
「自動返信メール(※サンクスメール)」
魅力的ではなかったことが考えられます。

例えば、どんな風に
魅力的ではなかったのかというと、

「アドレス登録が完了しました。明日の配信をお楽しみに。」

え〜〜〜〜以上???


こんな殺風景でシンプルなメールを
受け取ったことはありませんか?

 

これからメルマガ発行を
予定している方
は、

どうせ書くなら
読まれたい!

というのが本望ですよね。

では、1通目から読者様に
登録した時の気持ちを
キープ
してもらい、

楽しみに読んでくださるようにするには
どうしたらいいのかというと、

愛のある
自動返信メール

お出しすることです!

今日は、
サンクスメールを工夫してメルマガの開封率を上げる具体策
ライティングのコツをご紹介します。

 

まず、あなたのメルマガに登録した方は、

あなたが、明日から本当に読む価値のあるメルマガを
送ってくれそうかどうか

最初の1通で判断します!

まるで面接
のようなものなのですよ!


 

ということは、
「サンクスメール」は、

読んだら、
あなたのことを、
プロなんだと認識してくださり
実際に配信が開始されるのを
楽しみに待ってくださる
ように
すべきですね。

具体的には、以下の項目を
盛り込んでいただくことを
おすすめします。
 

  1. 登録してくれたことへの御礼
  2. なぜ、このメルマガをはじめたのか?
  3. 自己紹介
  4. 志命(実績がない方は、想いを語りましょう)
  5. 実績(専門家として何年?これまで
  6. のお客様数は?どんな感想をいただいている?)
  7. なぜ、自分が書くのか?
  8. なぜ、今、このメルマガが良いのか?
  9. 明日から届く、メルマガの内容の紹介
  10. メルマガが届く時間や、楽しみ方の紹介


ココを押さえれば、
1通目の配信が始まる前から

はじめましての読者さまと
「先生」と「生徒」の関係を
築き始めることができることでしょう。

まずは、下書きを始めてみてください。

 

サンクスメールのよくある残念パターン 

私がよく添削をさせていただく
「自動返信メール」のよくある残念パターン

ご紹介しますね。

昨日のメルマガをもとに
サンクスメール下書きされた方は、
ぜひ、セルフチェックしてみてください。

────────────────────
自動返信メール
(サンクスメール)の残念パターン
────────────────────

1、「自己紹介」に不必要な情報が多い
 

自動返信メールと、
履歴書は違います。

 

あなたが、そのメルマガのテーマの
専門家なのかどうか、
読者は判断したいんですね^^


 

ですから、
今の、あなたがプロとして見られない
余計な情報は入りません。
 

例えば、メルマガのテーマが
「アロマ」なのに、

・カラーも教えてます
・料理も教えています

など、色々なメニューや資格を
羅列しても、「アロマのプロ」だと
認めにくいですよね。

初めましての読者さまとの
メールでのおつきあいが始まるにあたり

なぜ、ソノ仕事をするに至ったのか、
これまでどのくらいの実績があるのか

つまり、あなた自身の
ビフォーアフター

シンプルにまとめましょう。

自分の商品やサービスを
「大好き」な気持ちがあれば、

自分自身がソレを
初めて体験した時の感動を
感情を込めて語れるはずです^^

 

────────────────────
自動返信メール
(サンクスメール)の残念パターン
────────────────────

2、明日から何が届くか、
  読むとどんなことが得られるのか
  書かれていない。

 

「明日からの配信をお楽しみに」

の一言で終わらせていませんか?

自動返信メールの最後には、
明日の何時から何が届くのか

もう一度、お伝えしましょう。

なぜかというと、この情報過多時代、
読者さまの中には、
自分の意思でメルマガに登録したのに

「何に登録したのかよく覚えていない」

という方が
いらっしゃるからです。

例えば、
フィーリングリフォームの専門家
山岸加奈
さんは、

メルマガの配信内容について
このように書かれています。
 

<見本>
──────────────────── 
〜配信内容〜
 
・2DKの空室を埋めるための段取り
・住む人のためのリフォームアイディア集
・簡単なDIYによるデッドスペース活用術
・リフォーム失敗事例と対策
・空室対策の失敗事例と対策
 
など、
新米大家さんでも
すぐにトライできるメルマガです!
 
配信をお楽しみに!
────────────────────

 

いかがですか?

大家さんじゃなくても
思わず読みたくなるような
タイトルですよね^^

参考にしてみてください。

 

  

明日は、あなたのメルマガの
配信元情報のセッティング状況
セルフチェックしてみましょう!

 

田畑あかね
ウェブマーケティングハイパークリエイター/2012年よりWeb戦略セミナーを開始。2015年よりメルマガ構築に特化したコンサルティングカレッジを主宰。現在、革新的なメルマガを軸とした、メディア集客のコンサルティングを行っている。